今まで、何度も議論されている話題ですが・・・。
「パチンコ、スロットは完全確率だ」と言い張っている人は何を根拠にしているんでしょうか?
例えば、「検査に通っているんだから完全確率に決まっている」という人がいますが保通協の検査に正式に受かっていようが
検査は違法性が無いかを調べるものであって
機械に波が出来る事により検査に失格することはないんですよね?
パチンコやスロットは波が出来た方が面白いんだから波は意図的に作りませんか?

そもそもメーカーや警察が正しいと考えるのもおかしいと思います。
「パチンコは換金できないギャンブル」であるはずが、当然のように換金は行なわれていますよね。遠隔も少なからず行なわれています。
こんな矛盾が平然と行なわれているにも関わらず、完全確率と言い張れる人の気が知れません。

現実的に考えれば「公には完全確率とされているが、どちらかは誰にもわからない」というのが最も正しい意見ではないんでしょうか?
自分は波攻略によりスロットやパチンコで実際に成果を上げているのですが、それをオカルト扱いされると腹が立ちます。

「パチンコ、スロットが完全確率である」と言う人がいれば、その根拠を挙げてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

「馬脚を現す」



是非検索してごらんなさい。

オカルト信者にしては随分と礼儀をわきまえた人だと一目置いてきたが、やはり蛙の子は蛙。。。

「波」だ「プログラム」だと鼻息荒く質問した挙句、識者からの的確な回答を得ながらも最終的には「無視」という無礼な態度で逃げ、締切りさえせずに放置とは。。。

オカルト狂を相手にすると結局は毎回、後味の悪い終わり方になる。
「今回こそは目を醒ましてあげられるかも、、」と、果敢にも回答を寄せるが本当にどうにかならないものか。

荒唐無稽な妄想を声高に叫ぶより、もうちょっと「礼節」とか「事実」に目を向けるべき。

大いに反省してもらいたいですな。
    • good
    • 0

違う側面から考えましょう。


質問者さんのいう通りに意図的に出玉の波が組まれているとしたら、そのプログラマーは確実に勝てることになります。
ということは、真面目に仕事をする必要がないか、打ち子を使って大儲けができます。メーカーの息の掛かった打ち子が玉を容易に獲得していくのをホールが見たら、信用問題ですので作り手としてのメーカーはいずれ潰れます。
波を意図的に作るなんていうユーザー目線の神話のために、そんなリスクを冒す企業は理論上ありえませんね。
    • good
    • 0

こんな質問をいまだにしている人がいることに驚きです。



まぁでもあなたのような人が沢山ホールにいるのは大変喜ばしいことです。

そのぶん私達が勝ちやすくなりますから。

よくいますよね。オカルトばかり気にしすぎて(デモ画面でのボタン押しや、履歴チェックetc...)←パチの履歴に意味ないでしょ。

肝心の2Rランプの確認もせず、こんな台アカンわ~と捨てていく人々・・・(基本、谷村信者)

いつもご馳走様です。

質問者さまがそれでそんなに収支をあげてるならそれでいいんじゃないですかね。

ボーダー派とオカルト派の討論はきっと平行線のままで、お互いの意見に納得することはないですから。
    • good
    • 0

こんにちはです。


「完全確率」と「遠隔」と「波」は別に考えたほうがいいと思います。

大当たりの確率が試行の回数によって左右されないならそれは完全確率であり、「遠隔」で確率が0/300にされても300/300にされても「完全確率」遠隔で確率が変えられたのであればそれは違う遊戯台に移動したのと同じ。

「波」ですが、例えばコイントスでは表裏の確率は1/2ですが順番に表と裏が来ることはありません。実際やってみるとわかります。必ず偏りが生じます。
    • good
    • 0

三度の回答。

 #4&7です。

再びのご丁寧な回答、誠にありがとうございます。
こう言っては大変失礼かもしれませんが「オカルト信者」は概ね礼儀を知らない者が多く、こちらが幾ら解り易い理論・知識を並べても全く耳を貸さない、話が全く通じない事が殆どの為に「波論者」の方では御丁寧な回答を皆さんに寄せられいて、大変好感が持てます。

