忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

はじめまして。現在6歳のグレートピレニーズ(雄)と生活をしています。先日,予防接種のため病院へ連れて行きました。数ヶ月前程から爪の付け根に人差し指大の出来物があった為(特に大きくなってはいません),聞いてみるとその場で血液を採取,大きな病院へ検査を依頼して下さいました。結果,悪性黒色腫かもと・・・。とりあえず,指を1本切断。病理検査をした後,必要に応じて,断脚。ということに。私としては,悪性でないことだけをただただ祈るばかりです。
お伺いしたいのは,悪性でない可能性というのはどのくらいの確立なのか。
断脚し,抗がん剤治療を開始した場合,予後はどのくらいなのか?
今はまだ元気いっぱいですが,いろいろな場所へ一緒に出かけられるのは,どのくらいまでなのか?です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

犬の悪性黒色腫に関しての回答ではなくてごめんなさい。


私は、先月12才の雌が乳腺種と診断された猫飼いです(猫の乳腺種はほぼ悪性です)。

悪性黒色腫だった場合、断脚・抗がん剤治療との事ですが、
それは治療の方向性の一つだと思います。
ガン治療は、手術・抗がん剤・放射線の三大療法の他にも、
最新医療ではリンパ球を培養する活性化リンパ球治療、温熱療法、
代替医療では漢方、鍼・灸、その他様々な治療法があります。
また、がん自体について、がん治療についての考え方も色々です。
いますぐ予後がどうこうという事態ではないと思いますから、
まずはインターネットや図書館等を駆使して、
悪性黒色腫はもとより、そもそもがんとはどういったものなのか、
治療法は東西医術を問わずどういったものがあるのか、
それらの利点欠点は何なのか、なるべく視点が偏らないように調べ、
今後の選択肢を増やした上で、
飼い主さんご自身と何よりグレートピレニーズ君本人(本犬?)にとって
最良の道と思える治療法を選んではいかがでしょうか?
尚、調べるのは人間のがん関係の資料が豊富で調べやすいと思います。
病気のメカニズムや治療法は、人間も犬猫も同じですから。
(ちなみに、我が家は色々調べた結果、三大療法の道は選ばず、代替療法を選びました)

グレートピレニーズ君、今は元気いっぱいとの事で何よりです。
うちの猫もものすごい元気ですよ~!
その元気さを守ってあげることががん治療では大事だと、代替療法の道をとった私は考えています。

以上、質問に対する回答としては逸れた書き込みとなってしまいましたが、
参考意見としていただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が大変遅くなってしまい申し訳ございませんでいた。
近況報告させていただきます。
先日,患部を取り除きました。先生は指を残す努力をしてくださったそうですが,かなり大きかったようで,当初の予定どおり指の切断となりました。体が大きい為,足の切断を余儀なくされた場合は,切断はせず,放射線治療と抗がん剤治療をと話し合っておりましたが,とっても奇跡的なことに,今のところ転移はみられないとのことで,ほっとしています。
彼もかなり頑張ってくれたようで,手術の翌日にはお散歩できたそうです。病院嫌いの彼も,病院が好きになったようで様子見に病院へ行くと,少し遊んだあとサッサとゲージに戻って,お休みの挨拶「ワンッ!!」といってすぐに大きないびきをかき始めます。
病気が分かる前のマイペースな彼でした。
これからも治療が続くかと思いますが,みんなで頑張ろうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/17 11:02

とりあえず6歳とまだ若いので早めの治療をするのが最優先だと思います。


犬は飼い主の不安がっている様子とかを非常にダイレクトに受け止めるので、なかなか難しいですが明るく振る舞うのがなによりの治療になるはずです!
私も13歳の犬がいてガンがあるとの診断を受けましたが週に1回診察を受けガンの進行は今は止まっています。いままで道りいろいろな場所へ連れていってやってください。あまり先のことより今を大切にしてあげてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくご回答くださいまして,ありがとうございます。
普段から家族の気持ちを察するのが上手な犬なので,既に何かあったの?と思っているかもしれませんね。
とりあえず,今は元気いっぱいなので,いつもどおりに接していきます。
ありがとうございました。治療,頑張ります。

お礼日時:2009/02/03 13:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメラノーマからリンパ腫に

