10年ほど前に父が他界しました。
その際、数社の消費者金融から1800万ほどの借り入れをしていることがわかりました。借り入れ自体は前々から知っていましたのでかなりの年数に上ると思います。
それは父の退職金で一括返済しています。

もし過払い金返還請求が可能なら母の老後のためにも是非やりたいと思っているのですが、領収書がなく当人でもない人間が請求は可能なのでしょうか?
私は息子なので相続人になっています。

また「時効は取引終了時から」の判決が出て、10年以内が有効となりましたが10年まであと3ヶ月程度です。
その短い期間でも可能でしょうか?また過ぎた場合は時効となるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お父様が完済してしまった借金ですよね?



 利息制限法上は、出資法の制限を超えていなければ、任意に支払った利息は有効です。今、過払い請求をしている人達は、建前上は、あの利息の支払いは任意ではなかったと言う理由で請求しています。別に利息制限法の利率を超えていれば無条件に返してもらえる訳ではありません。簡単に言えば、亡くなったお父様が「難しい法律の理屈は知らん。だが俺は納得して契約して、それをちゃんと払ったんだ。今更ゴチャゴチャ言う気はない。」という意志であったなら、そもそもその利息の支払いは有効で、請求権はありません。

 支払った本人のお父様の利息支払いは任意ではなかったと言うことが証明できますか?そこに問題があると思います。弁護士に相談してください。
    • good
    • 0

相続をされたのであれば過払いが可能です。



問題は時効です。
時効はどのような事情でもあっても成立してしまうので
急がないといけないといけません。

時効を中断すれば手続きもゆっくりできますので
早めに弁護士さんに相談してください。

専門家に任せれば必要な書類や今後の手順等もすべて行ってくれますので安心です

    • good
    • 0

相続放棄はされてないようですので大丈夫そうですが、相続人が過払い金の請求をする場合遺産分割協議を行い誰が過払い金を承継したかを確定しなければいけません。


ですから、相続人が決まれば相続人でも請求は可能です。
ただし、過払い金があればの話です。元金は返ってきません。
証拠書類がちゃんとあれば言うことはないのですが、領収書などがなくても貸金業者には取引履歴の開示義務がありますので請求金額の計算ができます。

また請求権利が消滅する時効が10年ですのでまだ大丈夫です。
ただ10年以上経過しますとほとんどの場合が時効となってますのでできるだけ早く弁護士さんに相談されたほうがいいと思いますよ。

参考URL:http://www.bengo4.com/intro/intro001_21.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の10年国債金利、アメリカの10年国債金利は?

中国とアメリカの最新の10年国債を見れるサイトを探しています。また、できれば国債の金利推移グラフが掲載されていればうれしいです。ご存知の方教えてください。10年国債で株価が割高か割安かを判断する材料になると本で読んだもので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカはこのサイトのチャートが使いやすいかも。
中国は見当たらないですね。

参考URL:http://www.geocities.jp/netarou10/

Q消費者金融への過払い金返還請求について

以前、消費者金融7社から借入がありました。が、自分ではどうにもこうにもいかなくなり、家族からの援助で平成12年6月に各社へ一括返済し完済しました。
取引履歴を請求してみようかと思っていますが、この場合過払い金返還請求の対象になるのでしょうか。(時効絡みや一括返済の絡み?)

