木造住宅の耐用年数は約30年と聞きました。
しかし田舎へ行くと50年以上昔から建っている家をよく見ます。
木造住宅は耐用年数が過ぎてどのような状態になったら立て替える必要が有るのでしょう。
逆に屋根や壁など手入れして傷みが無ければ何10年経っても立て替えしなくてもいいものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>木造住宅は耐用年数が過ぎてどのような状態になったら



私の実家、すでに60年以上経過していますが、まだ、普通に利用しています。外壁、最後は20年程度前に塗装し、屋根、そのころに瓦を一部交換しました。

あとは、流しの部分の交換したり、水道管の交換、内部の配線を総交換しています。費用的には、それでも、新築の3割程度しかかけていないみたいです。

私の家、新築し、10年経過ですが、大手の木造です。10年目のメインテナンスでメーカー指定の工事でさらに10年の追加保証を受けることが出来、次の20年目も同程度の補修をすると、30年目ではフロなどの交換を推薦しています。40年目、50年目は10年メインテナンス程度、60年目で2回目のフロなどの交換をするか、建て替えを検討することを提案している状態です。

ということで、メーカーにもよりますが、それなりの手入れをしていると50年、60年は維持できる建物もあるし、建売ですと建てたまま、手入れもしないで25年で建て替えの人もいます。

私と同じ大手の建築会社で建てた人、すでに30年目の家を見ましたが、通常の手入れで新築同様の状態、見事でした。60年も維持すると、確かに建て直すのと近い費用がかかることもありますが、大事に使えば100年経っても骨格さえしっかりしているなら新築同様のリフォームも可能です。

工事するとき、壊すのが大変なくらいの家ですので、30年で建て替えは勿体無いですと業者に言われました。そのつもりで、60年程度は維持するつもりで手入れするつもりです。

ちなみに、予算、業者の概算で、10年目で200万円、20年目も同程度、30年目は400から500万円は予定しているといいでしょうと言われました。ここまでかけると、その後、40年目と50年目は200万円程度で同様に維持できると説明されています。

安普請、いわゆる建て付けが悪いと、建て直したほうが満足しますので、どこで妥協するかでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。
30年経っても手入れしてきれいならそれでいいですよね。
まだまだ使えるのにわざわざ壊して立て替えするなんておかしいと思います。
ハウスメーカーが不況で仕事が無いものだから、まだまだ使える家も30年経ったのだから寿命だから立て替えしないと危険だとか煽るのは仕事欲しさの陰謀ですね。
そういうデマに惑わされてはいけませんね。

お礼日時:2009/02/03 09:34

設計者は建て主の要望を叶えるため、各部仕様とデザインのバランスを図りベストな構成を提案します。


要望の優先順位がロ-コスト・面積重視であれば、材料の耐用年数や構造は普及品となり、例えば構造材は主に外材の集成材、屋根はコロニアル葺、外壁はサイディングとなります。
対し、耐用年数とメンテナンス重視であれば、構造材は白アリの被害に強い桧やヒバが主となり、屋根は軒を深く取りステンレスや瓦を採用、下地のル-フィングも耐用年数の永い物を選択します。
又、外壁については漏水や湿気による腐朽防止のため、壁内通気が
出来る通気工法を採用します。
このように設計者は、予め定めた建物の性能(機能も含め)を実現させる事が仕事ですので、木造住宅でも50年以上メンテナンスを行いながら住み続けることは可能です。
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_十文字洋一

職業:建築プロデューサー

この道40年を超えました。一貫して住空間の設計に携わって来ましたのでデザインを支える技術的な引き出しは多いと自負しています。限られた予算の中で、お施主様の要望を整理しながら使いやすく、居心地の良い空間をご提案いたします。

詳しくはこちら

専門家

No.2の方が言ってます。


>自動車の耐用年数は10年または100,000キロです。

でもこれは一般的なことであって、
すべてのことの当てはまるわけではありません

ちなみに私の先代の車は210,000キロ走りました。
エアコンの修理に8万円掛ると言われたのをきっかけに
買い換えましたが。

>傷みが無ければ何10年経っても
>立て替えしなくてもいいものなのでしょうか。


当たり前です。
住むに耐えないと思ったとき、または
修繕費用と新築費用を比べて、新築費用が下回ったとき
(修繕30年×100万、新築2000万で30年もつ?) 
そんなときが建て替えの時期ではないでしょうか?