 12歳のシーズーです。4月に口に腫瘍ができ、手術しました。病理検査に出したところ、口腔悪性黒色腫(メラノーマ)との診断でした。その後サプリメントをフードに混ぜて、特に薬は服用せず、様子を見てきました。
 6月くらいに下あごのリンパがビー玉くらいに腫れてきました。それが7月にピンポン球くらいの大きさになり、転移の可能性は高かったのですが、腫瘍かただの炎症か見極めるため、しばらく抗生剤を服用しました。腫れが小さくならなかったため、8月からステロイドを服用し1ヶ月が経ちました。
 残念ながらステロイドは全くと言っていいほど効果がなく、腫れは今、子どもの拳くらいになっています。現在、抗ガン剤の投与についてホームドクターと相談中です。不安に思っているのは、抗ガン剤の副作用と、ステロイドを先に服用してしまうと抗ガン剤が効かなくなるのではないかということです。
 悪性の腫瘍なので、完治を目指すのではなく、癌とつきあいながら、QOL(生活の質)を落とさず、一日でも長く一緒に暮らす方法を模索しています。
 獣医さん、同じような経験をなさった方、ご意見をおきかせ下さい。

 12歳のシーズーです。4月に口に腫瘍ができ、手術しました。病理検査に出したところ、口腔悪性黒色腫(メラノーマ)との診断でした。その後サプリメントをフードに混ぜて、特に薬は服用せず、様子を見てきました。
 6月くらいに下あごのリンパがビー玉くらいに腫れてきました。それが7月にピンポン球くらいの大きさになり、転移の可能性は高かったのですが、腫瘍かただの炎症か見極めるため、しばらく抗生剤を服用しました。腫れが小さくならなかったため、8月からステロイドを服用し1ヶ月が経ちました...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1の者です。11日の手術で少しは負担が軽くなるといいですね。
うちの場合、口に腫瘍があったためか食事が大変でした。
ペットショップなどで売っている缶の流動食をあげていたのですが
ワンコ自身ではうまく口に運べなくなり、最終的には大きな注射器(プラスチック製。もちろん針の無いものです。)に流動食を入れ、
少しずつ口の中に入れてあげていましたよ。
口に入れるとペロペロと飲みはじめるのです。
牛乳やお水はスポイトを使いました。
あと、流動食の代わりの高カロリーなものとして
卵の黄身にハチミツを混ぜたものもあげていました。
ご参考までに。
ワンちゃんの様態が良くなりますように・・・・

Q受け入れられません。愛犬が末期がんと診断されました

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。

その後の生活での変化は、お散歩の時、最初のおしっこポイントに着く前に歩きながらおしっこがでてしまったりすることが多くなり、年齢と、去勢手術の影響が若干あるのかなと思っていました。

そして、4日前の11/29に、のどあたりに何か引っかかったときにやる「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」を時々やっていました。
また散歩中、小さな枝かじって、何かのどに引っかかってんだろうなと思ってました。

しかし、それが3日続いた昨日、床に少量の血がありました。
きっと「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」してる時出たんだろうと思いましたが、食欲だけは旺盛な子が今朝はほとんど食べませんでした。
さすがに心配で、病院に行ったところ、診断結果は末期の癌でした。

えっ?と思い、先生の説明をききました。
どうやら脾臓が大きく腫れており、その中に癌があって、肺や他の臓器に転移しているというのです。
今日の血液検査の結果を見ましたが、6月の犬ドックの時とほとんど変わらない数値で、全て正常値でした。

素人には分かりませんが、臓器の機能低下が見られる欄の数値が下がっていましたが、
それでも正常値の枠内でした。

6月の診断で健康だから去勢等の手術を受けたのに、5ヶ月後に末期がんの診断なんて・・・。
こんなに犬の癌の進行って早いものでしょうか?

こんな状況で、何かおかしいんじゃないか?とお気づきの方いらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんか?

