親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんにちは。是非、ご意見ください。
例えば、下記のような2つの文章があるとします。

1) The infection rate will rise by 100 percent within three years.
2) The infection rate will have risen by 100 percent within three years.

この表現の違いで、
1)感染率は3年以内に2倍になるでしょう。 ==>単純な予測
2)感染率は3年以内に(確実に)2倍になるでしょう。 ==>より確実な予測
という違いを表現することができますか?

未来完了は、「確実に~する」「いくら遅くとも~までには」という意味があるというのを見たので、いろんな方のご意見をお聞きしたいと思ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

未来完了は、その文字があらわすとおり、未来時点において何かの完了や達成を期待されている文章や受け答えに現れます。


つまり、文章や会話においては、その未来完了形の文章が書かれる/答える、までの前段階のプロセスが通常はあります。日本語でいうと

「明日彼は到着しているだろうか?」
とか
「先生は来週金曜までに、あの実験結果を見せてくれるだろか?」
のような問いかけ文や、文脈がどこかにあります。またそれが書かれていなくても、文章全体としてなにかが完了していてほしい(期待値がある)ということがわかる場合に使われます。

ですので、1つの文のみで訳をつけるとむずかしいのですが、修正すると

1)感染率は3年以内に2倍になるでしょう。 ==>単純な予測  OK
2)感染率は3年以内に2倍になっているでしょう ⇒それまでに達成/完了をにおわす言い方 

です。
しかし
==>より確実な予測 は、NG △です。

willを用いた文においては、話者が当事者であるI、すなわち研究者や論文、データの発表者なら、その予測の根拠があるでしょうから「確実な」といえなくもないですが、第三者がなにかの記事を見て言っただけなら、何を根拠に「確実」といえるのかがわからなくなります。(未来完了はHe/She/Youでも主語になれる)

未来完了形で再三者も言える場合を考えると、

3年以内に2倍になっているでしょう(それまでに達成/完了しているでしょう)

とは言えるのです。
確実性の違いの問題よりも、文脈が期待していることに対しての、「完了度合い」の表現の違いと言ったほうが近いと思います。
単純未来は、ご想像のとおり責任がない言い方でもあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
なるほど「完了度合い」の違いですか。分かったような気がします。
うまく説明できませんが、単に「2倍になるでしょう」ではなく「2倍になっているでしょう(2倍になりおわっている?)」という部分がポイントになるんですね。

お礼日時:2009/01/24 19:52

「この表現の違いで。

。。という違いを表現することができますか」という日本文が何をいわんとするのか、質問を整理されたらどうかと思いお増す。正しい日本で質問すればどうかなと。

その意味で質問の趣旨を推測しながら回答します。

発言者の意識の場所は、1)が現在にあり現在から将来を眺めています
2)は将来にあって、過去を振り返り この将来の地点まで到達しているというニュアンスです。

この回答への補足

説明がよくなかったようで失礼しました。
will と will have p.p. で、未来にそのことが起きる確実性の度合いに違いがあるかどうかをお聞きしたかったのです。

補足日時:2009/01/24 17:01
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未来形と未来完了形の微妙な違い

■未来形
Do you think the book will have arrive by tomorrow?
■未来完了形
Do you think the book will have arrived by tomorrow?

これに違いはニュアンスの違いはありますでしょうか?
それとも同じでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

arriveというのは「到着する」という一時点のことなので、
 Do you think the book will arrive by tomorrow?
 Do you think the book will have arrived by tomorrow?
は、No.2の回答にあるよう、実質の違いはなく、後者が仰々しいだけですね。

しかし、readというような「時間の経過がある動詞」なら、
 Do you think you will read the book tomorrow?
 Do you think you will have read the book tomorrow?
なら、前者は、読み終わろうが終わるまいが、ともかく読むか、で
後者は読み終わるか、ですね。

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。

Qwill have finishedとwill finish

will have finishedとwill finish

例文で
I'll have finished my homework by 8.00.とあり、訳は
8時までには宿題を終わらせるよ。とありました。

これは
I'll finish my homework by 8.00.

と同じじゃないですか?

初めの文はすでに宿題をやっている状態であり、後者はまだ宿題に手を付けてない状態ですか?