何年経ったから立替
そんなことはありません。

個人的な意見ですが、現代の木造住宅は
20~30年が寿命かなと思います。
ただし、給水管は10年過ぎると黄信号です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

30年経過しても不具合なければ建て替える必要ありませんね。

不具合ないのに30年経ったら寿命って決めつけてしまうのも変な話ですね。
小リフォームはすれども基本になる柱や土台に傷みがなければ、まだまだ住めますよね。

お礼日時:2009/02/03 09:42

NO1です。



最初の手入れは何と言っても水周りでしょう・・
水に関係しては、家の外回りの水はけも注意です・・・
これは大雨の時などでないと分り憎いですね・・
雨どいの詰まりなどもこまめに取り除くなども長持ちの秘訣ですよ。

次には壁など・・ペンキなどは結構早く傷みます。
屋根・・瓦かトタンなどで違いますが・・トタンなら定期的な補修が・・などなど。

我が家ですと、結構あれこれ気づくことが出てきます。
その時に、こまめに手入れをしておくと、大事にならずに済むでしょう。
また、他の家を見るのも参考になります。

良く手入れをされている家・・見ても分ります。
その様な家の人に尋ねるもの一方でしょう。
また、良く手入れされた家ばかりでなく、傷みの酷い家も参考になります。

散歩の途中など、あるいは通勤などの途中でも、その気になれば気づくことは沢山あると思います。

早めの手入れがお金が少しで済むのは・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

よくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/03 09:44

建物は30年を超えると修繕維持費(ライフサイクルコスト)が当初の建設費用よりも高くなります。

そうすると60年・70年使い続けるより立て替えたほうが安くなるという考え方がひとつ。
もうひとつは、経年劣化とは別に社会的劣化(陳腐化)してくるというものです。耐震防災性能や間取り、設備仕様、見た目が古くさくなったり法基準に合わなくなってくるためです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました、ありがとうございます。
見た目が古くさくなったとしても気にしないで住めればまだまだ立て替えなくてもいいということですね。

お礼日時:2009/02/01 14:47

自動車の耐用年数は10年または100,000キロです。


家電製品の耐用年数も概ね10年位です。

と、これ位いい加減な目安でも良ければ、木造住宅の耐用年数はもう少し短く、20年~25年といったところでしょうか。

先に述べた自動車や家電製品の耐用年数が、実際より短いとお感じなら住宅にも同様のことがいえると思います。

つまり、使い方次第で如何様にもなります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
20~25年ですか。かなり短い気がします。
田舎に行くと普通に住んでいても築50年以上の家なんてザラにありますよ。

お礼日時:2009/02/01 14:43

手入れが良くて、使用に耐えるなら、立替など必要ありません。



が、手入れが悪ければ30年持たすのも難しいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
手入れは主に何をすればよろしいでしょう。
屋根や壁を塗装すれば、かなり違いますか。

お礼日時:2009/01/31 20:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミノムシは害虫なのでしょうか。最近、家の木にたくさんいます。

ミノムシは害虫なのでしょうか。最近、家の木にたくさんいます。

Aベストアンサー

幼虫の頃は葉っぱを食害しますが、よほど大量に繁殖しない限り樹にダメージを与えることも有りません。
しかも、成虫となった雄は口さえない状態で繁殖のために雌を求めて飛び回り、交尾を終えて一生を終えます。
一方、雌は一生簑の中から出ることもなく雄の飛来を待ち受けて、簑の中に産卵してこれも一生を終えます。

簑の中で生まれた幼虫は糸を垂らして風に乗り飛散し、樹木の葉を食べて成長しながら簑を造って木の枝にぶら下がり、簑の中で越冬する事となるそうです。
一生を簑の中で過ごす雌と、成虫に成って羽ばたいても餌をとることもなく繁殖だけのために飛び回って死を迎える蓑虫は、なんだか無情を感じますね。

