最近、戦国時代物の小説「天を衝く/高橋克彦」にハマった事から、そこから戦国時代の歴史の勉強をするのが楽しくなってきました。

そこでおすすめの小説があれば教えていただきたく、質問させていただきました。

・歴史の勉強も兼ねているので、時代背景や世界観が逸脱しすぎていない物
・とりあえずベタなところで秀吉を希望ですが、他にオススメがあれば是非教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

時代小説なら、やはり


吉川英治と山岡荘八をお勧めします。
両者ともいろんな人物を書いてますので良いですよ。。
あと、同じ人物を両者が書いている場合もあります。

二人とも時代背景や世界観は逸脱はしていませんし、書かれた当時の時代認識に基づかれて書かれていますので、大丈夫ですよ。

秀吉を描いた小説ですが、wikiで出てきたのは
『新史太閤記』司馬遼太郎
『新書太閤記』吉川英治
『異本太閤記』山岡荘八
『妖説太閤記』山田風太郎
『夢のまた夢』津本陽
『秀吉-夢を超えた男』堺屋太一
『秀吉と利休』野上彌生子
『秀吉の枷』加藤廣
『豊臣秀吉』小和田哲男

最後の小和田哲男氏「豊臣秀吉」は、私は読んだことはないですが、有名な戦国時代の歴史学者なので時代背景などは安心できると思います。
小説と書いてますが、この方が小説を書いたとは私は知りませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

吉川英治に山岡荘八は支持があるようですね。
まずはこの二人の作品からチェックしていこうと思います。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 04:15

隆慶一郎さんの『一無庵風流記』が面白いですよ。


主人公は前田慶次郎という戦国時代に活躍した有名人です。
彼は「かぶき者」と云われて文武に通じた武者であり、
秀吉にも可愛がられ、後年は今年のNHK大河で有名になった
直江兼続と仲が良かったという人です。
昔少年ジャンプに掲載されていた『花の慶次』の元になった小説です。

同じ作家の『影武者徳川家康』も最高に面白いですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%86%E6%85%B6% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前田慶次はいつか読んでみたいと思っていたので、その際には一無庵風流記を読んでみます。
そういえば当時ジャンプで花の慶次と影武者を読んでましたが、歴史がまったくわからなかったクソガキだったにも関わらず、むちゃくちゃおもしろかった記憶があります。
原哲夫も再チェックしてみます。

もちろん天地人はチェックしてますw
直江兼続と来たら真田幸村もいつか読んでみたいですね。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 04:44

安部さんはおもしろいでしょう でも小説とはいかないらしいです


その世界のえらいさんには 歴史読み物らしいですね
サンデー毎日に今 連載の (蒼き信長) ええですよ
この人が秀吉書いたら エロいでしょね 
小説の風雅を横に置きながら歴史を堪能したければ 司馬さんですよ
小説は人を追求しますから 推理小説のように 事実関係は絶対じゃないですよね 

事実関係をリアルタイムに知りたかったら 以下のページへ

(桶狭間合戦の真実) 管理人 かぎや散人
一度みてください 
このひと書かないかなぁと思っています

このひとの歴史読み物 桶狭間合戦 勝手に付ける題 (信長である)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小説と歴史読み物があるんですね。
その違いが理解できるくらい、みなさんに教えてもらった作家さんの作品を読んで行きたいと思います。

史実のみに焦点を置かず、物語を楽しむという点では司馬さんがよさそうですね。
天を衝くも、逸脱しない程度にフィクションは織り交ぜてありましたので、その点では問題なさそうです^^

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 04:38

天を衝くはおもしろいですよね。


僕もあれを読んで九戸実親や津軽為信への見方が変わりました☆

先日まで読んでいた『生きて候/安部龍太郎』は良かったです。
本多政重が主役なので秀吉はほとんど出てこないのですが…(汗)
朝鮮侵攻の部分が多く、石田三成がちょこちょこ登場します。
史実にどこまで忠実かと問われれば小説ゆえ微妙なトコですが、
不可思議な魔術を使ったりなんてことはないのでご安心を。
最後のまとめ方がちょいと気になるところですが、オススメです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

実はまともに歴史小説読んだのが天を衝くが初めてだったんです。
今考えたらすんごいマイナーな武将だなとw
津軽為信や政宗と親密な仲とか、脱線しすぎずフィクションを織り交ぜてあり、みごとに世界観に引き込まれてしまいました。
それで歴史を楽しく学ぶなら小説がいいなと思ったわけです。

安部龍太郎ですね。
朝鮮侵攻という事ですので、ある程度、基本形を読み終えてから手を出したいと思います。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 04:34

