最新閲覧日:

 研究という名にあこがれるだけの名ばかり研究者が増加していることに危惧しています。努力という言葉も、研究のために寝食忘れるという言葉も死語になりつつあります。果ては大学院生で同棲だの研究を馬鹿にしていると思える輩が出る始末。そこで質問があります。
 成功する研究者に必要な能力とは何でしょうか。子どもの頃から身につけるべき能力とは何でしょうか。天性の勘(感性)ってものも必要でしょうか。
その能力は20代でも取得できる物なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

前の質問も見ました。


そこでもここでも同棲を否定していますね。

私はまだ大学生なのですが
今年卒業する院の先輩に同棲している人がいます。
ですが研究に対してはすごいまじめな人で
教授にもべた褒めされていますし、頼りにされているみたいです。
パソコンにも強いみたいなのでなおさら。
ちなみにうちの研究室は休みは日曜だけで、
その先輩は日曜もしょっちゅうきていたらしいですし。
(休みは研究に関係ないと言われればそれまでですが)
とても尊敬できる先輩です。
もちろん私の先輩のような方が全てではないと思いますが。

ですから同棲=研究をばかにしている
というのは間違っていると思いますし、
そのような事を公共の場で書くあなたの方が常識のなっていない馬鹿な人間です。
そもそもあなたの文章は特定の一人に対しての不満を
書いているだけのようにしか見えません。
ここは不満をぶつける場ではなく討論をする場ですから。
私はあなたが自分の周りにしか目がいってない井戸の中のかわずのような気がします。
視野の広さも研究には必要だと思いますよ。
そんな年になってこのような幼稚な文章しか書けないんですね。

質問の回答ですが
>成功する研究者に必要な能力とは何でしょうか。
研究が好きであると言う事と博学だということじゃないでしょうか
好きであればしょっちゅう考えているでしょうし
専門分野だけでなく他の分野の知識もあれば
普通と異なる方向から対象を見ることができますから。
まだ学生の身ですが新たな分野について学ぶ時それを実感しています。
学生実験でもその分野の知識がある人間は誤差や失敗に関して
どこでへまをしたのか色々考えることができます。
研究もその延長上と考えてよいのではないでしょうか。
また勘(感性)は知識の上になりたつものではないでしょうか。
つまり博学であればあるほど勘も優れる。

>子どもの頃から身につけるべき能力とは何でしょうか
自ら学ぶには集中力と好奇心が必要ですから
まずは集中力をつけることが大切だと思いますが
あまり小さな頃から英才教育させるのもどうかと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。しかし、なぜ、非常識のように私を非難するのか分かりません。あなたは研究というものを知らなすぎるのでは無いでしょうか。
学部生では分からないのは無理のないことかもしれませんね。研究者は土日、朝出、残業は当たり前じゃないでしょうか?大学院の先輩がどのような業績を上げられたのか分かりませんが、同棲していなかったらもっと業績があがったかもしれませんね。教授にいくら好かれていても、業績が無ければへの突っ張りにもなりません。
kexeさんもkawakawa氏の回答を読んで、研究者のなんたるか学んでください。
私はkawakawa氏の回答には感動すら感じます。
 最後に、あなたのような現役の大学生の考えを知ることが出来て、日本の理科教育や研究の将来について考えさせられるところがありました。その意味で感謝したいと思います。

お礼日時:2001/03/05 01:39

私は、製品開発に従事する者ですが、研究者(学者的)なのか?技術者なのか?どっちにも属するような仕事をしています。


内容的に、tefutefuさんと同様の意見です。

理系大(大学院)を卒業し、純粋な研究者(学者)または技術者(開発研究を含む)に進むかで若干異なった考え方が必要ではないかと思います。
前者は、真理を探究するため「研究のために寝食忘れる」タイプで、場合により融通のきかない頑固者タイプ。後者は、前者と同様ですが、若干柔軟性が必要と思います。

企業の製品開発部門的な発想で申し訳ないですけど、私のような部署では、純粋な研究者は多く必要ありません。(全員がその必要がないという意味です。企業には、この様な人材も必要です。基礎実験などには非常に重要な人材です。)

製品開発には、得意先、開発期限、目標設定が複雑に関係しており、真理探究だけでは製品はできません。また、トラブル発生時の対応など柔軟な発想が必要であり、固定観念はタブーです。

