おじと姪の愛を描いた小説を探しています。
義理ではなく、血のつながりのあるものでお願いします。
両思い片思い、どちらでも結構です。
感情だけの恋愛でも構いません。
日本の女性作家で切ない小説がありましたら教えて下さい。

A 回答 (1件)

私が知ってる小説は女性作家ではないのですが、連城三紀彦さんの「恋文」に収録されてる「私の叔父さん」をお勧めします。



短編小説なので、すぐに読み終えてしまうと思います。

もし、よろしければ一度お読みになってみて下さい!!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q女性同士の愛憎を描いた小説or魅力的な女性キャラが登場する小説

上記の、質問文のような小説をご存知でしたら、教えてください。
女同士の絡みがあるような本が読みたいのです。同性愛的な描写があるのも大変好みです。
ドロドロしていて、愛と憎が絡み合うような小説を教えてください。

または、”ワルイ女””強烈な女”が出てくるような小説でも結構ですので、ぜひ教えてください。

今までに読んだ中で、
・「蝶々の纏足」、「卍」は同性愛のテイスト漂う小説として読み、嵌まりました。

・「虞美人草(藤尾がお気に入りです)」「三四郎(美禰子が最高でした)」「TUGUMI」、「ぼくは勉強が出来ない」、有吉佐和子の作品などは、出てくる女性人物が魅力的で面白かったです。

和書、洋書、時代など一切気にしないので、どうぞお気軽に貴方様のおすすめの本をたくさん教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

女性同士の恋愛小説といえば、松浦理英子氏の『ナチュラル・ウーマン』(河出文庫)をまず第一に挙げたいと思います。これはとにかく秀逸です。
次に同じ作者の『セバスチャン』(河出文庫)。氏の作品は『ナチュラル・ウーマン』を読めば他はいらないと思えるほどですが、『セバスチャン』も結構な作品だと思います。

ただ、松浦氏の作品は所謂エンターテインメント小説ではないので、「昼メロのようなドロドロとした愛憎劇」みたいなのとはちょっと違うかなとも思えますが、いろんな意味で堪能できる小説だと思います。

また、同じく女性同士の恋愛小説では、中山可穂氏の作品はどれも「泣ける」小説です。これもまた「ドロドロとした愛憎劇」というよりは「とてもせつない物語」という感じなので、お求めのものとは少し違うかと思いますが、私はとりあえず「泣きたい」時には中山氏の作品を読むことにしています(^^ゞ。

「魅力的な女性キャラ」というのでぱっと思いついたのは桐野夏生氏の「探偵ミロ」シリーズですが、こちらはエンターテインメント小説でさらっと読める感じです。同性愛要素はありません。「探偵ミロ」が事件を解決していく話です。読んだ時はとても面白く読み、「ミロはカッコいいなあ」と思いつつ読んだのですが、いかんせん、読んだのが随分昔で、さら~っと読んでしまったのであまり詳しい内容は記憶にありません(>_<)。

よかったら読んでみてください(特に松浦氏の作品を)。

女性同士の恋愛小説といえば、松浦理英子氏の『ナチュラル・ウーマン』(河出文庫)をまず第一に挙げたいと思います。これはとにかく秀逸です。
次に同じ作者の『セバスチャン』(河出文庫)。氏の作品は『ナチュラル・ウーマン』を読めば他はいらないと思えるほどですが、『セバスチャン』も結構な作品だと思います。

ただ、松浦氏の作品は所謂エンターテインメント小説ではないので、「昼メロのようなドロドロとした愛憎劇」みたいなのとはちょっと違うかなとも思えますが、いろんな意味で堪能できる小説だ...続きを読む

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qオススメの小説をお教えください!!主人公の葛藤が描かれているものであれば、何でも!