Aベストアンサー

未来完了形と未来のwillですね。

>同じじゃないですか?
この文だけを取り出して日本語訳をすると同じに感じるかもしれませんが、使われる状況には違いがあります。
完了形や未来の表現を本当に理解するには文脈(前後の文)に注意を払うべきです。

(will have/will) finished my homework をつかって少し話をふくらませてみましょう。

未来完了形はこんなふうに使います。
I'll have finished my homework by 8.00. So you can see me at 8.:30
「8時までには宿題を終わらせてるから、8時半に来てね(8時半に来れば会えるよ)」
多分、この話者は、普段宿題を8時に終える習慣があって、そういう予定だから(そういう予定になってるから)「その後に~してね」と言いたい訳です。

ところが、willを使うと、状況が違います。例えばこんな感じです。
She asked me to watch a movie at her place. I'll finish my homework by 8.00.
「家で映画を見ない?って彼女に誘われた。(よし)宿題を8時までに終わらせるぞ」(多分彼女との約束が、8時半とか9時なんでしょう)
この場合、いつもやってる習慣、予定ではなく、(むしろ)予定外のことがあって、それに合わせるために、(今回は)「こうしよう」と言う感じですね。

二つの文、違いが分かりますか?


区別はないというのは間違いです。以下にネイティブの観点を掲載しておきますのでよく読んでください。

ここのフォーラムでも同じことが話題になってます。
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=1020067
Please call me after nine o’clock. ( ) dinner by then. で、I’ll finish/I’ll have finished はどう違いますかという質問です。

I believe they are both grammatically correct, but "have different meanings"
#1(will) … is a bit more forceful (presumably) intentionally speed up their DOING in order to be sure that he/she is done by nine.
versus #2(will have)… which is more of a simple statement of habit.

(適当訳)
文法的にはどちらも正しいが、意味的には相違がある。
will の方は、少し(多分)外部から強制されてる感じで、9時までに確実にそうしていなきゃいけないから、「意図的に」行為をスピードアップする感じだな。
対して、2は単純に、習慣を述べてるだけだよ。

未来完了形と未来のwillですね。

>同じじゃないですか?
この文だけを取り出して日本語訳をすると同じに感じるかもしれませんが、使われる状況には違いがあります。
完了形や未来の表現を本当に理解するには文脈(前後の文)に注意を払うべきです。

(will have/will) finished my homework をつかって少し話をふくらませてみましょう。

未来完了形はこんなふうに使います。
I'll have finished my homework by 8.00. So you can see me at 8.:30
「8時までには宿題を終わらせてるから、8時半に来てね(8時半に...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qshouldとoughtの違いについて

He is a foreigner, and ought to be treated as such.
(彼は外国人であるから、外国人らしく待遇されるべきだ。)


例えば上の文章で、oughtをshouldで言い換えることは出来るのでしょうか?どのようなニュアンスの違いがあるのか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。こんにちは、kasagurandingさん。

私なりに説明させてくださいね.

ほとんどの場合全く違いを感じません.

ただ、ought toは常識・慣習的観念からみて、「すべき」のフィーリングがあり、shouldはアドバイス的なフィーリングがあります.

1) You ought to read more books.
2) You should read more books.
の例を見ると、もっと本を読むべきだ、と言う事ですが、1)は学生だから、試験があるから、読むべきだ、読むのが当然/常識だ、と言うフィーリングが入っています.

それに較べ、2)は成績が悪いからアドバイスとして、漢字力が足りないと思えるからアドバイスとして、と言うようなフィーリングが入ってくるように思えます.

余談ですが、want toをwanna, going to をgonnaとするように、ought toをoughtaと話し言葉での使い方が普通になってきています.

もうひとつの余談ですが、書くときはShe ought not to と言う形で否定文にすべきとされていますが、アメリカでは、He shouldn't ought to do it,と言う形を使うこと/人が多いです. アメリカ英語なのかもしれませんね.

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

Gです。こんにちは、kasagurandingさん。

私なりに説明させてくださいね.

ほとんどの場合全く違いを感じません.

ただ、ought toは常識・慣習的観念からみて、「すべき」のフィーリングがあり、shouldはアドバイス的なフィーリングがあります.

1) You ought to read more books.
2) You should read more books.
の例を見ると、もっと本を読むべきだ、と言う事ですが、1)は学生だから、試験があるから、読むべきだ、読むのが当然/常識だ、と言うフィーリングが入っています.

