RI検出器をHPLCにて使用しているのですが、一部の化合物で(-)側に出てしまいます。
溶媒はクロロホルムで、(-)側に出るのはαーオレフィンやヘキシレングリコールなどです。
お分かりであればお願いします。

A 回答 (1件)

マイナスピークとなるのは移動相に比べて、対象化合物の屈折率が小さいためです。

マイナスをプラスとして記録計に出力すれば、普通に定量出来ますよ。検出器または記録計のマニュアルを見てみて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXのスワップポイント、プラス・マイナスって?

FXのスワップポイント、プラス・マイナスってどっちが利益を得られるのですか?これからFXを始めようとしている、デビュー前の者です。超円高・ドル安で、外貨ドル預金を考えましたが、調べたら手数料が高いので、FX1倍がお勧めであると、サイトにありました。そこで、金利差のスワップポイントが、現在買いがプラスで、売りがマイナスになっています。買う時には、金利をプラス負担して買って、売るときにはマイナスなら、またマイナス分の金利を負担しなければならないのでしょうか?。今後の実際にスワップポイントのマイナス数と、外為相場のプラス数で、マイナス数を上回る円安がでないと、利益はでないのでしょうか?。教えてください。スワップポイントのプラスマイナスは以下のサイトには明記されていますが、他のサイトは詳しく見ないとまだ見つけることができていません。
http://www.foreland.co.jp/entry/index.html

Aベストアンサー

ドル円 買SP+5円、売SP-5円 付与1日分
となっていますが、ドル円を1万ドル買いポジションを持って翌日まで持ち越すと5円もらえます。売りポジションだと5円支払になります。これは1日分という意味。
ドルを1万ドル買って30日持つと150円もらえるということ。売りなら150円支払うということ。この業者はスワップが高いほうの業者です。
ただし、土日はもらえず、木曜朝に3日分とか付与日数が変わるときがある。
ちなみに、去年の今頃、買いでもスワップがマイナス(支払)になったことがあるので、注意は必要。

>調べたら手数料が高いので、FX1倍がお勧めであると、サイトにありました。

ウソとまでは言いませんが古臭い情報です。

Qα,β-不飽和カルボニル化合物の合成

下記のサイトのα,β-不飽和カルボニル化合物で質問です。
http://d.hatena.ne.jp/ao-1/20090508/1241794017

(1)2段落目のエタノールでの反応で、O-→OH、になっていますが、これは初めにエトキシドのH引き抜きで生じたエタノールでしょうか?



(2)2段落目のエタノール処理後のOHとHの脱離反応はどういった種類の反応でしょうか?

Aベストアンサー

>初めにエトキシドのH引き抜きで生じたエタノール
エトキシドは普通エタノール中で作るので、沢山あるのではないでしょうか。溶媒もエステル交換が起きないようにエタノールを使うべきだし。

>2段落目のエタノール処理後のOHとHの脱離反応
β脱離、あるいは唯の脱水。不飽和結合がエステルのカルボニルと共役するのででき易いです。

QFXでマイナスの収支で終わってしまった場合は 住民税の支払いはしなくてもいいですか? 勉強不足ですい

FXでマイナスの収支で終わってしまった場合は

住民税の支払いはしなくてもいいですか?

勉強不足ですいません。

Aベストアンサー

年間の全取引でマイナス(損失)なら、
所得税も住民税も発生しません。

但し、そのマイナスを確定申告して、
翌年に繰越すことはできます。

翌年の利益を前年の損失で相殺できるんです。


20.315%の税金の内訳は
・所得税15.315%
・住民税 5%
で、マイナスならどちらの支払いも
ありません。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

Q溶媒としてのクロロホルム

溶媒としてのクロロホルム

現在でも溶媒としてクロロホルムを用いた研究がされていると思います。特に相間移動触媒を用いた反応のような2相系の反応で比較的頻繁に使用されていると認識しています。
この理由として、クロロホルムが低沸点かつ安定な部類であり、さらに非プロトン性であることが挙げられると思います。

しかしながら、そういった利点を考慮してもハロゲン系の物質であるので有害であることを考えれば、もっと別な溶媒を使用した方が良いのでは?と思ってしまいます。

溶媒としてクロロホルムが使用される理由で(推測でも構わないので)何か意見を頂けると幸いです。

Aベストアンサー

溶媒として必要な要素を考えてみました。

・安定である事
すぐ反応したり分解するようでは、実験には使いにくいですよね

・低沸点である事
溶かすのも重要だけれども、簡単に除けるのも実験には必要ですね

・溶解度が高い事
溶けない事にはどうにも行かないですよね。これ結構重要なのかと思います。

・値段が安い事
溶媒=使い捨て、という部分がありますので、こういった面も検討しますね。

自分が溶媒をチョイスする際はこんな感じで考えてますね。
クロロホルムだとかジクロロメタンの様なハロゲン系の溶媒は、やはり溶解度が違いますね。
あとは減圧で40℃程度に加熱すれば、溜去させるのも容易いですし。

環境などに対する悪影響を補って、こういった使いやすい部分があるので重宝するのかと思います。
実験廃液さえちゃんと管理していれば、特に難しい溶媒ではないかと。

QFX スワップポイントで儲けるという方法は具体的にどういう感じなんですか? プラス、マイナスどちらに

FX
スワップポイントで儲けるという方法は具体的にどういう感じなんですか?
プラス、マイナスどちらになっていても長期的にポジションを持ち続けるんですか?もし仮にそうだったらロスカットされないように何ヶ月もポジションを持ち続けるということですか?

Aベストアンサー

だいぶ分かってきましたね。
>長期的にポジションを持ち続けるんですか?
そのとおりです。
>もし仮にそうだったらロスカットされないように
>何ヶ月もポジションを持ち続けるということですか?
そのとおりです。

例えば、極端な例でいけば、
100万円の証拠金を入金しておいて、
ドル円を1万通貨単位、1万ドル買います。

1万ドルは現在111万円です。
これが大暴落して、1ドル80円。
1万ドル=80万円になったとしても、
証拠金は当初100万円入っているので、
強制ロスカットにはならず、ポジションを
維持できるのです。

ドル円のスワップは現在1日25円程度です。
(1万通貨あたり)
年間にすると、25円×365日=9125円程度。
となり、100万の資金で約1%弱の利益と
なるわけです。

この証拠金を50万としても同じ状態を
維持できます。そうすると年2%の利益
となります。

もっとスワップが高額な通貨を使えば
もっと効率のよい運用ができます。
(少なくとも外貨預金よりまともです。)

Qクロロホルム用いたI2の溶媒抽出実験

こんばんは。質問させていただきます。
分液ロートにクロロホルムと塩酸とヨウ化カリウムを入れ、激しく振って両溶媒を混合したのち、分液ロートの足を上に向けて下コックを開き圧抜きをしました。
このとき、シュッと音がして、気体が抜けたことが確認されたのですが、このとき発生した気体が何であるのかが分かりません。
どなたかご回答お願い致します。

Aベストアンサー

>このとき発生した気体…
本当に「発生」しましたか?
吸収(減圧になる)しても同じ音が出ます。
コックに付いた水分が外にはじき出されたことを確認しましたか?

QFX 約定した瞬間スプレッドの8倍もマイナス!

ある証券会社でFXをしています。
スプレッドが1銭であったとすると、ドル円を1万通貨買ったら、
買った瞬間100円のマイナスとなるという考えは正しいでしょうか?

なぜこのような質問をしたかというと二つほど気になる約定があったからです。

1.ドルを円で1万通貨購入した瞬間損益がマイナスとなったのですが、これはスプレッドがあるからと
納得しております。しかしながら、スプレッド0.5銭という設定であるのに、買った瞬間400円以上の
マイナスとなっていたのです(50円の8倍以上ですよね)。これってよくあることですか?おかしくないこと
だとすると理由はなんでしょうか?約定する順番が遅いと、それだけ不利な価格で約定せざるを得ない
ということでしょうか?

2.OCO注文で、77.000になったら売る、という指定をしましたが、約定のレートは76.997でした。
これはどういう理由から指定値を外れてしまうのでしょうか?上の質問で疑問に思ったように、
約定の順番が遅かったと言うことでしょうか?

知識が乏しいのでもしかしたら、変な質問となっているかもしれませんが、
わかる方いらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

ある証券会社でFXをしています。
スプレッドが1銭であったとすると、ドル円を1万通貨買ったら、
買った瞬間100円のマイナスとなるという考えは正しいでしょうか?

なぜこのような質問をしたかというと二つほど気になる約定があったからです。

1.ドルを円で1万通貨購入した瞬間損益がマイナスとなったのですが、これはスプレッドがあるからと
納得しております。しかしながら、スプレッド0.5銭という設定であるのに、買った瞬間400円以上の
マイナスとなっていたのです(50円の8倍以上ですよね)。これってよ...続きを読む

Aベストアンサー

1.レートが変動しただけかと。それか成り行きで注文出しているか。スリッページ設定が甘すぎか。
2.スリッページ設定が甘ければよくあること。

どちらもスリッページ0がお約束のFXの会社を使えばそんなことないのにね。

スリッページの初期設定がいくらか確認してないんじゃないの? 自分で設定できる会社もあるんだけどね。

スリッページの設定を10銭とか50銭にしてれば、デカイ変動あった時は設定の数倍すべって約定することもあるから気をつけたほうがいいよね。

QHPLC 標準物質の溶媒

HPLC初心者のものです。基本的なことですが、教えて下さい。

HPLCである物質Aを測定しようとしています。そのために、固体Aを使って20ppmと50ppmのAの標準物質の溶液をつくっています。標準物質の溶液をつくるときは、その溶媒はふつうの蒸留水をつかっていいのでしょうか?
それとも、溶媒に移動相と同じ溶液をつかうべきでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

移動相に溶解するのであれば、移動相に溶解します。

水で溶かしても、移動相で溶解しないものは、析出し大変なことになります。
移動相のほうが、ソルベントピークも無くなるはずですので、
いいですね。

Q事業所得のマイナスとFX収益の通算は可能ですか?

昨年からWeb英会話とWebコンサルティングの仕事を個人でやっています。(個人事業としては届け出していません。)その他にFXもやっています。Web関係の仕事は赤字、FXは収益があります。
実はあまり税金のことを考えていなかったのですが、いろいろ調べてみるとWeb関係の仕事は個人事業としておいた方が得なのではと思い始めました。ただ、いろいろなものを見ていくうちに、出来るという人、出来ないという人がいて、それで質問させていただいた次第です。
つぎの理解で正しいのでしょうか?

(1)昨年の場合は、どちらも個人でやっていることなので、すべて雑所得としてWeb関係の仕事での赤字をFXの収益から差し引いたものが、私の所得となる。

(2)Web関係の仕事を今年から個人事業にした場合、来年の確定申告の際には、個人事業が赤字でFXは収益がある場合には、(1)と同様に個人事業の赤字とFXの収益を通算したものが所得となるが、もし個人事業が黒字、FXは損失の場合には、通算することはできない。

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>個人事業としては届け出していません…

届けを怠っていようが、事業所得は事業所得です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
雑所得の定義に当てはまりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

>その他にFXもやっています…

FXは「総合課税」となるものと、「申告分離課税」となるものとがあります。
どちらでしょうか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

>(1)昨年の場合は、どちらも個人でやっていることなので、すべて雑所得として…

意図的にせよ、無知からにせよ、届けをしないことによって、税制上有利になることはありません。

>(2)Web関係の仕事を今年から個人事業にした場合…

去年から既に個人事業。

>個人事業が赤字でFXは収益がある場合には、(1)と同様に個人事業の赤字とFXの収益を通算したものが所得…

FX が申告分離課税のときはもちろん、総合課税だとしても事業所得との損益通算はありません。

>もし個人事業が黒字、FXは損失の場合には、通算することはできない…

この部分は合っています。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>個人事業としては届け出していません…

届けを怠っていようが、事業所得は事業所得です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
雑所得の定義に当てはまりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

>その他にFXもやっています…

FXは「総合課税」となるものと、「申告分離課税」となるものとがあります。
どちらでしょうか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

>(1)昨年の場合は、どちらも個人でやっていることなので、すべて雑所得として…

意図的にせよ、無...続きを読む

Q逆相HPLCの溶媒について

昨日学校の研究で逆相HPLCを使う機会があったのですが、ピークがテーリングしてしまっていました。 溶媒を変えて再チャレンジしてみたいのですがギ酸やTHF、ギ酸アンモニウム以外の逆相HPLC用の溶媒はどんなものがありますか?

Aベストアンサー

逆相HPLC(特にC18、別名オクタデシル)のもっとも基本的な液相は「メタノール/水」次いで「アセトニトリル/水」です。
試してみて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報