知人の確定申告と源泉徴収票についてお聞きしたいんです。

知人は昨年6月に正社員として就職し、今年2月に退社しました。
それで収入が少なかったけど確定申告したいということで
源泉徴収票を見せてもらったんですが、(普通なら会社で処理済ですよね??)
支払い金額が82万ほど、給与所得控除後の金額が17万、
所得控除の額の合計額が68万、源泉徴収税額が0円、
社会保険等の金額3万6千、年調定率控除額が0円でした。

私と収入額が同じくらいなのになぜ源泉徴収税額が0円なのでしょうか?
私の場合、3万くらいありました。
これはすでに処理済ということでしょうか?
やはり、確定申告に行くべきなんでしょうか?

知人の話では事業主が少し色んな面で対応がひどかったということで
気にしております。
月々の給与明細でも不明な点が・・・
(これは別の経理に詳しい知人に聞いた所、
税金対策でそんな書き方と言ってましたが・・・)

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 源泉徴収票の見方としましてまず、


”給与所得控除後の金額”欄に数字が入っている=年末調整済みと思って
ください。なので知人さんは税務署にいく必要はありません。

 所得税の計算の方法は
支払総額を見て給与所得控除額を表で見ます。
支払総額から控除額を引いたものを”給与所得控除後の金額”といいます。
                         ↑税金をかける元となる金額

所得控除額を計算します。その中には扶養控除とか社会保険料とか生命保険控除とかいろいろあります。

 給与所得控除後の金額から所得控除を引きます。残った金額の1000円未満を
切り捨てて、その金額に対する税率をかけます。
源泉税額のできあがりです。

 知人さんのケースですと
”給与所得控除後の金額”17万-”所得控除”68万=-51万で、0円。
税率かける前に0になったので、税金は発生しません。

 というよりも、同じ収入で税金がかかっているpupupandaさんは還付の
申告できますよ。103万までですと年末調整をすれば税金は全員0円に
なりますよ。源泉徴収表はもらいましたか?給与所得控除後の金額は
入ってますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。よくわかりました。
知人にも早速、「済んでるよ。」と連絡します。

ちなみに私はこの間、確定申告に行ってきました。
どうも、ありがとうございます。(^◇^)

お礼日時:2001/03/02 21:57

5000円ですか、今までに引かれた分ですから、そのくらいでしょうね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
これで知人も納得してくれると思います。

お礼日時:2001/03/03 00:06

まず、知人の方の場合です。


2月に辞めた会社では年末調整が済んでいて、計算も正しいようですから、確定申告の必要は有りません。
ただ、1月から5月までに、他の会社で働いていた場合、その給料が含まれているかはわかりません。
確認方法は、源泉徴収表の備考欄に、以前の会社の名前・支給額が・税額・社会保険料の額が記載されていれば、以前の会社の分も入れて年末調整がされています。
もし、5月まで勤めていて今回の年末調整に入れてない場合は、その貰った金額によって、確定申告をすれば税金が戻る場合と、不足分を納めなくてはならない場合が有ります。
両方の収入の合計が、給与所得控除の最低額65万円+所得控除額68万円=133万円以下なら、税金がかからないので、前の勤務先で税金が引かれていれば、確定申告すると以前の分も戻ってきます。

つぎに、貴方の場合ですが、収入が同じくらいとのことですが、それだと給与所得控除後の金額も同じくらいです。
それで、税額が違うのは所得控除の金額が違うのです。
所得控除には、基礎控除・配偶者控除・扶養控除(共に1人38万円)・配偶者特別控除・社会保険料控除・生命保険料控除などがあり、この金額の違いが税額の違いになります。
不明な点は補足願います。

この回答への補足

ありがとうございます。私はこの間、確定申告をしてきました。

知人にも早速、年末調整しているので大丈夫と連絡しました。
知人も安心していました。(なんだか勘違いしてたのかなあ??)

ところで12月どれくらい返ってきてたのか聞いたところ、
5000円ほどと言ってましたが、金額的にはそれぐらいなんでしょうか?

補足日時:2001/03/02 22:00
    • good
    • 0

源泉徴収票がいつのものか分からないと回答できません。



源泉徴収票は
平成12年6月~12月までの分と
平成13年1月から2月までの分の
2つあると思いますが、どちらのお話でしょう。
また、前職の有無により回答が異なりますので
前職の有無を確認してください。

ご確認の上、補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。仕事はこの一件のみでした。

お礼日時:2001/03/02 21:59

回答してから思ったのですがpupupandaさんの言う”同じくらいの収入”って


月収でって意味ですね?年収だと思っちゃったゴメンなさい!
    • good
    • 0

源泉徴収票の支払い金額82万というのは、退社した会社での昨年6月から12月までの給与等の支払いの総額です。

源泉徴収票に所得控除の額などが明記されているのであれば、年末調整は済んでいるということになりますね。だから、確定申告は不要ですが、その知人の方が昨年1月から6月までにほかの所からの収入がある場合には、その所得と合算して申告する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱり年末調整済ですよね。

お礼日時:2001/03/02 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収額0円で医療費が10万円を超えた場合の確定申告について

毎年、医療費が10万円を超えるので、確定申告をしようとホームページから作成しておりましたが、今年は源泉徴収額が0円となっていたため還付金が表示されませんでした。
源泉徴収額が0円の場合、医療費が10万円を超えても、還付はされないのでしょうか。また、市民税や県民税は確定申告の際には関係ないのでしょうか。
まったく知識がなく大変申し訳ありませんが、ご教授願います。

Aベストアンサー

所得税の還付はありません。
住民税申告で医療費控除をすると、住民税が安くなる可能性があります。
所得とその他の控除がどのくらいあるのか分かりませんのではっきりしたことは言えません。もしかしたら住民税も医療費控除を受ける意味が無いかもしれません。

Q源泉徴収票にのっている源泉徴収税額

源泉徴収票にのっている源泉徴収税額の算出方法を教えてください

Aベストアンサー

解りやすいサイトがありました。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/CU20011225A/

Q源泉徴収税額 0円

源泉徴収が、0円 とはどうしてですか?0円 だったら住宅借入金等特別控除は、貰えないのですか?また、貰える為には、どのようにすればいいのですか。

Aベストアンサー

簡単にいいますと所得税を払っていなければ還付してもらえる物が無いということです。控除は出来ますが0円のものをいくら控除しても0円にしかなりません。

Q源泉徴収税額¥0だと何も戻ってこないんでしょうか?

源泉徴収税額¥0だと確定申告しても何も戻ってこないんでしょうか?

バイトで源泉徴収票なるものをいただいたので。。
友達はいくらか戻ってきたと言っていたので、行こうかなと思ったのですが。¥0ってことは何も税金惹かれていないということですか?

Aベストアンサー

源泉徴収とは、「あなたの収入ですと、所得税はこれだけ払っておきますね」と、バイト先の会社があなたに替わって納税した額を示す証書です。
他のところでバイトをしていないで、納税額の総額が¥0ならば、税金は払っていないことと同じ意味です。

納税額は、プラスはあっても、マイナスつまり、国があなたにいくらかのお金をくれるということはありません。

よって、申告してもなにも返ってきませんし、くたびれもうけになるだけです。

Q源泉徴収した税額と年末調整の年調年税額

ある人に対して、下記の条件で1月~12月まで源泉徴収した総税額(1)と年末調整事務で計算した「年調年税額」(2)と一致ですか。
・社会保険料ある
・障害者該当しない
・寡婦(寡夫)該当しない
・勤労学生該当しない
・配偶者いない
・扶養親族いない
・配偶者特別控除該当しない
・住宅借入金なし
一致では無い場合、質問が二つあります。
1.上記の(1)、(2)の税額、どちらが大きいですか。
2.年始、年末の個人の扶養状況など変わってないですがなぜ税額が一致してないですか。源泉徴収時の税金の計算方法は年末調整時の税金の計算方法と違うのは原因ですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一例を示します
給料月額25万円、社会保険料2万円の場合
差引23万円に対し扶養親族がゼロだと5770円の税額です。

年間に直しますと
給料支払額が300万円、社会保険料が24万円、源泉徴収税額は11月までで63470円です。

これを年末調整しますと
給与支払額3000000円
給与取得控除1080000円
給与所得額1920000円
社会保険料控除240000円
基礎控除380000円
課税所得1300000円
税額(5%)65000円
控除済み税額63470円
差引1530円

つまり最後の12月の給料では税額表の5770円でなく
65000円-63470円=1530円を徴収することになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報