山岡荘八の小説は文学的な評価は別にして時代を知る、歴史を学ぶという


方向から言えば最適だと思いますよ。山岡荘八著の『豊臣秀吉』『織田信長』
『徳川家康』各シリーズとも豊臣秀吉の物語は豊富に収録されているので
3つとも読まれることをオススメします。『徳川家康』は長いので全巻
読まなくとも秀吉が出てくる時代の部分だけ読めばいいと思います。
なお『豊臣秀吉』を読んでいけば前田利家の物語も入ってきます。
斎藤道三と織田信長の生涯を描いた『国盗り物語』は実は明智光秀が主人公。
工藤かずやの『信長』は漫画ですが、歴史事実に忠実な傾向があるし、
オススメです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

山岡荘八の作品はボリュームありそうですね。
特に秀吉だけにこだわってるわけではないので全部読んでみたいです。
工藤かずやの信長は興味ありますが、図書館では置いてなさそうですね。
でも絵柄は嫌いじゃないので機会があれば読んでみます。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 04:23

やはり秀吉、信長、家康を絡めたものが戦国物の主流でしょうね。


多少変わったところで
斉藤道三、織田信長を書いた司馬遼太郎の「国盗り物語」や同じく司馬遼太郎の「尻くらえ孫市」などが少し趣きが違って面白かったです。
あとは無難なところで山岡荘八の「徳川家康」が織田信長、豊臣秀吉も登場しますし、面白いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まずは基礎から学びたいと考えてたんで、やっぱり家康も読んでおいたほうがいいですよね。
あやうく勢いでいきなり政宗とかに手出すところでしたw
山岡荘八の「徳川家康」ですね。メモ

司馬遼太郎の作品も読んでみたかったのでその2つの作品もチェックしてみます。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/02/01 04:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q春秋戦国時代について小説を書きたいと思っているのですが春秋戦国時代につ

春秋戦国時代について小説を書きたいと思っているのですが春秋戦国時代について小説が書けるほど詳しく説明してる本はありませんか 歴史書とか史記の翻訳とかでもいいです

Aベストアンサー

春秋戦国時代について書かれた本は、それほど多くないのですが、次の本はお勧めできますね。

司馬遷(著)/小竹文夫、小竹武夫(共訳)『 史記 』(ちくま学芸文庫)全8巻

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B2%E8%A8%98%E3%80%881%E3%80%89%E6%9C%AC%E7%B4%80-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q日本の戦国時代を書いた小説

僕は昔から織田信長に興味がありました。それで信長に関する本は何冊か読んだのですが、最近信長以外の人物にも興味を持ちはじめました。というより戦国時代ってどんなものだったのか知りたくなってきました。信長に興味があったのでそれなりには戦国時代についてわかりますが、詳しく全体的なことを知りたいのです。
そこで何かいい本、できれば小説はありませんか?
教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

 司馬遼太郎といえば「新撰組」が有名ですが[国盗り物語]も彼の代表作としてお薦めします。

 国を取るのでなく「盗る」とした題名の意図、これこそ将に戦国時代の申し子「斎藤道三」に相応しいタイトルです。

 派生して出てくる信長、濃姫ほか人間模様の多さと司馬遼太郎の筆の軽やかな運びに魅せられる作品です。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q室町時代がドラマ小説などで舞台にならない理由

現在伝統的日本文化と言われ、海外で「日本的」といわれるような文化はその多くが室町時代に端を発しているものが多い気がします。

それほど現代の日本人に影響を与え、また期間も長かったのに、どうして室町時代を舞台とした演劇やマンガなどは少ないのでしょう。

戦国時代や幕末のような動乱期がドラマ性が高いのは分かりますが、平安期や江戸時代と比べてもかなり少ない気がします

Aベストアンサー

室町時代を舞台にしたヒット作品が出たら、そこから室町時代がクローズアップされて注目を浴びて、作品が増えると思いますよ。

『日本三大合戦』と呼ばれている合戦をご存知でしょうか?
 関ヶ原の戦い
 川中島の戦い
 筑後川の戦い(大保原の戦い)
上の2つは有名ですが、「筑後川の戦い」は知名度が低いです。これは、室町時代(南北朝時代)にあった合戦です。舞台となった地域には、たくさんの逸話が残っています。ドラマetcになるようなネタは、いつの時代にも探せばあると思います。

現代の戦国や幕末の人気は、司馬遼太郎の影響が強いような気がします。誰か、南北朝時代を舞台にした面白いドラマ・映画・小説を、作ってくれないかなぁ…。(祈)

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q戦国時代と鎌倉時代の

北条氏について。

なんですが、歴史読本や街道などの雑誌で戦国時代の北条氏を
”後北条氏”ないし”小田原北条氏”、”北條氏”って
記載し鎌倉のは、ただの”北条氏””鎌倉北条氏”って記載
あります。

どっちが定説なんでしょうか?

