忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

 受水槽の電極棒(4本)で満減水警報試験を実施しました。

条件 ()は電線の色 E1(緑) E2(赤) E3(白) E4(黒)

で、E1とE4をショート(短絡)…満水警報
  E1とE2をオープン(外す)…減水警報

と…なりました。

どの線が満水やポンプ起動・停止とかアース?コモン?か
わかりません。

ちなみに図面をみると5本(E0)があるので、役に立ちません。

知っている方、ご指導願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

整理すると


E1ショートE4=満水
E1オープンE2=減水
であり共通しているのがE1なので、コモン=E1

E4=満水警報の線(ただし、通常は短絡していないA接点)
E2=減水警報の線(ただし、通常が短絡状態(E1とE2が水に浸かっていて短絡している)B接点)
    • good
    • 9
この回答へのお礼

 すっきりしました。

ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/25 16:54

http://www.fa.omron.co.jp/product/family/243/ind …
カタログダウンロード
 ベスト制御機器オムロン(Web版) ダウンロード 2468KB

10/17ページをよく読みましょうね



フロートなしスイッチ、漏水検知 トラブルシューティング
http://www.fa.omron.co.jp/guide/cautions/3/61f_t …
満水、渇水警報に関する点検事項
    • good
    • 3
この回答へのお礼

メーカーからいいカタログがあるのですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/25 16:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電極端子を短絡して警報テスト!

液面レベル測定用に5本の電極棒がセットされています。
電極端子を短絡して警報テストをする場合どのように行うのでしょうか?また5本の電極棒の各レベルはテスターなどで確認できるとすればどのように行うのでしょうか?初心者ですよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、液面によって機器(特にポンプ類)が発停するのであれば
誤作動防止のため該当機器のブレーカーをOFFにする。関係者への周知徹底を行う。

説明用として5本の電極棒を短いほうから
液面HH,液面H,液面L,液面LL,Eとします。
・一番長い電極棒(E)と液面LL
・一番長い電極棒(E)と液面L
・一番長い電極棒(E)と液面H
・一番長い電極棒(E)と液面HH
それぞれジャンパー線で短絡して表示やリレーなど確認し、配線間違えがないことを確認する。

テスターで確認する場合は電極が液体に浸かると導通(抵抗値ほぼ0)、浸かっていない場合導通なし(抵抗値大)となります。

液面によって作動する機器が運転可能状態であれば、実機にて動作確認する。

尚、本回答は液体が純水でない前提です。

Q受水槽の電極棒の仕組みを教えてもらえませんか。

受水槽の電極棒の仕組みを教えてもらえませんか。
できれば「アース」「電気」という言葉を使って教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水位検出用です
通常 水槽上部に 長い電極 と 短い電極 が設置されています

水槽に水が溜まってくると先に長い電極の先端が水没し  さらに水が溜まると短い電極も水没します

水槽は金属製もしくは一部が金属製で接地されています
水道水は 若干の電導性があり 電流が流れます

ですから 水没した電極は接地されます
電極の状況を監視し 接地されているか/いないかを確認します

長い電極も接地されていなければ、水位が低い(空に近い)のですから、ポンプを運転したり給水バルブを開いて水槽に水を補給します

短い電極が接地されれば 水位が上がり満に近くなった訳ですから、給水を停止します
この繰り返しで水槽の水位を所定の範囲に維持します

Q受水槽 電極棒

電極棒が5本あるのですが、渇水警報は受水槽からだすのでしょうか?よろしければ誰か教えてください。

Aベストアンサー

 電極棒は長いほうから アース、渇水、減水、復帰、満水 

という構成です。

メーカーによりそれぞれの名称が異なる場合があります。

渇水水位がこれを下回ると空転防止によりポンプが停止。

渇水警報がなります。

減水水位がこれを下回ると減水警報が鳴ります復帰渇水後、

水位がこれを上回るとポンプが起動します。

渇水警報が消えます満水水位がこれを上回ると

満水警報が鳴ります。

下回ると満水警報は解除されます

 通常水位は満水警報より低く、

その他の電極棒よりは高ければ正常です。

Q受水槽などに用いられている、「定水位弁」動作のしくみを教えてください。

受水槽などに用いられている、「定水位弁」の動作のしくみと構造をわかりやすく教えてください。
またはそういう説明が書かれたHPがあれば併せて教えてください。

Aベストアンサー

 受水槽の定水位弁にはボールタップ式と電磁式があります。
 ボールタップ式は#1さんが紹介されているサイトにあるもので、ボールタップによるパイロット管が通水する事で定水位弁が開放され、メインの吐け口から水槽内へ流入します。水位が一定以上に上がると、流入が止まります。
 電磁式は、水槽内に電極を設置し、電気的に水位に変化を察知し、それにより電磁弁にて管路の開閉を行います。
 水槽の規模や種類によって、ボールタップ式と電磁式のうちどちらかを採用したり、あるいは併用したりします。管径が小さい場合は、ボールタップのみとする場合もあります。