それに較べ、2)は...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

QDon't you~?とDo you~?の違いについて

Don't you~?とDo you~?の用法がよくわかりません。

例えば、Don't you have a toothache?(意味:歯が痛くはありませんか→歯が痛いのでしょう)ととあるプリントには載っているのですが、「歯が痛くはありませんか」から「歯が痛いのでしょう」への意味の移行がよくわかりません。

Don't you~?≒Do you~?の関係が成り立つのでしょうか?
Don't you~?の使い方がよくわかりません・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

Don't you think so?
を例にとって考えると分かりやすいかも知れません。
「そう思いませんか?」と聞く人の気持ちの中には
(きっとあなたはそう思うでしょう/思うはずだ)
と、相手に対して、同意、確認、確信を求める心理があります。
例えば、日本語でも
「税金が高すぎるのです。そう思いませんか?」(ね?そう思うでしょう?)
「病は気からですよ。そう思いませんか?」(そう思うでしょう?)
「楽しんで生きた人が勝ちだ。そう思いませんか?」
(そう思いますよね?)
なので、
Don't you have a toothache?
「歯が痛くはないのですか?」(痛いでしょう?痛いですよね?)
と移行するのだと思います。
また、(文脈にもよりますが)
Can't you keep still?
「じっとしてられないの?」→(じっとしてなさい)
のように叱責への移行もあります。


参考まで

Q過去完了進行形と過去進行形の見分け方についてです。

初歩的な質問ですが、ご回答の方、お願い致します。
今回質問させて頂きたいのは、題にある通りなのですが、
とある問題集の、英訳問題にて


①その時まで彼女は泣いていた。

②私が今朝目覚めた時、雨が降っていました。

という問題があり、


①が
(She had been crying until then.)となり、過去完了進行形に


②は
(It was raining when I woke this morning.)となり、過去進行形という解答でした。

英訳する際に、
①と②の和文を、どのように過去進行形か過去完了進行形かを、判別すればよいのでしょうか?

色々と調べてみたのですが、①②の和文の違いがわからないバカチンなもので…。

先輩方の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

過去を更に2つの時点に分けられるかどうかですね。
(1)は「その時」という過去の時点があります(例:昨日の19:00)
そして、その時点まで彼女はずっと泣いていた(例:昨日の
 15:00ぐらいから19:00)、ということです。
 間違って1万円札を10枚、シュレッダーにかけてしまった、とか。

 1.ずっと泣いていた時間というのは、15:00-19:00
2.その時点は(19:00)

 その時点、より泣いていたのは明らかに更に過去だからです。
 異なる時点だからです。

 もし、She was crying until then.
としても、恐らく意味は通じると思いますが、正確ではないです。
 日本語でも、「・・・ていた」とは、その時点より、明らかに
 過去だからです。
 until then(その時まで)が、when I saw her(彼女を見かけた時)
 とかすれば、見かけた時、泣いていた、と同時並行ですので、
 同じ時点の話なんです。この場合は、ちょうど(2)の過去進行形です。
 
(2)は今朝目覚めたら(例 今朝の7:00)、「その時に(同じ時点
 で)」、雨が降っていた。
 今朝目覚めた時=雨が降っていた これは同じ時点での話しです。
 ですから、過去進行形となります。
 つまり、目覚めた時点で「(同じ時点で)行われている出来事」
 です。
 
It had been rainingと過去完了進行形にしてはいけません。
 朝起きた(まさに)その時、ですので。
 
 逆に「朝起きるまで雨が降っていた」としましょうか。
 (例えば 3:00-7:00まで、真夜中から朝方まで4時間降り続けです)
 そうすると、以下になります。
  It had been raining until I woke this morning.
「雨が降っていた」は過去完了進行形(It had been raining)です。
 朝起きた時点(7:00)と、雨が降っていた(3:00-7:00)までは、
 明らかに更に過去で、異なる時点だからです。

そのうち慣れますよ。着実に頑張ってください。
同じことを質問しても全然構わないと思いますので、
うざがられるぐらいに周りの英語知ってる人に聞きまくれば
良いと思います。

 
 
 

過去を更に2つの時点に分けられるかどうかですね。
(1)は「その時」という過去の時点があります(例:昨日の19:00)
そして、その時点まで彼女はずっと泣いていた(例:昨日の
 15:00ぐらいから19:00)、ということです。
 間違って1万円札を10枚、シュレッダーにかけてしまった、とか。

 1.ずっと泣いていた時間というのは、15:00-19:00
2.その時点は(19:00)

 その時点、より泣いていたのは明らかに更に過去だからです。
 異なる時点だからです。

 もし、She was crying until ...続きを読む

Qcould be と would be の違い

could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。
couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、
仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。
例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう
違うのでしょうか?
私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、
couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?!
最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、
結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。

分かる方、ご解説いただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you please drop me here?

前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。

後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090209230529AAjApFB

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you pleas...続きを読む


人気Q&Aランキング