果樹や庭木など、葉っぱが食害されて嫌われますが、よほど大量に発生しない限り果樹を食い荒らすわけでも無く、庭木を枯らすようなことも無いようですから、一概に害虫とも言えないかも知れません。

蓑虫。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%A0%E3%82%B7

Q木造住宅の耐用年数、シロアリ駆除

今の住宅で新築した場合、いっぱんに木造住宅はどれくらいもつものでしょうか?どこがやられてくるのでしょうか?建築中のシロアリ駆除はどれほど効果がありますか?

Aベストアンサー

■きちんとメンテナンスをしていけば50年以上は使うことができます。

■ではなぜ、使える家が壊されていくのか。大きな理由として、家を建てる方の多くが住宅ローンを組んでいますが、メンテナンスの費用のことをあまり考えていません。考えていても費用の額が少なすぎます。

■そのようなわけですので、結局メンテナンスせずに30年も過ぎるとボロ屋となり、その時点ではリフォームするより建て替えたほうが安くなり、壊されます。

■シロアリ駆除は効果はまずありません。これは業界では全く常識なのですが、シロアリは防蟻処理をしても食われる家は食われます。でも最近の家屋は乾燥度が高いので何も防蟻処理をしない場合でもシロアリに食われる確率は1%以下です。

■防蟻処理をすると「5年間保証」がついています。けれどもこの保証はシロアリに食われた場合、家を建て直す保証ではなく、単にシロアリ駆除処置をするだけの保証で最大保証額は通常で100万円、多くても500万円なのです。シロアリに食われてボロボロになった家に防蟻処理や駆除をしてもらったところで住めない家なのですからどうしようもないですよね。保証なら「建て替え」や「補修費用」の保証であるべきだと思いませんか?

■でもそれは絶対に保証しないのです。なぜって、防蟻処置をしても一定の割合でシロアリ被害があることを業者は知っているからです。ほんとうの被害の補償をしていたら割りに合わないからです。

■つまり保証額が100万円の場合、5年間に100件に1件シロアリに食われても、十分元をとれます。シロアリ防蟻処置の効果は業者にとってはどうでもよいのです。

■シロアリに目をつけられた家屋については防蟻処理は効果はありません。防蟻処置をしなかった家がシロアリに食われた写真を業者はもってきます。でも防蟻処置をしても食われた家も同様にあるのです。でも隠しています。

■効果がないのは「防蟻処置を行ったにも関わらず食われた場合の保証額があまりにも少ないこと」から推して知るべしです。

■きちんとメンテナンスをしていけば50年以上は使うことができます。

■ではなぜ、使える家が壊されていくのか。大きな理由として、家を建てる方の多くが住宅ローンを組んでいますが、メンテナンスの費用のことをあまり考えていません。考えていても費用の額が少なすぎます。

■そのようなわけですので、結局メンテナンスせずに30年も過ぎるとボロ屋となり、その時点ではリフォームするより建て替えたほうが安くなり、壊されます。

■シロアリ駆除は効果はまずありません。これは業界では全く常識なのですが...続きを読む

Qゴキブリや害虫を家に入れないような家の構造

家を新築で建てるときに、なるべくゴキブリや害虫を家の中に入れたくありません。特にゴキブリです。最近どこかの企業がゴキブリが嫌う成分が混じった素材を開発したみたいですが、それを使わずに構造とか、なんらかの工夫をして、水際で阻止するか、もし進入されたときになるべく素早い対処で駆除できるような方法などってありますか?進入されたときはバルサンとかしか使って撃退するしかないような気もしますが・・・