Q飲料水用の貯水槽の満減水警報装置について教えて下さい。貯水槽のポンプユニットには大概、満水減水警報

飲料水用の貯水槽の満減水警報装置について教えて下さい。
貯水槽のポンプユニットには大概、満水減水警報装置が付いています。
また、そのポンプユニットから更に管理人室や管理会社へ警報を伝える装置等も設置してあったりしますが、これらの警報装置は付けなければならない決まりはあるのでしょうか?
壊れていれば薬剤医師会の指摘を受けたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
建築物環境衛生管理技術者(ビル管)所持者です。
調べてみました。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/tthc/kankyou/inryousui/kani/kensa.html
従来、特定建築物だけだった検査義務が一般にまで広まってるのですね。
まさに役人利権の増殖ですね。

まず、質問者様の設備は「受水槽の有効容量が10立方メートルを超えるもの」
なのですね?一般的なFRPの立方体10個分です。
有効容量ですから12個分くらいまでだったら、該当しないかもしれません。
想像ですが、X薬剤医師会→〇薬剤師会の業者が来て、
満減水警報がないからダメと言われてるのですね?
もしかしたら「消防署のほうから来ました」の消火器販売みたいに
詐欺まがい商法かもしれません。

もし、「受水槽の有効容量が10立方メートルを超えるもの」なら
検査の実施義務は悪法とは言え有りそうですが、満減水警報装置が無いからと言って
罰せられることはないと思います。
あるのに故障してる場合は、当然記録簿に「故障」となりますが、
直さないからと言って直接罰せられることはありません。
不都合は、前に書いたような被害ですから。
でも、修理はした方が良いですが、
「義務です」などと言う業者は避けたほうが良いです。

No.1です。
建築物環境衛生管理技術者(ビル管)所持者です。
調べてみました。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/tthc/kankyou/inryousui/kani/kensa.html
従来、特定建築物だけだった検査義務が一般にまで広まってるのですね。
まさに役人利権の増殖ですね。

まず、質問者様の設備は「受水槽の有効容量が10立方メートルを超えるもの」
なのですね?一般的なFRPの立方体10個分です。
有効容量ですから12個分くらいまでだったら、該当しないかもしれません。
想像ですが、X薬剤医師会→〇薬剤師会の業者が来...続きを読む

Q受水槽のボールタップが作動しなくなり困っています。満水になってもボール

受水槽のボールタップが作動しなくなり困っています。満水になってもボールタップが作動せず水が止まらないのでオーバーフローしてしまいます。考えられる原因、復旧方法を教えてください。

Aベストアンサー

 #2です。

 先の回答は、あくまでもボールタップに不具合がある場合です。#1さんが云われるように、ある程度給水管が大きい場合は定水位弁が使われます。定水位弁は受水槽の上部配管の途中にあり、通常は2つあります。
 定水位弁には機械式と電気式があり、機械式の場合はパイロット管の流末にボールタップを設置してこれを水位の検知に利用しています。電気式の場合は電極を別途取り付けています。
 従って、定水位弁を使用する受水槽の場合だと、ボールタップに不具合が無くとも定水位弁の方に問題が生じている場合があります。ボールタップからの水流が止まっているのにメインの給水管からの水流が停止しない場合はそのケースです。その場合だと、業者に相談するしかないですね。専門の知識と資格、そして水道事業者からの認可を受けている業者でなければそういった給水装置の設置・修理などは行うことが出来ません(水道法による)。

Q高架水槽方式

高架水槽で電極棒5本の仕組みが分かりません、よろしければ誰か教えてください。

Aベストアンサー

http://pump-pro.acquainc.com/2011/09/post-22

電極棒は長いほうから アース 減水 起動 停止 満水 という構成になっています。

減水 起動 停止 満水はリンクの説明のとおりです。


アースは高架水槽に落雷があった場合のために設置されています。
タンクには接触させません。アースの電極は接地させることが多いとされています。

Q受水槽の電極棒の異常が

宜しくお願いします。
新規ビルの受水槽なのですが、電極棒と電磁弁による水位制御(故障時用の予備でボールタップ)をしています。

通常、E3の位置で電磁弁が【開】
E2まで水位が上がると【閉】になって制御すると思うのですが、E2(電磁弁閉)の位置からすこし下がるとすぐカチッと弁の開く音がし、ちょっと給水してまたすぐ閉まっての繰り返しをしてしまいます(E3の位置まで水位が下がるだいぶ前)。

原因が分からず、受水槽上のBOXでE2とE3の端子の入れ替えをしてみると、次は低いE3の電極棒の位置で水位制御して電磁弁がカチカチ開閉してしまい、E2の位置まで上がってきません。

ちなみに、E1(満水)、E4(減水)警報は正常に作動する事を確認しました。

工事業者の施工ミスだと思うのですが、どんな原因が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

>>配線のミス等でE2、E3も警報になっていると言う事でしょうか?

十中八九そうだと思います。

>>電磁弁が閉の状態でリレーのランプが点灯、電磁弁が開に
>>なって給水されると消灯するのは正常なのでしょうか?