宜しくお願いします。

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったものの普通に元気だったのでアレルギー系の
薬を処方されましたが改善されず、4月半ばになると
声が出なくなりました。
4月末に内視鏡検査で口の奥に出来物を見つけ病理検査に出すものの
結果が出たのがゴールデンウィークもあった為、5月の中ごろでした。
そこでようやく扁平上皮癌という悪性の癌だとわかり、
1週間後の5月末に大学病院でCT検査、直接目で確認したり
直接癌があるだろうと思われる部分を触ったり、
あらゆる検査をしたにもかかわらず
何の異常も見つからず癌ではありませんと言われました。
その頃のワンコは、少し食べ物を食べづらくなっていて
お水をほとんど飲むことを拒否していました。
ですが、見た目も元気だしお散歩も喜んで行っていました。

うちの場合は最悪でした。
絶対に癌があるからこそどんどん弱っていっているのに、
検査の結果で異常が見つからないし、CTにも写らない癌となれば
手術も放射線も抗がん剤もなんの治療を行うことができなかったのです。

最後の最後に病理検査のスペシャリストと言われている方に
再度病理検査を依頼することができたのですがやはり扁平上皮癌で
しかも、ものすごい悪性度の高く浸潤性の進行性も早い
最悪な部類の癌だと。。。
診断されたものの、ちょうど結果を聞けたのが
7月1日の亡くなった日でした。

結果、3月の半ばに異変が見つかり5月の末に癌だとわかり
7月1日には亡くなってしまったので気持ちも何もかも追いつきませんでした。

犬の場合は人間の3倍以上の速さで全てが進行します。
人間の1ヶ月が3ヶ月です。
なのでzokkondesu さんのワンコの癌もおかしいとは思いません。
ありえることだと経験上思います。

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったも...続きを読む

Q犬の腫瘍除去手術の治療費はいくらくらいが妥当なのでしょうか?

6歳の大型犬を飼っています。肛門の横が硬く腫れているので今日、獣医に行ったら「切ってみないと詳しいことは判りませんが、すぐにでも手術をしないといけません」との診断とワクチンの投与を受けました。「術後の入院期間も費用も現段階でははっきりしませんが、最低でも20万から25万はみていてください」と言われ、人間よりは安いなと納得し、その場で手術の予約を済ませたのですが、愛犬のガン除去手術を経験した友人に話したところ「総額で6~7万円だった。その医者は怪しいのではないか」と言われました。もしもそうなら費用は勿論のこと、それ以上に技術のほうが心配です。ちなみに今日の診療費は約3万でした。明日、別の獣医院で意見を聞いてみるべきなのかなと思っています。初めての経験なので少々取り乱していますが、どなたかお詳しい方がおられましたらアドバイスをいただけると、とても有り難いです。

Aベストアンサー

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈夫ですよ!どうせ、この子は和室で大人しく寝るんでしょう!」
「抜糸に2、3週間後に連れて来て下さい。」

※CTスキャン等も完備して年中無休、午前9:00~午後10:00まで営業です。
※高速を飛ばして1.5時間の隣県ですが、大変にお世話になっています。
※全ての費用は壁面に明示してありますので、事前に自分で計算しています。

それまでは、ちょっとした手術でも1週間の入院。費用も概算で明細なし。いわば、言い値でした。
それに比べると半額の負担で済みます。
高速代を払ってもお釣りがくる計算です。

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈...続きを読む

Qペットの血液検査でわかること。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみたら、肝臓の表面にガンがあり、にじむような大量の出血だったそうです。

ただ、たまたま3週間前におこなった血液検査での異常は
「年齢のせいもあるかな」程度で、元気ですよ!といわれましたし、
手術前の血液検査でも、肝臓に関する数値はさほどでもない、とのことでした。
先生も、お腹をあけてから、肝臓が悪い事がわかったと言っているほどです。

そこで質問ですが、血液検査ではどこまで病気の事がわかるのでしょうか?
また、病気の早期発見のためには、何をしたらよいでしょうか?

ガンによるあまりにも突然の死だったので、自分で納得ができず、こまっています。
よほどガンがひどくならない限り、血液検査ではわからないものなんでしょうか?
まだ、猫を3匹かかえているので、今後の為にも、
ぜひ、おしえてください。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来るとも限りません。肝臓や腎臓などの臓器が冒された場合は何らかの異常があらわれる可能性はありますが、ケースによって違いますので一概には言えません。脾臓にできやすい腫瘍の場合、脾臓に特異的な血液検査項目というのはありませんから、やはり異常を見つけることは難しいでしょう。消化管にできる腫瘍の場合は下痢や嘔吐などの症状が現れますので、そうしたことから病気を疑うことができます。
 血液検査というのは万能な検査ではありませんから、血液検査さえすれば安心という、依存した考え方は良くありません。やはり生活の中での些細な変化や、身体の変化、お腹の張り具合などの変化を観察することは大切です。異常が疑われれば血液検査と合わせてレントゲンやエコーなどの画像診断によって、血液検査では分からない、実際の形を判定することで、病気を早期に見つけることはできるかもしれませんね。それから年齢というのはやはり重要な要素です。歳を取ってくればそれだけ病気が多くなることは常に考えておくべきでしょうね。
 ですから結局の所は定期検診を受けると言うことと、明らかな異常がある場合はなるべく早期に受診すること、この基本に尽きると思います。

