出産前後の痔にはご注意!

つい最近、不幸がありました。

まだ、状況がはっきり掴めていませんが、
大体、以下の通りになっていると思います。

・母方の祖父母やその先祖達は浄土宗である。
・私自身は、孫一同の中では一番の年長者になる。
・叔父夫婦には子供が居ないし、今後出来るかは期待しないほうがいい。
・私自身は、特に何かの宗教を信仰してもいない。


以上の状況だと、いずれは私が母方の祖父母と
その先祖の墓を守らなければならないのでしょうか。

祖母は優しい方だったので、信仰が違う人でも構わなければ
親戚達にお願いしながら、できるだけ無縁仏にならないよう
墓を管理して供養してあげたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先祖思いのお優しいお人柄が思い浮かびます。


私も先祖を祀る立場にある直系の当主で、偶々カトリックですが、父方の先祖は臨済宗(禅宗)で祀っています。父は臨終の際カトリックの洗礼を受けましたので、家には先祖の仏壇と父のキリスト教式祭壇を両方置いています。幸いお墓は公営墓地内にあり、墓石の裏には、先祖の戒名・俗名と並んで、父の洗礼名と名前が刻まれています。

一方母方の家の当主には子供がなく、妻の実家にも跡継ぎがいないので、将来先祖の墓をどうするのか心配です。
現代は皆核家族で墓を持っているので、跡継ぎになる子供がいないと、どこの家も墓守がいなくなってしまいます。とても他人事とは思えません。

あなたの場合、母方のお墓を管理するかどうか、というお話ですが、お母様の家の姓を継ぐ方はもういられないのですか?
この場合、たとえ子や孫でも、その家の姓ではない場合、お墓の管理や先祖の法要などをする義務まではないと思いますが、やはり血縁者が生きている間はお墓の管理などをしてあげたいものですね。(あなたの子供の代にもなれば、もう直接知らないでしょうから強制はできないでしょうから、お寺に「永代供養」をお願いして、遺骨も合葬墓に移してもらうしかないと思いますが・・・。)

たとえその家の姓を継ぐものでなくても、その家の祭祀(さいし:法要や墓の管理、又その責任を負うこと)を承継することは可能だと思いますが、一度親戚一同で話し合われたら如何でしょうか?引き受けた以上は責任が伴いますから、一人で責任を負わず、皆の輪番制にするとか、係を決めるか、という感じで皆で分担するのも一案と考えます。

又、ご自身が無宗教であることを気にされているようですが、その祀っている宗教を信じられなくても、仏様(先祖)を祀るための方便だと思って割り切られてはいかがでしょうか?
私は逆に、自分の宗教のキリスト教であろうと、仏教や神道であろうとその背後にある「神」は一つであり、そうした「神」=「超自然的存在」を100%信じていますので、先祖の宗教がなんであろうと手を合わせることができます。
特定の宗教を信じなくても、「大いなる存在」に手を合わせ、(たとえ信じられなくても)敬意を払うという心をもつことは、人間としては必要と考えます。

この問題については私も過去に以下の質問や回答をしていますが、なかなかしっくりする回答が得られにくいようですね。是非、他の皆さんの回答を私も参考にさせて頂きたいと思います。

跡継ぎのいない墓の将来について(小生質問)http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4453853.html

キリスト教の皆さんは仏壇をどうしているのでしょうか?(小生質問)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4619869.html

キリスト教の皆さん、非キリスト者の先祖の供養はどうしていますか?(小生質問)http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4655314.html

夫婦で宗教が違う納骨について(小生回答:No.1,4)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4113893.html

この回答への補足

>先祖思いのお優しいお人柄が思い浮かびます。

はい、お祖母さんは誰にでも優しいお方でした。

>お母様の家の姓を継ぐ方はもういられないのですか?

今のところ、叔父夫婦が継いでいます。
このお二人の間には子供が居ないし、年齢・体力を考えても厳しいと思います。
叔母や私の母は、他の家に嫁いだので別の性を名乗っています。

なので、叔父の代でもう終わりだと思います。

>やはり血縁者が生きている間はお墓の管理などをしてあげたいものですね。

はい、私はできればそうしてあげたいです。でも他の人に強制はできません。



>「大いなる存在」

私も、これは多分あるんだろうなと思います。
それが、世の中の様々な宗教や宗派で、色々な名前を付けられて
呼ばれているのだと私は思いたいです。

宗教戦争は、とても愚かで哀しい行為だと思っています。


最後になりましたが、名乗っている姓とは別の家系の墓を守っています
って方がおられましたら、一言でもアドバイス頂ければ有り難いです。

補足日時:2009/02/13 00:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

だんだん考えが変わってきて
やっぱり、叔父に任せるのが一番だと思うようになりました。

でも、こういう考え方もあるのだということはとても参考になりました。
感謝しています。

お礼日時:2009/02/13 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教の皆さんは仏壇をどうしているのでしょうか?

カトリックの者ですが、先祖は禅宗で、私も仏教などにも関心があり、坐禅の経験もあり、仏壇も家に置いて、毎朝晩、拝んでいます。
ちょっと気になったのですが、他のキリスト教の皆様は、仏壇をどのように扱っておられるのでしょうか? 又、キリスト教以外の皆様から見て、キリスト教の人は、他宗教の祭祀品である仏壇をどのように扱ったらよいと思われるでしょうか?

Aベストアンサー

私はキリスト教以外の者ですが、仏壇はそのままでいいのではないでしょうか。
毎晩拝んでいてもいいと思います。
キリスト教では「神」と言う言葉を使っていると思うのですが、仏教には「神」と言う存在はないのではないかと思っています。
宗教としては、比較もできなければ、同列でもない、宗教として分類しただけの事で、どちらもどちらの教えに反するものではないと思っています。

Qキリスト教徒とお墓、位牌

一か月前に田舎の母が亡くなり、長男と連絡がとれないため、東京在住のクリスチャンである二男の小生がにわか施主として法事に携わり、間もなく49日が近づいています。
そこで、残った兄弟三人で誰が位牌、墓を守っていくかについて話し合っています。諸事情で守っていってくれる者がなく、「仏壇は処分して、位牌は小生が預かり、次世代には続かないであろうお墓は兄弟存命中は協力して維持していくこと」でないと話が収まりそうにありません。こういう場合、どう解決していったらよいでしょうか? クリスチャンとして、メモリアル、記念のよすがとしての位牌保持は認められるものでしょうか?  クリスチャンとして自分のありかたに疑問を持ち続けるより、一度、識者、経験者に教えを乞うてから方針を決めたいと思っておりますのでご教示よろしくお願いいたします。
今回の法事を通じて、今や地方でも家、親戚、地域共同体のシステムが機能し難くなっています。まさに吉本隆明の言う「崩壊状態」、”品格、愛国心、武士道精神などの復古的ないし懐古的なやり方が、このかつてない新しい社会の状態に対して通用するでしょうか。復古的な考え方は通用しないと思っています。”とは、いい得て妙なりです。盂蘭盆会もお寺主導の先祖供養として定着していますが、本来は、「今まさに逆立ちして、飢え、渇き、苦しみ続けている餓鬼」である自分自身を仏教を通じて救う、自分の人生を見つめ、生きる意味を尋ねる御縁とも思う。「今、いのちがあなたを生きている(東本願寺の標語)」事を確認する機会とも思います。 そう考えると、お寺・檀家代表主導の法事その他や口うるさい親戚に促された形骸化した行事からも距離を置いた生き方もありかと思う昨今ですが、どうやら田舎で通用するにはもう少し時間を要すようです。
愚見を述べて失礼しました。

    
    
    

一か月前に田舎の母が亡くなり、長男と連絡がとれないため、東京在住のクリスチャンである二男の小生がにわか施主として法事に携わり、間もなく49日が近づいています。
そこで、残った兄弟三人で誰が位牌、墓を守っていくかについて話し合っています。諸事情で守っていってくれる者がなく、「仏壇は処分して、位牌は小生が預かり、次世代には続かないであろうお墓は兄弟存命中は協力して維持していくこと」でないと話が収まりそうにありません。こういう場合、どう解決していったらよいでしょうか? クリスチャ...続きを読む

Aベストアンサー

カトリックの者ですが、先祖は禅宗で、私も仏教などにも関心があり、坐禅の経験もあり、仏壇も家に置いて、毎朝晩、拝んでいます。

私は、やはり、お母様や先祖が信じておられた宗教、現に祀っておられる宗教で、祀られるのが一番だと考えます。過去に同様の疑問を持たれた方への回答や、私の質問にも書いてありますので、多いですが、後期のQ&Aをご参照下さい。

あなたがキリスト教であることと、先祖をどう祀るかは、別問題だと思います。
カトリックには、先祖の祀り方などについて「祖先と死者についてのカトリック信者の手引」という小冊子があり、(1)先祖を祀ることは重要であることには変わりはない。(2)他宗で法事をすること自体を排除するものではない・・・といったかなり融通のある考えが述べられていますね。
キリスト教関連書店(例えば、教文館、サンパウロ、各デパートのホーリーコーナー)などで売っていると思いますので、求めて、読んでみて下さい。

私は、かつて(昭和40年代)、日本でその頃キリスト教に帰依した人々が、先祖を祀る仏壇をお炊き上げして、キリスト教に改宗したという話を聞き、激しい憤りを感じたことがあります。
先祖が信じていた宗教は、あなた自身の信仰とは別に、是非、尊重してほしいものだと切望します。

お墓について教えてください(小生回答はNo.1)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3767177.html

夫婦で宗教が違う納骨について(小生回答はNo.1&4)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4113893.html

先祖代々の墓を、菩提寺を信仰してない人が管理してもいいのでしょうか?(小生回答はNo.1)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4709121.html

跡継ぎのいない墓の将来について(小生質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4453853.html

祭祀の承継について(小生質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4666406.html

キリスト教の皆さん、非キリスト者の先祖の供養はどうしていますか?(小生質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4655314.html

キリスト教の皆さんは仏壇をどうしているのでしょうか?(小生質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4619869.html

【回答切望】キリスト教信者の仏式葬儀・結婚式へのかかわり方(小生質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5302498.html

キリスト教の皆さん、家族から仏教で葬式をしてほしいと言われたらどうしますか?(小生質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5298919.html

法事以外で寺にお経を上げてもらったことありますか?(小生質問)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6969735.html

朝晩仏壇に手を合わせていたら・・・?(小生質問、特に回答No.2をご参照下さい。)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7127721.html

(このほかにも、キリスト教・仏教・宗教一般問題について、多くの質問・回答をしています。)

カトリックの者ですが、先祖は禅宗で、私も仏教などにも関心があり、坐禅の経験もあり、仏壇も家に置いて、毎朝晩、拝んでいます。

私は、やはり、お母様や先祖が信じておられた宗教、現に祀っておられる宗教で、祀られるのが一番だと考えます。過去に同様の疑問を持たれた方への回答や、私の質問にも書いてありますので、多いですが、後期のQ&Aをご参照下さい。

あなたがキリスト教であることと、先祖をどう祀るかは、別問題だと思います。
カトリックには、先祖の祀り方などについて「祖先と死者についてのカ...続きを読む

Qお墓について教えてください

お墓について知識がないので教えて下さい。

主人が亡くなった年齢より1歳多い年齢で墓碑に刻まれていました。
これは何か理由があるのですか?
義母に任せたらこうなっていたので、彼女に確認すればよいのですが、聞きたくないので・・・お願いします。

あと、鉢植えが置いてあったのですがお墓に鉢植えってどうなのでしょうか?花はパンジーと枯れかけた何かでした。

宗派はキリスト教です。お墓を建てたご先祖様は仏教です。。。
本当は良くないお墓のような気がします。
祖父:仏教、義父と主人:キリスト教 です。

どなたかご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

(1)年齢が1歳多いのは、他の回答者の方がお答えになっている通り、「数え歳」で書かれているからだと思います。

(2)テレビで自称占い師の変な小母さんがお墓の事をアレコレ言ったりして誤解が広がっているようですが、伝統仏教の各宗派とも「お墓はこうでなければいけない」という決まりがあるわけではありません。宗派によって推奨される形や、故事にちなんだ作法があるところもありますが、これも「どうしてもそうしなければならない」と強制されるものではありません。もし、お墓にお参りになる子孫の方が、祖先が喜ぶだろうと鉢植えを置いたのであれば、それは何の問題もありません。墓相が云々という人もありますが、これも迷信の域を出るものではありません。
日本ではお寺の境内地にある「寺墓」が多いので勘違いされやすのですが、お墓そのものに宗派の違いがあるわけではありません。同じ家族親族であれば、一緒のお墓に曹洞宗の信者や浄土真宗の信者、キリスト教の信者が一緒に入ってもかまいません。
ただし、先祖の祭祀(お参り)は、亡くなった個人の宗旨ではなく、祭祀を行うお家の宗旨で行うものです。現在のお家の宗旨が仏教であれば、仏式での祭祀を尊重されることをお勧めします。もし将来、お家の方が皆さんキリスト教に改宗されるようであれば、以降の先祖祭祀はキリスト教式で行われても差し支えありません。

曹洞宗の僧侶です。

(1)年齢が1歳多いのは、他の回答者の方がお答えになっている通り、「数え歳」で書かれているからだと思います。

(2)テレビで自称占い師の変な小母さんがお墓の事をアレコレ言ったりして誤解が広がっているようですが、伝統仏教の各宗派とも「お墓はこうでなければいけない」という決まりがあるわけではありません。宗派によって推奨される形や、故事にちなんだ作法があるところもありますが、これも「どうしてもそうしなければならない」と強制されるものではありません。もし、...続きを読む


人気Q&Aランキング