半径がaの球を書きます。中心は原点にとって下さい。そこから積分を使って球の表面積を出して下さい。途中過程を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

●一般に、回転体の表面積を求める問題と考えましょう。


滑らかな関数f(x)による
y=f(x) ≧ 0 (x∈[a,b])
のグラフをx軸のまわりに回転させて出来るものの側面の面積A。
このグラフy=f(x)の、xとx+dx (dxは微小量)の間の部分だけ考えますと、2点(x,f(x))と(x+dx,f(x+dx))を結ぶ線分で近似できます。即ち(x,f(x))と(x+dx,f(x)+f'(x) dx )を結ぶ線分です。ここにf'(x) はf(x)をxで微分したものです。この線分の長さをv(x)dxとすると、
v(x)dx=√{(dx)^2 + (f'(x) dx)^2} = dx√{1+ f'(x)^2} 。
さて、この線分をx軸のまわりで回転させて作った円環の面積をs(x)dxとすると、(高次の無限小を無視して)円周の長さは2πf(x)、円環の幅がv(x)dxだから、
s(x)dx = 2πf(x)v(x)dx
従って
s(x)=2πf(x)v(x)=2πf(x)√{1+ f'(x)^2}
となります。
これをx=aからx=bまで積分すれば回転体の側面の面積Aが得られる。
A = integral{x=a~b} s(x) dx

●では球面の場合。
f(x)=√(r^2-x^2) (r>0, x∈[-r,r])
の場合はどうかと言いますと、
f'(x)=df/dx=-x/√(r^2-x^2)=-x/f(x)
だから
s(x)=2πf(x)√{1+ f'(x)^2}=2πf(x)√{1+ (x^2)/(f(x)^2)}
 =2π√{(f(x)^2)+ x^2}=2π√{(r^2-x^2)+x^2}=2πr
面白いことに、s(x)はxに依らない定数になってしまいます。そして
A = integral{x=-r~r} s(x) dx
 = integral{x=-r~r}(2πr) dx
 = (2πr)(2r) = 4π(r^2)

●同じ事を極座標でやってみましょう。x=r sinθ, y=r cosθとします。
θからθ+dθまでの円弧の長さは(r dθ)。これをx軸のまわりで回転させて作った円環の半径はy=r cosθだから、この円環の面積をa(θ)dθとすると、幅(r dθ)×長さ(2πy)で表される。つまり
a(θ)dθ=2π(r cosθ)(r dθ)=2π(r^2) cosθ dθ
従って表面積Aは
A = integral{θ=-π/2~π/2} a(θ)dθ
 = 2π(r^2) integral{θ=-π/2~π/2} cosθdθ
 = 2π(r^2) [sin(π/2)-sin(-π/2)]
 = 2π(r^2) [1-(-1)]=4π(r^2)

これならどうでしょう。

この回答への補足

>滑らかな関数f(x)による
y=f(x) ≧ 0 (x∈[a,b])
のグラフをx軸のまわりに回転させて出来るものの側面の面積A。
このグラフy=f(x)の、xとx+dx (dxは微小量)の間の部分だけ考えますと、2点
(x,f(x))と(x+dx,f(x+dx))を結ぶ線分で近似できます。即ち(x,f(x))と
(x+dx,f (x)+f'(x) dx )を結ぶ線分です。ここにf'(x) はf(x)をxで微分した
ものです。この線分の長さをv(x)dxとすると、
v(x)dx=√{(dx)^2 + (f'(x) dx)^2} = dx√{1+ f'(x)^2} 。
とありますが、2点で近似できるとは側面積の事ですか?それから、お手数ですが「即ち~」からどうしてそう言えるのか教えて下さい。

補足日時:2001/03/04 13:20
    • good
    • 2

f(x+dx)をf(x)+f'(x)dxで近似してよいのは、これは微分学の根本原理です。


もともとの微分係数の定義に戻ってみてください。
f(t)は滑らかな関数だとして、
f(t)のt=xにおける微分係数f'(x)は
 f'(x)=lim(Δx→0)[{f(x+Δx)-f(x)}/Δx]   (1)
で定義されますよね。
以下ちょっとインチキくさい説明で失敬。(専門の方、誤りがあったら遠慮なくご指摘下さい)。
Δxは0に限り無く近いが0ではないので、(1)を変形して
 Δx f'(x)=f(x+Δx)-f(x)   (2)
が、Δx→0の極限で成り立ちます。
移項すれば
 f(x+Δx)=f(x)+Δx f'(x)   (3)
ですね。
積分の時の厚みdxは無限小ですから、(3)に従ってf(x+dx)をf(x)+f'(x)dxで近似できるわけです。

