車は1boxでもベンツ等の車でも全て12Vなのですか?
バッテリーの電圧はなぜ低く設定されているのでしょうか?
教えてください
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

面白そうなので参戦します。


なぜ12Vかというと、単にデファクト・スタンダード(事実上の標準)というくらいの意味しかありません。技術的には他の電圧でも問題ありませんが、いまさら一人だけが違うことをしたってオーディオやエアコンやコンピュータなどすべてを特注にしなければならず、デメリットが大きいからです。
また、12Vが「低い」と思われるのは家庭用と比べてですよね?

家庭用は確かに100Vで、自動車用と比べると高い電圧ですが、実はこれでも発電所から送られるまでの過程で何度も下げられています。というのも、電気を遠くへ送るためには長い電線が必要ですが、電線にも抵抗がありますので、あまり低い電圧で送るとロスが大きくなってしまうからです。(※電圧が高いほどロスが少ないのです)
従って、発電所から超高圧線を使って最高50万Vもの電圧で都市まで送電され、変電所を何度も経由して徐々に電圧を下げ、街中の電線で6,600V、その後電柱に付いているバケツのような変電器でやっと100Vまで下げて家庭に届くというのが真相です。下げるのが大変なんですね。
ちなみに家庭用電源は100Vでも世界的に見れば低いほうで、200V前後の国も多いです。

逆に自動車用の場合、発電機は車に積んでいますし、その発電機も電力会社の発電所と比べたらはるかに小さなものですから、元の電圧が低いです。配線の長さもせいぜい数mといったところですから、無理して電圧を上げる必要もありません。他の方の回答にもあるように、がんばって電圧を上げて12V、ディーゼル車などはさらにがんばって24V、というのが正解です。

参考URL:http://www.fepc.or.jp/learn/souden/keiro/index.h …
    • good
    • 9
この回答へのお礼

確かに発電機は車に積んでますね
家庭用と自動車用は種類が違うんですね
勉強になりました
ありがとうございました

お礼日時:2009/02/10 09:53

ベンツなら現行の乗用車は12V、ベンツでも大型トラックなら24V


これはどのメーカーでも同じです。

「バッテリーの電圧はなぜ低く設定されているのでしょうか?」
これが家庭用の100Vよりも低いなぁ と言う意味なら、低電圧だから安全という意味と歴史的に乗用車は12Vだったから としかいいようがありません。
カーオーディオなどの製品が12Vで作られていますから異電圧の車を作れば面倒なことになります。作ろうと思えば直流高電圧のものでも作れますがコストが上がるのでどこも作りません。
プリウスなどハイブリッドカーの駆動用バッテリーは270Vを超えます。

なお、車載用バッテリーは1セル1.5Vではなく2Vです
    • good
    • 3
この回答へのお礼

技術が進歩してもバッテリーの電圧は変わらないのですね
勉強になりました
回答ありがとうござました

お礼日時:2009/02/10 09:57

低く設定されているわけではありませんよ。


何に対して低いと思われているのでしょうか?

自動車に搭載されているバッテリーは、前の方が勘違いされていますが、2Vの蓄電池を6個直列につないで12Vをにしています。

低くしているのではなく6個も繋いで高くしているんです。
電圧が低いとセルモーターを回す力が弱い為です。

かといって無意味に高くした所で良い面はありません。
ディーゼルエンジンの車は前に書かれている人のとおり、エンジンを始動する為にまわす力として大きな力が要るために、12Vのバッテリーを2個直列に繋いで24Vにしています。
これは2Vの蓄電池が6個直列になっているものがすでにあるので、それを2個直列にすればよいから。と言う理由だと思います。
(中途半端に18Vや20Vのものを新たに作る方がコストが掛かりますから。)

低くしているのではなく、高くしているんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

10年ほど前と比べてですね
久しぶりに車を勉強しようと思い10年前の本を読みましたところ
12vと書かれていた為、技術は進歩しているし電気関係の色んな
オプションが追加されているのに対しバッテリーの電圧は昔と同じなの?という疑問が生じ質問させていただきました
勉強になりました
回答ありがとうございました

お礼日時:2009/02/10 09:47

ガソリンエンジンの普通乗用車のバッテリーの電圧は、12ボルトです。

しかし、一部の軽自動車、古いフォルクスワーゲンビートルには、6ボルトの車もあります。軍用のジープ、貨物トラックなどのヂーゼル車は24ボルトのバッテリーを乗せています。

バッテリーは、1.5ボルトの電池の直列に繋げて作られています。容量と大きさのバランスから、12ボルトが一番最適と考えられているのです。ヂーゼル車は、セルモーターの容量が大きくないとエンジンが回らないので、12ボルトバッテリーの倍の大きさのバッテリーを積んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

6vや24vもあるのですね
勉強になりました
回答ありがとうございました

お礼日時:2009/02/10 09:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧が14Vあれば充電している?

電圧計を付けて様子をみているのですが(バッテリー直ではない 配線先に取付け 電圧値はテスターと一致で確認済み)、昼間のアイドリングで14V程度。
走行時14.2-3Vになっています。

夜間 ライトを点けてのの走行でも14.1-2V程度で0.1V下がるかどうかくらいです。

充電電流を診ているわけではないですが、この状態だと夜間走行時も充電していると考えてよいのでしょうか?

それとも電圧はあるが、実際の電気(電流)はバッテリー側には流れていないかもしれないのでしょうか?(要は充電はしていない可能性がある、もしくは まず充電していない?)

バッテリーは100AHの普通のMFバッテリーです(比重などは診れません)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。お礼ありがとうございます。

>電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね?

 結構です。バッテリーに充分充電しています。


>オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか?

 ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。

 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが、オルターネーターには必ず 『レギュレーター(発電電圧を制御する装置)』 が内蔵又は付属 (10cm角くらいの黒色か黄色の部品) しています。これにより多数の使用機器に必要な電力を供給し、かつバッテリーにも充電させるために必要な電圧の14Vに自動的に調整しています。さらに電装品やバッテリーを過電圧から保護する働きもしています。

なお、バッテリーが極度に劣化すれば電圧が適正でも満足な充電はできませんがこれはバッテリーの問題です。また、渋滞などでのバッテリー上がりは使用機器の消費電力が大きいのにエンジンの回転数が低くいアイドリングが続いて発電機の発電電力が不足したためです。いかにレギュレーターとオルターネーターが頑張っても14Vは無理です (12Vほどにしか上がりません)。車の電気も『計画停電』や『節電』が必要です。

No2です。お礼ありがとうございます。

>電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね?

 結構です。バッテリーに充分充電しています。


>オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか?

 ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。

 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが...続きを読む

Qバッテリー上がり、12V⇔24V

 バッテリー上がりで救援車12V、故障車24Vとでの接続は可能なのでしょうか?
 逆の救援車24V、故障車12Vの場合ならば、救援車は12Vのバッテリーが2つなので、その1つと故障車を繋げば可能な気がしますが、どうなのでしょうか?

 なお、実際に行なうつもりはありません。 どうなるのか気になっただけの疑問です。

Aベストアンサー

<バッテリー上がりで救援車12V、故障車24Vとでの接続は可能なのでしょうか?
電圧不足で、セルが回らない可能性があります。
バッテリー上がりの状況次第では、補助的に回す事が出来ます。

<逆の救援車24V、故障車12Vの場合ならば、
危険です。
100V仕様のテレビに200Vの電圧で使用するのと同じです。
最悪の場合、過電圧で壊れます。

Q車って何で12Vなんですか?

車って何で12Vなんですか?

Aベストアンサー

バッテリーは、セルという単位で組み上がっています。
通常は、6個セル
鉛バッテリーは、セル1個で2.1vしか電圧を発生できません。

大昔はエンジンも小さかったし、大きな電圧も必要としなかったので、6vでもOKでした。

だんだん電圧が足りなくなってくると、今あるバッテリーを直列にして電圧を稼ぎます。
なので、6vを2個繋いで12v
これが標準になってくると、最初から1個で12v(正確には12.6v)のバッテリーが作られることになります。

現在の所、12vで事足りているので12vが標準となっています。

ただし、大きなトラックなどはエンジンも大きいので、セルモーターに使う電気もたくさん必要です。
流せる電流に限りが有るので、電圧を上げることになります。
12vを2個繋いで24v(25.2v)が、トラックの標準的な電圧となっています。
12個セル 24v単体のバッテリーは、無いか、有っても普通には流通していません。
12vのバッテリーを使った方が安いですから。

鉛バッテリーでは無いバッテリーが標準となれば、また違う電圧になるかも知れませんね。
30年か40年ぐらいかかると思いますけど。

バッテリーは、セルという単位で組み上がっています。
通常は、6個セル
鉛バッテリーは、セル1個で2.1vしか電圧を発生できません。

大昔はエンジンも小さかったし、大きな電圧も必要としなかったので、6vでもOKでした。

だんだん電圧が足りなくなってくると、今あるバッテリーを直列にして電圧を稼ぎます。
なので、6vを2個繋いで12v
これが標準になってくると、最初から1個で12v(正確には12.6v)のバッテリーが作られることになります。

現在の所、12vで事足りているので12vが...続きを読む

Qバッテリーの容量は高いほうがいいですか?

先日、バッテリーについて、電圧の低下でバッテリーが上がるということをお教え頂きました。

今回の疑問なのですが、バッテリーの容量です。
私の車(フィット)では34B17Lというサイズのバッテリーを搭載していますが、パワーアンプを乗せていて、もし買い換えるならばできるだけ大きい容量のものを、と思っています。そこで、34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

 それと同時に、車の発電量というのがありますが、バッテリーを大きくしすぎると、発電が間に合わない。。。などということがあるのでしょうか?


どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まっています。バッテリーの容量を増やしたからといって、車載機器に電流を供給できるわけでもありません。エンジン停止時やエンジンの回転が極めて遅くなった時(ダイナモの発電量が低下して供給電流が不足している状態)にバッテリーの電流が供給されるだけです。
パワーアンプを載せたからバッテリーの容量を増やしても役に立ちません。バッテリーの容量を増やしての効果は、エンジンの始動時や道路や踏み切り、交差点内でエンストした場合のセルモーターの回転持続時間や自力走行距離に長さ、および夜間エンジンをかけないで前照灯を点灯できる時間の長さを長く出来るだけです。

ですから、車載機器を沢山、載せたからと言ってバッテリーの容量を増やしても意味はありませんね。
その車のダイナモの発電能力(充電能力)やセルモーターの消費電流、停車中の電気の使用電流の予定などを目安にバッテリーの容量が決まってくるもので一定の範囲(上限と下限)に収まる範囲のものを使うことになります。

容量規格については、上記の理由で大幅な容量アップしても意味がありませんので、その車によって選択できる範囲での適合バッテリーから容量の大きめを選ぶしかないですね。(余り効果は期待できません。走行中のパワーアンプの電流はダイナモから供給される。バッテリーがなくなってきている場合、かえって容量の大きいバッテリーほどダイナモの負担になります。)

>34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

「容量(Ah)と始動性能(CCA)の関係から決められた総合性能を示します。数字が大きいほど性能が大きい事になります。よく誤解されると思いますが、単純に
33アンペアアワーや38アンペアアワー・・・という訳ではありません。」との説明があります。
理屈的には1アンペアアワー=2アンペア×0.5時間などとなるかも知れませんがバッテリーが消耗してきた段階では内部抵抗が増え12Vの電圧が出なくなってきますので電流が数値計算通り取り出せるか疑問ですね。ただしアンペアアワーが大きいほど電流はとりだせます。
バッテリーは、エンジン始動時のセルモーターの回転、エンスト時の車の移動、エンジンを切ってのランプやラジオへの電流供給などに使われ、消耗します。駐車場でエンジンを停止した状態での前照灯や補助ランプを付けっぱなしにした時もバッテリーの電流が使われます。

http://www.1techicon.com/battery.html

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まって...続きを読む

Qディーゼルカー(軽油仕様車は)24Vですか?

初歩的な事でスミマセン。  仕事でマツダのボンゴ(ディーゼル仕様)の運転をします。 行き先が不定期の為、カーナビが手放せません。  SONYのポータブルナビを使います。 コイツは充電も出来助かるのですが・・・ 出来ればシガライターから電源を供給して使いたいのです。 自家用車はガソリン車の12vですから、休日は良いのですが、 仕事で乗る事が多いボンゴは長距離&長時間でシバシバカーナビの充電地が終わってしまいます。 

そこで質問です。 ディーゼル車って24vですよね?(ディーゼル車=24Vと認識しているのだが) それとも12v。 24vだとすればカーナビはココからの給電はNGですよね。 また、24V→12Vの様な便利なグッズは売っていますか? 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ディーゼルだからといって24Vとは限りません。
24Vは大型トラックなどで、普通車やワンボックスはほとんどが12Vです。
ハイエースが12Vなのですからボンゴも12Vなはずです。確認してください。
バッテリーを見ればわかります。

Q12V車のセルモーターが回せなくなる電圧は?