 しかしこれだけは申し上げておきますが、お腹の中の腫瘍の場合、残念ながら発見されたときには大分進行しており、治療が困難であるケースは非常に多いのです。飼い主さんにとっても、獣医師にとってもつらく残念な事ですが、現段階での獣医療の限界があるのかもしれません。ですから、anponさんが怠慢な飼い主であったということは決してありません。いまは納得できず自問自答されているかもしれませんが、ご自分を責める必要は一切ありませんし、ワンちゃんもそんなことは望んでいないはずです。いままで愛情を持って飼ってくれたことに関して、感謝しているはずですよ。

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来る...続きを読む

Q動物病院の診察って・・・

お世話になります。
今日、地元の動物病院に行ってきました。
うちの愛犬(黒ラブ)の足にへんなオデキができて、どんどん大きくなっているので見てもらいに行ってきました。
待合室の患者は3名ほど。受付を済ませて待つこと20分。
呼ばれて診察室へ入ると、「どうしましたか?」と聞かれ、左足の指にできたオデキを見てもらいました。
まずは手袋した手で直接オデキを触ってました。数秒触って、特に痛がる事も無く、
「これは細胞を検査しないとわかりませんね。」
と言われ、
「放っておくともっと大きくなり、傷口が開いてしまい、化膿したりして指切断なんて事にもなりかねません。できれば手術で切除する事をお勧めします。」
いきなり手術を勧めるので、全身麻酔をする事と、たいした検査も診察もしていないのに、いきなり手術って・・・と思い、とりあえず考えますとだけ答えたら、
「サンプル取らせて下さい」
と言われのでお願いしますと言って取ってもらいました。

注射器持ってきて最初の一刺し目は何も取れず、注射針だけにして再度さしてみても、うまく取れず、三度目にやっと血混じりの組織?見たいな物がちょっぴり取れました。
「中が硬くてうまくとれませんね。表面がこのように硬くなっていると、内側が膨らんできて回りの皮が引っ張られ、裂けて出血します。」
と説明されました。
その検体を顕微鏡のスライドガラスに擦り付け、その検体を見ながら、
「これでは正確な検査ができないかもしれません。しっかりした検体を検査しても結果は40~60%程度の信頼度です。」
と言われ、ここでも
「やはり出来る事なら手術で切除する事を勧めます。」
と言われ、
「前向きに検討して頂けますか?」
と聞かれたので、分かりました。と答えました。
その後、体重を計って貰い、
「検査結果がでるまで約1週間ほどかかるので、その間、薬を出しましょう」
と言われ、お願いしますと言いました。とりあえず薬を与え、1週間様子みたいです。とも言いました。
「分かりました。では来週までお薬をあげてください。注意深く様子みてあげてくださいね。」
と言われました。分かりましたと答え診察は終了。この間、約10分程度。

待合室で待つこと5分。先程診てくれた先生が来て、また手術を勧められました。さらに、
「さっき取ったサンプルでは、検査結果の信憑性がかなり低いです」
との事。
それでも手術せずに検査しますか?と聞かれたので、お願いしますと回答。
この間、2分程度。

その後、15分程待って薬を3種類出されました。
化膿止めと炎症を抑える薬と整腸剤の3種類出されました。
薬を頂き、さらに15分程待っていざ会計。
「本日費用は\27,384になります。」
といわれ、ビックリ!!\16,000しか持ってないので、現金持ってきてないので、カードでお願いします。と内心、こんな診察で27,000!?と驚きながら支払いを済ませました。
帰って来てから明細書を見ると、

診察料:1,800
検査料:10,000
内服薬:8,400
内服薬:4,480
内服薬:1,400

小計:26,080
消費税:1.304
合計:27,384

との事。診察料金はそんなに高くなかったのですが、検査料、薬代がビックリするほど高いんですね。
この診察、そして金額は妥当なんでしょうか?
どこの病院でも同じ様なモンなんでしょうか?
なぜそんなに手術を勧めてくるんでしょうか?
人間の診察の場合、体温測ったり、血圧測ったり、原因が分からない症状の場合、基本検査を一通りやると思うのですが、動物はこんなもんなんでしょうか?
もし、このオデキが悪性の腫瘍で、1週間まった事で手遅れになったりしないのでしょうか??