・取引期間:5~7年
・利率:?
・借入額:1社15万~50万
※当時の資料も全くなく、殆ど覚えていません。

お詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんわ~ オヒサでログしたら・・
推測より、実行。
内容証明書(取引履歴と契約時に関する『全ての契約書』)→郵送なら一ヶ月後にご自身に到着(取りに来て下さい。その方が早いです。本人確認所持で『業者の回答ね』)→エクセルで計算。
>取引期間:5~7年
確実に過払い金発生とみてよし。全てを完遂しているなら手元に戻ってくるだけ。本人訴訟で印紙代金、予納金(切手)費用でも損などなし。行動して一切の損はなし。
残高があるなら、0和解、民事調停で放り込む。または債務不存在の確認の裁判。
>利率:?
○富士は、記載なし。旧レ○ク利率記載あり。(殆どが、29.2%)
取引履歴の最初の、融資金額をみて利息充当を見れば簡単に明らか。
業者の利率の癖、○富士は大きな貸出し(融資金額増額50万とか)のその時の月だけ、利率を18%の時もあった。(キャンペーンか何かの宣伝文句の売りかな?)
旧レ○ク、ずっと、29.2。相手次第で(客の甘さ)24%~21%あり。
>借入額:1社15万~50万
完遂してるなら行動あるのみ。むしろ融資枠よりも、何社から借りている貸金業者のグレードが問題。大手なら問題なし。3流相手に判決とっても意味なし。(3流なら取引履歴も無視するしょ)
>当時の資料も全くなく、殆ど覚えていません。
それで当然、消費者に対して証拠疎明を提出するのが貸金業法の定め。
10年以上前でも、全て履歴は出ます。消滅時効が完遂した日までに収まってっりゃいいだけ。
※継続期間と見なすか?
NO4さんに同意。
補足:途中で終わってまた借りる。よく見て下さいね今度取り寄せる、取引履歴を。
お客様番号を変えてるだけ。2年更新も切り替えも業者の布石。
結果を求めるに、変に知識を入れないこと。そぅ、全額計算して訴状提出。権利を求めるのに下げることなしです。
判決に至ること、まずなし。『必ず和解』←(8打数8安打、この意味解りますよねw)
和解金のメド:90%なら圧勝。女性でも、この前、80%和解バンザ~イ。
140万→110万、継続期間、18年。(○富士)全て継続と見直されていた(途中キレ無しね)
以下続く・・・

こんばんわ~ オヒサでログしたら・・
推測より、実行。
内容証明書(取引履歴と契約時に関する『全ての契約書』)→郵送なら一ヶ月後にご自身に到着(取りに来て下さい。その方が早いです。本人確認所持で『業者の回答ね』)→エクセルで計算。
>取引期間:5~7年
確実に過払い金発生とみてよし。全てを完遂しているなら手元に戻ってくるだけ。本人訴訟で印紙代金、予納金(切手)費用でも損などなし。行動して一切の損はなし。
残高があるなら、0和解、民事調停で放り込む。または債務不存在の確認の裁...続きを読む

Q長期金利と10年国債の利回りとの関係について

 よろしくお願いします。
長期金利が10年国債の利回りを決定づけるのでしょうか?それとも10年国債の利回りが長期金利を決定づけるのでしょうか?
 それと日本経済新聞1面に長期金利(10年国債利回り)と出ていますが、これは長期金利が毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?それとも10年国債利回りが毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?頭がこんがらがってます。
 何卒、ご教示の程お願いいたします。

Aベストアンサー

個人向けでない10年国債は、入札制です。
国が発行総額と利率を提示し、銀行とかが応札します。
人気があれば、買い入れ単価が100円を上回り、たとえば103円
上回った3円分、利息を食いますので、利率が下がる。
満期の時は100円でしか返ってきませんからね。

逆に誰も見向きもせねば、単価は97円といいったふうに下がり、
下がった分、国は、償還の時3円つけて100円で償還しますから
その分利率は上がります。

このように、長期利率にあわせて国は利率を設定し、
それにあわせて応札者は、入札し、その結果が
市場の長期利率を形成していくわけです。
もちつもたれつです。

新規発売に限らず、既発債もまた同様です。
ただ売り手は国ではなく、保有者の違いだけです。

日経にのっている指標は、長期利率の動向を代表的な10年国債で
あらわすことで把握します。
もちろん、長期金融商品はほかにもまだまだありますが、
市場の風向きを読むのには、流通量、取引量の多い国債が
選ばれているわけです。

Q返済済みの消費者金融に過払い請求出来るのか?

