上記通りなのですが、僕は英国を舞台にした漫画を描いているのですが、(投稿はしてないのですが)女性のファッションはイメージつくのですが、男性(or男子)のファッションのイメージが浮かびません><
個人的にはゴシック調のファッションで揃えたいのですが、誰か、19世紀後半の男性(男子)のゴシック調ファッションについて教えていただけないでしょうか。そもそも男性にゴシックはあるのですか?
ないのであれば別として、貴族のようなファッションも教えてください。できれば、枢やな先生の「黒執事」のような感じのファッションを教えて頂けると嬉しいです。

宜しくお願い致します。(リンク先などはってくれると余計嬉しいです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本なのですが、とんぼの本(新潮社)に世紀末イギリスの服飾についての本があるようです。


『ホームズのヴィクトリア朝ロンドン案内』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83 …
「関連する商品」を見るともっと色々ありそうです。
図書館が近くにあるならこの手の本を見に行ってみるのがいいのでは。

Webサイトを探す場合はこれらの本の紹介にある文言をキーワードにして画像検索してみる。
たとえばシャーロック・ホームズ
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navcl …

そういえば、ウイリアム・モリス氏も19世紀イギリス人。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3% …

19世紀の小説
この中でイギリス物でなるべく1800年代後半を探して、画像検索してみたらいいんじゃないでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:19%E4%B8%9 …

見たことも読んだことも無いけど、二都物語の映画
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navcl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
参考させてもらいますね^^
ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/01 07:54

No.2です。


すみません、思い出しました。
『テス』も19世紀末イギリスです。
貧乏な農民一家およびお金持ち(たぶん貴族だったと思う)が出てきます。
映画は観ました。

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/xxbodyxx/diary/200707 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速借りてみようかと思いますです^^
ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/01 07:55

エマ ヴィクトリアンガイド


森薫 (著), 村上リコ (著)

を参考にしてはいかがでしょう?
19世紀末のイギリスが舞台となるコミック「エマ」の副読本です。
貴族階級、庶民の生活やファッションの解説です。
イラストも豊富ですし、普通に読んでもおもしろいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます><
それでは早速その書籍をcheckしようと思います!
ありがとうございます!

お礼日時:2009/01/31 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q19世紀末のイギリス、ロンドンの食生活&服装

失礼致します。

19世紀末のイギリス、ロンドンの貴族社会の服装や
庶民の食生活&服装などの詳しい資料が欲しいのですが、
お勧めのサイトは無いでしょうか?

検索で調べてみたのですが、
詳しく載っているHPに、なかなか辿り着けません。

金欠で資金が余りないので、
できれば本ではなく、HPで調べたいのですが、
19世紀末頃のイギリス、ロンドンなどの詳しい資料が
載っているサイトを知っていたら、教えてください。

貴族&庶民の食生活(料理や食材)や
服装の詳細が知りたいです。

Aベストアンサー

中央図書館など大きめなところへ行けば、予約の順番待ちをせずに、詳しい本を借りたり閲覧できるのではないかと思います。いちばんコアなのは国会図書館でしょう。

ちなみに、パッと思いつくものでは、『ロンドンの恐怖 切り裂きジャックとその時代』にそうしたものが載っています。なんといいますか、「19世紀ロンドンの服装や食生活」という大義名分のもと、切り裂きジャックという「俗っぽい話」を語っている感じではあり、題材が題材なだけに、あまり読み込んでいると暗くなってくるのですが、それなりに興味深いです。その他、図書館で問い合わせれば、いろいろと紹介してくれるでしょう。

Q18世紀の西欧 庶民の風俗、習慣

18世紀のイギリス、フランスなど西ヨーロッパの民俗誌について知りたく思っています。
王侯貴族ではない、また貧民でもない中流階級(?)の服飾、食物、酒、衛生状態、住居、etc.
おすすめのサイト、本などありましたら、紹介してください。また上記の件御存知よりのことがありましたら、御教授ください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、はじめまして。

イギリスの庶民の風俗についてですが。
大学時代に教科書として読み、その後も何度も参考にしている本がございます。
「路地裏の大英帝国-イギリス都市生活史」
http://www.amazon.co.jp/%E8%B7%AF%E5%9C%B0%E8%A3%8F%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%8B%B1%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E2%80%95%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%83%BD%E5%B8%82%E7%94%9F%E6%B4%BB%E5%8F%B2-%E5%B9%B3%E5%87%A1%E7%A4%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E8%A7%92%E5%B1%B1-%E6%A0%84/dp/4582763812/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1324869427&sr=8-1
図書館に在庫があるのではないかと思います。
9章から成ってまして、
1.都市文化の誕生
2.家庭と消費生活
3.白いパンと一杯の紅茶-庶民の食べ物
4.病気の社会史-工業化と伝染病
5.いざというときに備えて-保険金幼児殺人事件
6.ヴィクトリア時代の家事使用人
7.地方都市の生活環境
8.リゾート都市とレジャー
9.パブと飲酒
特に第5章にある、産業革命期に人口が農村部から都市部に流入し、子どもが幼児期から親元を離れて労働力とみなされ親子間の情愛が希薄となり、同時に出現したばかりの「生命保険」目当ての幼児殺人事件が多発した事例は、大変興味深く読みました。

また最近の本ですが。
「アリスの服が着たい-ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生」
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_0_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9C%8D%E3%81%8C%E7%9D%80%E3%81%9F%E3%81%84&sprefix=%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9C%8D%2Caps%2C272
これは19世紀から20世紀にかけてですが、イギリスにおいて子供用の衣服というものがいかにして成立し、需要産業になっていったかがよくわかる本でした。

また「西洋服装史」(同じ名前でいくつか出版されています)を、2~3冊並行して読むと、洋服の成立について大体わかってきます。服装史に関しては、大概のアイテムが18世紀にいきなり出現したものではなく、10世紀くらいから流れで読まないと理解しにくいと思います。
服装史は、繊維・材料の歴史でもありますから、絹・綿花などがどのように輸入されていき、植民地時代の大生産を経て価格が下がり、庶民の手に届くようになったかを抑えた方がいいですね。
例えば、18世紀のフランス革命前に貴族社会で流行したダチョウの羽(帽子や髪飾りにした)は、アフリカ大陸に行かないと入手できないものですから、富裕の象徴になっていますね。また、女性のスカートを膨らましたクリノリン(骨組みの輪)は鯨の骨でできていまして、鯨の乱獲につながっていったわけです。鯨があまり捕れなくなると、女性のスカートラインもスリムな方へ流行が移っていったというところが面白いです。

たぶん既にお調べになっていると思いますが、18世紀に書かれた風俗小説や恋愛小説を読むと、登場人物が何気なく行なっている行為から当時のリアルな生活習慣が読み取れます。
現代人が調べて書いた時代小説じゃなく、あくまでも当時に書かれた小説ですね。
デフォー「ロビンソン・クルーソー」や、ルソーの「ヌーベル・エロイーズ(新エロイーズかな?)」など。
ご参考まで。

こんにちは、はじめまして。

イギリスの庶民の風俗についてですが。
大学時代に教科書として読み、その後も何度も参考にしている本がございます。
「路地裏の大英帝国-イギリス都市生活史」
http://www.amazon.co.jp/%E8%B7%AF%E5%9C%B0%E8%A3%8F%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%8B%B1%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E2%80%95%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%83%BD%E5%B8%82%E7%94%9F%E6%B4%BB%E5%8F%B2-%E5%B9%B3%E5%87%A1%E7%A4%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E8%A7%92%E5%B1%B1-%E6%A0%84/d...続きを読む

Q19世紀イギリスの社会階級で

19世紀イギリスで、ブルジョワジー(資本家)とプロレタリアート(労働者)という新たな階級が生まれたのは何故なんでしょうか?
産業革命がどのように階級に関わってきたのかがわかりません。

ご存知の方、教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

産業革命で羊毛の需要が伸びたため、囲い込み運動が起こったのはご存知ですよね。トマス=モアの「ユートピア」でも出てくるとおり、「羊が人間を食っちゃう」、この人間はジェントリに雇われていた小作人なわけで、この人たちは畑を追われてどこに言ったかといえば、都市しかありません。農業しかできない人々で、都市で働く道は工場での単純労働しかないわけです。この小作人の人々が都市労働者となりプロレタリアート階級を形成したわけです。産業資本家たちは始めの頃は彼らを使っていましたが、後になって労働対価の安い婦女子や子どもに労働力を乗り換えたのはご存知のとおりです。「天空の城ラピュタ」のパズーみたいなものですね。で、またあぶれちゃった大人の男はどうなったかというと、「My fair lady」のイライザのおとっつぁんみたいにたかっては飲んだくれるようになってしまうわけです。

Q25歳以上で大学へ行ったひと

経験談を聞かせてください。




1、何の目標があって何学部にいったのか
また、その動機は ?
2、受験勉強の期間
3、就職はできましたか?

Aベストアンサー

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていたので(当時は新校舎が未建設だったのでかなり安かったが、新校舎建設を機に学費が上がったらしい)、それが決め手になりました。

2.受験期間は二年です。何気に浪人しました(笑)一年目は9月くらいから勉強を始め、2月に受験した為、ほとんど勉強らしい勉強をせず、受験に望んだ為、国士舘大学二部政経学部と早稲田大学政経学部を受験し、前者に何故か合格し、後者は当然落ちました(汗)ちなみにその当時の偏差値は20ちょいくらいでした(滝汗)。ゆえに「こんな状態で大学生になるのはおこがましい・・・」という思いがあったので、国士舘大学の入学は辞退して、浪人という道を選びました。そして、一年間の猛勉強の結果、翌年の春は十校くらい受けて、落ちたのが三校ぐらいでしたので、努力が実って晴れて大学生になることが出来ました。

3.就職は現在していますよ。ただ、普通の18~20歳くらいの年齢で入学した大学生のような就職活動は出来ませんよ(※年齢制限があるため、求人がないから)。ゆえに、とりあえず卒業後は法学部だったので、司法試験を受験すべく勉強しました。が、結婚適齢期になったため、今のかみさんに騒がれて断念し、足しげくハローワークに通って、現在の職場を見つけました。

個人的には「25歳以上で大学に入る」という行為はあなたが女性だったら勧めますが、あなたが男性なら絶対勧めません。理由はこんなことをいうと物議をかもし出すかもしれませんが、女性の場合は最悪結婚すれば、永久就職が出来ますが、男性の場合は日本ではまだまだ「専業主夫」は一般的ではないですからねぇ。

『学歴に劣等感がある』からという理由で男性が受験して、入学するには、ハイリスク・ハイリターンの素ですよ。私一個人としては、社会人入学試験は何も大学だけが行っているのではありません。専門学校でも看護学校でも行っています。今、私が25歳なら、間違いなく『医療系の学校』を受験して、手に職をつけるという狙いで受験しますね。医療系の以外の理系学部や文系学部では就職は困難だと思います。

もし受けるのなら、スキルアップして大学を卒業するというのが、もっとも理想的だと思いますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部or健康メディカル学部を受験していると思います。医療系は一旦資格を取ってしまえば、その業界は就職が売り手市場なため、年齢制限に関係なく、就職が出来ますしね。

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていた...続きを読む

Q山田 太郎のファーストネーム/ラストネームはどうなるの?

英語で山田 太郎の場合どちらがファーストネーム/ラストネームになるのでしょうか?解る方教えて下さい。

Aベストアンサー

太郎がファーストネーム、山田がラストネームです。
ですから「まだファーストネームで呼び合う仲ではない」という言葉は日本だったら「太郎」と呼ぶのは親しくなってからということからいわれるんです。

Q19世紀のドイツについて

19世紀(プロイセンからドイツ統一頃)の
農民や労働者階級など、一般庶民の服装や食生活、生活スタイルを
知りたいのですが、それらに関して詳しい資料や本があれば
教えてください。できれば、イラストなどイメージしやすいものが
記載されているものがよいのですが……。
貴族の服装や髪型などの参考資料はよく目にするのですが、
一般人の史料はなくて困っています。

Aベストアンサー

例えば丸善のような洋書をたくさん置いている本屋に行って
「ドイツで出版されている、19世紀後半を舞台にした挿絵入りの本」
を探すのが簡単でしょう。

例えて言いますと、イギリスにおける「シャーロック・ホームズ シリーズ」のような本です。このシリーズには19世紀後半から20世紀末に雑誌に連載された時の『その時代に描かれた」挿絵が豊富にありますので、『イギリスについて』の
「農民や労働者階級など、一般庶民の服装や食生活、生活スタイルを知りたいのですが、それらに関して詳しい資料や本があれば教えてください。できれば、イラストなどイメージしやすいもの」
に該当します。

子供向けの絵本でも、その目的に適合するものがあると思われます。ドイツ語に堪能でなければ、絵本コーナーの方が探しやすいでしょう。
「ドイツ語の絵本」を片端から探しましょう。

また、東京・大阪・京都にしかないのですが、ドイツの文化に触れることが出来る施設として
「ゲーテ・インスティトゥート」
があります。

東京の施設が一番大きく、備えている図書の量も一番多いと思われますが、ここに足を運んでスタッフに相談すれば、目的に合う本を一緒に探してくれると思いますよ。
大阪と京都のゲーテ・インスティテュートも、一定量のドイツの書籍を所蔵しているようです。

例えば丸善のような洋書をたくさん置いている本屋に行って
「ドイツで出版されている、19世紀後半を舞台にした挿絵入りの本」
を探すのが簡単でしょう。

例えて言いますと、イギリスにおける「シャーロック・ホームズ シリーズ」のような本です。このシリーズには19世紀後半から20世紀末に雑誌に連載された時の『その時代に描かれた」挿絵が豊富にありますので、『イギリスについて』の
「農民や労働者階級など、一般庶民の服装や食生活、生活スタイルを知りたいのですが、それらに関して詳しい資料や本があ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報