Aベストアンサー

 そもそも建築とは?みたいな事から容易に発想できますよ。雨をしのぐ→屋根をつける、侵入を防ぐ→壁をつける、みたいな。

 ゼロから発想する必要はありません。まず、実際にそのような機能を持つ建築物があるかどうか、調べます。もちろんあります。食品、医薬品の工場、移植などの手術室、半導体の工場などです。
 清浄度を確保する原理は「入れ子」です。二重、三重、四重…に造ります。外界と清浄区域を隔てる壁が2枚、3枚…と必要になりますね。
 人間の視線から見ると、奥にたどり着くまで扉が何枚あるかと言い換えることができます。
 建築での応用例として、扉の前に風除室、前室などを設けるとか、室内側でパティションやカーテンで仕切るとか、いろいろ考えられます。
 虫だけでなく、塵埃、騒音なども似たような理屈でコントロール可能だと思います。

 で、実際に食品工場の外と中で虫を毎月捕獲して、データをとってみると、壁(扉)一枚あたり数分の一から数十分の一になります。民家だと想像ですが数分の一ですかね。
 但し、色々な経路で虫は侵入(持ち込み)しますし、内部で増殖することもありますので、設備だけでなく運用面でも、清浄度に応じた精度で、いわゆる「5S」が必要になります。つまり、設備を作って後はダラシナイと、ぶち壊しです。

 実際の民家で応用すると、台所に直に外から入れる「勝手口」は改善の余地あり。例えば、前室を設けて手洗器やダンボール解箱所など除染設備を設けるとか、外と前室は足洗い、前室と台所は段差を設けて履物は室内用に履き替える、買い物はダンボール箱を台所に入れず境界で室内容器に移しかえる、といった運用を工夫すると良いですね。
 勝手口を設けず、洗濯室、浴室のような衛生設備を玄関脇に設けてこれらの用途を兼ねる設計にするのも良いでしょう。

 食品は床下収納は避ける。先入れ先出しできるように、棚を壁に付けない。(または棚板の上下間隔を広くして、奥へ新品を入れられるようにする)

 水際というか、早期発見について。
 しっかり5Sしていれば、目視で兆候は判りますよ。また、害虫のプロはゴキブリホイホイのようなトラップ(罠)を要所に仕掛けておき、捕獲された虫を定期的にカウントします。捕獲指数(1日1トラップあたりの捕獲数)をモニタリングして、管理するわけです。

 そういうわけで、シゴトのレベルでは、コンビニ指定の食品工場で何千店に出荷しているとか、ロットが大きい食品の品質管理では、こういう事が必須になっています。

 そもそも建築とは?みたいな事から容易に発想できますよ。雨をしのぐ→屋根をつける、侵入を防ぐ→壁をつける、みたいな。

 ゼロから発想する必要はありません。まず、実際にそのような機能を持つ建築物があるかどうか、調べます。もちろんあります。食品、医薬品の工場、移植などの手術室、半導体の工場などです。
 清浄度を確保する原理は「入れ子」です。二重、三重、四重…に造ります。外界と清浄区域を隔てる壁が2枚、3枚…と必要になりますね。
 人間の視線から見ると、奥にたどり着くまで扉が何枚...続きを読む

Q日本の家の耐用年数は30年といわれていますが

日本の家の耐用年数は30年といわれていますが
アメリカは120年イギリスは80年です。

アメリカでも木材の家も多いし雨の多い地域もあるのに
どうして日本の家屋はたったの30年しか持たないのでしょうか?

