経営分析をする上で、自己資本比率が高すぎても良くないと聞いたのですが、本当
ですか?本当ならば、どのような理由で良くないのか、具体的に教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

確かに、自己資本比率の高いことは、安定性があり良いことなのですが、高すぎるのは、ちょっと・・・。



なぜならば、企業の発展性という観点から見ると、その信用力を利用して、対外的な信用力をもとに発展するチャンスを逃しているという見方もできる訳です。

最近は、かなり定着してきているのですが、株式会社ならば株主にとってどれだけ期待に答えているかが企業経営者の課題になっています。
折角、利用できる信用力を使わずにビジネスチャンスを逃していることが本当に株主の為なのかというとそうではありません。

しかし、バブル当時のように、信用力をもとに本業以外のものに手をつけてというのはダメなんですけど!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。
会社のパソコンでしかアドレスがないので、返事が遅れました。すみません。

お礼日時:2001/03/05 09:11

金融機関の自己資本比率でしたら「自己資本比率が高すぎても良くない」場合もあります。

具体的には、自己資本比率が高いことが悪いのではなく、貸出等リスクの高い資産に比べ現金、預金、国債等リスクの低い資産が多いと自己資本比率が高くなるからです。
 金融機関の自己資本比率は、融資などの資産ごとに、貸し倒れリスクの多寡に応じた比率をかけて再評価した資産(リスクアセット)で、自己資本を割って算出します。ですから、貸し渋りをして、国債等リスクアセットの低い運用をすれば、自己資本比率が上がります。健全経営である代わりに、収益性が悪くなります。
 「リスクアセット」「早期是正措置」「貸し渋り」などのキーワードで検索すると詳しい情報が得られると思います。

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/rcafe/today/9908/14.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。会社のパソコンにしかアドレスがないので、返事が遅く
なりました。

お礼日時:2001/03/05 09:34

直接的な回答ではなく、ご存知のこととはおもいますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「財務分析表の解説」

更に、蛇足ですが、
http://www.atsumi.or.jp/business/cash/cash_top.h …
(キャッシュフロー経営)

ご参考まで。

参考URL:http://www.atsumi.or.jp/business/keiei/bunseki.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/03/05 09:35

自己資本比率は、次の式で計算します。



自己資本比率= 自己資本(負債以外の資本)/総資本(自己資本+負債)

従って、自己資本比率が高いとは、借金の割合が少ないので、これは高い方が安全性が良いのですが・・・・。

高すぎても良くないとは聞いたことがありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。そうですよね~。私も聞いたことがなかったので・・・。会社の人が、本か何かで調べて言ってたんですよ・・・。もうしばらく回答を待ってみます。

お礼日時:2001/03/03 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己資本比率・流動比率を見て言える助言

財務分析の参考書に以下の財務状況を抱える企業の例が載っていました。皆様のお考えをお聞かせください。

●流動比率が前年比30ポイント増で180%になっている
●自己資本比率が前年比10ポイント減で30%になっている。

この企業にどのような助言ができるか?という設問です。

私なりの答えは、自己資本比率が30%落ちてきている点に着目して
「自己資本がほぼ一定であり、流動比率が上がっていることより
 流動負債が大幅に増加していないと仮定すると、固定負債の増加が
 懸念されるため、固定負債の圧縮を提案する。」としました。

皆様にお伺いしたいのは、以下の二点です。
1.固定負債の圧縮を外部から助言を受けたとして、そう簡単に
  減らせるものでしょうか?減らせるとしたらどのような手法が
  ありますか?
2.私の答えでおかしな点はありますでしょうか?もしくは別の
  アプローチがありますか?

お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤字を長期借入金でまかなったようです。
赤字の原因は過剰在庫の発生つまり売上が伸びていない。

Q自己資本比率と流動比率の算出方を知りたいのですが。

ある一般企業の自己資本と流動比率を算出したいのですが、必要なデータは何でしょうか?また、そのデータを用いて算出するのに計算式はありますか?わかる方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

1.自己資本比率
貸借対照表の貸し方は大きく分けて、他人資本(負債の部)と自己資本の部に分かれています。その自己資本の部が総資本に占める割合が自己資本比率です。
自己資本はおおむね資本金、法定準備金、任意積立金、当期未処分利益を加えたものを指します。
自己資本÷総資本×100(%)が自己資本比率です。
2.流動比率
流動資産÷流動負債×100(%)です。
現金と1年以内に現金化する資産が流動資産です。逆に1年以内に返済期限のある負債が流動負債です。特に考えなくてもバランスシートを見ればそのものずばりの名前で乗っていますので大丈夫です。

それぞれの指標の意義は
1は経営資本の内どれほどが自前で賄われているかという事です。高ければ高いほど借金の比率が少ないという事です。
2は近い将来払わなければならないお金を払う能力が十分あるかという事です。高ければ高いほどいいわけです。少なくとも100%はないと困りますが。

Q自己資本規制比率について

最近外国為替証拠金取引業者に対して、自己資本規制比率を120%以上にしなくてはならないと、聞きました。この自己資本規制比率の意味、計算方法、また自己資本比率とどう違うのでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うろ覚えで申し訳ないのですが、規制してる団体ですが「国際決済銀行(BIS」だったと思います。私が記憶しているところでは120%ではなく20%だと思います。要は総資産で総負債を割ったものが80%以下であることを求められていることだと思います(これの残りがが総資本になるわけですね)。これをBIS規制と呼びます。これ以上は覚えていないです。今はいろんな本が出回ってますのでご自分で確認されればなお良いと思います。

Q不良債権と自己資本比率

一般的に不良債権は総資産の何%あると危険な会社と見られますか?
仮に10%あればその分自己資本比率も下がるわけですし・・・。
それと、自己資本比率を出すときは、固定資産の償却累計額はどうするのですか?
直接控除方を使うか間接控除方を使うか良く分かりません。
そこら辺も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

減価償却累計額は、仕訳としては貸方科目ですが、貸借対照表の表示は、借方である固定資産の枠内でマイナスとして計算されるので、総資産額は直接法、間接法に関係なく一定です。

(企業会計原則注解17、財務諸表等規則第25、26条)

Q自己資本比率からみる今の会社の状況

質問させて頂きます。
ある会社(資本金1800万)と新規に取引を考えています。
そこで、帝国データーバンクで簡易の会社情報を購入したところ
そこの会社の19年12月期と20年12月期の情報が出てきました。
その内容は下記です。

19年12月期:売上681百万円・利益+ 350万円・自己資本15%
20年12月期:売上562百万円・利益-6,500万円・自己資本 2%

20年度の業績が悪いのが見て取れますが、上記の数字から具体的に推測される決算時の状況を、
お詳しい方に教えて頂こうかと思いご質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.bsplcf.com/01/15/031.html

挙げられた数字は決算時の売上高の減少と、赤字決算であること、
そして自己資本比率の低下です。
自己資本が減少したのは有利子負債が増加した結果です。
借金が増大し資本を食いつぶしています。
わずか2%ではとても心配です。
下記サイトを参照ください。


http://www.keiei.ne.jp/dir/itsnkeiei/column/10029111.html
○自己資本比率
自己資本÷総資本×100 
が1桁のパーセントの場合倒産予知確率は90%近くなります。

http://archive.mag2.com/0000290454/00000000000000000.html
自己資本比率がマイナス
なら債務超過であり、1ケタ台なら要注意です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報