昨今、水田で飼料作物を作ろうとする動きが高まってきています。
牛に食べさせる物なので、コスト面からも安全面からも考慮して、
なるべくなら除草剤を使わない方が良いと思います。
そこで、水田に生えそうな雑草で、牛に食べさせるといけないもの
(健康を害すとか、牛乳に臭いが移るなど)をご存知でしたら
具体的な草種を教えてください。

A 回答 (4件)

連続になってすみません。

(ネチケ違反なのかな‥)
ちっょと専門的な説明があるところがありました。
じつは 私も肉牛がらみで、河川敷の雑草について調べていたので見つけたものです。「独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 安全性研究チーム」のHPからです。

参考URL:http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/poisoning/p …
    • good
    • 0

山口型放牧研究所のHPに、牛が食べてはいけない植物が載っていました。

http://yamaguchi.lin.go.jp/yamahou/howto/sousyu/ …

水田にはなさそうですが、放棄田畑にはありそうですね。

参考URL:http://yamaguchi.lin.go.jp/yamahou/howto/sousyu/ …
    • good
    • 0

牛にとってどうだか分かりませんが人間が食べると害になるものは


水田雑草の中にも沢山あります。
まずキンポウゲ科、ケシ科、トウダイグザ科の植物は大部分が有毒植物です
それらの中で水田やその近くで見られるものをいくつかあげておきます。
キンポウゲ科:ウマノアシガタ(キンポウゲ)、タガラシ
ケシ科:クサノオウ、ムラサキケマン
トウダイグザ科:ノウルシ、トウダイグサ、ニシキソウ
そのほかヒガンバナ、ドクゼリなども有名な毒草です。

しかしたいていの動物は(牛も含めて)本能的に有毒植物は避けて通ります。
例えば北海道の牧場ではスズランが、暖地の牧場ではヤマツツジやアセビが
沢山生えていますが、それはこれらが有毒植物で牛や馬が食べないため結果
としてそれらの植物ばかり増えてしまうのです。

いちいち学習しないとすぐ中毒を起こすような動物は人間だけです。
だからあまり気にしないでも大丈夫だと思います。

しかし生えている植物は避けられても冬場の餌として刈り取ったたかいばについては
有毒植物が交じっていても動物も気がつかない場合があります。
また植物によっては生の時はなんでもないのに中途半端に発酵すると動物にとって
害になる成分を生成するものもあります。
    • good
    • 1

昔は、農家には必ず牛がいて、畔に生える草を餌にしていました。


だから神経質になるほどのものはないと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q繁殖・肥育牛一貫経営の簿記

繁殖・肥育牛一貫経営の企業の会計についてですが,肥育牛はなぜ資産になるのでしょうか。
原価計算の時に,減価償却するのはどうしてですか。
普通の企業のように,材料を仕入れて,加工をするのと同じに考えては駄目なのでしょうか。
素牛に飼料などを与えて,まだ出荷しないなら,仕掛かり品か在庫としておいておくのではないのでしょうか。
簿記が分かりませんので,どなたか詳しく教えて下さい。

また,繁殖牛の農家でも同じようにしているのですか。教えて下さい。

Aベストアンサー

●繁殖・肥育牛一貫経営の畜産所得者用の簿記お答えします。

肥育牛は、通常「畜産部会」などのせり売り場から、子牛として買い付け、成牛(おおむね2年6ヶ月)体重780kg超まで、育成します。
●このとき育成中の牛はまだ、商品として出荷できないため、畜産所得の計算上(資産計上)されます。
このとき、肥育牛の成長速度が1年で、成牛になるのであれば、資産計上しなくても期中で仕入れて、期中で売りさば(認定市場)けば、資産に計上しなくてもいいわけです。
●資産に計上するという意味は、年末に事業用(牛)として生きているわけです。

 例えば、1年~若しくは 濡れ子から、成牛になるまで、育てて売りさばいたとしましょう。
 
 餌代金がかかりますよね・・・・・成牛になるまでの期間、要するに太らして売るために、餌を牛に与えたわけですから、食わせてしまった餌代に該当する(費用の合計額が)=親牛が棚卸資産として処理されることになります。

●<質問>素牛に飼料などを与えて,まだ出荷しないなら,仕掛かり品か在庫としておいておくのではないのでしょうか。
<回答>仕掛品や在庫という科目が↓育成費用で棚卸(成牛)と表示されただけです。
このことが、いわゆる農業収支計算書の、育成牛の計算(資産)に計上する金額です。
せり売りや、と殺場で出荷処理されるまでは、資産(家禽)=繁殖・成牛として帳簿残高に記載することになります。
<目安飼料費>各県連の畜産部会事務局へお問い合わせください(目安で説明しています)。
          子牛&肥育牛    搾乳牛の育成
月齢
生後 1ヶ月    1,000円     4、000円
生後 2ヶ月    2,000円    13,000円
生後 3ヶ月    4,000円    22,000円
生後 4ヶ月    6,000円    31,000円
生後 5ヶ月    9,000円    39,000円
生後 6ヶ月   14,000円    48,000円
生後 7ヶ月   20,000円    57,000円
生後 8ヶ月   27,000円    66,000円
生後10ヶ月   41,000円    84,000円
生後12ヶ月   58,000円   102,000円
生後14ヶ月   76,000円   122,000円
生後16ヶ月   98,000円   146,000円
生後18ヶ月  120,000円   170,000円
生後20ヶ月  142,000円   194,000円
生後22ヶ月  164,000円   218,000円
生後24ヶ月  186,000円   242,000円
生後26ヶ月  208,000円   266,000円
生後28ヶ月   230,000円   290、000円
生後30ヶ月  252,000円   314,000円
________________________________________

