とても初歩的な質問なのですが、
Accessなどで、関数の使い方は分かるけど、
人に教えるときに読み方が分かりません。

たとえば、「IIF」や「StrConv」など。

こういった関数は参考書を見ても読み方まではついてないので
どのようにして勉強したらよいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



 エクセルのワークシート関数ですが、以下のページもご参考になるのでは?

ワークシート関数の読み方と語源
http://www2.odn.ne.jp/excel/function.html

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/excel/function.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すっごい親切なページですね。
語源を知ると、読み方が分かってきますね。
どうもありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/03/04 00:26

CHOROLYNさんの言うとおり、基本的には通じればいいと思いますが、一応意味があるので補足を・・・。



strConvの「str」は、文字型、つまり「String」の略です。
strConvは、文字列を変換(Convert)する関数なので「strConv」となるわけですね。
変数なども同様に単語の母音を取って表現したりしますよね。「intRsCnt」(interger Record Countの略)など。

私はstrは「ストア」、intは「イント」、chrは「キャラ」、などと読みますが、人によって違う場合もあるので、やはり基本的には通じればよいのかと・・・。
以上蛇足でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。なるほどです。
ほんと人によって読み語っていろいろですよね。
だから、どの人の読み方が正しいのかとか
じぶんが間違ってんじゃないかとか心配しちゃいます。

お礼日時:2001/03/04 00:30

正式な読み方とかはよくわかりませんが、社内ではそれぞれ「あいあいえふ」「すたーこんぶ」とか読んでいます。


このあたりは人によって異なると思いますが、相手に通じれば何でもいいんではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
そうですね、通じればいいんでしょうね。

お礼日時:2001/03/04 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessで使う関数のIIF関数って…

なんて読むんでしょうか?
「アイアイエフ関数?」
ExcelのIF関数と同じような関数なので
「イイフ関数?」

かなり初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

私は「アイイフ」と言っています。
「イイフ」は言いにくいですね。
「アイアイエフ」でもいいですが、IF関数と同類なので、そうとわかるようにという意味もあります。

QエクセルではIF関数なのにアクセスではIIF関数?

なぜエクセルではIF関数なのにアクセスではIIF関数?

IF関数はアクセスではIIF関数になりますが、
なぜ「I」が増えるのでしょうか?

またIF関数はイフ関数と読みますが
IIF関数は「イイフ」関数と読めばいいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>エクセルではIF関数なのにアクセスではIIF
アクセスでも、形だけについて言えば(関数とステートメントの違いはあるが形だけで言うと)
・クエリのグリッドで使う場合と
・VBAのモジュールで使う場合と
・アクセスのSQL文でどうか
あります。
アクセスでもVBAではIFは使えます。
クエリのグリッドではIFは使えないようだ(「式に未定義関数Ifがあります」、のエラー)。
SQLではIF,IIFは使えません。
http://bbs.wankuma.com/index.cgi?mode=al2&namber=14014&KLOG=29
エクセル関数にも、IIF関数が増えたかと思ったが、まだ増えてないようだ。
エクセルでもVBAではIifが使えます。
伝統的にIIFがアクセスの方で設けられている。理由は聞いても誰にもわからないのではないか。
ーー
読み方は、ここに質問するより、Googleなどで照会するのが良い。
(こういう一般的な質問は、ここよりGoogleなどの照会のほうが良い。)
「iif 読み方」で照会。
「アイイフ」が多いようだ。
http://barbwire.blog49.fc2.com/blog-entry-43.html ほか

>エクセルではIF関数なのにアクセスではIIF
アクセスでも、形だけについて言えば(関数とステートメントの違いはあるが形だけで言うと)
・クエリのグリッドで使う場合と
・VBAのモジュールで使う場合と
・アクセスのSQL文でどうか
あります。
アクセスでもVBAではIFは使えます。
クエリのグリッドではIFは使えないようだ(「式に未定義関数Ifがあります」、のエラー)。
SQLではIF,IIFは使えません。
http://bbs.wankuma.com/index.cgi?mode=al2&namber=14014&KLOG=29
エクセル関数に...続きを読む

QアクセスIIF関数

はじめまして。ACCESSのif関数について教えてもらいたいことがあります。
dataAの数値に対して、目標数80をこえればその数値分に10を乗算し、未達であれば、0を返すという条件式を行いたいのですが、うまくいきません。以下、自分がやっていたデータを記載します。
テーブル例
dataA
70
80
60
90
クエリ条件式
式1:IIF([dataA]>80,"([dataA]-80)*10","0")
未達については0が返るのですが、超えた場合(真の時)([dataA]-80)*10の式が表示されています。うまく計算させるには、どうしたらよいのでしょうか。ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クォーテーションで囲めばそういう文字列になってしまいます

式1:IIF([dataA]>80,([dataA]-80)*10,0)

QAccess97のクエリ内でのStrConv関数について

Access97でクエリ内で文字の長さを判定しようとして
いたのですが、Strconv関数の妙な挙動に戸惑っています。

barというテキスト型のフィールドをもつfooという
テーブルを定義して、"1","22","333","4444"という
4つのレコードを作成します。

そして下記のようなクエリを作成し実行します。
SELECT foo.bar, LenB(StrConv([foo].[bar],128)) AS 式1, StrConv(StrConv([foo].[bar],128),64) AS 式2
FROM foo;

すると、結果は下記のようになってしまいます。

bar |式1|式2
------------
1 | 0|
22 | 2|22
333 | 2|?
4444| 4|?

式1は奇数Byteの結果が、式2は"22"以外の結果が
正しくありません。

このようになってしまう理由と、対処方法を教えて
ください。

環境は Windows2000ProSP4, Access97SR2 です。

ちなみにAccess2000で実行すると、正しい結果が
表示されます。

Access97でクエリ内で文字の長さを判定しようとして
いたのですが、Strconv関数の妙な挙動に戸惑っています。

barというテキスト型のフィールドをもつfooという
テーブルを定義して、"1","22","333","4444"という
4つのレコードを作成します。

そして下記のようなクエリを作成し実行します。
SELECT foo.bar, LenB(StrConv([foo].[bar],128)) AS 式1, StrConv(StrConv([foo].[bar],128),64) AS 式2
FROM foo;

すると、結果は下記のようになってしまいます。

bar |式1|式2
------------
1 | ...続きを読む

Aベストアンサー

a = 1
ab = 2
abc = 3
あ = 2
あい = 4
あいう = 6
という結果をクエリでも VBA でも受け取れるようにしたい、ということですね?

Access 95 以降は VBA が実装されましたが、VBA 内部では文字を Unicode で扱っています。
しかし Access 95/97 の表の部分では文字を ANSI で扱っているため、非常にやっかいです。
Access 2000 以降では全て Unicode になっています。
-------------------------------------------
ちなみに Access 97 でテキスト型フィールドのサイズをめいっぱいの255にしたとして、全角だと127文字、半角だと256文字までの制限になります。
これはこのバージョンの Access が半角文字を1byte、全角文字を2byteで管理しているからです。
Access 2000 以降は全角も半角も256文字入りますので、Unicode で格納していることがわかります。
-------------------------------------------

で、Access 97 でも 2000 以降でも使える LenBEx 関数を作ってみましたので試してみてください。
標準モジュールに下記コードを入力して、クエリの式ビルダからも関数の一覧で選択すれば使用できます。

Public Function LenBEx(var As Variant) As Variant
  LenBEx = LenB(StrConv(var, vbFromUnicode))
End Function

a = 1
ab = 2
abc = 3
あ = 2
あい = 4
あいう = 6
という結果をクエリでも VBA でも受け取れるようにしたい、ということですね?

Access 95 以降は VBA が実装されましたが、VBA 内部では文字を Unicode で扱っています。
しかし Access 95/97 の表の部分では文字を ANSI で扱っているため、非常にやっかいです。
Access 2000 以降では全て Unicode になっています。
-------------------------------------------
ちなみに Access 97 でテキスト型フィールドのサイズをめいっぱいの255にしたとして...続きを読む

Qクエリの一つのフィールドのIIF関数の限界は14個ですか?

アクセス2003のクエリで
たくさんの条件があり
IIf(テーブル名!フィールド名,"正",IIf(・・・
と言う風に、IIF関数を14個までなら正常に動くのですが
15目になると「式が複雑すぎます」となってしまいます。
IIF関数の限界は14個なのでしょうか?

Aベストアンサー

はい。Choose28だったかな?
IIf Switch
は14だったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報