オススメの小説を、最大3つまでお教えいただきたく存じます!!
ジャンル・出版社は問いません!!
タイトルのみ、一冊のみであってもOKです!!
ただ、回答者さまがハッとなされたような、なにか心に感ずるところのあった小説を宜しければお教えください。
またタイトルに記載どおり、主人公が苦悩をする、なるべく重めの物語を可能であればお願いいたします。
軽いものでも大丈夫ですが、重めであれば嬉しいです。

Aベストアンサー

「砂の女」安部公房
「僕って何」三田誠広
「見るまえに跳べ」大江健三郎

そのほかにも、村上春樹は全般的に「僕」の心の葛藤が主題みたいなもんです。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q昔読んだ小説(WEB小説ではない)を探してます

内容はどこかの島?で少女たちが蹂躙(調教)されていて、そこから逃げ出した(連れ出した?)一人の少女を追手から庇いながら、戦ったりする男(主人公)のハードボイルド物です。

主人公の男も一般人と言うよりは裏の社会に精通しているような男でした。

追手(敵)には妊婦の腹を裂いて何か(詳細は覚えていません)したことがある敵が出て来ました。

他にも敵は何人か出て来ました。

官能小説とバイオレンス、ハードボイルドなど入り混ぜた内容でした。

本のサイズは文庫本タイプです。もしかしたらハードカバーでも出てるかもしれません。

ご存じの方がいましたらタイトルを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

西村寿行さんの本でそんな内容の本を読んだことがあるような気がします。
けれど、タイトルは覚えていません。

役に立たない回答ですみません。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qババロアが登場する、官能小説ではないけれどかなりの性描写が含まれた小説があったと記憶しているのですが…

今から五年程前に読んだ記憶がある小説についてお訊ねします。
その小説には相当な性描写が在りましたが、
恐らく官能小説として販売されている物ではないと思います。

母が借りてきた小説を何の気無しに読みんでいたら、
かなりの性描写を含んだ場面があり釘付けになったものの、
後ろめたくなって途中で読むのを止めてしまった
と言った事がありました。

大凡の内容ですが、
(1)主人公は女性
(2)その女は不倫をしている
(3)ベッドへの誘い文句は「今日ババロア買ってきたのにナァ」
(4)女はババロアを冷やして男の性器に乗せ、
精液と共にババロアを食すのがこの上ない愉しみであった
等、中学生が読むにしては刺激が強い作品でした。

もしかしたら今では何て事無い描写かも知れません。
母が市民図書館から借りてきた本ですので、
官能小説では無い事は確かです。

冒頭しか読まずに閉じてしまったので、どんな結末かは全く知らないです。
今ふと気になったので記事を設けました。

朧気な記憶で大変心苦しいですが、
もし御存知の方がいらっしゃいましたら是非御回答下さい。

今から五年程前に読んだ記憶がある小説についてお訊ねします。
その小説には相当な性描写が在りましたが、
恐らく官能小説として販売されている物ではないと思います。

母が借りてきた小説を何の気無しに読みんでいたら、
かなりの性描写を含んだ場面があり釘付けになったものの、
後ろめたくなって途中で読むのを止めてしまった
と言った事がありました。

大凡の内容ですが、
(1)主人公は女性
(2)その女は不倫をしている
(3)ベッドへの誘い文句は「今日ババロア買ってきたのにナァ」
(4)女はババ...続きを読む

Aベストアンサー

第42回江戸川乱歩賞受賞作家の渡辺容子さんの
『斃(たお)れし者に水を<祥伝社/\1,785/1999>』だと思います。
官能小説ではなく、ジャンル的には推理小説です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396631383/qid=1114651261/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-2170639-6547426

2001年に講談社より文庫でも出ています。
<講談社文庫/\680/2001>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062731851/qid=1114651261/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-2170639-6547426

ババロアについては、講談社文庫の情報冊子『IN POCKET』にて触れています。
http://shop.kodansha.jp/bc/bunko/pocket/200106/004.html

公式サイトのURLも貼っておきます。

参考URL:http://www.watanabe-yoko.com/

第42回江戸川乱歩賞受賞作家の渡辺容子さんの
『斃(たお)れし者に水を<祥伝社/\1,785/1999>』だと思います。
官能小説ではなく、ジャンル的には推理小説です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396631383/qid=1114651261/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-2170639-6547426

2001年に講談社より文庫でも出ています。
<講談社文庫/\680/2001>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062731851/qid=1114651261/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-2170639-6547426

ババロアにつ...続きを読む

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報