グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

メリダのグランロードT1を購入して走行距離5000kmを超えました。
ギアをトップでケイデンス50~60での筋トレしてる時とくにゴリゴリ感があるのですが、交換時期なのでしょうか?基本雨天走行はしてません、雨が降ったら少しは雨のかかる場所に置いてます。
BBはシマノのUN-26です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自分の経験からはオンロードメインで5千キロくらいでBBに問題は出ないと思います。

海外ツーリングなど、泥や雨、水没なども経験したかなりハードに使ったMTBがあり、おそらく4万キロ以上を一つのBBで走行しましたが特別トラブルはありませんでした。パーツを総入れ替えしたので、それに合わせてBBも交換しましたがまだまだ使えそうで、シマノ製品の耐久性は物凄いと感心した記憶があります。

ただ、ガタつきやゴリゴリ感が出ているのなら何らかの対応は必要でしょう。
まずは本当にBBの回転部分からの違和感なのかをしっかりと見極める必要があります。ペダルの回転部分だったり、チェーンラインの影響でゴリゴリ感を感じる事もあります。しっかりと判断するためにはクランクを外して、BBの回転軸を手で回してみれば分かります。
BBのベアリング自体は問題なくても、細かな砂などがシーリングパーツに付着してそのように感じる事もあり、この場合は簡単なクリーニングで復活すると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

チェーンラインの影響でもゴリゴリ感が出る場合があるのですか!?
今度の休みにでも点検してみます!
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2009/02/11 22:11

クランクにがたつきはないでしょうか。

もしあるようならBBが緩んでいる可能性もあります。確認してみてください。
現在の台湾製の自転車は、ほとんど組み上がって工場出荷されます。ねじの一本一本にグリスが塗ってあったり、ハンドルはバーテープまで巻かれているメーカーさえあります。あまりに至れり尽くせりですので、自転車屋さんではさっと組み立てて、簡単なデレイラー調節やブレーキ調節しかしないお店もあります。そういったケースではBBが緩んでしまうケースがままあるようです。自転車屋の工賃は買い求めたところでも0円~5000円と自転車屋で違います。この世界は理解できません…参考になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確認してみます

お礼日時:2009/02/12 19:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Q自転車のオーバーホールは何kmごと?

ロードバイク通勤してます!

見えているチェーンやディレーラーの清掃注油はいつでも自分でできますが、
中に入っているボトムブラケットなどを分解清掃するのは大変ですよね?

車なら何万kmごとにエンジンオイル交換と目安がありますが、
クロスバイクやロードバイク等スポーツバイクのBBなどの分解清掃グリスアップは、
どれくらいの間隔で行えばいいのでしょうか?
自分でやるのはハイレベルですよね?

相当放置している方も多そうな気がしますが皆さんそこまでやっていますか?

自転車のオーバーホールについて教えてください^^

Aベストアンサー

>ボトムブラケットなどを分解清掃するのは大変ですよね?

今どきのロードはカップアンドコーン
http://svetlana.exblog.jp/10357322/
じゃなくてカセットなど
http://www.youtube.com/watch?v=rkv2u6A-86c&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yiOqvoCJZfw&feature=related
ですから、ものすごく楽ですよー。
基本的にグリスアップなどしませんし、トラブツたら交換です。

>どれくらいの間隔で行えばいいのでしょうか?

最近のはシールドがしっかりしてますし、年に一回程度やればいいですよー。
ただし、勿論乗り方や乗る距離によりますよ。
ロードに真剣に取り組めば、年間の走行距離は三万キロ前後程度にはなりますからねー。
まぁ、個人的な目安は一万キロ程度かな?

>自分でやるのはハイレベルですよね?

レベル高いのは、ホイール組ぐらいじゃないかなー。。。。
ぼくはめんどくさいから自転車屋さんにすべてお任せですけどね。

>皆さんそこまでやっていますか?

自転車屋さんが忙しそうな時は仕方ないですから自分でやりますけど、ホイール組なしで、フレーム交換でも一時間か二時間もあれば行けますよ。
手抜きモードで急いでやった時は三十分ぐらいでしたね。

>自転車のオーバーホールについて教えてください^^

工賃はこんな感じ
http://www.pop-n.jp/kouchin_sports.html
フルでオーバーホールしてもらうと三万前後かかると思っておいたほうがいいですよ。
もちろん部品代は別です。

ぼくが年に一回やってもらうのは、BB、ハブ、ヘッドパーツのグリスアップと、
チェーン、スプロケット、ワイヤー、ブレーキシューの交換。
あとは手組ホイールのスポーク交換程度ですね。
まぁフレームは、まともに乗ると一年で折れますから基本的にフレームは使い捨てでしたね。
最近はあまり気合い入れて乗らなくなりましたから長持ちしてますよー。

>ボトムブラケットなどを分解清掃するのは大変ですよね?

今どきのロードはカップアンドコーン
http://svetlana.exblog.jp/10357322/
じゃなくてカセットなど
http://www.youtube.com/watch?v=rkv2u6A-86c&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yiOqvoCJZfw&feature=related
ですから、ものすごく楽ですよー。
基本的にグリスアップなどしませんし、トラブツたら交換です。

>どれくらいの間隔で行えばいいのでしょうか?

最近のはシールドがしっかりしてますし、年に一回程度やればいいですよー。
...続きを読む

QクロスバイクのBB ホローテックIIにできる?

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたいですが、たとえば幅が同じ68mmの「SM-BB4600」とか「SM-BB51」とかはCross3に物理的に取り付け可能でしょうか?
エンド幅135mmのクロスバイクの改造を考えている友人がもう一人おり、純粋に着く着かないは二人して非常に興味を持っています。
はっきりすると嬉しいのは大体、以下の点です。

・「SM-BB4600」「SM-BB51」等のBBは普通に取り付け可能か
・着けれる場合、クランクはDeore M590みたいなので構わないか
・チェーンラインだとかCross3が7sであることに問題はでないか

別に7速で困ってないのでクランクセットの換装だけで安く済むならそれがベストですが、パーツ交換の兼ね合いで8s化以上が不可避なら、対応のホイールに関しては知人の中古パーツで都合つけて、コンポ周りは買い揃えても良いと考えています。
これだと海外通販とか使うと2万くらいで収まるので。

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたい...続きを読む

Aベストアンサー

ホローテック2のMTB用クランクには、必ずBBがオマケに付いてきます。
なので、クランクを買うだけで大丈夫です。
もちろん、スクエアBBのシステムと完全に互換性がありますので、取り付け可能です。
チェーンラインは何も問題ありません。
7sのスプロケットと、ホローテック2のクランクの互換性は保証されてませんが、実際には一切の問題がありません。
が、7sのボスフリーのシステムは構造的に耐久性が乏しいので、せっかくクランクを交換して長く乗ろうと考えてるのなら、8sか9sのシステムに交換が望ましいです。

Q前後に異なる太さのタイヤを使用した場合のデメリット

ブリジストン CA900を3ヶ月前に購入し、月700kmほど、サイクリングを楽しんでる初心者です。

タイヤですが、700×28cがついており、磨耗したら、23cに付け替えたいと考えておりました。理由は、軽く走れる(らしい)ことと、もうひとつ、マンションのエレベータに持ち込む際に、毎回前輪を外す必要がありますが、前輪Vブレーキのワイヤーを外しても、若干タイヤを外す際、タイヤとブレーキシューが引っかかるためです。

先日、サイクリング時にガラス片を踏み、タイヤ1つが2cmほど裂けてパンクしたため、磨耗を待たずに交換となりました。
しかし、パンクしていないタイヤは、まだ使えることと、予算問題もあり、前輪に23c、後輪に28cのタイヤをつけることを考えました。

自分で考えたデメリットは、サイクリング時に予備チューブを余計に携帯しないといけないことですが、そのほかに、デメリットはあるでしょうか?
前輪、後輪ともに交換がベストであることは、十分承知しております。

Aベストアンサー

車やオートバイの世界では、前後サイズ違いなんてのはごく当たり前ではありますが・・・自転車では、確かにあまり見ませんね。
ビーチクルーザーなどではフロントに細く、リアにブッといタイヤを入れてたりしますが、ロードバイクに限定しての話です。
タイムトライアルマシンで、フロントだけ650Cを入れて小さくして空気抵抗を減らす、などというケースはありますが。

まず、すぐ思いつくのは前後の直径の違いですね。
当然28Cの方がデカいので、今よりやや前傾がキツくなります。
しかも、ハンドルやサドルの高さの調整による前傾ではなく、車体そのものが前のめりになるので、わずかながらキャスターが立って、しかも前に細く反応がクイックな23Cがきてるので、全体的にオーバーステア傾向が若干強くなるような気がします。
(と言っても、直径の違いはいいとこ1cm程度なので、わずかな違いですが)
逆に前28後23だと若干アンダー強くなる気がします。
前後のグリップバランスも変わってくるので、おそらくこの「旋回性に対する影響」が一番大きいんじゃないでしょうか。
前後23C、及び前後28Cに比べて、若干クセのある操縦性になるかもしれません。