トリビアですが、お願いします。

また”ほうじょうし”の表記って北条氏と北條氏のどっちですかね。

2点目は、なぜゆえに小田原を本拠地にしたんでしょうか?
関東を牛耳るんでしたら武蔵の国が、ほぼ中央で利便性が高いような
気がするんですが。

2点をお願いします。

Aベストアンサー

基本的にはオリジナルのほうが「北条氏」と呼ばれます。つまり鎌倉幕府のほうです。普通冠詞はつけません。鎌倉北条氏というのは、一種不適切な呼び方ですが、意図的に「分けよう」としている本の場合、十分ありえますが・・・

後北条、つまり戦国時代の北条は、伊勢宗瑞が祖であり、二代目の氏綱の代に執権であった北条氏、つまり鎌倉時代の北条氏の子孫を「自称」して北条氏と名前を変えました(多くの方が勘違いされていますが、早雲本人は北条を名乗ったことは一度もありません。そのため、彼をどう呼んでいるかで回答の正確さが出るかなと考えていますが・・・)。
なぜ小田原か・・・というのは、後北条氏の版図の拡大が分かっていればはっきりするのですが・・
宗瑞は韮山城とよばれる、伊豆の城を根拠地にしていました。彼の代ではまだ保有領地は伊豆と相模のみです。武蔵は敵対している勢力の領地です。
で、二代の氏綱が、小田原を本拠に変えたのですが、この時点でまだ武蔵は平定されていません。
氏綱の代、北条氏は敵対する扇谷上杉氏の城である江戸城(現皇居ですね)を、太田氏を寝返らせることによって奪います。そして、敵対する里見や足利を打ち破り、武蔵の南側を平らげます。

つまり、氏綱が本拠を小田原に移したとき、武蔵の大半は敵領土だったのです。
江戸城は氏康の代に国府台合戦で大勝利し、里見を房総半島に完全に押し返すまでは前線基地でして、とても本拠が置ける土地ではありませんでした。

また、武蔵でも要所である川越にはいまだ扇谷上杉氏が居座っており、これを排除するのは結局、三代目である北条氏康の代になります。名高い川越夜戦で上杉氏勢力を完全排除、ついで足利氏を排除しました。この時点でようやく1551年。
しかし、まだ武蔵は安定した土地ではなく、やっかいな国人(成田氏など)が居座っていたりでした。
問題は、彼らが表向き従属していても、何かあるとすぐ寝返る程度の関係であったことです。成田氏なんかは上杉氏が1561年には大挙して相模の小田原を包囲したときにあっさり寝返っていたり(ただし、恥をかかされたとかですぐに戻っています)と、辛い情勢でした。これが1561年。
そして、里見も上総から武蔵に攻め入ります。しかし、1564年の国府台合戦でこれを打ち破り、武蔵における地位は少し安定します。そして、氏康の晩年になってようやく武蔵は安定したのです。安定していない土地に拠点をおくのは・・・よろしくないのは分かるかと。

また、当時の武蔵は、後の江戸とは程遠く、河川の氾濫も結構ある湿地帯で(水を支配したのは四代である氏政の代)、しかも平野のため堅城が作れなかったという問題もあります。
北条氏が上杉、武田を退けることができたのは、天下の堅城とよばれた小田原城の力も大きく、やはり籠城にもっとも適した城では、小田原の右に出る城はありませんでした。

なお、氏政は江戸城を隠居先としています。つまり、氏政の代なのですね。江戸を本拠として機能できるようになったのは(といっても氏政は小田原にいるほうが多かったようなのですが)。そして、この江戸の発展は、徳川の時代にも引き継がれ、徳川によって世界最大とも言われる都市へと発展していくのです。
以上が、江戸、ひいては武蔵が本拠地に成りえなかった理由です。基本的には、伊豆から東へ領地を拡大していった勢力ですから、武蔵は常に前線だったわけです。

基本的にはオリジナルのほうが「北条氏」と呼ばれます。つまり鎌倉幕府のほうです。普通冠詞はつけません。鎌倉北条氏というのは、一種不適切な呼び方ですが、意図的に「分けよう」としている本の場合、十分ありえますが・・・

後北条、つまり戦国時代の北条は、伊勢宗瑞が祖であり、二代目の氏綱の代に執権であった北条氏、つまり鎌倉時代の北条氏の子孫を「自称」して北条氏と名前を変えました(多くの方が勘違いされていますが、早雲本人は北条を名乗ったことは一度もありません。そのため、彼をどう呼んで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報