ゴルフ歴半年です。コースには昨年秋にデビューしました。128でした。来春に向けて練習場に通っています。まだ球が安定して真直ぐ飛びません。右に行ったり、左に行ったりです。友人にアドバイスを受けて今日はハーフスイング以下のバックスイングでひたすら7番アイアンを打ってきました。何球かは芯に当たって気持ちよく飛びました。

ただ疑問なのですが、このスイングはいわゆる手打ちなのかなと思いました。それとも体の回転は従来のフルスイングと同等にしたほうがいいのでしょうか。教えてください。

あと力を抜けばいいことはわかっているのですが、なかなかできません。コツ、方法等アドバイスありましたら、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ハーフスイングでも 体の回転は従来のフルスイングと同等にしたほうがいいです


トップの位置が 違うだけで しっかり振ったほうが いいです

ラウンドして 変なライにボールが 行った時とか
実戦でも ハーフスイングしないといけない場面があると思いますよ

僕的には タイミングを重視してますね
たくさんボール打って 頑張って 真っ直ぐ行くタイミングを習得してくださいね
たくさんボールを打てば 力の抜き方入れ方が わかってきますよ^^
  
    • good
    • 0

ゴルフスイングで大事なことは



● スイング中、肩や両腕、ひじ、手首、そしてグリップを
  出来る限り柔らかくすることです。

● トップとフィニッシュ以外の部分では
  手の位置が両肩のほぼ中心に位置していることです。

これらを実現するには「縦の動き」を
理解することが先決です。

1. ゴルフのスイングは腕の動きと体の動きの
二つの動きで構成されています。

2. 正しいスイングを身につける第一歩は腕の動きを
頭の中で正しく理解することです。

これを理解しておかないと、最初から間違った方向に
進んでしまい、上達を遅らせることになってしまいます。

基本的なスイングのメカニズムを最初に理解していると
安定したスイングが早く身に付きます。

3. 両腕と手首、それとクラブは縦の動きです。
「腕やクラブは横に振ればいい」と考えるのは間違いなんですね

4. 腰と肩の動きは背筋に対して直角(90度)の横方向の動きです。

5. この「縦の動き」と「横の動き」が相まって、
正しいスイングプレーンと正しいスイング軌道が形成されます。

6. 但し腕の力を使って無理やり動かしたり、スイング始動から
すぐに縦の動きをしてしまうと正しい方向へクラブは上がりません。

7. 縦理論でもう一つ大事なことは、
トップとフィニッシュ以外の部分ではスイング中、
“体の中心から左右に手の位置が殆どズレない”ことです。

これも縦理論の解釈の一部分となります。

このことが理解できなくて、間違った方向へクラブを振る為に
上達が出来てないゴルファーが非常に多いんです。

とても大事な考え方であり、とても大切な理論なんです。

ハンディーが5以下のシングルプレイヤーは
この事を理解されています。

ゴルフをする上では、なくてはならない考え方です。

これが理解できるとアプローチなども、
みんなが良くなっています。

ダウンブローを習得するにも一番手っとり早い方法でしょう。

そして永遠のテーマである「飛距離UP↑」には欠かせません。

後は「上げきる」と「下げきる」のリストコックの
動きを理解すれば完璧でしょう。」

ご健闘、ご活躍を期待しています。
「ハーフスイングは手打ち?」の回答画像4
    • good
    • 1

はじめまして(^-^)



デビューで128…素晴らしいです(^-^)

まず、ハーフスイングの第1の目的は、手は何もしないことを覚えるためです。
できれば、ハーフを一度ビデオに撮ってもらってください!
きっと、あれ?と思うくらい手は上がっているはずです。
でも、目一杯手を上げる感覚がないという意識のハーフスイングの練習は非常に効果的です。
正直、本当のハーフショットは、覚えるまでにかなり時間がかかります。

あくまでも私感ですが…ゴルフは大きなものを小さくするのではなく、小さなものを大きくしていく考え方が正統だと思います。
例えば、30yのアプローチ…手だけでもコツンと狙えますが、逆に手が一切使わずにカラダの回転だけで充分に狙うことができますよね。
それを50y、70yと伸ばしてみてください。
そしてまた30yに戻ります。