お世話になります。
今日、地元の動物病院に行ってきました。
うちの愛犬(黒ラブ)の足にへんなオデキができて、どんどん大きくなっているので見てもらいに行ってきました。
待合室の患者は3名ほど。受付を済ませて待つこと20分。
呼ばれて診察室へ入ると、「どうしましたか?」と聞かれ、左足の指にできたオデキを見てもらいました。
まずは手袋した手で直接オデキを触ってました。数秒触って、特に痛がる事も無く、
「これは細胞を検査しないとわかりませんね。」
と言われ、
「放っておくともっと大きく...続きを読む

Aベストアンサー

高すぎます。
私もびっくしりました。

いきなり手術を薦めるあたり、お金の儲かる治療法ばかりを考えているタイプの病院ではないかと思います。

もちろん、すぐに手術しなければならない症例もありますが、人間でも手術する時には、検査をしてなぜ手術しなければいけないか、他の方法はないか、手術するとすればどういった手術をするか、動物病院の場合なら、いくらくらいかかるかも説明するのが普通だと思います。

診察はそんな感じでしょうが、検査料、内服薬に関しては、高すぎます。
第一、お薬が3種類出ているのもイマイチ納得できません。

とにかく病院を変えた方がいいと思います。

動物病院って、ある意味言い値で済んでしまうところなので、そういった病院に通っていると、怖くて診察に通えなくなってしまいます。

病院を探す際は、とにかく明確にできる金額をあらかじめ聞いて回る事です。
電話で構いませんので、去勢手術の料金、避妊手術の料金、ワクチン接種の料金、簡単な健康診断時の血液検査の料金などです。
この辺の金額は、一般的に病院で決まっているはずですので、その金額を参考して、ここは高すぎる・・・という病院は避けた方が良いかと思います。

商品を売っている場所ではありませんので、安かろう、悪かろう、ということにはなりません。
動物診療は保険が利かないので、飼い主に大きな負担がかかるということは、病院側が1番よくわかっているのです。
そして、金額設定は自分達で決めるわけですから、多くの動物達の健康を守り、救っていきたいと思っている獣医師であれば、高額料金に設定するとは、私には思えないからです。

安い=良い、というわけでも、もちろんありませんが、通院するにあたって、料金はとても大切な問題です。

また、あれこれ金銭的な質問に、全く嫌がらずに丁寧に答えてくれる病院を選んで下さい。

私の通っている病院ですが、検査する時には金額を始めに言ってくれます。
何度も通っているので、必ずってわけではありませんが、初めて行う検査の場合は、「いくらかかりますけど、よろしいですか?」と、聞いてくれます。

動物病院は確かに高いです。
だからこそ納得のいく診察、料金、の病院を見つけることだと思います。

わんちゃんの足も、手術以外の方法がみつからないとも言えませんので、ぜひ他の病院を探してみてほしいと思います。

お大事に。
そして、良い病院と巡り合えますように。。。

高すぎます。
私もびっくしりました。

いきなり手術を薦めるあたり、お金の儲かる治療法ばかりを考えているタイプの病院ではないかと思います。

もちろん、すぐに手術しなければならない症例もありますが、人間でも手術する時には、検査をしてなぜ手術しなければいけないか、他の方法はないか、手術するとすればどういった手術をするか、動物病院の場合なら、いくらくらいかかるかも説明するのが普通だと思います。

診察はそんな感じでしょうが、検査料、内服薬に関しては、高すぎます。
第一、お薬が...続きを読む

Qホクロのような黒いデキモノ (トイ・プードル)

こんにちは。
1歳ちょっとのトイ・プードルと暮らしています。

最近、胸の辺りに小さいホクロみたいなものがくっついているのを発見しました。
ゴミが着いているのかと思ってこすっても取れないので、デキモノだと気づきました。
血豆のようにも見えます。

大きさは1ミリくらいで1箇所だけです。
犬にもホクロってできるのでしょうか?
それとも知らないうちでできた血豆なのかな…
病院に連れて行くべきでしょうか?

