Wikipedia に「価格革命(かかくかくめい、price revolution)とは、大航海時代以降の世界の一体化にともなって、16世紀半ば以降、メキシコ、ペルー、ボリビアなどアメリカ大陸(「新大陸」)から大量の貴金属(おもに銀)が流入して、全ヨーロッパの銀価が下落し、大幅な物価上昇がみられた現象をさす。」とあるのですが、なぜ、銀の価格が下落したことにより、大幅な物価の上昇が起こったのでしょうか?
とても、基本的な質問で申し訳ないのですが、どなたかお答えくださると、とても助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

銀は銀貨として通貨として使用されていました。


銀が大量に産出されれば、銀の価値が他の商品と比べて相対的に下がります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど。銀の価値が下がったことで、他の商品の価値が上がってしまったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/26 06:59

追記



銀貨は他の貨幣とも交換(両替)されていました。
例えば、金貨1枚と銀貨10枚を交換していました。(例えなのでレートは適当です。)

そのため銀貨の貨幣価値が下がると他の硬貨も連動して貨幣価値が下がってしまいます。
当時の交換レートが固定レートだったのか、変動レートだったのか知りませんが、
どっちにしろ銀貨につられて他の硬貨まで価値が下がります。

それで、ますます物価高になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当時、銀貨は他の貨幣とも交換されていたのですか。
たしかに、これだと、ますます物価が上がってしまいますね。
なるほど。とても助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/26 07:10

銀貨1枚分の貨幣価値はそのまま、銀貨に使われている銀の価値です。


つまり硬貨として貨幣価値と、貴金属の銀のかたまりとしての値段が一緒という意味です。

例えば銀貨を100枚つぶして、のべ棒を作ったとしたら、のべ棒には銀貨100枚の値段がつきます。

そのため大量流入して銀の価格が下落したという事は、銀貨の貨幣価値が下がったという意味にもなります。
そして、お金の価値が下がるという事は物価が上がったという意味になります。
    • good
    • 0

男が10人 で 女が10人いました。


いい男もいれば、そうでない男もいる
いい女もいれば、そうでない女もいる

まぁそれなりに付き合っていた。

突如女が20人増えて
男が10人 で 女が30人になった。
男はみんなモテモテで、三人ずつの彼女を持ってしまった。

男の価値が上がって、女の価値が下がってしまったのです。

と、ここで女=新大陸からの銀、男=商品 と考えてください。

ちなみに、マルクスは、すべての商品はお金に恋するが、片思いだ。なんて事を言っていたような気がする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
確かに、10対10のところに、片方だけ、突如として人数が増えてしまったら、増えたほうの価値は下がるのにもかかわらず、もう一方のほうは、数は一緒なのに、価値は上がりますよね。
それにしても、マルクスは面白いことを言いますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/26 07:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ大陸

 発見したのは誰ですか?コロンブス?アメリゴベスプッチ?この二人はそれぞれ何をした人なの?高校時代に世界史で勉強したはずなんだけど忘れてしまいました…詳しい方の分かりやすい答えおまちしております。

Aベストアンサー

 少なくとも1万年以上前に当時地続きだったベーリング海峡を最初に渡った名もなきモンゴロイドがアメリカ大陸の発見者だと思います。日本も「発見」されていればどういうことになったのやら、ちょっと恐い想像ではあります。この「発見」という言葉は世界史がヨーロッパ中心に考えられている証でもあります。

 コロンブスは自分が到達した場所が死ぬまでインドだったと信じていたようです。その理由については
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse029.html
でわかるはずです。
コロンブス自身については
http://page.freett.com/hidekazu/colu.html
http://isweb30.infoseek.co.jp/cinema/karins14/kjoronbu.htm
などに説明を読むことができます。この時の船団についての記述は、
http://www1.minn.net/~keithp/ships.htm
で分かると思いますが、
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=266589
にも少し触れておきました。

 アメリゴベスプッチについては、挙動不審なところがあったようで、にもかかわらず数個しかない地球上の大陸のうち2つまでを彼の名にちなんだものになってしまったのは、不思議なような気もします。
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/mory/page/other/america.html

 地名としての「アメリカ」の由来については、
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/H_TXT/Stradanus/America.html
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=146312

 アメリゴベスプッチ本人については
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/H_TXT/Stradanus/Vespucci.html
でさわりを読むことができます。

 少なくとも1万年以上前に当時地続きだったベーリング海峡を最初に渡った名もなきモンゴロイドがアメリカ大陸の発見者だと思います。日本も「発見」されていればどういうことになったのやら、ちょっと恐い想像ではあります。この「発見」という言葉は世界史がヨーロッパ中心に考えられている証でもあります。

 コロンブスは自分が到達した場所が死ぬまでインドだったと信じていたようです。その理由については
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse029.html
でわかるはずです。
コロンブス自身につ...続きを読む

Q丁銀・なまこ銀

江戸時代の丁銀・なまこ銀って秤で計らないといけないお金でしたっけ?

Aベストアンサー

江戸次第の金銀貨は、江戸は金つかい、上方は銀つかいといわれ、東西で主につかわむる貨幣が違っていました。
銀はもともと重さによる秤量貨幣で、丁銀、豆板銀、なまこ銀、小粒銀などはすべて重量を軽量して使いましたが、のちには一分銀、一朱銀などの銀の定位貨幣も発行されるようになりました。
もともとは丁銀を端数はつかったりしていましたが、それでは不便というので豆板銀が作られました。
なまこ銀や小粒銀は西日本の一部で使われていた秤量貨幣です。

Q一分銀   天宝一分銀 Tr型?

祖母の遺品にあったものです。

インターネットで見た感じでは、これは「天宝一分銀 Tr型」というもののようですが、分類は合っておりますでしょうか?

書体などでも、細かい分類があるのでしょうか?

文字等を見るとすり減っているようですが、これは程度としては「並」程度ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

安政の書体という根拠が不明ですが・・・・・。天保の背側の多い『 型 』は O・q・r・s・t です。が、この一分銀の書体は 『 r 』を示しています。普通 r の特徴を見る場合 トジ是といって 是の第1画と2画が開いているのを主に挙げて解説されております。 良い本は 『 新・一分銀分類譜 』があります。天保~明治一分銀まで解説されています。

状態は 美品 の下のクラスでは?物は見る人によって違って見えるといいます。大きな傷が無く擦れがある位ですのでそれほど悪くはないと思います。

書体などでも、細かい分類があるのでしょうか?・・・『 型 』によって変わります。

Qアメリカ大陸発見の影響

「発見」という言葉にはつっこまないでください。

コロンブスによってヨーロッパにアメリカ大陸の存在がしられるようになり、
ヨーロッパ諸国はアメリカ大陸に進出し、さまざまなことをします。
そうする過程で政治・経済などあらゆる面で変化が生じた。
というのは分かるのですが、では具体的にどのような影響があったのでしょうか。
アメリカ大陸の発見がヨーロッパ人にどれ程大きな衝撃として受け止められたのか、
また社会現象としてヨーロッパ世界にどのような変化をもたらしたのか。
このような事を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

某T大学でその辺を詳しくやっています。

新大陸「発見」のヨーロッパへの影響についてはよく以下のことがあげられます。

(1)価格革命が起こった!
  →大量の銀が流入し、お金がたくさん増えたので物価が2~3倍あがってしまった。

(2)商業革命が起こった!
  →ヨーロッパの貿易の規模が世界規模に拡大!さらに貿易の中心が(それまでの)地中海から大西洋に移った!
  〔世界規模の商業圏ができたことは、海外市場を獲得→資本主義経済の発達に大きく影響してきます。〕

(3)食品革命が起こった?
  →それまで新大陸にしかなかったトマト、とうもろこし、じゃがいも、さつまいもなどがヨーロッパへ。これにより今日の西洋料理ができた!?
  〔ex:イタリアのパスタはそれまではトマトソースなしだったということです。〕

一般的には以上三点が特に重要視されています。

補足としてあげとくと、(2)の商業革命の結果、ヨーロッパの西側では(大西洋側)商業が一気に発展したのに対し、東側は到底かなわず、西側の「食料供給地」に成り下がってしまいました。西側の資本主義の発達と対照的に、農奴化が進み、19世紀の社会主義国家の遠因になっていきます。(政治の分野の話になるので詳しい説明はやめておきます。)それまで地中海貿易で発展していたイタリア、南ドイツは落ちぶれていきますが。

まあその後の植民地戦争はあくまで(2)の結果です。
いづれにしろ既に挙げた3点が大事です。ヨーロッパ全体にかつてない影響を与えたのは間違いありません。

某T大学でその辺を詳しくやっています。

新大陸「発見」のヨーロッパへの影響についてはよく以下のことがあげられます。

(1)価格革命が起こった!
  →大量の銀が流入し、お金がたくさん増えたので物価が2~3倍あがってしまった。

(2)商業革命が起こった!
  →ヨーロッパの貿易の規模が世界規模に拡大!さらに貿易の中心が(それまでの)地中海から大西洋に移った!
  〔世界規模の商業圏ができたことは、海外市場を獲得→資本主義経済の発達に大きく影響してきます。〕

(3)食品革命が起こっ...続きを読む

Qアメリカ大陸の発見

コロンブスのアメリカ大陸の『発見』という用語はどういう理由から批判されると考えるか教えてください。

Aベストアンサー

「発見」という表現は西欧絶対史観に基づくものです。それでは原住民の立場が無いではないか。コロンブスが自分で勝手に発見したと思い込んだとでもいうなら話はまだ分かる。コロンブスがそう言い張る分には構わない。しかしコロンブスの立場をそのまま世界史の教科書で代弁しなければならない理由など無いのです。それでは公平とはいえないでしょう。実際にはコロンブスの何万年も前から暮らしていた人が存在したのです。彼らの立場にすれば発見したのは、歴史以前の彼らの先祖に違いない。大航海時代という歴史の切り口からすれば、それはそれで評価すべき出来事であったことは否定できない。しかし「発見」という用語は原住民の立場を無視した不適切な用語ではないか。それが批判される理由です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報