…さて、何が変わるでしょう?
捻転幅が変わるだけですよね?(足首の回転(速さ)で距離を変えられる方もいらっしゃいますが…)
しかし、手を使いませんから、軸となる背中・足(特に足首)・グリップはシッカリ締めておかなければなりません。(距離によって力加減は変わりません→むしろ短い距離のほうが緩みは禁物です)
逆に固定してはいけないのは、首です。
首を固定すると、シャクリの原因になります。(色々なプロがいますが、首を固定しているプロは一人もいません)
要するに、重要点(足・軸・グリップ)はシッカリ締めて、スムーズ動作にジャマになる点(腕や首)はチカラを抜くことが大切です。

この、30y・50y・70yのアプローチの感覚を、色々なクラブで行ってみてください。
胸と背中の回転だけで行えば、手が「何も足さない・何も引かない」の状態であれば、真っ直ぐしか行かないはずです。
…と文字では簡単に書いていますが、ゴルフはコレが1番難しいんです。
実は今日もツアープロと練習をしてきたのですが(殆ど教えてもらうか、眺めてたんですがね^^;)、
「何もしなければ真っ直ぐしかいかないんだけどねー」と言いながら練習してありましたよ。

最後に、ボクが教えてもらったチカラを抜くコツです。
入れてはいけないところにチカラが入る場合は、入れなければいけないところ(足の裏・足首・尾てい骨・背中のどれか)にそれ以上の力を入れろ!と教わりました。
最初は「そんなぁ…」と思いましたが、コースで緊張したときに本当に役に立つ知識です。
もちろんコースで役に立たせるためには、練習場で試しておく必要があります。

何かご参考になれば…
    • good
    • 2

ハーフ=フルショットの半分


したがって、体を使って打ちます(特に足、腰を)

ハーフショットの覚え方は
右腰の高さまでテークバックして
ボールがどこまで飛ばせるかと試していくのが一番です
7Iか8Iでまず100ヤードを出します
これは比較的簡単に出るでしょう
110、120と出そうとすれば体を使わざるを得ません

この練習で100ヤード以内に目標を決めて(40とか80とか)
キチンと打ち分けられれば多分100は切れます
ゴルフのスコアの決め手はアプローチとパッテイングです

頑張ってくださいね
アドバイスまで
    • good
    • 0

HD11でゴルフ暦30年のものです。



ハーフスイングは頭は固定し、腰の体重移動で行うといいと思います。
それから、フルスイングでは、体重移動と回転運動を組みあわせますが、ハーフスイングでは身体の回転運動のことを考えなくて体重移動だけの方がうまく行きます。

それから、しゃくるようなフェイスローテーションを押さえるため、力を抜くのではなく、手首をロックするだけの力は必要です。

さらに体重移動をどうすればいいかについては、腹筋で腰を動かすイメージを持たれたらうまく行くかも知れません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドライバースイングについて質問です。ドライバーの飛距離が200yardぐらいしか飛びません。本番

ドライバースイングについて質問です。
ドライバーの飛距離が200yardぐらいしか飛びません。
本番のゴルフの時にティーアップして打つ時にトップから降ろす時に力みがあり右肘が低く入って左側に横振りする様なスイングになってます。
セルジオガルシアのスイングを更にオーバーにしたスイングと言われたりします。
飛距離が伸びるスイングの矯正や練習方法など皆さんのご意見をお聞かせください。
宜しくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

飛距離について間違った認識をされているかと存じます。
私腕に覚えがあり(ハンディ2)上から目線で恐縮ですが
アドバイスさせていただきます。

飛距離は腕前と一緒にあがってきます。
一発だけの飛距離はそう簡単にあがるものではありません。
いわゆる天性の割合が多いです。
若さもあります。
私、一発だけで勝負すれば若い時と今とでは30ヤード違います。
もちろん今のほうが飛びません。
それは一発勝負の話です。

ゴルフは18ホールやって始めてゴルフです。
しかも飛距離の勝負なんてどこにもありません。
飛距離がアドバンテージになるというのは
技術的に同等であれば飛距離があった方が有利ということです。

ハンディ25、通常100を打ってしまう人が270ヤード
私が220ヤードだとしても技術的に違うので
270ヤード飛ぶ人にアドバンテージはありません。

ここまで書いて何が言いたいかわかりますか?

270ヤード飛んだって100打ってる人は
18ホールの平均飛距離は私より劣るということなんですよ。

私は14ホール14打使って220×14=3080ヤードです。
当然平均220ヤードです。

では100打つ人
多くて一発目で270先のフェアウェイをキープするのは
14回中3回です。
(5回キープできれる腕前があれば100は打ちません)
残りの12回はドスライス、まっすぐでもラフ、あるいはバンカー、
右にまっすぐ、引っ掛け、チョロ、OBなどで構成されます。

OB入れて16回打ちます。
12回の平均は200に満たないでしょう。
第2打目の飛距離とグリーンオンの確率を考慮すると
150くらいに落ちます。

いいですか、
では3ホールシュミレーションして見ましょう。
1番ホール、370ヤード。
あー惜しい!いい球で270だったんだけど
ラフいっちゃった・・。
残り100ヤードで深いラフで木の下。
2オンは100打ってる人には到底無理!
乗らないってことは270のラフは意味がないってこと。

私、残り150ヤードフェアウェイ、7番アイアンで2オン。
これ270より220のフェアウェイが正解ってことでしょ。

私にいわせると270飛んでないってこと、あるいは無駄に飛ばしているって
いうことです。
次で乗らなきゃどんなに飛ばしても無駄に飛ばしたことになるんです。
力いっぱい振って曲がるかもしれない、そんな危ない橋渡ることもありません。

このひと2オンできないんですから最初から150しか飛んでないのと同じです。
つまりこのホールの彼のドライバーの飛距離は100~150ヤードと同じことになります。

2番ホール、360ヤード。はいOB、前4で残り130、これは乗せた、としても
残り130になるまでに3打使っちゃってます。
つまり230ヤードを3打かけたことになりますから230÷3打で約77ヤード
しか飛んでないことになります。

打ち直し3打目だっていいですよ。これがスライスでフェアウェイはキープできたものの素人のスライスですから240でしょ。

次、270まっすぐ! 当たった当たった!やっと270会心の当たり。

ここまで3ホールの平均は?
ドライバー5回使って、150+230+270=650
この人の平均飛距離130ヤードです。

どこが270ヤードの飛ばし屋なの?
ってことです。
私はこの3ホール220ですべてフェアウェイ。
平均220ヤード。
私の方が飛ばし屋です。

つまり腕が上がると18ホールの平均飛距離は上がるということなんですよ。
3発に一発270フェアウェイより確実に220のほうが圧倒的にスコアも
平均飛距離もいいんです。

プロのように万度270フェアウェイに飛ばせれば、
あるいはファウェイを外しても2打目をラフから、クロスバンカーから
木の下から乗せられる腕があってはじめてアドバンテージとなるんです。

200飛べば十分!
アプローチとパットが素人レベルでうまいほうになれば
80代前半で回れますよ。

またうまくなってくる=スイングもよくなっている、スイートスポットに
当たっている。
ですから200が220飛ぶようになります。

世間には飛ばすためのアドバイスのようなものが
溢れていますが、あんなもの鵜呑みにしてやったところで
返って当たらなくなって一発なら飛ぶかも知れませんが
「ゴルフ」上ではとんだことになりません。

強いてあげれば力まずテンポよくスムースに振ることだけです。
肘がどうの、腰の切れがこうのといじればいじるほど
スイングは壊れます。

理論でプロになった人、トップアマになった人は古今東西
一人もいません。
100人いれば100人とも球数打ってます。
ダンプカー3台分打てばプロになれる。と昔よく言われました。
そんなの今時流行らないよ。という人がいますが
例外なく上手な人はものすごい練習量と球数を打ってます。

球数打たないで(フェアウェイキープできることを前提とした)
飛距離があってゴルフがうまくなるのだったら
シングルハンディの人がこんなに少ないはずもないし
みんなプロにもなれちゃいます。

私も、確かにゴルフはじめたころはアドレスやグリップ
スイングなど教えてもらったことがります。
1年やって、ははーん、これは教えてもらってうまくなるもんじゃない!
と思い以後一回も教えてもらったこともないし、理論書やレッスン本
など見たこともありません。
しかしゴルフ仲間には
スピードはともかく、形はプロのようなスイングできれいだよ。
といわれますし、自分でもそーとーかっこいいスイングだろ!
と思ってます。
スイング理論とやらから離れて2年でシングルになりました。
でも、一発勝負ではもう年も50をはるかに越え220が一杯ですが
アプローチとパターの技でバックティーでも
70代後半で回るならそれほど苦労しません。