↑牛の年齢 ↑肥育牛の育成費   ↑搾乳牛の育成費
このような「育成費用」が年間(牛の年齢に応じて)かかると思われます。

 では、繁殖牛によって生まれた子牛が 2年6ヶ月いわゆる、30ヶ月で出荷できるまでにかかった育成費用の総額は、{1+2+4+6+9+14+20+27+41+58+76+98+120+142+164+186+208+230+252=1658}千円と計算されます。
成牛になるために、食べさせた餌の代金総額=育成費用は、1、658,000円となります。

畜産経営の難しいところは、1,000、000円超で牛がせりにかかって落とされれば、どうにか赤字経営は回避できると思われます。
●1歳4ヶ月で仕入れた牛は、この1,658、000円の金額から1歳4ヶ月までの育成費を差し引いた(生後16ヶ月までの飼料代の累計額を控除)=356,000円の餌代を控除後の金額が成牛にかかったことになります。
1、658,000円-356,000円=1,302,000円
●*餌代金の育成費用は、やや高めに設定しております。
その理由は、繁殖牛のさし(いわゆる)しもふりを形成させるために、必要な餌の食わせ方(順番)を今回、考慮して目安としてご説明しました。

●このように、餌代が、繁殖牛も成牛も出荷されるまでは、かかりますので、資産計上するわけです。
繁殖牛の農家は、F1とか ブレンド牛の種付け収入が、人工授精士を通じて、行われますので、濡れ子として出荷されたりします。
●生後数ヶ月の牛の飼料代が1,000円と低いのは、親牛の乳を飲んで太らせている期間に該当するためです。

○原価計算の時に,減価償却するのは、加齢による牛の老化を計上することです。

○<質問&答え>繁殖牛の農家では、濡れ子の循環サイクルが早くなりますので、棚卸の牛の頭数は、毎年、事業用として販売目的に飼育した頭数を資産計上をすることとなります。

●餌代は、配合飼料も価格差補填金もありますから、しっかり記帳と育成牛に専念され、より現実に近い会計記録で、収支計算書(農業=畜産所得者用)を作成ください。

他:家畜の死体の焼却又は埋却の支援 食品安全基本法 飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/strsearch.cgi
○その他は、↑に肥育牛と入力して、お調べ下さい。

●販売を目的として飼育している家畜及び事業の用に供する目的をもって飼育している未成熟の家畜について棚卸をおこなう。
●家畜の原価の価格の計算については、該当する家畜について成熟後、事業の用に供するに至ったときから計算する。
したがって、たとえ現に事業の用に供している場合であっても、未成熟のもの又は、成熟期に達しているものであっても、現に事業の用に供していない場合は、これらの計算をおこなわないものであるから注意してください。

●繁殖・肥育牛一貫経営の畜産所得者用の簿記お答えします。

肥育牛は、通常「畜産部会」などのせり売り場から、子牛として買い付け、成牛(おおむね2年6ヶ月)体重780kg超まで、育成します。
●このとき育成中の牛はまだ、商品として出荷できないため、畜産所得の計算上(資産計上)されます。
このとき、肥育牛の成長速度が1年で、成牛になるのであれば、資産計上しなくても期中で仕入れて、期中で売りさば(認定市場)けば、資産に計上しなくてもいいわけです。
●資産に計上するという意味は、年末に事業...続きを読む

Q牛・豚の乳首の数は?

牛 豚の乳首の数はいくつですか。あるいは決まっていないのですか。牛は搾乳の写真を見たところ4つくらいかな、という感じで、豚は12~16らしいのですが。

Aベストアンサー

私は今、大学で獣医学を学んでいます。
自分の知識があやふやだったので、復習のためにも教科書で調べてみました。

牛は片側に2個ずつで、あわせて4つです。
豚は、片側に5~8個(まれに9個)で、標準は7対だと書かれていました。

なので、c-chanさんの考えで大体あっているのではないでしょうか。

Qねずみ捕獲カゴに入れる餌は何が良いですか

天井裏を走り回るネズミ捕獲用に金カゴを買いました。
中に入れ誘うエサはどんなものが効果あるのでしょうか?
至急教えていただければありがたいです。
比較的小さい黒ねずみです。

Aベストアンサー

かごを買ったのですか。

エサは何でもOKですが、臭いのする物の方が良いですよ。
チーズとかではなく、バター系とか肉系とか普通に人間が美味しそうと思う様な物でOKです。
無難なのはサラミとかですね。(罠を動作させるのであれば堅い方が良い)
私がしかけた時は粘着シートの上にパンを置きましたけど。

ただネズミは種類によっては学習能力が結構高いので、一度危険と判断した物には近づかない場合が有りますので、その時はねずみ取り用の粘着シート等が有りますので、そちらも併用する方が効果は高いです。

まあ、いたちごっこになりかねないので、先ずはネズミのエサになる様な物をなくす事と、ネズミの出入り口になっている様な所は金属たわしなどを詰めて通れなくする等の対策も平行して行なった方が良いです。

撲滅するには長引けば長引くほど、相手に学習されますのでこちらが不利になりますのでお気をつけを。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング