【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

同僚のアメリカ人の娘さんと息子さんへ継続的に英語での療法をできる機関、もしくは団体、個人を東京都、神奈川県で探しています。ネットとかでも色々探したのですがやはり「英語」となるとなかなか見つかりません。また、アメリカ大使館にも問い合わせをしましたが、そのような情報は特に持っていませんでした。

詳細を下記に説明すると、
6歳女児、アスペルガー症候群と診断。及び手元の細かい作業が苦手
発達支援のための心理療法及び作業療法

4歳男児、ダウン症
言語聴覚サポート
*ちなみに両方のお子さんとも学校には通学せず、ホームスクーリングという形をとっています。(アメリカンスクール等には英語の言語聴覚士がいるという話もあるので選択士になるかとおもいますが受け入れ可能か別途確認が必要です)

神奈川県や東京都の子供の医療を専門にした病院に問い合わせをして、今後実際に訪問をしてみる予定ですが、訪問前の段階では医師は英語での治療はほぼ可能だが、継続の療法は療法士が行うので英語での対応は難しいという反応でした。

やはり英語で100%完璧にというと難しいと思うので、いくらかでも対応できるものであれば何でもいいので教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すでに問い合わせされてるかもしれませんが、念のため・・・。



横浜コミュニケーション障害研究会
http://my.reset.jp/~comcom/

日本言語聴覚士協会
http://www.jaslht.gr.jp/

対応可能なSTさんが見つかるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまってすいません。
情報のご提供どうもありがとうございました。
同僚のつてで対応可能なお医者さんが見つかったようで、今はそこに通っています。

お礼日時:2009/07/12 15:46

あまり参考にならないかもしれませんが、、



お父様の仕事で日本に越してこられた外国人のお嬢さん(小学生)
が療育センターで訓練(PT)をしているのを見ていたことがあります。
お母様は母国語とゆっくりした英語のみでしたが、
娘さんのほうはどんどん日本語を理解していくようになり、
療法士の先生の英語と日本語のまじった指導を受け
楽しそうに訓練していらっしゃいました。
子供さんには言葉の壁はあまり厚くないようでした。
外国へ研修、視察によく行っている療法士の先生もいらっしゃいますから
引っ越し先に近い都や区の福祉センターのような所に
問い合わせをなさってみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
区の福祉センターにも問い合わせしてみます。

お礼日時:2009/02/10 07:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q言語聴覚士の方に質問です

わたし(25歳、女)は今営業として働いています。3年働きそろそろ転職を考えているところです。

心理学部出身で、一般企業に就職するか専門学校に通うか悩んだ末、一旦社会に出て働く事を決めました。

やりがいのある仕事でかなり成長できたと思います。
しかしベンチャー企業のため、福利厚生は全く整っていません。
国家資格と専門の技術があったほうが今後結婚し子育てしていく上で、有利で、尚かつやりがいのある仕事ができるのではないかと思うのです。

だったら、迷っていた言語聴覚士として働くのはどうだろうかと思いつきました。


言語聴覚士として働くことのやりがいについてどんなことでもいいので、教えていただけたらと思います。
できたら働く時間なども一緒に教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

28才6年目STです。
現実を書かせていただきます。

大卒とのことで、最短で来春入学、2年の専門で28才で新人って感じですね。

いくつでの結婚を考えているのでしょうか?

リハビリの仕事は
(1)急性期
(2)回復期
(3)慢性期
に分かれざっくり言うと、仕事内容・勤務条件も3パターンに分かれます

(1)急性期:休めない。(市民病院などに入れれば一定の給与・休日は保障される)
激務、日曜休みなど一定の休みが多い
(2)回復期:ほとんどが365日リハビリをやるようになっており、シフト制
遅出・早出あり。有休はほぼ使えない。とても経験になる。給与は安い。
(初任給17万とかも普通にあり)
朝8時出勤、夜10時帰宅なんてざら。
休日は症例発表や学会準備などあり。
(3)慢性期:ゆったりペース、一定休日で比較的休みも取りやすい
仕事内容は・・・経験にはあまりならない場合が多く、
「資格をとってこんな仕事をするなんて」と思って辞める新人も多い(トイレ介助など)

☆普通、新卒は(2)に就職し、3~5年頑張って(3)に転職し結婚、出産という人が多いです。

あなたのライフプランがわかりませんが30位で結婚したいなら厳しいと思います。
なぜなら、結婚の臭いのする人は(2)では採用しないからです。
(1)は28才新卒をとらないでしょう。
そして、新卒から(3)にいくと次の転職はかなり狭き門。

私は今(3)に近い職場で働いていて求人をかけていますが
近い未来に出産の気配のありそうな人はお断りしました。
理由はSTは少数で女性職場だからです。
出産で一人欠員1年は大きな穴です。


資格・技術・どこでもやっていけるという点で選ぶなら看護師だと思いますよ。

28才6年目STです。
現実を書かせていただきます。

大卒とのことで、最短で来春入学、2年の専門で28才で新人って感じですね。

いくつでの結婚を考えているのでしょうか?

リハビリの仕事は
(1)急性期
(2)回復期
(3)慢性期
に分かれざっくり言うと、仕事内容・勤務条件も3パターンに分かれます

(1)急性期:休めない。(市民病院などに入れれば一定の給与・休日は保障される)
激務、日曜休みなど一定の休みが多い
(2)回復期:ほとんどが365日リハビリをやるようになっており、シフト制
遅出・早出あ...続きを読む


人気Q&Aランキング