とある本によると2×4が耐久性が抜群とありましたが
そんな単純な理由だけでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般住宅と神社仏閣を比較できないでしょう。
神社仏閣でも、通常は、400年に一度は、大修理とのことです。
1300年も、なにもしないでもつはずありません。
唐招提寺にしても、明治から100年で、大修理でしょう。
これは、伝統を崩した屋根構造にしたことが、大きく短命にした原因と思いますよ。このように、唐招提寺、西本願寺等、ほとんどが、屋根からの雨漏りによる木材の腐れで大修理にいたっていると思います。
一般住宅の瓦の寿命は、30年から50年です。
神社仏閣の瓦でも100年位と思います。一般住宅の場合も、瓦の寿命30年位と見ていますが、実際のところは、その半分の15年で、ところどころ割れているし、表面が剥離したりしているはずです。そこで、総入れ替えできるかどうかで、大きく寿命が、変わるでしょう。寿命を大きく左右する要因は、定期的5年ぐらいの周期で、保守管理をおこなうかどうかです。
よく、日本は、湿気が多いから寿命が短くなるといいますが、イギリスも結構な湿気とのことです。そこで、イギリス主人は、祭日毎にメンテするとのことです。そのことで、100年となるし、そのことに対する価値観の違いで、大事に修理保全することで、大きく寿命が延びているとのことです。また、軒の長さにしても、昔のように、長く取っていないために、雨が壁に直接あたり、劣化を早くしている。日本の神社仏閣も、中国の真似をしているのでなく、日本の気候に合うように、軒は、長くしているとのことです。壁の寿命も、モルタルに防水塗装を最低10年に一度位おこなえば、大きく寿命が延びるでしょう。しかし、基礎?木組構造?等の原因で、家が傾いたりすると、瓦、壁の保守と言ってられませんね、現在の集成材、金具止め工法、高温乾燥材、そう言った間伐材を使用し、なおかつ昔の伝統工法で建てられない大工に頼んだ場合で、特に、現行の在来工法(バラック建て)(一般建売構造の家なら?)で、地盤の緩いところで建てたなら、10年で、構造が傾き、修理不能になるでしょう。10年瑕疵の思う壺です。10年保証=10年持ったら保証切れるってことらしい?言いすぎかな?。結論は、何年持つかは、信頼のおける大工しだいでしょう。その大工が、100年もたすつもりで建てたら100年持つでしょう。木を知らない設計士に任すより、木を知っている大工にお願いすべきでしょう。効率優先で、手っ取り早くやられると30年も持たないかもしれませんよ。昔の伝統工法の家なら、100年から150年が当たり前でしょう。
最後に、瓦を軽くするとか?、セラミック外壁、集成材、そのような効率優先の商品に、だまされない事です。阪神大震災にしても、倒壊しているのは、筋交いを入れていないとか?理屈ばかりでしょう。家を3ヶ月程の短期間で建てることに疑問を持ちませんか?。昔の1年程かけて、建てた家は、少なくとも50年以上100年は、持っているでしょう。いかに、質を落としているかです。

一般住宅と神社仏閣を比較できないでしょう。
神社仏閣でも、通常は、400年に一度は、大修理とのことです。
1300年も、なにもしないでもつはずありません。
唐招提寺にしても、明治から100年で、大修理でしょう。
これは、伝統を崩した屋根構造にしたことが、大きく短命にした原因と思いますよ。このように、唐招提寺、西本願寺等、ほとんどが、屋根からの雨漏りによる木材の腐れで大修理にいたっていると思います。
一般住宅の瓦の寿命は、30年から50年です。
神社仏閣の瓦でも100年位と思います。一般住宅...続きを読む

Qコンセントにさして使う 家害虫退治

TVショッピングのコンセントにさすタイプの 害虫退治器って 本当にごきぶりがいなくなるのですか? 集合住宅でも 使えますか?
どなたか使ったことがありませんか?
ちなみに ハムスターを飼ってますが 大丈夫でしょうか?
他にもいい方法は ありますか?

Aベストアンサー

hamcyuさん、こんにちは。
お尋ねの害退治器ですが私自身は使った事がありません。
ですが、“松本紳助”という番組で島田紳助さんが話しているのを聞きました。
本当にゴキ○○が出なくなったそうです。
(↑名前を入力するのも嫌なので。すみません。)

ちなみにそれまで家の中に出没したガムシロップくらいのサイズのネズミも出なくなったそうです。
ですので、ハムスターはちょっと心配かもしれませんね。
(ただそのネズミはハムスターと比べてもかなり小さかったので、そのネズミほどには影響無いかも知れませんが)

あまり、役に立たない話ですみません。

Q築年数30年程の木造戸建てでも火災保険にはいれるか

築年数30年程の木造戸建てでも火災保険にはいれますか?