リレーのランプが点灯・消灯するのは、電磁弁の開閉連動しているのではなく、リレー本体の励磁・非励磁と連動しています。

Qメガーの測定原理を図解付きで教えてください。

はじめまして、絶縁抵抗測定器の原理について教えて欲しいのですが、図解付きで説明してくださいませんか?

設備の絶縁不良箇所を特定するのに使っているのですが、測定原理を詳しく理解していないもので恥ずかしながらお願い致します。

お手数ですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原理は単純に、指定の直流電圧(100Vとか500Vとか1000Vとか)をかけて電流を測り、抵抗値(=電圧/電流)として表示するというものです。
テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い(テスタは数V程度)という点です。

昔は手回しの直流発電機が内蔵されていてそれで高い電圧を発生させていたようですが、現在普通に用いられる電池式の絶縁抵抗計では、電池の電圧をDC-DCコンバータ回路で昇圧して高い直流電圧を得ています。

日本財団図書館の事業成果物(財団から助成を受けた事業の成果)から
・初級講習用指導書(電気機器編)3・13・5 抵抗の測定(2)絶縁抵抗測定
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00395/contents/069.htm
には、回路例の図が載っています。

メーカーのHIOKIが出している日置技報
http://hioki.jp/report/index.html
の、
・高電圧絶縁抵抗計 3455
・ディジタルメグオームハイテスタ 3454
(それぞれpdfファイル)あたりも参考になるかと。
絶縁不良のときに大電流が流れないよう、電流を一定値で制限する(電圧を下げる)ような回路も、実際の絶縁抵抗計では使われています。

原理は単純に、指定の直流電圧(100Vとか500Vとか1000Vとか)をかけて電流を測り、抵抗値(=電圧/電流)として表示するというものです。
テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い(テスタは数V程度)という点です。

昔は手回しの直流発電機が内蔵されていてそれで高い電圧を発生させていたようですが、現在普通に用いられる電池式の絶縁抵抗計では、電池の電圧をDC-DCコンバータ回路で昇圧して高い直流電圧を得ています。

日本財団図書館の事業成果物(財団から助成を受けた事業の成果)から
・初級...続きを読む

Qスプリンクラー閉鎖型二次側圧力が高くなり末端試験弁で水を抜く場合、 

スプリンクラー閉鎖型二次側圧力が高くなり末端試験弁で水を抜く場合、 
1・チョロチョロ水を流すだけだと流水検知装置が働きますか? 
2・それと同時に地下にある起動用圧力タンクの圧力が下がりスプリンクラー起動となりますか?(4kg    以下で起動に設定あり)
3・これって作動すると火災警報となるのですか?(スプリンクラー起動となるだけと思っていますが
実験した事がありません)業者の方にお聞きしたのですが「そこの設備によって違うから・・・」と     何とも不明な回答でした。

Aベストアンサー

専門で有資格者です。

1.流水検知装置とは、アラーム弁の機能としての流水検知装置でよいでしょうか。
でしたら、2次側圧力が1時側よりも低くなって、アラーム弁のバルブ開放(1次→2次側へ水が流れる)が無ければ、流水検知装置は働きません。
水を抜く場合は、アラーム弁の2次側バルブを閉め、1時側よりも低くならないように調整しながら水を抜きます。

2.1.で説明したのと同じことですが、そのまま水を抜けばちょろちょろでも圧力は下がりますので、起動するレベルまで下がればポンプ起動します。

3.スプリンクラーの作動は、火災報知機の作動と同等に扱われ、音響・ベルなどが鳴動します。
しかし古い設備だと、火災報知設備と連動しておらず、ウォーターゴングなどの専用の音響装置が働くだけです。
これを確かめたければ、火災報知設備の受信機に行って、スプリンクラーの地区窓「○○階」とか「厨房・食堂」などの表示があるか、下のスイッチに「消火音響」という名称のスイッチがあるか、確認してください。

ただ、圧力があがるからといって、単に圧力を抜けば良いというものではありません。本来は、専門の点検業者が半年ごとの点検で状態を記録し、不具合を見つて対処する内容だからです。
また、スプリンクラーをはじめとする水系設備は、案外構造上のすり合わせのところがありますので、あちらを修繕するとこちらの不具合が発生する。ということになりかねません。
全体の調整が出来る点検業者でないならば、出入りの業者を変えるべきです。

私の経験程度で且つ質問内容だけでこれだけ回答できるのですから、「そこの設備によって違うから・・・」程度の説明しか出来ない業者は、スプリンクラーのことを(専門的には)何も知らない素人レベルですよ。

専門で有資格者です。

1.流水検知装置とは、アラーム弁の機能としての流水検知装置でよいでしょうか。
でしたら、2次側圧力が1時側よりも低くなって、アラーム弁のバルブ開放(1次→2次側へ水が流れる)が無ければ、流水検知装置は働きません。
水を抜く場合は、アラーム弁の2次側バルブを閉め、1時側よりも低くならないように調整しながら水を抜きます。

2.1.で説明したのと同じことですが、そのまま水を抜けばちょろちょろでも圧力は下がりますので、起動するレベルまで下がればポンプ起動しま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング