所持しているホームシアターシステムがDENON DHT-S7000
これにはドルビーヘッドホン機能が付いているのですが、

このドルビーヘッドホンというのはどのヘッドホンでも
臨場感ある音で聞けるのでしょうか?

また、このシアターシステムではどれかオススメのヘッドホンはございますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>このドルビーヘッドホンというのはどのヘッドホンでも


>臨場感ある音で聞けるのでしょうか?
「どのヘッドホンでも」や「臨場感ある音」というと疑問ですね。
2つのスピーカーで5.1Chを擬似的につくりだそうとするのですから、かなり無理がある部分もあることにはあります。
それなりにレンジ幅のあるヘッドホンを使うことがお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドルビーヘッドホン ドルビースピーカー

ドルビーヘッドホンのポータブルMDプレイヤー(と言うのでしょうか)って実
際どうですか?感想を教えて下さい。音質は変わったりしますか?ドルイーヘッ
ドホンは他と何が違うのでしょう?

本当はSONYのほうが良さそうなのですが、ドルビーヘッドホンという事にだ
け魅かれています。

しかし、ちょっと試聴しただけなので、良さそうではありますが、実際に使用し
たらどうなのかよく分かりません。意外とたいした事無くて買わなきゃ良かった
と言う事になりたくないです。

そんなにいくつもポータブルMDを使った事がないと思いますが、これが一番い
いというのもあれば教えて下さい。理由もお願いします。

ポータブルじゃなくてドルビーのプレイヤーのほうがいいでしょうか?

ドルビーのスピーカーはどうですか?ドルビーとは
何なのでしょう?

Aベストアンサー

え~と、まずはソニーの方がいいと思います。
そして、ドルビーヘッドホンは高音質になるのではなく、広い部屋で聞いているような錯覚を起こさせるためのものです。ドルビー社は音声の技術を開発するところで、一番有名なのは↓のドルビーデジタルです。ドルビースピーカは、5本必要なデジタルを、2本で前後左右から音が聞こえるようにする技術ですが、商品によりバラツキが大きくお勧めしません。よく映画に採用されています。
他にも、dtsやソニーのSDDSが映画の音声としては有名です。

参考URL:http://www.dolby.co.jp/consumer/home_entertainment/exprologic01.html

QNC&BluetoothヘッドホンまたはNCヘッドホン&ワイヤレスヘッドホンアンプどっちがいい?

家事をしながらiTunes(iMac)の音楽を聴く為に、ノイズキャンセル付きの密閉型ヘッドホンを購入しようと思い、ネットでリサーチ中です。
口コミ等で数機種に絞ったら、家電店で実際の装着感をチェックして購入する予定です。
予算は20000〜40000円位ですが、NCとBluetoothの組合せだと選択肢が少なくなります。(気になるのはSONY/MDR-ZX770BN, DENON/AH-GC20, Parrot/Zik2.0)
オーディオレシーバー(ワイヤレスヘッドホンアンプ)とNC付き有線ヘッドホンの組合せもありなのかな?と思いついたら急に選択肢が広がり、悩みの沼にはまりました。
(コードの煩わしさはあるけど、ヘッドホン自体にBluetoothユニットがついてない分、軽量かつ価格差が音質に有利?)
複雑なことを考えずにBluetoothヘッドホンにしておくのがいいのか、はたまた、この組合せがオススメだとか、どなたかヒントをお教え下さいませ。

Aベストアンサー

いずれにしても電池、充電池の持続時間を気にした方がよいでしょう。
未使用時には充電する、スイッチを切る等の癖付けがないとあっという間に消耗します。
XZ770BNで15時間(理論値)となっていますので実際にあっという間です。
そこへワイヤレスヘッドフォンアンプまでも充電(電池交換)が必要となると手間は二倍になります。