実は私の兄が、消費者金融に手を出していたようで、去年両親が立て替えて全て返済したと聞いていました。
だけど、本当は両親が労金でお金を借りて返済に回したようで、実際今もまだ労金に300万程返済してるみたいです。

消費者金融にかなり長い間利用していたようで、利息だけを払う為に借金が膨らんで行ったと聞いてます。

そこで私が教えてほしい事は
返済が終わった消費者金融に過払い請求できるのか?と言う事です。

どなたか詳しいかた、情報を下さい。お願いします。

Aベストアンサー

もちろん、出来ますよ。

まずは、弁護士による過払い請求をしたほうが良いでしょう。
自分の場合は弁護士の知り合いがいたので、弁護士による調査、相談費
というのがかかりませんでしたけど、
実際は、弁護士に相談して、帰ってくる金額を計算してみてはどうでしょうか。
帰ってくる金額-(弁護料+相談費+手数料)がプラスになるのであればやるべきでしょうね。
弁護士によっては、帰ってきた金額の何%かを報酬としてもらう場合もあるのでまずは、自分にあった弁護士を探してみてはいかがですか??

Q10年もの国債の金利について

平成23年に購入した、10年ものの国債を持っています。
証券会社の営業さんから、国債金利は0.3%程度まで安くなっているから、社債などに切り替えるか、国債のキャンペーン時に買替を持ちかけられています。
現在のものを、通帳(郵便局で購入したので郵便局の国債の通帳←国債の税制変更で特定口座への切り替え・統合案内あり)で観たり、ネットで調べると、金利は1.3%となっています。
また、ネットのサイトによっては、10年ものは変動金利のものしか表示されなかったりします。(例=中途換金シュミレーション http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/simu/top.htm)
とりとめのなくだらだら書いてしまい恐縮ですが、以下について教えていただけます様、お願いします。

1.10年ものの国債でも、固定金利のものはあるということでよいのでしょうか。
  (具体的には、利付国債(10年)313回 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/shinmadohan/issue/ten/h23/March.html)
  参考;過去の金利情報(昭和49年(1974年)~)
  http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/interest_rate/
  
  「変動10年」と「新窓販国債10年」で、後者が固定金利との理解でいいでしょうか。

2.10年ものの固定金利のものでも、中途換金は出来るのでしょうか?

平成23年に購入した、10年ものの国債を持っています。
証券会社の営業さんから、国債金利は0.3%程度まで安くなっているから、社債などに切り替えるか、国債のキャンペーン時に買替を持ちかけられています。
現在のものを、通帳(郵便局で購入したので郵便局の国債の通帳←国債の税制変更で特定口座への切り替え・統合案内あり)で観たり、ネットで調べると、金利は1.3%となっています。
また、ネットのサイトによっては、10年ものは変動金利のものしか表示されなかったりします。(例=中途換金シュミレーション...続きを読む

Aベストアンサー

1.「変動10年」と「新窓販国債10年」で、後者が固定金利との理解でいいでしょうか。→そうです。
2.できます。個人向け国債の場合は、途中売却は直近2回分の金利が差し引かれますが、通常の10年固定の国債はそういうことはありません。
私は個人向け国債変動10年が1年以上経過したら売却し、その代金で再度同じものを買うようにしています。というのは、書かれている「キャンペーン時」というのに該当するかと思いますが、証券会社からのキャンペーンとして得られる現金の方が、通常の10年変動の金利よりも多いからです。これは、キャンペーンの条件に適用になるように工夫はいりますが、実質ノーリスクで年間0.5%程度にはなりますね。但し、証券会社の個人向け国債購入キャンペーンがいつまでどういう形で継続するかはわかりませんが。

Q過払い金返還請求

司法書士に依頼しました。「基本は八割和解です。」って言われました。金額は大手三社で30万です。裁判する時間もないし、こんなものなんですか?

Aベストアンサー

こんなもんです。
馬鹿らしいでしょう。
だから自分でやるんです。

Q「10年利付き国債利回り」と「長期金利」について

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」と6/25の「利回り」が違うと言われれば、国債の債券価格が日々変化するからという理由で理解できます。しかし、なぜ「金利」が違うと言えるのか理解できません。その理由は、いずれの日の国債も260回債であるのでクーポンレートは同じはずであり、よって「金利」が上がったとは言えないと思うからです。
なぜ世間では「金利」が上がったとか下がったなど表現されるのでしょうか?「利回り」は変わっていても「金利」は変わってないと思うのですが。
自分で自分の考えのどこがおかしいのか分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃる通り新聞などに言う「金利」は10年国債の「利回り」をさしているのが正解でその意味でご指摘は正しいと思います。おそらく市場報道の立場から言うと