というわけで、飛ばしたかったらどこがどうという体の部分的な動かし方や
使い方をやるのではなく、打って打って打ちまくり、振って振って振りまくれば
必ず自分の体にマッチした合理的でスムースなよどみない
スイングが身につき飛ぶようになります。

練習場での光景をみててわかりませんかね?
練習場専属のプロについて習っている人、スクールに毎週2回づついって
もう10年になる人、あれだけ教えてもらってまーだスライス直んないじゃ
ないですか!
今だに90切れないじゃないですか!
頭悪すぎませんかね? 気がつかないんですかね?
明らかにあーでもないこーでもないやってるからですよ。
自分の体に合わない動きや使い方を教わるからですよ。
石川遼、松山英樹とドンだけあんたの体は違うと思ってんだ!!
まったく別の生き物だぜ。と言いたくなります。
練習場のプロが私にアプローチを教わりにきますよ。
そのレベルのプロなんですよ。アマチュアの私に
聞くくらいですよ!
そんな奴らに教わって
うまくなるはずがないじゃないですか!

230しか飛ばない女子プロは佃煮にするほどいます。
彼女らでも素人向けのコースセッティングで普通に回れば
アンダーで回ってきちゃいます。
もちろんプロの世界では誰しもが技量に優れているため
270飛ばす森田理香子や穴井詩、渡辺彩香などには
その飛距離はアドバンテージとなります。
しかし、我々は素人。ハンディがシングルなら十分でしょ。

飛距離について間違った認識をされているかと存じます。
私腕に覚えがあり(ハンディ2)上から目線で恐縮ですが
アドバイスさせていただきます。

飛距離は腕前と一緒にあがってきます。
一発だけの飛距離はそう簡単にあがるものではありません。
いわゆる天性の割合が多いです。
若さもあります。
私、一発だけで勝負すれば若い時と今とでは30ヤード違います。
もちろん今のほうが飛びません。
それは一発勝負の話です。

ゴルフは18ホールやって始めてゴルフです。
しかも飛距離の勝負なんてどこにもありま...続きを読む

Q仮定として身長、体重、は同じでスイングの技術、道具も同じ人がいた場合飛

仮定として身長、体重、は同じでスイングの技術、道具も同じ人がいた場合飛距離の違いは何に由来するのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

スウィングの技術が同じと思っているところに間違いがあると思います。
実は微妙に違っていて、それが影響している。

条件を少し変えて…同じ人でも全く同じ飛距離はでませんよね。
同じ技術と言っても人が行うことです。多少のブレが生じます。この技術のブレが影響していると考えるのが妥当でしょう。

Qスイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツ

どうしても、インやアウトに上げ過ぎてしまい、プレーンを外す事が多いです。結果ダウンで調整しようとしてもかえって駄目になることが多いです。スイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツを教えて下さい。

Aベストアンサー

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教えてくれます。
何も考えないで、ビュンビュンと振ってみると、
トップはおさまるところにちゃんと収まってます。

その自然なトップの位置が体に染み込むまで素振りを繰り返すと、コントロールしようとしてはいけないということがわかると思います。

自分にとって一番自然で、オンプレーンなテークバックは素振りが教えてくれます。

ま、私の場合ですが、テークバックを気にするとトップで完全に軸がなくなってることが多く、ちゃんと当たりません。だから「体の軸がキープできる範囲で、気持ちよく上がるところまで」が私のテークバックです。

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教...続きを読む

Qハーフスイングとフルスイングの動きの違いについて

ハーフスイングとフルスイングの、主にビジネスゾーンでの動きの違いについて教えてください。

ハーフスイングの延長がフルスイングだとよく聞くのですが、それを頭に入れて実践すると、ハーフスイングではいい確率でうまく打てているのですが、フルスイングになった途端そのようにはなりません。

普通にハーフスイングを大きくする感覚だけでフルスイングをするのは間違いなのでしょうか?
ビジネスゾーンでの各部位の動きはハーフとフルとでは別物なのでしょうか?
それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