同じようなことがあった方がいらっしゃいましたら、ご意見下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
我が家は1歳ちょっとのチワワですが、1ヶ月ほど前に同じく黒くて小さなホクロ的なものができてビックリしました。
最初は2カ所で、毛の根元にポツっとできていてこすっても取れなかったのですが、しばらくすると少量の毛とともにぽろりと取れました。
獣医さんによると、湿疹が出来たあとのカサブタだとのこと。
この季節によくあるらしく、最初に発見してから2週間くらいでいろんなところにできてしまいましたが、かかりつけの動物病院で買った薬用シャンプーで洗ったところ今では綺麗になくなりました。

触って痛がらない、大きくならない、動かない、というようでしたらニキビか湿疹ではないでしょうか? よくよく点検すると、いくつか出てくるかもしれません。
もしご心配でしたら、まずお電話で病院に問い合わせてみられたらいかがでしょうか? 何事もなければ良いですね!

Q犬のシコリの細胞診

シコリが出来た場合、最初に注射器による細胞診をすると思いますが、
精度は低いと聞きました。
たとえば軟部組織腫瘍と結節性筋膜炎の区別を判定することは難しいのでしょうか?
病理専門医レベルと開業医レベルでも誤認率は変わるものですか?

Aベストアンサー

臨床医でも元病理学専門でやっていた人であれば、病院内での判断は可能です。実際に検査機関で働いていて、臨床医をしている獣医師はたくさんいるので、あなたのかかりつけの獣医師もそういう経験があるのではないでしょうか。

それでももちろん判断が難しい場合もありますし、検査機関に送ったとしてもそこで判断するのは機械ではなく生身の獣医師です。ですのでもちろん結果が違うこともあり得ます。
検体の採取の仕方によって、同じ腫瘍でも検査結果が違うということもあり得るのです。

あと、針生検と、手術によるバイオプシーは違います。
針生検はあくまで参考程度です。

そんなもんですか?と聞かれれば、そんなもんですとしかお答えしようがありません。
何でも完璧なんてありませんから。

Q犬の脂肪腫

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で取った時悪性だった!と言う事もあるので、検査だけでは100%ではないです。
まだ大きくないので、これから様子をみて、大きくなって支障が出るようなら切った方が」との事。
一応は安堵して自宅に帰ったものの、またネットなどで調べていたら「1cmの脂肪腫を切った」と言うワンコもいたりで、ますます心配に。

病院の先生を信じて、これからの様子を見た方がいいでしょうか?
手術となると、全身麻酔なので負担はかかると思います。
でも、小さいうちに切った方がいいのかも…と思ったり、心配しきりです(涙)
情報が多いのもかえって悩む所ですが(汗)こんな心配性の飼い主に、アドバイスを頂ければ嬉しいです。

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で...続きを読む

Aベストアンサー

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけでもなく、いつのまにか消えてしまったものもあります。
でも成長しだすと肥大化するのは早くて今年になって急に大きくなってきた箇所を先日、切除手術をしました。
全身麻酔なので確かにワンには負担がかかるでしょうが、手術自体は皮下を切開して切除するだけなので時間は2時間程度で終わります。
昼休みの前に病院に連れて行って、手術を受けたのですが夕方5時頃に様子を聞くために電話したところ「もう普通に歩いていますよ!」ということなので迎えに行きました。
10日くらいして抜糸が終われば治療は終わります。
脂肪種の手術は2回目なので慣れましたが、手術自体より術後のケアが大変なのです。
犬ですから患部を足で引っかいたり地面にこすり付けて細菌に感染したり糸が抜けたりする危険があるからです。
質問者さんの場合は場所が分からないのですが、エリザベスカラーを付ける必要がある場所であれば暑い時期は避けた方がいいです。
どうしてもカラーの中に熱がこもってしまって犬にとっては負担になります。
一度脂肪種ができる犬は、そういう性質がありますから手術で切除してもまた他の場所にできることがあります。
検査をして良性か悪性かの判別は大切ですが、手術は時期を考えた方がいいと思います。

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけで...続きを読む

Q闘病生活などで食欲のない老犬がこれだけは食べるというもの

闘病生活などで食欲のない老犬がこれだけは食べるというもの
教えてください。

うちは15歳の小型犬ですが肺水腫を患って4ヶ月

食いつきのいい缶詰もお肉もジャーキーも赤ちゃんの離乳食も
何にも食べなくなったとき唯一カロリーエースだけは飲んでくれました。

今もカロリーエースでなんとか繋いでますが
これがなかったらと思うとゾッとします・・・

それから最近グーテのささみふりかけに異常に反応して
むさぼるように食いつきます!

ささみの蒸したのはたべないのにちょっと意外です。

腎臓の活性炭を飲ませるときは噛み砕いた豚肉に隠して与えますが
それでも食べないときはささみふりかけをまぶすとぺろりと
食べてくれるので助かってます。

みなさんのわんちゃんはいかがですか?

Aベストアンサー

家の子は、癌の末期で何も食べなくなっていた時でも食べたのが
馬肉でした。馬肉の茹でたものよりも、新鮮な生肉だと更に喜んで食べてくれてましたよ。

後は、国産牛肉を生であげたら食べる子も居ました。

魚(確か鯖のみりん干しかな)を食べるって子も聞いたことが有ります。

固形がダメなら、ミルクでどうだ!!と思ってペット用のミルクを色々試したりもしましたよ。


後は、チーズケーキは大喜びでした。(お取り寄せのスイーツ・・・)


元気な子には、まず人間の食べ物はあげませんけど・・・病気で命に限りが近づいて来ている子には人間が食べるおかずなんかをおすそ分けしたりして少しでも食べてもらってます。
もちろん、玉葱やチョコレート等といった絶対に避けるべき食材の入ったものはあげませんが。。。


食べたくないと拒絶された時に少しでも、食べてくれると本当に嬉しいですよね。
逆に食べてくれないと、今すぐ点滴に連れて行こうかとか・・・心配でたまらないですしね。。。


わんちゃんが食べてくれる物が見つかると良いですね。

Q犬の口膣内の悪性黒色腫について

以前に、下の質問をさせていただきました。

「11歳のミニチュアダックスの口膣内に悪性黒色腫ができてしまいました。
手術をするなら大学を紹介すると言われたのですが金銭的な問題がありすぐには連れて行けません。
手術費など総額いくらほどかかるかわかる方いらっしゃったら教えていただきたいです。
また、手術をすることによるデメリットなどはありますか?」

回答をいただくことが出来、お金を貯めたのですが獣医さんに手術をしたいと言っても「やるならわかったとき」と言われてしまい、できなかったそうなんです(父が連れて行きました)
確かに、口の回りは酷いくらいに腫れていて取り除くとなれば大変だと思います。
でも肺にはまだ転移してないそうなんです。
それなのに、手術をしても助からないのですか?
大学の方でちゃんと調べたらもうすでに転移していたということもあり得ますが、
もし本当に転移していないのなら望みはあるんじゃないかと思うんです。
私は医療関係に詳しくないので単純な発想しか思い浮かびません。

父は「やるならわかったとき」という言葉であっさり引いてしまったので頼りになりません。
それでも父が飼っている犬なので勝手に病院に連れ回したりしたら怒られますし、話してみても全く取り合ってもらえません。
どうすればいいのでしょうか。
日に日に弱っていく姿を見てられません。
癌というのだから抗がん剤とかあるはずなのに、もらってくる薬は止血剤(腫れてるところから血が出るので)のみですし、もっとやれることあるんじゃないかって、そればかり考えています。

あとたくさん食べても太りません。
むしろ痩せていきます。
調べたら痴呆にも同じ症状が出るそうです。
でも全体的に痩せているというよりは、お腹だけが異常にへこんでいるんです。
これも癌の症状の一つなんでしょうか?
父は癌のせいだと思っていてちゃんと獣医さんに聞いてくれません。

さっきも書きましたが父の犬なので好き勝手できません。
獣医さんがもう遅いと言うのならそうなんでしょうし、できることは止血剤を飲ませるくらいなのかもしれません。
でもまだ納得しきれないんです。
何かわかることでも、アドバイスでも、いただけたら嬉しいです。
どのくらいの腫れなのかわかりやすいように写真もつけておくので、よろしくお願いします。

以前に、下の質問をさせていただきました。

「11歳のミニチュアダックスの口膣内に悪性黒色腫ができてしまいました。
手術をするなら大学を紹介すると言われたのですが金銭的な問題がありすぐには連れて行けません。
手術費など総額いくらほどかかるかわかる方いらっしゃったら教えていただきたいです。
また、手術をすることによるデメリットなどはありますか?」

回答をいただくことが出来、お金を貯めたのですが獣医さんに手術をしたいと言っても「やるならわかったとき」と言われてしまい、できなかったそう...続きを読む

Aベストアンサー

悪性黒色腫はとっても進行の早い癌でまた、予後がかなり良くないと言われています。
その為手術をするなら見つかったときと言うのは、
少しでも治るほうに向けるためだと思います。

ココで以前質問をされていたとのことなので、
かなり進行していると思います。
全体が黒くて画像ではっきりとはわからなかったのですが、
口の下部分のてかっている部分だとしたら、
手術で取りきれる保障はないくらいだと思います。
手術をするにしても詳しい検査をして、癌に侵されている部分よりも
広範囲にえぐるように取り除く必要があります。

11歳と高齢でもあるので手術をして完治の可能性がないから
このまま手術をせずQOLを重視に付き合っていくと決めたのではないでしょうか?
もちろん飼い主さんと獣医さんとの話し合いで決められます。

口の中に出来る癌なので肺への転移が早いと言われています。

まず一番大事なのは今後、どのように付き合っていくかです。
その為には必要な検査をしないと現状を把握できません。
その後、手術をして治る可能性はあるのか、手術は出来ないのか、
また手術をして少し進行を遅らせることが可能なのか、
などいろいろな選択肢が出てきます。

手術をして治る可能性がある場合、まず必要な検査をしてから手術します。
その後抗がん剤をしていきます。抗がん剤はその癌によって
獣医がスケジュールを決めていきます。
月に何回抗がん剤をし、それを何ヶ月置きにやるかなどです。

手術をしても治る可能性がないなら、今後のQOLを重視するので
痛みがあるのか、ご飯は食べられるのかなどワンコの状態によって
飼い主さんが全てお世話をしていきます。
獣医さんには痛み止めやワンコの負担を軽減できる薬だけを処方してもらいます。

そして一番問題なのは、金銭面です。
私も今年愛犬を癌で亡くしました。
手術が効果的ではない癌だったのでQOLを重視しました。
ですが、ものすごく費用はかかりました。約3ヶ月で50万は軽く超えてました。

ご存知の通りワンコの医療費は高いです。
抗がん剤は人間と同じで高いです。
なのでどこまでワンコの為にお金を出せるかも重要です。
中途半端に治療をするならQOLを重視したほうが私はいいと思います。

本当にどうにかしてあげたいとアナタが真剣に思うなら、
人任せにはせず自分でしっかり病気を把握することです。
父の犬だからどうにもできないならただ見守るだけです。
それでもどうにかしてあげたいならちゃんと説得して
自分で行動を起こすしかないと思いますよ。
そしてゆっくりしている時間は全然ありません。
明日にでも今すぐにでも行動を起こすべきなんです。

ちなみに癌は必要栄養素を吸収して大きく育っていくので
ワンコ自身に栄養が行かなくなるので痩せていきます。

これからもっと弱っていくと思います。
ご飯が食べれなくなったり、お水も飲めなくなったり、
動けなくなったり、ずっとつらそうだったり・・・・
そんな状態でもワンコは一生懸命なんです。
ワンコはそんな状態の自分に戸惑って不安でいっぱいなんです。
だからいつもより誰かにそばにいて欲しいって思います。
別に治療だけが全てではないと思います。
アナタのその愛情だけでもワンコには伝わるはずです。
なので毎日やさしく笑いかけて安心できるようにしてあげてください。
体をさわっても痛がらないようならいつものように
やさしく語りかけてやさしくなでてあげてくださいね。

悪性黒色腫はとっても進行の早い癌でまた、予後がかなり良くないと言われています。
その為手術をするなら見つかったときと言うのは、
少しでも治るほうに向けるためだと思います。

ココで以前質問をされていたとのことなので、
かなり進行していると思います。
全体が黒くて画像ではっきりとはわからなかったのですが、
口の下部分のてかっている部分だとしたら、
手術で取りきれる保障はないくらいだと思います。
手術をするにしても詳しい検査をして、癌に侵されている部分よりも
広範囲にえぐるように取り除...続きを読む


人気Q&Aランキング