お世話になります。

最近エンジンを止めた状態で電装品を使うのですが
セルモーターは何ボルトまで電圧があれば回せるのでしょうか?

今度電圧計を買う時の参考にさせてください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 自動車用バッテリーに限らず、電池の電圧は能力によって決まるのではなく、その原理によって大体決まっており、鉛蓄電池は2.2V~2.4Vです。12Vバッテリーはこれが6個、24Vバッテリーは12個、中で直列になっています。
 ということで、セルモーターを回せないぐらい能力低下しても通電していない時の電圧はほとんど低下しません。
 セルモーターは、他の電装品とは比べ物にならないほど電流が流れます。然るに問題となるのは前述のとおり、電圧よりも電流を流す能力、放電能力です。
 放電能力が低下した時は、バッテリーの内部抵抗が大きくなっており、通電したときの電圧低下が大きくなります。
 そのため、どうしても電圧を目安にする場合は通電した状態の電圧を目安にしなければならず、どの位通電して何ボルトまで落ちればセルモーターが回せなくなるかは車によって違います。
 バッテリーチェックなんかでは、ヘッドライト、ランプ類を点灯し、空調ファンを強めに回して10Vを下回ったら「バッテリー交換したら?」って言われますが、私はそれでも始動に問題はありませんでした。でも、少し頼りない感じになっていたのは事実です。

 自動車用バッテリーに限らず、電池の電圧は能力によって決まるのではなく、その原理によって大体決まっており、鉛蓄電池は2.2V~2.4Vです。12Vバッテリーはこれが6個、24Vバッテリーは12個、中で直列になっています。
 ということで、セルモーターを回せないぐらい能力低下しても通電していない時の電圧はほとんど低下しません。
 セルモーターは、他の電装品とは比べ物にならないほど電流が流れます。然るに問題となるのは前述のとおり、電圧よりも電流を流す能力、放電能力です。
 放電能...続きを読む

Q乗用車のバッテリーの電流は一般的に何アンペアですか?(一般があるなら)

乗用車のバッテリーの電流は一般的に何アンペアですか?(一般があるなら)

Aベストアンサー

鉛蓄電池の内部抵抗は非常に低いときいています、普通の走行でも数十アンペアは使用します、【以前Vベルトが切れてバッテリーだけで走ったとき、300wの行動電源(携帯発電機)で充電しながら走りましたが消費の方が多かったです】。
セルモーター回る瞬間は百アンペア以上流れます。
内部抵抗が低いと、ショートしても電極間の電圧が少ししか下がりませんので、電流は流れ放題。
マンガン乾電池の内部抵抗  新品0.1オーム~使用するに伴い数オームまで

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Qバイクのバッテリー上がり、車とケーブルでつなげる?

こんにちは。冬の間バイク(250cc)に乗らなかったため、バッテリーがあがってしまいました。
近くにバイク屋さんがないため、車とブースターケーブルでつないで動かせないかな?と思っていますが、可能でしょうか?

ちなみに、バッテリーは古くありません。あと、私はあまりバイクの構造などに詳しくありません。
アドバイスのほかに、わかりやすいURLとかあったら教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

一応可能ですが、注意点があります。
バイクのバッテリーには6Vと12Vがあり、車のバッテリーには12Vと24Vがあります。
同じボルト数のバッテリー同士なら問題ありませんが、車の方がボルト数が多い場合は出来ません。

ちなみに乗っているバイクはスクーターですか?マニュアル(MT)車ですか?
MT車なら押しがけの方が手っ取り早いですが、スクーターの場合は押しがけが出来ませんから、ブースターケーブルを使うしかありませんね。

詳しい手順は参照URLのページで確認して下さい。

そして、エンジンが掛かったらしばらく走り、その後バイク屋に持ち込むといいでしょう。

参考URL:http://car.mag2.com/hokenshitsu/071127.html

Qバッテリーの寿命の判定はどうするの

電圧を計測すると12.6Vで問題ないように見えても実際にエンジンをかけても
かからなっかたりしますよね,バッテリーの劣化はどのように見極めするのでしようか
経過年数がかれば寿命の判断材料にはなりえますが,ずーと保有していなければ無理
例えば比重計で測れば劣化しいて使えないバッテリーと判断できるのでしょうか

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。

それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。これらを目安にならないという方もいるようですが、おそらく正しく計測できないまたは、方法に誤りがあるのでしょう。液比重に関しては液量がアッパーレベルにあることが必須条件で、当然ながら充電を行ってから計測します。また、この際に液のにごり(極板上の活性物質の脱落による)や各セルごとの液量に大きな差があるものなどはこの時点で不良と判断します。各セルごとの液量に差がなければ規定値まで液(蒸留水)を補充し、規格どおりの方法で充電し計測することになりますが、液温にも注意する必要があります。当然ながら液温が高くなれば比重は低めの値を示しますので計算による補正が必要です。以下に計算式を示します。

基本的にバッテリーの比重の表記は20℃を基準としていますので、20℃に換算した値を出す必要があります。

T(20℃)=(比重計測値)+0.0007(計測温度-20)で計算できます。

このときに、各セルでバラつきがあったり、規定よりも20%以上外れる場合は不良と考えていいでしょう。

それから、質問者さんのように、単に無負荷での電圧を測ってもほとんど無意味です。バッテリー内部の電極上の活性物質はできるだけ広い面積で電解液と接するようにして、内部抵抗を出来るだけ小さくして十分な電力を供給できるような構造に設計されていますが、充電・放電を繰り返すうちに、この微細な構造が徐々に崩れていきます。そのため、実際に電解液と接触する面積が小さくなり、電池容量は徐々に小さくなっていくからです。この状態でも単に電圧を測ったのであれば、正常な値を島します。簡単な言い方をするともともとは単1電池の大きさの単一電池の容量の電池であったものが、使っているうちに、内部で実際に反応に関与する面積が減っていき、じつは単1電池の大きさの単3電池の容量しかなくなってしまうというようなことがおこるのです。この状態でも電流が小さな状態なら正常な電圧を示しますが、スターターモーターなどの大電流を必要とする危機を動かしたとたんに、容量不足で急激に電圧が落ちてしまい、スタートできないというような状況が起こるのです。

まぁ、電装整備工場や整備工場などに行けば、負荷電流をかけた状態で計測できる機器がありますので、そういったところで計測すれば正確なところがわかるでしょう。


おまけ、バッテリーの内部で実際に反応(バッテリーは化学反応で電力をためています)している物質は、鉛と二酸化鉛と希硫酸ですが、この鉛と二酸化鉛はちょっと見た目には判らないんですけど、かなり高度な技術で微細加工されています。二酸化鉛は粉末状ですが、出来るだけ広い面積で電解液と接するように非常に細かい粉末に加工された上で電極に脱落しないように塗布されていますし、鉛も海綿状鉛というもので、スポンジのように非常に微細な穴が多数開いた構造とすることで有効な面積を増やすようになっています。実際にバッテリーが放電する際には両方の電極で化学反応が起こり電解液中に溶け出して行きます。このときに電力を発生するのです。逆に充電するときは、溶け出していた物質をそれぞれの電極に戻す反応が起こるのですが、このときに溶け出して行った元の場所にきっちり戻るのではなく、それぞれの極板の適当な位置に戻ってしまうのです。そのため徐々に微細構造が崩れていき有効な面積が減ってしまうのです。また、放電させた状態で長時間置いてしまうと、反応によって生成された硫酸鉛の結晶が大きく成長してしまうので、充電しても元に戻りにくくなってしまいます。このときに出来る結晶の大きさも均一ではないため、ある部分は元に戻っても、ある部分はもどらにというようなことがおこります。こうなってしまうと、戻りにくい部分を戻すために大きな電流で充電すると、すでに戻っている部分に対しては過充電状態というような不都合が発生し、バッテリーを十分に充電することが出来なくなってしまうのです。電解液の比重を計ることはどの程度の部分で正常の反応が進んで、どの程度が異常な状態であるかをみる目安になる(反応に関与しない部分が出ると比重が元にもどらないので)のですが、これによる比重の変化は大きなものではないため(小数点下3桁必要)温度や、液量などを管理した上で行わないと意味がないのです。

いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。

それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。これ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報