教養学部時代、解析学の教授が「微分とは1次近似の学問なり」との名台詞(?)で最後の授業を締めましたが、実に含蓄のある言葉だと今でも思っています。
    • good
    • 1

stomachmanさんの、一般の場合まで拡張しての補足で十分すぎるほどと思っていたのですが、これでも納得頂けないとなると大変ですね。



まずstomachmanさんがおっしゃっている「線分で近似」の意味ですが、これは「滑らかな関数f(x)を、区間xからx+dxについて線分で近似する」ということです。側面積そのものを近似するのではありません。
こやつを軸の周りに回転させたことで張られる面の面積を求めてみましょう、という論理展開なのですが理解されてますか?

何となればもう少し形状の単純な図形について考えてみましょう。
 線分 y/r+x/h=1 (ただし0<=x<=h r, hは正)   (1)
をx軸周りに1周した場合に作られる円錐面の面積を求めてみます。
答えから先に言えばπrh・(1+(r/h)^2)^(1/2)です。

区間x~x+dxにおいてこの関数を線分で近似すると(もとから線分ですから近似も何もないのですが)
 (x, r(1-(x/h)), (x+dx, r(1-((x+dx)/h))
の2点の間を結ぶ線分になります。その長さは2点間の距離の公式から直ちに
 ((dx)^2+((r/h)・dx)^2)   (2)
の平方根であることが分かります。当然
 dx(1+(r/h)^2)^(1/2)   (3)
になります。これが円環(私が「皮」と表現したもの)の幅になります。
周囲長は2πy(x)ですから
 2πy(x)=2πr(1-(x/h))   (4)
(3)と(4)を掛けて、0からhまでxで積分すれば
 πrh・(1+(r/h)^2)^(1/2)   (5)
になるはずです。
もしkeroroさんが最初に試された方法(円環の幅をdxと置く)なら最後の答えは単にπrhにしかならず、因子(1+(r/h)^2)^(1/2)だけ違ってきます。

円環の幅はxの増分dxに対して定数倍((1+(r/h)^2)^(1/2))だけ常に大きいことをご理解下さい。ここがポイントです。
今の場合は円環の幅とdxの比は一定でしたがxに依存して変化してもよいのです。
stomachmanさんはこれを一般化して、円環の幅は√{1+ f'(x)^2}倍になると説明されているわけです。

この回答への補足

私はstomachmanさんのここの部分が分からないのです。
>2点(x,f(x))と(x+dx,f(x+dx))を結ぶ線分で近似できます。即ち(x,f(x))と
(x+dx,f(x)+f'(x)dx )を結ぶ線分です。
f(x+dx)がf(x)+f'(x)dxになる所を説明して下さると幸いです。
それから、近似の事については分かりました。そこもひかかっていたもんで。

補足日時:2001/03/04 20:29
    • good
    • 0

以下の説明で、誤った計算で出てくる値を間違えていました。

訂正します。
(誤)aπ^2
(正)a^2・π^2
上はどうみてもディメンジョン合いませんよね、失礼しました。
    • good
    • 0

既にametsuchiさん、dragon-2さんが答えて下さっている通りなのですが・・・


円周を積分しても表面積にならない!? とすると以下に指摘する箇所を間違えている可能性が高いです。

3次元空間にその球を置きます。積分の方向はz軸に取ることにしましょう。
任意の平面z=tとz=t+dzでこの球の一部を薄く切り出します。(もちろん、-a<=t<=a)
切断面は当然円になりその周長は
 2π(a^2-t^2)^(1/2)   (1)
ですね。
微小な厚さdzを掛けこれを-aからaまで積分すれば球の表面積に、簡単じゃないか・・・おっと、ストップ!