あとは、見た目ですね。
おそらく前23後25ならさほど目立たないでしょうが、さすがに23/28の組み合わせだと、見た目の違和感がけっこうあるのではないかと。
(前28後23よりは、ずっとマシという気がしますけれど)
そんなもの気にしない、というのであれば、これは特にデメリットたりえませんが。
むしろ、ホットロッドみたいでカッコいい、なんていう人もいるかもしれませんが・・・
あとは、23Cと28Cでは当然指定空気圧も変わってくると思うので、空気圧管理がちょっと面倒になるとかいうのもありますね。

ただ、市販タイヤでも前後サイズ違いという例はあります。
コンチネンタルのアタック/フォースがそうですね。
アタックは前輪専用で22C、フォースは後輪専用で23Cと、わずかながらアタックの方が細くなっています。
オートバイのタイヤは前輪用と後輪用で、同じサイズでもパターンが違うので、一応逆は使用不可となっています。
自転車タイヤで前輪専用、後輪専用があるのは、知る限りではこのアタック/フォースだけですね。
こういうタイヤって、もうちょっと増えてもいいように思うんですが。

ちょっと脱線しました。
結論としては、おそらくやったことのある人はあまりいないため、「やってみないとわからない部分が大きい」と言えます。
もっとも、前後28Cを前後23Cにした時の操縦性の違いほどではないと思います。
23Cに何を入れるかにもよりますが、28Cの時よりも軽く、クイックで、切れ味鋭い走りになると思います。
ただ逆に言えば、28Cのいい意味でソフトでダルな、気を使わない操縦性は失われて、固く、ナーバスで、不安定な気を抜けない動きになります。
とはいえ、元々のフレームがリアセンター430mm、ホイールベースも約1020mmの、かなり安定性重視のフレームなので、そうそうひどいことにはなりません。
(私の自転車のように、リアセンター400mmしかない、まっすぐ走らないジャジャ馬とはわけが違いますから・・・)
むしろ、安定志向フレーム+太めのタイヤの組み合わせで、ややもったりした動きが適度に軽快になるかもしれませんね。
ただ、23Cは確かに走りは軽くなるのですが、かなり空気圧が高くなるので乗り心地が固くなるのと、いろいろ気を使うようになるため、ゆったり乗りたいのであれば、25Cくらいで抑えておくというのもアリです。

車やオートバイの世界では、前後サイズ違いなんてのはごく当たり前ではありますが・・・自転車では、確かにあまり見ませんね。
ビーチクルーザーなどではフロントに細く、リアにブッといタイヤを入れてたりしますが、ロードバイクに限定しての話です。
タイムトライアルマシンで、フロントだけ650Cを入れて小さくして空気抵抗を減らす、などというケースはありますが。

まず、すぐ思いつくのは前後の直径の違いですね。
当然28Cの方がデカいので、今よりやや前傾がキツくなります。
しかも、ハンドルやサド...続きを読む

Qホローテック2vsスクエアテーパー

いつもお世話になります。

くだらない質問ですが、ちょっと疑問に思ったのでよろしくお願い致します。

フルカーボンとクロモリのロードを所有していますが、ペダルレスの状態でスクエアテーパーのクランクを手で思い切り回転させるとホローテック2のクランクよりも明らかに回転が持続するのですがそのようなものなのでしょうか?
クロモリのクランクは重いとは思いますが、それにしてもよく回るのです。

それではご回答どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ホローテック2のBBの回転性能の悪さは
有名?でしょうね
構造的に、シールドが十分にしなければならない。
それでいて軸中心からの距離が大きいので
ぶれ幅も大きく成る
BB単体で回すと非常に周りが重いのは
これらの欠点をシマノなりに解決しようとして
ベアリング自体も当然ですが、
その樹脂シール類も回転性能を落としても
ベアリング保護できるようにしているためです。

セラミックに変えたら軽い!とか
他社製BBが軽いとかいうのは
ベアリング精度とかカップ耐久性とかそう言う事ではありません。
=このシールを軽微な物にしているだけです。

まともな?コンポーネントメーカーであるSRAM社では
これの「雨天走行後のすぐのOH」
「30時間OH」
「100時間交換」をマニュアルにこっそり書いています。

で、従前のカートリッジBBですが
軸中心からベアリング距離が短い
防水性能を得るためにカップ(カートリッジ)形状を
最適化している=樹脂シールが軽い
しかも経年劣化すると、
カートリッジBBは余計に軽くなる傾向があることが知られています。

その感じ方は正解。

ホローテック2などのアウターベアリングBBは
OH前提です。
シマノは認めていませんがね。
他社では、ベアリングシールキットやベアリング打ち替えキットを
自社正規のメンテナンスツールとして発売していますね?
SRAM・FSAの物が有名でしょう?


他社製BBに変えてしまうというのも
一つの手ですし、
BBをぱっと入れ替えることの出来るのも
利点。
安いのも利点。

カートリッジBBとはメンテナンスサイクルを
別の物と捉える=回転に違和感を感じたら交換する。
そういう考え方でつきあった方が良いと思います。

ホローテック2のBBの回転性能の悪さは
有名?でしょうね
構造的に、シールドが十分にしなければならない。
それでいて軸中心からの距離が大きいので
ぶれ幅も大きく成る
BB単体で回すと非常に周りが重いのは
これらの欠点をシマノなりに解決しようとして
ベアリング自体も当然ですが、
その樹脂シール類も回転性能を落としても
ベアリング保護できるようにしているためです。

セラミックに変えたら軽い!とか
他社製BBが軽いとかいうのは
ベアリング精度とかカップ耐久性とかそう言う事ではありません。
=この...続きを読む

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む

QホローテックIIはチェーンラインを気にしなくてよい、というのはどういう

ホローテックIIはチェーンラインを気にしなくてよい、というのはどういう意味なんでしょう。某通販店の説明にあったのですが50mm47mmというラインはあるわけで気にしないで、という意味がどうも分からないのです。
現在、クロスバイクにFSA AL-8TTTが付いており実測47~48の様です。これをシマノホローテックII使用に変えると50mmになりますがリヤスプロケもHG30-8速からシマノで9速に交換しようと思っております。
その場合ラインもそろうのでしょうか。
シェル幅68mm リヤエンド130mm

Aベストアンサー

同様な質問がありますが、こちらが参考になりますか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1846375.html

Qフロントギア3枚→2枚の物に変更することについて

私が使用しているシクロクロスバイクは元々フロントが3枚ギアでした。リアは8段変速。しかし、フロントギアを2枚の物にした方が、シンプルで変速もスムーズに楽にこなせるのでは、という期待から、コンパクトクランク 50-34Tの2枚ギアに変更することも検討中です。

ショップの人に聞いたところ、フロントギアを3枚の物から2枚の者に交換する時のメリットは、車体が軽くなる、3枚ギアよりも全体幅が狭くなるのでガニ股ペダリングを防げてペダリングがスムーズになる、ということを話してくれました。

私自身は、現在の3枚ギアを使っていて不便に感じることは、インナー(最小)ギアは通常の平坦な道を走行するときは使用しないので不要であること、インナーギアからミドルギアにシフトチェンジする時スムーズにいかなくて、いちいち下を見てチェーンが、ちゃんとミドル(真ん中)ギアにはまっているか確認しなければならないから、前方不注視になり危険、といったことです。

元々フロントギアが3枚だった物に対して2枚ギアに変更した場合の、メリットまたはデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

リヤが8速のままでは、フロントをトリプルからコンパクトクランクにした場合、本来的にはギヤ比の差が大きいため変速はスムーズにはなりません。
しかし、調整の難しいトリプルよりはセッティングがしやすいという意味で、現状よりも良好な変速性能が得られる可能性は高いでしょう。

でも、どうせフロントディレーラーと、比較的高額な左右シフターとクランクというかチェーンセットの交換が必要ですので、あと3万円ほど足して、思い切って11速の105とかにコンポを全交換しちゃったほうが得策かもしれません。
これなら、格段にスムーズなフロント&リヤ変速操作が可能ですし、トリプルに対応した現状の8速ではギヤ比の大きいスプロケットが無いでしょうから、低いギヤ比が使えなくなるデメリットがなくなります。

あと、軽くなるのは確かですが、同じグレードのコンポならば、僅かな重量ですね。それよりも店員さんが言うようにQファクターが小さくなる利点が顕著でしょうが、それの受け取り方も個人差が大きくて、絶対的なものでは無いでしょう。

Qカーボンフレームを破損したご経験ありますか?

