『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

以下は、ある証券会社の外貨MMFにおける手数料の説明です。結局為替手数料以外に引かれるのは何なのか、管理報酬等の手数料が、結局自分の資産から引かれる額なのか、引かれるなら下記の場合何パーセントなのか教えてください。

■ファンドの費用
主な費用

・ 申込手数料(税込):0%
ただし、売買時にスプレッド(為替手数料)がかかります。

・ 解約手数料:0%
・ 信託財産留保額:ありません
・ 管理報酬等: 日々の純資産総額に対して年率0.91%(上限)を乗じた額
<内訳>
管理報酬:年率0.01%
投資顧問報酬:年率0.15%(上限)
代行協会員報酬:年率0.65%(上限)
保管受託報酬:年率0.04%
管理事務代行報酬:年率0.06%


その他の費用

・ ファンドの設立・開示に関する費用等(監査報酬、弁護士報酬、有価証券届出書・目論見書等の印刷費用を含みますが、これらに限られません。)をファンドより間接的にご負担いただいております。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限金額等を示すことができません。

・・・・・・

保有期間中の費用

投資信託という性質上、運用期間中は管理報酬などがかかります。これらは間接的な費用として、ファンドから支払われます。(お客さまが別途支払うことはありません。)

主な間接的費用 管理報酬 平均純資産総額に対して 年率0.01%
投資顧問報酬(上限) 日々の平均純資産総額総額に以下の料率を乗じた額
2億豪ドル以下の部分  年率 0.15%
2億豪ドル超 5億豪ドル以下の部分 年率 0.125%
5億豪ドル超 20億豪ドル以下の部分 年率 0.10%
20億豪ドル超の部分 年率 0.09%
代行協会員報酬
日々の平均純資産総額の年率0.65%を上限とする料率
保管受託報酬
日々の平均純資産総額の年率0.04%
事務代行報酬
日々の平均純資産総額の年率0.06%

・・・・・・・・とありました。

これは、要するに何パーセントが引かれるのでしょうか。0.91%上限だけが引かれる、とだけ考えていればいいのでしょうか。

例)上記の条件でオーストラリアドルMMFを買い付けた場合で、利回りが平均4パーセントの場合、為替手数料以外に引かれるのは、上限マイナス0.91%の管理報酬等料、ということでしょうか(結局利回りは2.09%になるということ?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> これは、要するに何パーセントが引かれるのでしょうか。

0.91%上限だけが引かれる、とだけ考えていればいいのでしょうか。

そのとおりです。

> 例)上記の条件でオーストラリアドルMMFを買い付けた場合で、利回りが平均4パーセントの場合、為替手数料以外に引かれるのは、上限マイナス0.91%の管理報酬等料、ということでしょうか(結局利回りは2.09%になるということ?)

違います。外貨MMFの利回りは、最初から管理報酬等が差し引かれた数字です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/11 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外貨MMFの信託報酬について

外貨MMFの信託報酬についての質問です。

楽天証券
ドル建てMMF  利回り0.007%
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/foreign_mmf/

交付目論見書の所に信託報酬0.85%以下と書いてあったのですが、
これは信託報酬が引かれて利回り0.007%なのでしょうか?または
利回りとは別に元本がら信託報酬引かれるよというこのなのでしょうか?

他の方の質問にも同じ物があったのですが、いろいろ調べたらよくわ
からなくなっていき不安になったのでどなたか教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1 です。

>現状の為替で考えた場合ドル建てと豪ドル建てでは長期運用を考えた場合どちらの方が低リスク高リターン…

為替や金利の予想ですね。このQ&Aサイトにも、株価や為替が今後どうなるか 質問される方がおられます。
よく知っている人なら、あるいはプロなら予想が当たる というのなら、投資信託は元本割れしません。でも現実は違うことから、プロでも当てるのは難しいのでしょう。
ましてや私は素人ですから、あまり信用しないで下さい。

実は、米ドル建て外貨MMFも豪ドル建て外貨MMFも保有しています。しかし米ドル建ては、ここ最近の円高・米ドル安で、悲惨なことに… さらに利回りも低いです。
おっしゃる通り、現在豪ドルは日本円に比べて金利が高いので、豪ドル建て外貨MMFは、今より少々円高・豪ドル安になっても元がとれるかな と思っています。ただ為替変動の大きな通貨ではあるようで、注意点ですかね。

書物について ですが、過去に読んだ本の中で、これは役立った は残念ながらありません。代わりにといってはなんですが、テレビ東京系で放送されている、「モーニングサテライト」は見ています。

ご質問にはありませんが、SBI証券の外貨MMFの課税についてです。
同じ商品が、窓口である証券会社によって課税の扱いが異なることはないので、為替差益は非課税のはずです。
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETfiR001Control&_PageID=WPLETfiR001Mlst10&_DataStoreID=DSWPLETfiR001Control&_ActionID=DefaultAID&getFlg=on

「外貨建MMFの売却益は原則非課税です。」が適用されるのではないでしょうか。
「分配金は、月末の分配金再投資を行なう際に一律20%の源泉徴収による分離課税が適用される利子所得です。」ですね。
「※当社「為替取引サービス」における為替差益は雑所得として総合課税の対象となり、確定申告が必要な場合があります。」でいう「為替取引サービス」が何を指すのか、サイトを見てもよくわからなかったのですが。

#1 です。

>現状の為替で考えた場合ドル建てと豪ドル建てでは長期運用を考えた場合どちらの方が低リスク高リターン…

為替や金利の予想ですね。このQ&Aサイトにも、株価や為替が今後どうなるか 質問される方がおられます。
よく知っている人なら、あるいはプロなら予想が当たる というのなら、投資信託は元本割れしません。でも現実は違うことから、プロでも当てるのは難しいのでしょう。
ましてや私は素人ですから、あまり信用しないで下さい。

実は、米ドル建て外貨MMFも豪ドル建て外貨MMFも保有して...続きを読む

Q外国株式で円貨決済と外貨決済では税金は違いますか?

外国株式で円貨決済と外貨決済では税金は違いますか?

SBI証券で米国株式市場で取引をしております。
実際にはETF(VT)を長期投資として購入しています。
昨年末、株式の税率が20%に上がる前に一度
全て売却して利益確定を致しました。

すぐにまたETFを買い直す予定でしたので、外貨決済を選びましたが、
円貨決済も選ぶことができました。
この外貨決済と円貨決済では、税金の額に差が出てくるのかどうかがわからず、質問です。

SBIに質問としたところ、
「円貨決済の場合は、決済時点で譲渡益と為替差益が同時に確定するので、併せて申告分離課税10%(今なら20%)になる。
外貨決済で有った場合、譲渡益のみが確定し、それについては分離課税。
為替差益については円貨に戻した時に発生するが、それについては所得税と併せて(雑所得?)総合課税になる」
といった返答でした。

これだと、円貨決済を選ぶか、外貨決済を選ぶかという違いだけで為替差益の部分については税額にかなり差が出てしまいますが、こういう解釈で間違いないのでしょうか?

もしそうであるなら、所得税の累進課税の方が税金は高くなってしまう人の場合、
円貨決済で利益確定した方が良かったのでしょうか?

外国株式で円貨決済と外貨決済では税金は違いますか?

SBI証券で米国株式市場で取引をしております。
実際にはETF(VT)を長期投資として購入しています。
昨年末、株式の税率が20%に上がる前に一度
全て売却して利益確定を致しました。

すぐにまたETFを買い直す予定でしたので、外貨決済を選びましたが、
円貨決済も選ぶことができました。
この外貨決済と円貨決済では、税金の額に差が出てくるのかどうかがわからず、質問です。

SBIに質問としたところ、
「円貨決済の場合は、決済時点で譲渡益と為替差益が...続きを読む

Aベストアンサー

補足について回答しますと
全ての外貨建取引で一旦円転したものとしてTTBで為替計算を行い、同時にTTSで外貨建商品(預金含む)を購入した扱いになります。
ですから1USD=80JPYで株式購入~1USD=100JPYで株式売却(TTM)~1USD=105JPYで預金円転としますと
TTMとTTBは1円、TTMとTTSも1円の差がありますから株式売却の「申告用為替」は99円を適用し101円で外貨購入、後に105円で外貨売却となり為替については分離/譲渡14円、総合/雑4円を計上します。(分離は売却した年に、総合は円転した年にそれぞれ計上します)。
尚外貨預金を年越ししてから株式投資した場合、株式購入時点で再び預金を円転したものとして差損益を計算(新年度の総合/雑)し、円から外国株を購入したものとしてTTSで為替計算します。

Q「権利落ち日=売り」で大丈夫ですか?

株の初心者です。
どの銘柄でも、概して、権利落ち日の後、数日の間(翌日だけの場合もあるかもですが)は必ず結構な値下がりをすると捉えて、権利落ち日に一旦売りに出すというパターンで行動して大丈夫でしょうか?
2月末権利確定の株(10万円未満)を保有しています。権利確定日が25日、権利落ち日が26日だと思います。中長期的には上がり続けている銘柄なので、売りに出すべきか検討しています。過去3年くらいのデータを見ると、やはり権利落ち日以降数日間下がっています。

Aベストアンサー

その銘柄を保有されている理由は何でしょうか。配当や優待を得たいと言うのであれば、権利落ち日に売却と言う事になりますが、得た配当以上に値下がりする可能性もあります。
すでに利益が出ているなら権利日を待たずに売却し、権利落ちで安くなったときに買い戻すのが賢明かと思います。
もしこの銘柄を長期保有したいのであれば、権利落ちしても手放さずに持ち続けてもいいのでは。
10万円未満と言うことですから、権利落ちしても値下がり幅はわずかだと思いますので。昨日権利落ちした「しまむら」や「セブン&アイ」などは、大きく値を上げています。日経平均があれだけ上昇すると、権利落ちも何も関係無く上がります。
手放したいなら権利落ち前に、長期保有なら権利は取らずに売却し、権利落ちで買い戻すか、売らずに持ち続けてはどうでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報