発行済みの国債の利回りが上昇した(価格が下落した)=市場の長期金利が上昇している(この時点で新規に発行するとすれば「金利」が高く表示される)

ということをすっ飛ばして表現して長期資金の調達環境を説明しているだけでしょう。その意味で特定の10年国債の利回りを説明しているつもりではないのだと思います。

10年国債は豊富な発行量や流動性から長期金利の指標としてふさわしいため期間の長い資金需給の動向をつかむための代表として取り上げられているのです。長期債券の期間を海外と比較する場合も10年が使われているので「長期」代表のふさわしい期間といえます。それより期間の長い20年、30年などの国債は市場性が相対的に劣ることなどから指標として歴史ある10年債が使われているのでしょう。

Q消費者金融の過払い請求

消費者金融の過払い請求を考えていますが、ウェブでいろいろ検索をして調べていましたら、完済分だけでなく借入途中でも過払い金が残金を超えていたら、完済になり任意整理の扱いにならないというものでした。
以前、調べたときは借入中の過払請求をすると、残金が¥0になっても個人情報に載ることになってしまうというものでした。
知人の弁護士に聞いても同じ事を話していました。どちらが正しいのかお分かりになる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

残債がある状態で過払い金返還請求をした場合は、「契約見直し」という情報が信用情報に記載されます。少し前までは「債務整理」という記載になっていました。しかし、過払いが発生しているという事は法的債務はすでに無いのすから、実際には「債務整理」をしたわけではないので、「契約見直し」という記述に2年ほど前に変更されています。「契約見直し」は事故情報ではありませんので、サラ金が加盟する全情連以外の信用情報機関からは見えません。信用情報に影響があるとすれば、またサラ金からお金を借りる場合だけではないでしょうか。

そもそも、過払いが発生しているという事は債務は0を通り越してマイナスになっていて、逆に消費者金融側にお金を貸し付けている状態です。ですから、貸し付けているお金を利息を付けて返還してもらうことが、法律的にも認められているわけです。
消費者金融側の違法金利での約定残は法的には全く意味のない数字です。法定金利で引き直して過払いが発生しているのなら、約定残の有る無しは関係ありません。どちらも法的債務は消えているのですから、完済している人は残債がある人よりも過払いが多いというだけです。

残債がある状態で過払い金返還請求をした場合は、「契約見直し」という情報が信用情報に記載されます。少し前までは「債務整理」という記載になっていました。しかし、過払いが発生しているという事は法的債務はすでに無いのすから、実際には「債務整理」をしたわけではないので、「契約見直し」という記述に2年ほど前に変更されています。「契約見直し」は事故情報ではありませんので、サラ金が加盟する全情連以外の信用情報機関からは見えません。信用情報に影響があるとすれば、またサラ金からお金を借りる場合...続きを読む

Q個人向け国債(変動10年)の次回変動金利はいつ決定しますか?

今年の9月に個人向け国債(変動10年)を購入しました。

個人向け国債(変動10年)の次回金利は具体的にいつ発表されますか?

金利は変動制で年2回(半年毎)に変わる事だけは知ってるのですが・・・

Aベストアンサー

補足です。

第20回債の次回金利発表はH20.3月予定としか今はわかりません。

下記、HPでいづれ発表されます。

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/kojinmuke/index.html

Q消費者金融への過払い請求について

以前、消費者金融でお金を借りたことがあり、
先日、完済し解約しました。
過払いがないか計算したところ、
4万ほど過払いがありました。
弁護士を通せばすぐに過払い金返還に応じてくれますか?
それともなかなか返してくれないものなのでしょうか?
金融会社はプ○ミスです。

Aベストアンサー

こんなところで聞くよりも、
その知り合いの弁護士さんに聞いたほうが、
よっぽど確実な回答が得られると思いますが・・・

その弁護士さんが、
どの程度の過払い返還の対応をしているかにもよるでしょうし・・・
(どの程度ノウハウを持っているか、経験があるか)


人気Q&Aランキング