濡れた手でワイヤレスヘッドフォンアンプを操作すれば故障の原因となります。
ざっと調べましたが防水機能付きは見当たりませんでした。
ヘッドフォン本体も同様で水や洗剤が付着してもよい設計ではないので寿命を縮めることになります。
また家事の最中であれば頭や腕は絶えず動いているので耳元まで伸びるコードは邪魔にしかなりません。
ドアノブにコードが引っ掛かり頭をぶつけるなんてこともあります。

勘違いなさっておられますがBTユニットの重量などたかが知れています。
電池重量のほうがはるかに重いです。
BT対応で価格が一気に上がるのことは確かにネックです。

NCも万能ではなく音楽以外の音すべてをキャンセルできる機能ではありません。
またNCを搭載することで音質は確実に犠牲になります。
外部騒音が聞こえることに比べたらいくらかマシになる程度と考えてください。

以上のことから百歩譲ってBT対応NC機能付きヘッドフォンを推奨します。

家事の最中の音は重要な情報源でもあります。
皿を重ねたら異様な音がした、掃除機が異物を吸い込んだ、ドアホンが鳴った、など。
外部からの音を遮断し音楽に浸りきって良いのか大変疑問に感じます。

いずれにしても電池、充電池の持続時間を気にした方がよいでしょう。
未使用時には充電する、スイッチを切る等の癖付けがないとあっという間に消耗します。
XZ770BNで15時間(理論値)となっていますので実際にあっという間です。
そこへワイヤレスヘッドフォンアンプまでも充電(電池交換)が必要となると手間は二倍になります。

濡れた手でワイヤレスヘッドフォンアンプを操作すれば故障の原因となります。
ざっと調べましたが防水機能付きは見当たりませんでした。
ヘッドフォン本体も同様で水や洗剤が...続きを読む

Qドルビーヘッドホンとサラウンド

ドルビーヘッドホンとかバーチャルサラウンドとかあんまり区別が
つきません。それで教えて欲しい事がいくつかあります。

 1.ドルビーヘッドホン、バーチャルサラウンド、プロロジック(2)
これらを利用するにはどの機器が対応していればいいのか?
(DVD,コンポ、ゲーム → スピーカー、ヘッドホンなど) 

 2.今度でるパイオニアのドルビーヘッドホン搭載のヘッドホンと
ソニーのサラウンドヘッドホンはどう違うのか?どちらが良いか?

よろしくお願いします!
ちなみにこのような質問をしたのは上で述べたパイオニアのヘッドホンの
購入を検討しているからです。

Aベストアンサー

お約束の再回答です。
Q/アンプを経由しないといけないということですか?

A/これは、AVサラウンドヘッドホンシステムというもので、専用外部アンプを一緒に装備しています。これを使うことでサラウンドを構築しているのです。この付属専用アンプを経由しないとヘッドホンから音は出ません。


Q/ドルビーヘッドホンはドルビーラボの技術のようですが、ソニーのヘッドホンの方はソニー独自の技術ですか?
A/ソニー独自の機能は、バーチャルホンテクノロジーとヘッドトラッキングシステムの部分ですね。これが、優れています。とくにトラッキングシステムはかなり高性能ですね。
また、ライセンスとしてはvirtual dts、virtual Dolby(virtualAAC)については、dts社のライセンス、Dolby Labのライセンスを取得済みです。
ソニーの製品は独自と他社ライセンスを融合させた製品です。
ちなみに、パイオニアの製品にはこのような特に優れた独自機能はないですね。使い勝手は追求しているようですけどね。

ただ、ソニーにはないVirtualDolbyDigitalEXやVirtualdts-ESなどに対応しているなどDolbyDigitalやdtsの上位サラウンドをサポートしています。サラウンド対応ソース(原音)の種類が広くなっていると言ったところですね。
ただ、EXのサラウンドやESは対応専用アンプでなくとも、再生できますし、元々ヘッドホンが2chスピーカーですから、あまりEXやESと通常のサラウンドの差はない。

Q/ヘッドホンはステレオヘッドホンとしてはどのぐらいのクラスですか?

A/これは、ステレオヘッドホンとは比較にはならないですね。まあ、映像用ヘッドホンとしては最上位に属します。2ch音声用では中の上になるかな?アナログソース向けではなくデジタル用ですから、簡単には比較できない。CDやカセットなど2ch音を主に聴く場合は、ソニーミュージックのプロ用ステレオヘッドホン(2万5000円ぐらい)を買った方が良いです。
(ちなみに、映像用と音声用という違いをご存じなかったのであれば、電気屋さんでヘッドホンのコーナーを見れば、音楽用(ステレオ向け)と映像用(TV、シアター向け)があります。これらは仕様が異なります。

一応用語です。用語の方が長いですが、知っていない項があれば、ご覧になってください。(全部読まれる必要はないです)

<バーチャル技術用語>

Virtual Dolby(バーチャルドルビー)とはドルビーヘッドホンとは異なり、ドルビーデジタルで収録された音を専用スピーカーやヘッドホンを用いて、ドルビーヘッドホンより遙かに臨場感のあるサラウンドを構築するための技術です。こちらは本格的な5,1(6,1)chサラウンドをヘッドホンで聴く場合に用いられます。同等の製品に、Virtual dts(デジタルシアターシステムズ社の技術)がある。

ドルビーヘッドホンは、どのようなヘッドホン、どのような音源ソースでもある程度の定位感を与え、通常のヘッドホンでは頭の中でダイレクトに音が鳴っている感覚となるのを、なくしあたかも外側のスピーカーから聴くような臨場感を与えます。これは、サラウンド効果はvirtualDolbyほどはないですが、通常の市販ヘッドホンを用いて安くそこそこのサラウンドをという場合は良いです。また、ドルビーデジタルなどで収録された音に限らず対応します。臨場感はお世辞にも良いとは言えない。
ソニーの製品にはただ単に、このヘッドホンの項がないだけで、ドルビーのライセンスはvirtual側で得ています。

ヘッドトラッキングとは通常の据え置き型スピーカーで5,1chのサラウンドを構築した場合には、視聴者が横を向いたりすると、後ろ(リア)のスピーカー音が良く聞こえたりしますよね。

ヘッドホンでは、通常そのような機能がありません。簡単に言えば横を見ようが後ろに向こうが常に視聴者が向いている先がフロントとなります。ということは、据え置きでスピーカーが固定されているわけではなく、常に見る側の正面にフロントスピーカーが来るようになるので、スピーカーが移動しているように感じる。

この欠点を低減したのが、ヘッドトラッキングです。
人間の頭の動きを識別し、動きに合わせて音の方向性をコントロールすることで、スピーカーの位置を常に画面のある側に置いているように感じさせるシステムです。

<サラウンドフォーマットについて>

DolbyDigital(DD)は、ドルビーが開発したサラウンド圧縮技術(正式名AC-3)。384Kbps前後で5,1chの臨場感あるサラウンドを構築できる。しかも、5chの全てがCD並の音質で0,1chがウーファーとなり迫力がある。

dtsは、デジタルシアターシステムズ社の開発したサラウンド圧縮技術(正式名APT)。最大8chに対応する。圧縮率が低く原音に近い。サウンドビットレートは1,5Mbps以下(前後)で収録される。ドルビーより圧縮率が低いため音が重厚。ちなみに、ESはエクステンディッドサラウンドの略。dts互換のサラウンドで6,1ch以上のサラウンドに特化した技術。

DolbyDigitalEX(DDEX)は、ドルビーが開発DD互換の上位フォーマット、サラウンド技術。DD(ドルビーデジタル)を発展させ、リスニングポジションが6(7)スピーカーサラウンドの中点でなくても意図したサラウンド効果を与える技術。
最大6,1もしくは7,1ch対応。ヘッドホンでは効果は少ない。

DolbyPrologic1及び2、マトリックス圧縮を用いて4chのサラウンドを構築できる。通常のアナログステレオサウンドと互換しているため、ステレオ対応のビデオデッキなどではステレオで再生でき、専用アンプを使うことで4chのサラウンドに対応可能。
同2は4chを擬似的に5,1chにする技術。
AAC(アドバンストオーディオコーディング)はBSデジタル&地上波デジタルでサポートされたサラウンド、ドルビーのAC3(DDの項に記載)とソニーのATRAC3などの技術を融合した。
ちなみに、これらの技術は全て専用デコードアンプが必須です。

<ハードウェア用語>
AVアンプ(アンプ)=AV入力端子を装備したアンプ。アンプとは、音の元を識別し音質調整してスピーカーに出力する技術で、これがないとスピーカー出力できない。
AVアンプにはテレビなどへの映像入出力端子、通常のアンプにサラウンド機能、上のサラウンド圧縮技術で圧縮された音をデコード(伸張)する機能を有する。このAVアンプの単純な物でラジオなどの機能を持つ物をAVレシーバーということもある。

いかがでしょう。

お約束の再回答です。
Q/アンプを経由しないといけないということですか?

A/これは、AVサラウンドヘッドホンシステムというもので、専用外部アンプを一緒に装備しています。これを使うことでサラウンドを構築しているのです。この付属専用アンプを経由しないとヘッドホンから音は出ません。


Q/ドルビーヘッドホンはドルビーラボの技術のようですが、ソニーのヘッドホンの方はソニー独自の技術ですか?
A/ソニー独自の機能は、バーチャルホンテクノロジーとヘッドトラッキングシステムの部分...続きを読む

Qテレビとヘッドホンとヘッドホンアンプ

テレビをヘッドホンを使うことが多いのですが、
最近、ヘッドホンを刺していてもテレビのスピーカーから音が出て困ってます。
常にというわけではないのですが、ヘッドホンでテレビを見てると急にスピーカーから音が出ます。
その時、ヘッドホンから音はしていません。
夜中などはとても困ります。
ヘッドホンを変えても変わらないのでテレビ側の問題だと思います。
そこで質問なのですが、
メーカーに修理を頼むとヘッドホン端子だけの修理は可能でしょうか?
あんまり大掛かりになって修理代がかさむと困ります。

また、ヘッドホンアンプという存在を知りまして、
テレビにヘッドホンアンプを接続できれば問題を解決できるでしょうか。
テレビのRCA端子にヘッドホンアンプをつないで使用すると、
テレビのヘッドホン端子にヘッドホンを繋ぐのと同じ使用感なのでしょうか?
例えば、ヘッドホンアンプにヘッドホン繋ぐとヘッドホンから音がして、外すとテレビのスピーカーから音がするのか。またテレビのリモコンで音量調節はできるのかなどです。

長々と失礼しましたが、一つでも教えて頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

テレビ REGZA RE1

テレビをヘッドホンを使うことが多いのですが、
最近、ヘッドホンを刺していてもテレビのスピーカーから音が出て困ってます。
常にというわけではないのですが、ヘッドホンでテレビを見てると急にスピーカーから音が出ます。
その時、ヘッドホンから音はしていません。
夜中などはとても困ります。
ヘッドホンを変えても変わらないのでテレビ側の問題だと思います。
そこで質問なのですが、
メーカーに修理を頼むとヘッドホン端子だけの修理は可能でしょうか?
あんまり大掛かりになって修理代がかさむと...続きを読む

Aベストアンサー

オーディオ用の接点復活剤でテレビのヘッドホン端子を掃除してみたらどうでしょう。
駄目なら修理でしょうか。

ヘッドホンアンプを繋ぐ場合はテレビの音量を0にしてください。
RCA端子からの出力はテレビの音量と連動しておらず常に一定です。
ヘッドホンアンプの音量はテレビのリモコンでは変えられません。

Q高級ヘッドホン&ヘッドホンアンプのおすすめは?

こんばんはです☆ よろしくお願いいたします。

さて、現在、ヘッドホンとヘッドホンアンプを探しています。(もちろんコード付きで、耳をすっぽり覆うタイプの大型ヘッドホンで、家で聴く用です。)

二つを合わせて10万円程度で探しています。

ソースはアナログレコードです。密閉型、開放型は問いません。ヘッドホンに関しては、今の候補は、ゼンハイザーのHD650と、ソニーのMDR-SA5000で、両者共に定価で7万円台レベルです。残りでアンプを買えたら・・・なんて思っているのですが。(ヘッドホンアンプについてはあまり知らないもので・・・。例えば、ヘッドホンをより安価なものにして、アンプを高価なものにするという選択も考えています。)

音質の条件は、中域の再生を重視したいんです。厚みのある音というか、逆に言いますと、ドンシャリは避けたいんです。ジャズの再生に適したものであるとうれしいです。

ヘッドホンの条件は、とにかく装着感がいいことです。軽くて耳が疲れないものがいいです。

ヘッドホンアンプを買うのは初めてなもので。。。実際にこの価格帯でヘッドホンをご使用の方、ぜひご教授いただきたく存じます。

よろしくお願い申し上げます。

こんばんはです☆ よろしくお願いいたします。

さて、現在、ヘッドホンとヘッドホンアンプを探しています。(もちろんコード付きで、耳をすっぽり覆うタイプの大型ヘッドホンで、家で聴く用です。)

二つを合わせて10万円程度で探しています。

ソースはアナログレコードです。密閉型、開放型は問いません。ヘッドホンに関しては、今の候補は、ゼンハイザーのHD650と、ソニーのMDR-SA5000で、両者共に定価で7万円台レベルです。残りでアンプを買えたら・・・なんて思っているのですが。(ヘッドホンアンプ...続きを読む

Aベストアンサー

それだけの御予算があるのなら、自分もSTAXをお勧めします。定価12万円くらいのセットで素晴らしい音がします(4,5万のものもありますがそれは今ひとつでした)。これを使った後にSONY CD3000(生産終了定価5万円)を使うとCD3000が今ひとつに聞こえます。

ダイナミック型とコンデンサー型はそれぞれよい点が
ありますのでどちらが優れているとは言えません。
音の繊細さ、分離、広がりはコンデンサー型だと思いますが、低音の迫力や音の厚みではダイナミックの方が好みという人もいると思います。
また、同じダイナミックでもHD650とSONYはかなり音の
傾向が違うと思います。残念ながらSA5000はまだ聴いたことがないのですが、おそらくシャープなハイファイ傾向ではないでしょうか。一方HD650は音楽的で素晴らしい音しています。

コンデンサー型で高域の繊細さしか楽しめないものもありましたが、STAXはジャズなどを聴くには十分な低音や音の厚みがありますのでやはりお勧めはSTAXです。

私はレコーディングの仕事しているのですが、安いマイクに高価なマイクプリアンプを使用するよりは、マイクにお金をかけたほうがよいのです。これはヘッドフォンとヘッドフォンアンプも同じだと思います。

それだけの御予算があるのなら、自分もSTAXをお勧めします。定価12万円くらいのセットで素晴らしい音がします(4,5万のものもありますがそれは今ひとつでした)。これを使った後にSONY CD3000(生産終了定価5万円)を使うとCD3000が今ひとつに聞こえます。

ダイナミック型とコンデンサー型はそれぞれよい点が
ありますのでどちらが優れているとは言えません。
音の繊細さ、分離、広がりはコンデンサー型だと思いますが、低音の迫力や音の厚みではダイナミックの方が好みという人もいると思います。
また、同じダ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報