ここが間違えやすいところです。
微小な厚さは確かにdzなんですが、寄せ集めなくてはいけないのは外皮の周囲長×皮の幅です。皮の周囲長は(1)でよいのですが皮の幅はdzではありません。
一定の厚さdzで切り出しても皮の幅はzの値に対し
 a・dz/((a^2-z^2)^(1/2))   (2)
と変化します。zがaに近付くほど、同じdzに対して皮の幅が太くなります。(図を描いてみて下さい)
正しくは(1)(2)の積を-aからaまで積分することになります。答えは当然4πa^2が得られます。

keroroさんのおっしゃる「円周を積分した値」というのはいくつでしょう?
もしaπ^2(真の値より少し小さい)なら、上述のように「皮の幅」を間違えています。

この回答への補足

(2)式の所をもう少し詳しく教えて下さい。
ちなみに円周を積分して求めると4π^2a^2となります。

補足日時:2001/03/03 22:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼というよりは訂正です。
私が補足の所で4π^2a^2と書きましたがπ^2a^2の誤りです。(多分)
(2)の所の説明を宜しくお願いします。

お礼日時:2001/03/03 22:38

 よく分からないのですが


半径aの球で中心が原点(0,0)とします。今、半径rの円周をx軸周りで考えます。(0≦r≦a) 
 中心角θ とするとr=asinθ
 この円周は 2πr=2πasinθ
 これを 0からaまで定積分した2倍が球の表面積になりますが。
 だから、θは0~πとなるのですが。

この回答への補足

えーっと、聞いた話によると円周を積分すると表面積になるというのは違うそうです。(計算してみましたが)
もし、4πa^2になるのでしたら途中過程を詳しくご説明いただけると有り難いです。

補足日時:2001/03/03 17:30
    • good
    • 0

既に本質的に同じ回答がでているので蛇足ですが...。



地球を考えてください。経線、緯線で切られていますね?これを想像してください。

□東西方向微小角dθあたりの東西方向長さ:a*cos(φ)*dθ
□南北方向微小角dφあたりの南北方向長さ:a*dφ

従ってこの面積 :a^2 * cos(φ) *dθ*dφ

これを東西方向と南北方向で2重積分すれば答えはでますね?あとはご自分で!
    • good
    • 0

同様の質問と回答がありました。

参考になりますか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=46155

この回答への補足

球の表面積は4πr^2ですよね。これを求める過程の方が欲しいのですが。
もちろん球の体積を微分するのは無しで。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/03/02 22:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半径1の2個の球が外接しているまわりに、半径rの球をくっつけていったら

半径1の球が2個外接している。

その2個の球の両方に外接する半径rの球がn個あり、数珠状になっている。つまり、それぞれの半径rの球は互いに外接し、また、中心は、ある円上になっている。

このとき、rはnを使ってどのように書けるのでしょうか?

別の言葉で言うと、半径1の2個の球が外接しているまわりに、半径rの球をくっつけていったら、ちょうどn個くっつけることができたとき、rとnの関係はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

[1] ANo.8では
「すると、半径rの球はどれも、その中心が、原点を中心とする半径tの円上に乗る。」
と書きましたが、ちょっと言葉が不足で、
「すると、半径rの球はどれも、その中心が、原点を中心としxy平面上にある半径tの円上に乗る」
とすべきでした。

[2] ではANo.8を具体的にやってみましょう。
 step1の作図から、原点Oと、半径1の球の中心Aと、半径rの球の中心Cを結ぶ三角形は∠AOCが直角で、辺の長さは辺OAが1、辺OCがt、辺ACが(1+r)ですから、ピタゴラスの定理で
(1+r)^2 = 1 + t^2 (^2は二乗という意味です。)
つまり
t^2 = (1+r)^2 - 1
です。

step2の作図では、正n角形の一辺の中点をMとし、Mに隣接する頂点をAとして、これらと原点Oから成る三角形OMAを考えます。すると、∠Mが直角で、辺MAがr、辺OAがt、そして∠MOAは(360°/(2n))ですから、サイン関数の定義を使って
r = t sin(180°/n)
と表せます。両辺を2乗しておきましょう。
r^2 = (t^2) (sin(180°/n))^2
です。

さて、(t^2)を消去するためにstep1の式をstep2の式に代入すると、
(r^2) =((1+r)^2 -1) (sin(180°/n))^2
整理し、rについて解くと、( 三角関数の公式 (cosθ)^2 = 1-(sinθ)^2 と tanθ = (sinθ)/(cosθ)を使って)
r = 2 (tan(180°/n))^2
というすっきりした関係式が得られ、これで(n>2であれば)どんなnについてもrが計算できます。例えば、ANo.9にある通り、
n=3の場合、tan(180°/3)=√3だから、r=6
n=4の場合、tan(180°/4)=1だから、r=2
n=6の場合、tan(180°/6)=1/√3だから、r=2/3。

[3] 逆に、r=1の時にnが幾らになるかを求める場合には、
1 = 2 (tan(180°/n))^2
これをnについて解けば
n=180°/Atan(1/√2)
で、デンタクを叩いてみると
n=5.104…
でした。

ANo.4の「お礼」では
> 平面上で、一つの半径1の円のまわりに、何個の半径1の円をくっつけることができるか、という問題と同値と思います。
> 答えは6個と思います。

> さきほどの6個よりも多くくっつけることができると思いますが、8個ではないような気もします。

と仰っていますが、ご質問の状況では数珠の円の半径tが小さくなるんですから、円上に並ぶ球の個数は6個より少なくなります。

> むしろ、整数個にはならないような気がします。

これはその通りでしたね。

[1] ANo.8では
「すると、半径rの球はどれも、その中心が、原点を中心とする半径tの円上に乗る。」
と書きましたが、ちょっと言葉が不足で、
「すると、半径rの球はどれも、その中心が、原点を中心としxy平面上にある半径tの円上に乗る」
とすべきでした。

[2] ではANo.8を具体的にやってみましょう。
 step1の作図から、原点Oと、半径1の球の中心Aと、半径rの球の中心Cを結ぶ三角形は∠AOCが直角で、辺の長さは辺OAが1、辺OCがt、辺ACが(1+r)ですから、ピタゴラスの定理で
(1+r)^2 = 1 + t^2 (^2は...続きを読む

Q平面π:の方程式を2x-y+z=3とし、原点中心で半径r1の球面をS1

平面π:の方程式を2x-y+z=3とし、原点中心で半径r1の球面をS1,点A(3,-2,2)中心で
半径r2の球面をS2とする

(1)S1とS2の方程式を求めよ

(2)r1,r2の値を変化させたときのS1とS2の交わりの様子を調べよ

(3)S1とπの交わりが円になるためのr1に関する条件を求めよ。さらに、
   そのときの円の半径をr1を用いて表せ

できれば途中の解説も書いていただけるとありがたいです。
回答よろしくおねがいします

Aベストアンサー

こんにちわ。

全般的に基本的な問題なのですが、どのあたりからわからないですか?
球と球、球と平面の位置関係を図に描いて考えてみてください。
(どのような「大小関係」のときに、交わったりするのか)

Q球の中心と半径の求め方

カテゴリーでは数学部門だと思うのですが…

現在、ある球体を測定してその物の球の中心と半径を求めようと思っています。

球体の表面をある機械で測定しています。それぞれの機械から計測された3次元の形状データとしては10000点ほど有ります。
そこで、4点をピックアップして球の公式に入れて求めると、全てがかなりばらつきのあるデータが出てきます。

これではどのあたりに球の中心があり半径がどうなのか分かりません。

できれば、統計的、数学的に中心と半径は信頼度が高く求める方法があれば教えて下さい。

ちなみに、4点からのデータから中心と半径を100回求め、平均してもばらつきがひどくてこの方法は使わないようにしています。

そこで、10点をピックアップして、最小二乗法から中心と半径を100回求め、平均する方法をしたりしました。
まだ、この方法が有用かなと思いましたが…
データのばらつきが少ないからいいのかなと思いました。

大変理解していただくには難しい内容かもしれません。随時、応えさせていただきますので、色々なご意見宜しくお願いいたします。

カテゴリーでは数学部門だと思うのですが…

現在、ある球体を測定してその物の球の中心と半径を求めようと思っています。

球体の表面をある機械で測定しています。それぞれの機械から計測された3次元の形状データとしては10000点ほど有ります。
そこで、4点をピックアップして球の公式に入れて求めると、全てがかなりばらつきのあるデータが出てきます。

これではどのあたりに球の中心があり半径がどうなのか分かりません。

できれば、統計的、数学的に中心と半径は信頼度が高く求める方法があ...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

本件は球の中心位置と半径を正確に求めるのが目的かと思っていましたが、機械の測定誤差を評価・検証する場合には別の考慮も必要になります。

一般に計測装置の誤差にはノンリニアリティー、スパン誤差、オフセット誤差、バラツキなどがありますが、バラツキ以外は装置によっては補正をかけることも可能です。

球を使った場合はノンリニアリティー以外の評価が可能で、半径の誤差がスパン誤差に、中心位置の誤差がオフセット誤差に、また #2手順(2)の rms がバラツキの標準偏差 σ に対応します。また半径の異なる複数の球を使えばノンリニアリティーの評価も可能になります。測定のバラツキが他の誤差評価に影響を与えないようにするには測定点数 n を大きく取る必要があります。n の目安は

rms/√n << 要求されるスパン誤差、オフセット誤差評価の標準偏差

で求められます。<< は3~10程度の比と考えてください。
 
>この教えていただいたニュートン法でのループを減らし、または誤差二乗和(二乗平均誤差)を利用すれば今回の私が求めたいと考えていることに近づけるのでしょうか?

n = 10000程度のデータでしたらパソコンでの計算ではループ回数=15で異常データ排除ループを入れてもおそらく数秒で終る程度ですからループ回数を減らす必要はなさそうですし、またバラツキが不明の場合は#2手順(2)の終了判定は使わないでループ回数を固定するほうがよいでしょう。装置の性格によっては異常データは排除しない方が良い場合もありますし、異常データを排除する場合は異常データを含めた rms も評価の対象にすべきです。

#2です。

本件は球の中心位置と半径を正確に求めるのが目的かと思っていましたが、機械の測定誤差を評価・検証する場合には別の考慮も必要になります。

一般に計測装置の誤差にはノンリニアリティー、スパン誤差、オフセット誤差、バラツキなどがありますが、バラツキ以外は装置によっては補正をかけることも可能です。

球を使った場合はノンリニアリティー以外の評価が可能で、半径の誤差がスパン誤差に、中心位置の誤差がオフセット誤差に、また #2手順(2)の rms がバラツキの標準偏差 σ に対応します...続きを読む

Q球面上の3点と半径から球の中心点を求める

球面上の3点P1(x1,y1,z1),P2(x2,y2,z2),P3(x3,y3,z3)と半径rが与えられたとき、球の中心点Pq(xp,yq,zq)を求める方法を教えて下さい。

球面上3点と半径rが条件として与えられた場合、球の中心点は2個ありそうな気もしますが(何らかの条件で...)、よく分かりません。

何方か、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中心Pq(xq,yq,zq)、半径rの球の方程式は
(x-xq)^2+(y-yq)^2+(z-zq)^2=r^2 …(A) となります。
球面が3点を通るから、(A)の式に代入すると
(x1-xq)^2+(y1-yq)^2+(z1-zq)^2=r^2 …(1)
(x2-xq)^2+(y2-yq)^2+(z2-zq)^2=r^2 …(2)
(x3-xq)^2+(y3-yq)^2+(z3-zq)^2=r^2 …(3)
となります。
(1)~(3)の式を変形すると、xq,yq,zqについての3元2次連立方程式となるので、xq,yq,zqが各々求められます。
なお、2次方程式の判別式が正の数になる場合は中心が2つとなり、0の場合は1つ(重解)、負の数の場合は存在しないことになります。

Q球と平面の交わりである円の中心と半径

球x^2+y^2+z^2=25と平面3x-4y+5z-30=0の交わりである円の中心と半径を求めよ。
という問題です。

円の中心の座標を(a,b.c)とすると、平面上にあるので3a-4b-5c=30
という条件式は求まったのですが、その他の条件式がさっぱりです。
平面をxについての式に変形して球に代入をしてみたりはしたのですが手詰まりしてしまいました。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>円の中心の座標を(a,b.c)とすると、平面上にあるので3a-4b-5c=30…(1)

「円の中心(a,b,c)と半径r」と「球の中心(0,0,0)と半径R=5」の間に3平方の定理が成り立つことから
 (a^2+b^2+c^2)+r^2=25…(2)

球の中心と円の中心の距離は球の中心から平面に降ろした垂線の長さに等しいことから
a^2+b^2+c^2=30^2/(9+16+25)=18…(2) なので
r^2=25-18=7
∴r=√7 …(3)
(a,b,c)を通る平面の法線は原点を通ることから
 x/3=y/(-4)=z/5(=tと置く)…(4)
この法線上に点(a,b,c)があることから
 a/3=-b/4=c/5=t…(5)
a=3t,b=-4t,c=t …(6)
(6)を(2)に代入
(9+16+25)t^2=18
∴t=3/5
(6)から
 ∴a=9/5,b=-12/5,c=3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報