さて、半年で200万とは大変な物ですね。
全くの偽りの無い言葉だとしたら称賛に値します。
パチンコのスキップ機全盛時代とその後半に起こった「連発お花」の止め打ち攻略で「わが世の春」と稼ぎまくっていた頃の私と近い物があります。(もっと勝ちましたが)
しかし、200万と言えどわずか半年間で「勝ち」を信じているなら正直「半年ぐらいでいい気になるな」です。 辛辣ですが、まだまだ半年程度で「波攻略」を証明できた事にはならないですよ。 その程度「ツキ」ならそこそこ聞く話です。
ちょうど今うちの会社の若い衆が、「パチンコの絶頂期だ」と11月から今までの勝ち金が80万円を超えたと浮かれている所です。
奴は手の付けられない「オカルト信者」で彼の作戦(技?)は「前回当りから500~600回転台で、スーパーリーチが3000円で来なければ台移動。仮に外れてもデモ画面まで放置し、また3000円を同じように打つ」という物です。(もう少し込み入った事を言ってますが。。)
今の爆裂CR機の時代、半年程度でその程度の収支ならそこそこの割合でそういう人は存在すると思いますよ。 そりゃ自分なりの理論で打ってそれだけ稼げれば、誰でも「勘違い」するとは思います。 無理も無いです。

一度質問者さんの理論を聞いてみたい物です。 その場合、言っておきたいですが、ここで発表したからって質問者さんの収支には影響は無いと思いますよ。
安心して教えて下さい。
    • good
    • 0

NO.6です。

補足拝見しました。

>大当たりかどうかの判別をする乱数を決定する時、現在の回転数を影響させたらどうなるでしょうか?それだけで波はコントロールできると思います。

確率に対してあまりにも“当たらなすぎ”“当たりすぎ”という事を加味して抽選を行うって事ですか?(違っていたらすいません)
プログラム上は可能だと思います。ただしパチンコ台その物は何回転したという情報は全く記憶してないのでそこがどうなるか?でしょう。
“波”というより“不正”に限りなく近いような気がしますが・・・

>関った人達への口止めとか監視とか・・・
大した問題ではないと思いますが。それくらいの不正をやっている店はパチンコ業界以外にもいくらでもあるかと思いますが

仰るようにどんな業界でも不正は行われています。が、パチンコ店(業)の場合は直で“現金”が絡むので一概には言えないと思います。
(文章だと凄く長くなりそうなので勘弁してください)

“釘”に関してですが、所謂一般の方は、千円あたりの回転数や大当たり回数を気にされる事が多いのですが、店的にはそんなのは二の次なのです。
>実際に回してみてもボーダーマイナス5くらいの台ばかりなのに出ていたら不自然じゃないですか?
ボーダーより回らないのに“割りが高い”のは理屈(確率)からしておかしい?という意味でしたら、自分的には“全く”感じません。
店側の意識としては“何か(ゴトや不正)”やられて出てるのか?の方に意識が行きます。
かと言って、ボーダーより回る台だから、“割が高い”のは普通に感じるか?と言われればそれもまた違います。

>そもそも釘がよくても、一日の大当たり数には大した影響は与えないと思います。
確かにたいした影響は無いと思いますが、消費金額に影響するんです。
上のほうにも書きましたが大当たりの回数なんて二の次です。


NO.9さんの回答
>保通協という機関は、自分たちがメーカから高い検定料を取った上で検定に合格させた機種を、後になって射幸性が高いからという理由で規制したり撤去させたりするような無責任でいい加減な機関です。本当に厳しい検定を、正しい手法で行っているかは怪しいと言えば怪しいですね。私は規定を作っているのも検定を行っているのもパチンコのことをよく知らない人間だと思っています。

そもそも検定を受けるパチンコ台と実際に設置してある台は違います。
基板が違うとかの不正があるって訳ではないですよ。“釘”の状態が全然違うはずです。(入賞口で言うなら、ヘソは狭く・他は広く。)
一般的に『スタート入賞⇒変動⇒大当たり(他入賞口はおまけ)』ですが、本来は『他入賞口入賞(玉を“もたせる”かんじ)⇒時々スタート入賞⇒変動⇒大当たり』が検定している間の正しい(?)状態だった思います。
(遠い昔に聞いた話なので今はどうか分かりませんが・・)
    • good
    • 0

保通協の規定の中に「大当たりの抽選確率は確変中を除き常に一定でなければならない」というのがあります(原文は違いますが主旨は概ねこんな感じ)。


つまり表向きは「完全確率制」でないと検査にパスしないわけです。

ただ、実は保通協の検定の具体的方法の詳細は公表されておらず、検査も外部の者を完全にシャットアウトして行われています。
ですのでもしもメーカと保通協がグルになっていればどんな仕様でもパスできるわけです。

しかしながら現行機種の基盤のプログラムは、ほとんどの機種については解析されており、抽選方式は丸裸にされているので、そんな可能性は限りなく低いです。第一そんなことをするメリットがありません。完全確率でも勝手に波(ムラ)をつくりますから。

保通協という機関は、自分たちがメーカから高い検定料を取った上で検定に合格させた機種を、後になって射幸性が高いからという理由で規制したり撤去させたりするような無責任でいい加減な機関です。本当に厳しい検定を、正しい手法で行っているかは怪しいと言えば怪しいですね。私は規定を作っているのも検定を行っているのもパチンコのことをよく知らない人間だと思っています。

話は変わりまして...
ボーダー理論というのはオカルトや遠隔と並列に論じられることが多いですが、中身はただの数学の理論で、大数の法則・中心極限定理をパチンコに当てはめただけです。
「ボーダー信者」とか言いますが、信じるとか信じないじゃなく、数学を理解できるかできないかの問題です。

それに対し「波攻略」は今のところ成果が上がっているとはいえ、明らかに質問者さん独自の理論・法則ですよね。
私が想像するに、「この台はさっきまで早い当たりを繰り返しており、上がり波であるので打ち続けるべき」とか「この台は激アツリーチを続けてハズしたからそろそろハマリそうなので勝っているうちに止めよう」とかですか。違ってたらすみません。

「理論的根拠、裏付けのない独自の理論や法則」、これこそが「オカルト」です。
腹が立つ気持ちはわからないでもないですが、これはそういわれても仕方がないと思います。

かく言う私もハマリを抜けてやっと当たりを引いたときには「これだけハマったんだから次はすぐ当たるだろう」とか考えますよ。正確には「頼むから当たってくれ」ですけどね。ハマっていようがいまいが次に当たる確率は同じとわかっていてもそう考えてしまうのが人間心理だと思います。

成果が上がっているのは、質問者さんは「波攻略」と言いつつも結果的にはよく回る台を選んで打っているからだと思いますよ。

この回答への補足

>つまり表向きは「完全確率制」でないと検査にパスしないわけです。
その辺りの法律はほとんど知りませんでした。情報ありがとうございます

>「ボーダー信者」とか言いますが、信じるとか信じないじゃなく、数>学を理解できるかできないかの問題です。
知っています。前回も書きましたがボーダー理論で確実に勝てることもわかっています。ボーダー理論信者というのは「遠隔も無ければ波もない。ボーダーだけだ」と思っている人を指して使いました。表現が曖昧ですいません。

>成果が上がっているのは、質問者さんは「波攻略」と言いつつも結果>的にはよく回る台を選んで打っているからだと思いますよ。
本当にそうでしょうか?
夕方から打ち始めて、回転数ボーダーにも届かないような台を5,000円以内で大当たりを当て確実に換金する。こんな行為が半年間も続けられるものでしょうか?
それに、スロットでも周期攻略を使っていますが
連荘機能がないはずのアイムジャグラーなどで100回転以内に5連荘する台を、およそ6割の確率で見つけることができます。
これが偶然と言える事が出来れば、私も完全確率を信じるんでしょうが。

補足日時:2009/02/02 01:32
    • good
    • 0

意味の無い言葉です。


偏りがあるから、ドル箱が積めます、一時的に勝てます。
パチの核は当たりの偏りによる大きな勝ちにより、大金を湯水のごとく使ってしまうと言う都合の良いものです。

簡単に言えば、一時的な勝ちは「当たりの偏りが演出しています」
これと換金を引けばおそらく誰もやらないでしょう。
レート次第だが完全なお遊びになります。
    • good
    • 0

#4です。

 再度失礼します。
御丁寧なお礼文ありがとうございました。

お礼文を読むに、質問者さんはボーダーラインや完全確率抽選等をある程度は理解しているようですが、肝心な所になると頭の中にもやがかかり思考を停止してしまうのですね。
まあ、素人ですから知らない事も沢山有って当然と言えば当然ですが、遊技機の大当たり抽選の仕組みは、全て明らかにされていますよ。 それこそこんな事は「攻略マガジン」や「ガイド」にだって出ていますが、乱数テーブルとカウンタによって抽選されているって知りません?

昔は一つの乱数テーブルとカウンタを使用し、通常時や大当たり中と言った状態を問わず抽選していた事から、一定のカウンタ周期を利用した大当たり直撃打法、パチンコの仕組みを解っている者なら聞いた事の有るであろう「CR黄門ちゃま」の体感器による攻略法が生まれたのです。
連チャンアレパチの時代は「係数抽選」と言って、前回出目に対し、デジタルの回転数やアウト玉数をある程度一定の値で規則的に出目に反映させる抽選方法だった為、これもその値やデジタル回転数・前回出目やアウト玉数の法則を記憶し、「打出しのみ」「ノーアース」「清算ボタン単独」「打出し+清算ボタン」とこの4つの【操作】を駆使して大当りを直撃していた攻略法も凄まじい破壊力で極一部の正しい「仕様理解者=攻略プロ」に多大な恩恵を与えていたのです。

何が言いたいのかというと、「抽選方法」や「仕組み」の一端でも理解していないから「オカルト=波」に傾倒してしまう。という事です。
>抽選方法の詳細は公表されていません。
と、この前提からして「エッ。。何も知らないの?」と言わざるを得ない訳です。 「攻略マガジン」や「ガイド」あたりでもそこの所はちょいちょい出てきますよ。

断わっておきますが決して本を鵜呑みにしてる訳じゃ無いですよ。
黄門ちゃまの体感器時代からパチンコの「仕組み」について攻略法を通じて体験的に、常に、「本当の事」だけを見て・考え、時代の変遷も通して今ある姿が「完全確率抽選」「複数のテーブル・カウンタを用いた人間が恒常的に大当りを狙い打ち出来ない抽選方法」になったのです。
体感器時代に本物の攻略法販売会社とも繋がりがありました。 体感器以外にも変わった抽選方法を用いた機種の連チャン促進打法も買ったり、自ら開発した(周りの仲間も含めてですが)止め打ち攻略による莫大な収入も得ました。 全て中身を理解する事によって得られる仕様の穴を利用する事が「攻略法」なのです。
保通協を始め攻略側の会社やプロ、それにぶら下がるマスコミも含めた様々な機関・人間が「プログラムの中身を理解出来ない」なんて事は断言できますが「あり得ません」

質問者さんのように「知らないから想像した」話では無く、私自身や周りの仲間を始め世間一般の打ち手に至るまで、情報収集・実践・体感してきた結果が「完全確率抽選はハード面・ソフト面とも通じて間違い無い」という事なのです。

#6さんはここによくいらっしゃる本物の「業界人」ですが、#6さんのおっしゃられる「ムラ」を規則性を持った「波」に喩え、思い込んでいるだけです。
ジャンケンでも50回、100回、1000回と勝負すればその勝率は「ムラ・波」の連続です。
じゃあ任意の1勝負を先に「読む」なんて事が出来ると思いますか? そんな物は「2分の1」以外に予測しようがありません。

質問者さんの言う「無限の試行」が無ければ結果は収束しない」というのも勘違い。 どこでどれだけで区切ろうが常にボーダー越えの期待値プラスの台しか打たなければ、やればやるほど収支は上向くに決まってるよ。 短い時間だから収束しない=だからボーダー越えは意味が無い。と間違った解釈の人が多いけどそれは違う。
期待値プラスの遊技しかしないなら、打てば打つほど収支がプラスになる。 が正解。
一回の打つ時間、機種は関係無い。
換金率とそれに伴う持ち球遊戯時間で「変動」は有るけど、期待値プラスの試行を条件問わず、試行を重ねればプラスにしかならないのは当たり前の事です。