Aベストアンサー

私は築51年の木造住宅の火災保険に入れました。
地震保険も付けました。

Q家に出る害虫について

この暖かくなってから部屋とトイレにこんな虫がいました
!築18年のマンションなんですがおそらくトイレの換気扇の中から下に落ちてきてトイレに一匹、おそらくそこから床をたどって寝室へ一匹。
寝室の一匹はピョンってな感じで殺す前に跳ねた感じがしますが動きは遅くあまり動きません!一体なんなんですか
なんて名前の害虫で生体や人間に害はあるのかどなたか詳しい方是非教えてください!!

Aベストアンサー

紙魚(シミ)ではないでしょうか。
紙や畳などを食べる害虫です。人体に害はありません。
乾燥に弱いそうですので、紙類が多く置いてある部屋があれば換気をよくしてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9F%E7%9B%AE
http://www.ikari.jp/gaicyu/10010d.html

Qコンクリートの耐用年数

こんにちは
実家が昭和40年代初頭の造成地に建っています。築35年です。
急な傾斜地を整地したもので、隣(上側)の敷地との境に3mくらいの
コンクリートの壁が建っています(少し斜めになっています)

1)こういうコンクリの壁というのは、どれくらい大丈夫なんでしょうか?
2)仮に直さないといけないとしたら、この壁の所有者はどちらになるんでしょうか?

3)コンクリつながりで、ついでにお伺いしたいんですが、
こういう壁の下に建っているせいか、そこは湿気が多目です。
基礎はどれくらいもつものなんでしょうか?

Aベストアンサー

1) 諸条件によって違いますが、しっかりとした作りなら50~60年くらいは持つと思います。
 ただ、昔の基準で作られていると思うので、地震などへの対策がどうなっているかが判りません。3m程度の高さであれば、それほど問題ではないと思います。

2) 通常は上側の土地所有者です。念のため公図などを確認された方がいいでしょう。

3) 湿気が多いのは、必ずしも擁壁のせいではないと思います。通気性や排水処理の問題でしょう。
 建築の基礎はコンクリートであれば、耐久性は湿気にほとんど関係ないです。ただ、その上に乗っている木材等は影響があると思います。

 少し気になったのは、少し斜めになっている、とのことですがどちら側にどの程度傾いているのでしょう?
 隣地側(背面側)であれば問題ないですが、古い擁壁の中には前面側に傾いている物もあります。その場合は大変危険な状態です。
 又、コンクリートの亀裂や剥離が起こっている場合も、やはり危険です。

Q害虫被害が隣の家に拡大→駆除費用負担は?

害虫駆除費用のことでお教えください。

私の畑の木に、知らないうちにアゲハ蝶の幼虫(イモ虫)が発生していました。

先日畑に行った際に、隣家からの話でわかったの事なのですが、
隣家の方からは、
「お宅の木が原因で、ウチの木もイモ虫の被害にあったじゃないか!
 ウチの木のイモ虫駆除もお宅が費用負担してくれ!」
と言われてしまいました。

こういった場合、駆除費用は当方が負担するものなのでしょうか?

初めての質問で要領を得ていないかもしれませんが、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらの木に先に虫がついたのか、立証できません。
また、貴方が故意に虫を放したわけでなく、知らないうちについて、隣に広がったのですから、自然災害で不可抗力です。
それにまで、責任はないでしょう。
双方で負担して、駆除されたらよろしいでしょう。

Q架橋ポリエチレン管の正確な耐用年数

床暖房は床材の下に敷き込みます。今回床材を無垢材で仕上げたいと思っています。したがって、耐用年数の永いものを選択したいのです。しかしメーカーからは正確な解答が帰ってきません。ホームズ君の別の質問や解答の中にも30年とか書かれていました。いったい、なにを根拠にされたのですか?また温度についても40度だから永く使えるとか?また、ガス会社や床暖房のメーカーによって温水の温度が60℃や80℃とまちまちの床暖房ですが温度によっても耐用年数が違うのでしょうか?また実際に使っている方で架橋ポリエチレン管について保証書をもらえた方はいますか?

Aベストアンサー

全く詳しくありませんが、架橋ポリエチレン管工業会というのがあるようです。
もしかしたら、正確な解答が得られるかもしれません。
問い合わせてみてはどうですか?

参考URL:http://www.jxpa.gr.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング