はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

「1971年8月に米国が米ドルの金との交換性を停止したことによるブレトンウッズ体制の崩壊がある(ニクソン・ショック)」
これは wikipedia からです。米ドルと金との交換性を停止するということは、具体的には「ドルというお金で金(きん)を購入できない」ことを意味するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ちがいます。

市場価格で、いくらでも、金は購入できます、現在も(^_^.)

 それまで世界の通貨は金ドル本位制と呼ばれる体制がとられていたのです。
第二次大戦後アメリカは世界の経済を支配するようになり、通貨決済手段としての金塊は、アメリカのフォート・ノックス金保管所に集中してしまいました。
このためアメリカのドルはニクソンショックまで金1オンス35ドル、という制限された兌換制度を維持していたのですが、
他国はもはや兌換制度を維持できなくなっていました。かろうじてドルとの交換により自国通貨の価値を保証していたのです。
つまり対ドル兌換制度みたいなものです。各国通貨の信頼はアメリカのドルに対する信頼であって、ドルの信頼源は、アメリカが、いつでも1ドルを35分の1オンスの金と交換してくれるという、ドルと金との兌換による信頼が根底にあったわけです。この体制をブレトン=ウッズ体制といいます。
※現在では、金との兌換性という客観的裏づけを、失ってしまい、ドルの信用は
超大国アメリカの国力への信用に依拠しています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
たとえば 100円=1ドルだとします。実際に 3,500円を持っていたら1オンスの金と交換してくれたのでしょうか?別に市場価格があった、というのは2重価格でしょうか?
それとも政府間だけの取引にのみ、金1オンス35ドルというレートが適用されたのでしょうか?

お礼日時:2009/02/06 18:07

>実際に3,500円を持っていたら1オンスの金と


>交換してくれたのでしょうか?

大学の講義の時、ちょっと話が出たことがありますが、
いつでも即交換に応じていたわけではなかったらしいです。

>別に市場価格があった、というのは2重価格でしょうか?

二重価格があったと思いますが、実際どのくらい値段で
金が取引されていたか分かりません。

>それとも政府間だけの取引にのみ、金1オンス35ドルというレートが
>適用されたのでしょうか?

実際にどれくらい金に交換されていたのか分かりませんが、
国がアメリカに対し、交換を要求すると
外交問題に発展する恐れがあると思います。
    • good
    • 0

これ以前は35ドルを銀行に持って行くと、1トロイオンスの金と無条件に引き替えてくれました。


http://image.blog.livedoor.jp/dennismoore1988/im …
は古い日本のお札の写真ですが、肖像(和気清麻呂)の横に「此券引換に金貨拾圓相渡可申候」と書いてあります。
つまり、10円金貨=10円分の金塊といつでも交換しますよ、ということです。

 逆に金というものは基本的に市場のないモノだったわけです。
http://www.ginzatanaka.co.jp/coin/lesson/le02_03 …

要するに、これより以前は金というのは公定価格のみが存在していた訳です。以降は通常の品物と同様、需要と供給によって価格が決定する商品になりました。
    • good
    • 0

>具体的には「ドルというお金で金(きん)を購入できない」ことを意味するのでしょうか?



違います。

そんなことを言っていたら、主要先進国はどこも金本位制をとっていないので、金を購入できないことになります。

明治時代に政府の発行した紙幣には、兌換券と標記されていました。
これは、何円というお札を持っていけば、銀行で同額の金貨と交換してくれるということです。

もともと、金貨を発行していたのが、金を銀行に置き紙幣を発行するようになったという背景があります。

紙には信用が無いので、裏づけとして金を銀行が保有し交換することを保証していたわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
たとえば 100円=1ドルだとします。実際に 3,500円を持っていたら1オンスの金と交換してくれたのでしょうか?別に市場価格があった、というのは2重価格でしょうか?
それとも政府間だけの取引にのみ、金1オンス35ドルというレートが適用されたのでしょうか?

お礼日時:2009/02/06 18:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の固定相場制が崩壊した理由

なぜ固定相場制が崩壊したのか、大まかで良いので教えてください。
またなぜ固定相場制を最初に導入したのか?などもよろしくお願いします。

Aベストアンサー

従来の金本位制が世界大恐慌と世界大戦の原因となったという共通認識から、戦後の世界通貨体制を構築するに当たって、圧倒的な経済力を持つアメリカのドルを基軸通貨とすることを基本として、1944年に国際復興開発銀行(IBRD)と国際通貨基金(IMF)が設立され、自由貿易や資本移動の促進を目的に金1オンス=35ドルと定め、常にドルと金は交換可能とされた(ブレトン・ウッズ体制)。ここにドルを国際通貨(基軸)とするIMF体制が確立された。しかしドルの大量流失に伴い、1973年に先進各国は変動相場制へと移行した。
○崩壊の原因
アメリカの貿易赤字の拡大によりドルが大量に黒字国に流出し、公定価格での金との兌換が不可能になった。ニクソンは71年に金との兌換を停止しするとともに、固定相場での変動幅を拡大させついに固定相場を一方的に放棄した。これにより貿易黒字国の通貨である円、マルクなどに対して大幅なドル安を実現させた。
理論的には、アメリカについては、固定相場は国際通貨であるドルを垂れ流すことへの規律が存在せず、制度の崩壊は時間の問題であった。一方、固定相場は相場の調整が例外的に可能であったが、これが短期資金による投機によって相場の大幅変動を引き起こすとみられた。経済理論では変動相場によて、国内のインフレと景気に経済政策を専念できるとするM.フリードマンのマネタリストの発言が圧倒していた。これを信じて、後に世界経済は手痛いしっぺ返しを受けることになる。通貨の乱高下と世界的金融恐慌が再発したのである。

従来の金本位制が世界大恐慌と世界大戦の原因となったという共通認識から、戦後の世界通貨体制を構築するに当たって、圧倒的な経済力を持つアメリカのドルを基軸通貨とすることを基本として、1944年に国際復興開発銀行(IBRD)と国際通貨基金(IMF)が設立され、自由貿易や資本移動の促進を目的に金1オンス=35ドルと定め、常にドルと金は交換可能とされた(ブレトン・ウッズ体制)。ここにドルを国際通貨(基軸)とするIMF体制が確立された。しかしドルの大量流失に伴い、1973年に先進各国は変動相場制へと移行し...続きを読む


人気Q&Aランキング