それだけ「波」を切り取り「推理・予想」出来ると言い張るなら、それこそ質問者さんが根拠と具体例を挙げる事。
パチンコ・スロットを正しく理解している側の人間から言えば、質問者さんの言ってる事は明らかに「虚言」にしかなりません。

具体的な抽選方法を理解した上で「波」を読めるという根拠・具体例を挙げるべきですよ。

この回答への補足

かなり納得しました。こういう回答を求めていたのかも知れません。

>具体的な抽選方法を理解した上で「波」を読めるという根拠・具体例を挙げるべきですよ。

自分も頭では、完全確率だとわかっているんですが結果が付いてきません。波攻略や、周期攻略で失敗したことが殆ど無いんです。
理論ではわかるんですが、現実的には『何故か』波や周期が通用してしまうんです。
波(パチンコ)や周期(スロット)で打ち始めて半年になりますが勝てるんです。それも連勝です。
負けるのは3日に1回、1万円以下の少額です。(波や周期がハズれることが稀にあり、それが続く事があるとマイナス収支になります)
既に勝ち金額は半年で200万円程です。(休日や、夕方からの稼動だけです)
よければ、私が実践している攻略法をお教えしますので
その攻略法の矛盾点について教えて頂ければ幸いです。

補足日時:2009/02/02 01:25
    • good
    • 1

パチンコ店店長職です。


今までの回答などからちょっと意見と言うか回答を。

毎日多くのデータを見ている立場から。
“波”は存在しますね。どちらかというと“ムラ”の方が適切かな。

>機械に波が出来る事により検査に失格することはないんですよね?
これは意図的に組み込まれている場合はNGです。私はプログラム上の事は門外漢なので分かりませんが、作ることは容易なんじゃないでしょうか?個人的には波はあったほうが面白いと思いますね。
又、ozakaito様の考える“波”とはどのようなモノ(仕組み)ですか?

・換金
ozakaito様もご存知でしょうが3店方式ですね。ただそれだけです。

・遠隔
この話は終わりないですよね。現に行っているホールもありますから。
『イベントなのに割が低い・新台なのに割が低い・利益が欲しいのに割が高い』とか、こちらの予定と違った出方しますからね。
出来るならやりたいと思うホール関係者は多いと思いますよ。そんな中でやらないホールが多いって事は行政処分が怖いですし、一人で行う(開発~作成~設置)事はムリでしょうから、関った人達への口止めとか監視とか・・・
あと、ホールとしては“出る”事は特に問題視していないんです。だって、出たら(勝ったら)また遊びに来てくれるでしょ?

>実際に、イベント時に釘は大して開いているわけではないのに勝てる店も多くあります。
ozakaito様はどの程度まで釘を読む力をお持ちですか?0.25mmの違いが完璧に見破れますか?またどこの釘を読む事が出来ますか?

この回答への補足

>“波”は存在しますね。どちらかというと“ムラ”の方が適切かな。
完全確率でしたら、そういう表現になりますね

>又、ozakaito様の考える“波”とはどのようなモノ(仕組み)ですか?
いくらでも方法はあると思います。
たとえば、ですが。これはただの空想なので「そんなの無理」といわれるかもしれませんが。
大当たりかどうかの判別をする乱数を決定する時、現在の回転数を影響させたらどうなるでしょうか?それだけで波はコントロールできると思います。

>関った人達への口止めとか監視とか・・・
大した問題ではないと思いますが。それくらいの不正をやっている店はパチンコ業界以外にもいくらでもあるかと思いますが

>ozakaito様はどの程度まで釘を読む力をお持ちですか?0.25mmの違いが完璧に見破れますか?またどこの釘を読む事が出来ますか?
明らかに悪い釘、パッと見でもガチガチで
実際に回してみてもボーダーマイナス5くらいの台ばかりなのに出ていたら不自然じゃないですか?
そもそも釘がよくても、一日の大当たり数には大した影響は与えないと思います。
勿論、時間効率の関係から回転数は上がりますから増えるんでしょうけど

補足日時:2009/02/02 01:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報