お教えください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フルスイングに比べて8,90%までテイクバックした場合の俗称です。
・ ハーフスイングの延長がフルスイングです。
・ ビジネスゾーンの動きは、当然どんなスイングでもまったく同じになるのが理想です。

しかし、言うは易く行なうは難し。多くのひとは、テイクバックが緩んで、手でクラブをあげ、トップからの反動で上半身でクラブを振り下ろす人が多い。だから、フルはいいけど、ハーフはだめとか、アプローチは苦手だとか、アプローチだけ得意とか色々です。

本来、緩まないトップから、下半身を左に踏み込むと、背筋を通じて、手をなにもしなくても、クラブは腰のあたりまで降りてきます。プロのタメは、ここで出来ます。その後は、ビジネスゾーンで右手を上にしながらクラブを素直にローテーションし、右腰を押しながら、リリースされたクラブを運びます。

この動きができれば、あとは、踏み込むタイミングを変えるだけで、いつでもダウンが開始できる。ところが、反動を使う人は、アプローチ、クオーター、ハーフ、フルと、そのスイングの持っているイメージごとに、さまざななきっかけで、手でクラブを下ろさないと、クラブが降りてこない。したがって、とくに緩みのフルスイングでクラブを戻しきれずに玉が曲がるようになります。

もし、ハーフで玉が安定しているなら、フルスイングを一切やめることですね。ハーフで振っているつもりが、反動がついてフルになったぐらいのイメージで、ビデオでも撮れば、そのうち自然にフルスイングになっているはずです。

私自身のイメージで言えば、ダウンをどこで開始するかをイメージするだけで、意識の違いはありませんが、あえてビデオで見てみると、ハーフスイングで出来たトップの形から、若干方が深く入るまで、踏み込みのタイミングが遅くなるスイング・・・と見えます。

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フ...続きを読む

Qゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょ

ゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょうか?

よくビハインドザ・ボールで、ボールの斜後方を見ながら打てだとか、
ボールの先を見ながらスイングしろだとか、
ボールだと思わずにぼんやり見ながら打てだとか、
ボールの真上から打ち込むように打てだとか色々ありますが、

僕の場合、スイングができていないせいかもしれませんが、ボールの先(左)の芝を見ながら打つと
いい玉がでます。アイアンだとボール1個分くらいで、UTやFW・DRだと2個~2.5個分くらい
ボールの左を見て長くヘッドを出すような感覚で打っています。

このやり方はいいのかが自分でわかりません。
ただボール自体を見て打つと、どうしても打ちにいってしまい、よくダフるのは確かです。

どうかアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方がいいと思います。それが固まれば、そこからインテンショナルに高い球低い球を打つ時にどうするかという応用編にも挑戦できます。(あれ、アドレスでどうボールを見るかという事も重要な要素の一つですから)

例えば、デヴィッド・デュバルというUSPGAのプロのスイングをご存知でしょうか?多分彼のスイングはヘッドアップに見えると思います。しかしスイングの回転と軸を同じにした体全体の回転の中で首も回転させています。つまりヘッドビハインドザボールはヘッドアップしていても保たれているということになります。(そのために彼の場合はルックアップであるという言葉まで生まれました)例外的なスイングですが、これもゴルフスイングは許してしまうという例で出してみましたので、「基準」と言う意味で参考にしてみてください。このスイングで一時期世界の五本の指の順位にいた選手でもあるんですよ。

ヘッドビハインドザボールは基本ですが、そのための手法は各人が自分で決める「基準」が必要です。ゴルフスイングはこの「基準」の方が数が多いんです。中には自分が基本からどれだけズレているかの把握を求めてそれを自分の基準と化さなければならない場合すらあります。(いい例がグリップですね。スクエアグリップが基本ですが、ストロング(フック)グリップでも構いません。ただ、自分がどれだけストロング化しているかは把握しておくべきであると思います)ゴルフは「自己責任」のスポーツだと思います。スイングも基本とはスイング作りのガイド役と考えてそれ以上は自己責任で作っていくと考えた方がいいでしょうね。その基準には具体性を求めるべきでしょう。つまり自分が今どんなスイングをしているのかを把握すると言う事です。初心者の間はそのガイドすらないですから、体型の良く似たレッスンプロに教わった方がいいという事もいつも思ってもいますけどね。

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報