どちらにしろ、研究部門に従事する人は、「柔軟な発想」「豊富な知識」「知識を組み合わせる知恵」「緊張感の持続力」「体力的な持続力」「豊かな表現力」「適度な懐疑心」が必要と思い、日々心掛けるようにしています。でも実際には、すべてをクリアできるような人材は非常に少ないと思います。
しかし、趣味(自分の興味があること)に対しては、誰でもその様になるのではないでしょうか? やっぱり、やることに対して興味を持ち、好きになる(努力をする)ことが重要と思います。

子供の頃からの能力と言うよりも、性格的な因子もあると思いますが、思想的に「どうして? なぜ?」と思う探求心、好奇心が必要と思います。大人になっても、そのように思うことは可能ですから、身近なことから考え直してみることで習得できるのではないかと思います。例えば、人の言うこと、考え方を全部そのまま信用せず、自分で確かめてみるなど・・・・。

生活態度との関係は何ともいえませんが、精神的な安定が満たされ、社会常識や仕事、成果に対して悪影響がないのであれば、プライベートは無視できると思います。精神的に安定することで、成果も上がるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
kawakawa氏の文書と共に参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/03/05 01:27

一応研究者ですが、耳にいたいですね。

正直名ばかりかもしれません。なので、思っているけど実行できないことを。
まず、研究者はかくあるべしという考え方はおかしいと思います。大学院生で同棲(してませんでしたが)とかは個人の生活ですから業績に関係ないですよね。というか、研究者の場合、結果は研究業績なのですから態度は無関係だと思います。
では、必要な能力は、というと、着眼点の良さ、様々な分野から知識を引っ張ってこれる知識量と応用力、それをまとめあげる構成力と最後まで結論を持っていける持続力、結果をアピールするプレゼンの能力、と全部そろえば無敵でしょうね。
でも、これはその仕事を好きであることでクリアーできるのではないかと思います。使い尽くされた言葉でしょうが、それを持続することが難しいと思います。そしてこれはだれでも持てる才能だと思いますけどどうでしょう。
でも仕事持つとつらいんですよね、これは。
自信ないけど私はそう考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
研究者は研究業績あってのものと私も思います。しかし、遊んでいてはダメなのではと思っています。
特に「必要な能力は、というと、着眼点の良さ、様々な分野から知識を引っ張ってこれる知識量と応用力、それをまとめあげる構成力と最後まで結論を持っていける持続力、結果をアピールするプレゼンの能力、と全部そろえば無敵でしょうね。」
の部分はまだまだ私は修行中です。

お礼日時:2001/03/05 01:25

>成功する研究者に必要な能力


 まずは応用力でしょう。あらゆる可能性を探していろいろ試してみれるだけの好奇心と結果予測が出来る事が研究者に求められると思いますから、一定の数式や法則に縛られるのではなく、それ以外の観かたも柔軟に取り入られる事が出来なければ成功する研究者になる事は難しいと思います。

>子どもの頃から身につけるべき能力
 とりあえず、文章内容解読能力と応用力を身に付けて行く事が大事だと思います。SF漫画やSFを片っ端から読み漁って、その中で疑問に思った内容や科学的解釈等に対して、徹底的に調べて突っ込めるだけの知識を得、そして得た知識で留まるのではなく、そこからさらに進んで「自分なら、どうする、あるいはどうすればそれを再現したりそれを超えた物を作り出せるのか?また、それを作った結果がどうかるか?」といった風に考えをもてる様になれば研究者になれる近道になるかも知れません。
    • good
    • 0

 必要な能力とは「天性の勘ってものも」でなくて、初めに「天性の勘・閃き」がないと無理でしょう。



 その能力は後から所得する物ではなくて、潜在的に持っている能力で努力して得られる能力とは似て非なるものだと思います。

 その「天性の勘・閃き」は、その後の研究で厚みを増すものであることはノーベル賞受賞者の研究が、20~30代前半には出来上がっていたのを見ても明らかです。

 ただ全ての人間がそのような人間ではないので、「成功する研究者」という括りなら「切っ掛けを掴む能力」のある研究者が厚みのある研究を重ねれば、自分の努力でソコソコの評価は得られるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「20~30代前半に最も研究しないと行けない時期なのに、今の学生は遊んでいる者ばかり」と私の知り合いの教授は嘆いていました。私は30代ですが、それを聞いて下から入ってくる者が私に追いつけず、しかも、親ばかですが、私の子どもが追い抜くかもしれないと思い、陰で笑っております。
努力した時間こそ財産と思っています。

お礼日時:2001/03/05 01:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報