こんばんは
フルカーボンフレームを使用している者です。通常の走行でならば、ほとんどフレームが損傷することはないと認識しながら乗っておりますが、もし、損傷するとすればどのようなときなのか気になります。
現在、フルカーボンへの買い替えを考えておられる多くの方も、悩んでおられるところと思います。
カーボンの破損を経験された方、どのような状況で、どのように破損したのか、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

TCR Compositで練習中の落車でフォークを折りました。買って半年でしたから、走行は5000Km前後だと思います。

下り坂で一番スピードが乗ったところで、工事路面の縦の継ぎ目にちょうど前輪が嵌ってそのまま落車、パンツは破れ脇腹から血を流した状態で押して帰りました(悲しかった)。ヘルメットは、側頭から落ちたので真っ二つでした(被っていなかったら、今頃は写真になっていたでしょう)。偶々、後から車が来ていなかったのもラッキーでした。フォークが折れたのは前輪が挟まっていたためでしょう。

ヘッドの方までは被害が及んでおらず、フォークとホイールの交換だけですみました(10万越えましたが)。また、左から落ちたので、ドライブトレーンは無傷でした。あと、Polarのコンピュータがどこかにふっ飛んで蒸発しましたね。
まあ、落車の状況から、アルミでもクロモリでもフォークは駄目になっていたでしょうから、カーボンだったことは被害額以外は変わりないと思います。

QパワーコアBB86のクランクの交換

クランクの交換についてどなたか教えてください

現在 2011年のTCR2のロードに乗っていまして、クランクの交換を考えています。自分のまわりで情報が混在しているので教えてください。

まず、現在、ノーマルのFSAのクランクがついています。予定では、105のクランクに替えようと思っています。

質問1
 GIANTはお得意のパワーコアBB86が標準となっています。シマノの105のホローテッククランクがそのまま入るのか?(アダプターまたは、部品の交換はいらないのか?必要な場合の部品代は?)

質問2
 BBごと交換する場合、圧入だと、交換は大変?(ショップに依頼必要 または、交換工具が販売している?)

質問3
 クランク本体を残して、チェーンンリングのみの交換は可能か?また、チェーンリングのみの交換だと105の恩恵が薄くなったりしないか?

質問4
 現在、コンパクトクランクがついているが、新規に付け替えるクランクはコンパクトでもノーマルでも取付可能か?何か部品が必要か?

質問5
 クランク外し取付はシマノのクランク外しだけでOKか?FSAは六角レンチでOK?

いろいろと、質問させていただきましたが、詳しい方、回答お願いいたします。

クランクの交換についてどなたか教えてください

現在 2011年のTCR2のロードに乗っていまして、クランクの交換を考えています。自分のまわりで情報が混在しているので教えてください。

まず、現在、ノーマルのFSAのクランクがついています。予定では、105のクランクに替えようと思っています。

質問1
 GIANTはお得意のパワーコアBB86が標準となっています。シマノの105のホローテッククランクがそのまま入るのか?(アダプターまたは、部品の交換はいらないのか?必要な場合の部品代は?)

質問2
 B...続きを読む

Aベストアンサー

質問1
クランクはそのクランク専用BBを使用するのが基本と思います。現在お乗りのもののBBは、FSA BB-AL86が使用されています。クランクをホロテックIIに交換するには、GIANTショップではBBをシマノのSM-BB71-41Bに交換しまして105のクランクにすると思います。私は、FSAのアルミクランク用BBはホロテックIIと互換性があるのではと思っていますが、自転車の心臓部を倹約して失敗したくはありませんのでBB毎交換したら如何かと思います。

質問2
BB86のプレスフィットBBを抜いて、さらに圧入するには下記の工具が必要です。BBは抜くと言うよりもハンマーで叩き出します。プラスチックのシールドシールが痛みますからBB86やBB30等のプレスフィットBBは一度取り外しましたものは再利用できません。メンテナンスフリーがシールドベアリングの利点ですが再利用できないといった欠点もあります。少しおかしいなと思ったら新品に交換が必要です。ですから長くGIANTを使用するおつもりなら工具を用意する方が良いかも知れません。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-pressfitbb.html

質問4
TCR2は直付けと思います。コンパクトからノーマルにしますとFDを5mm上げる必要があります。ご自分の自転車のFD台座が上下に移動することの可能な台座なら大丈夫です。直付け台座のなかには変更できないものもあります。

質問5
クランクの取り外しについては前の方の回答の通りです。しかしながら、クランクの締め付けは、自転車の部分で一番強く締め付けしてありますから柄の長いアーレンキーやトルクレンチがないと取り外しも出来ませんし、取り付けて締めることも出来ません。その辺もお考え下さい。

質問1
クランクはそのクランク専用BBを使用するのが基本と思います。現在お乗りのもののBBは、FSA BB-AL86が使用されています。クランクをホロテックIIに交換するには、GIANTショップではBBをシマノのSM-BB71-41Bに交換しまして105のクランクにすると思います。私は、FSAのアルミクランク用BBはホロテックIIと互換性があるのではと思っていますが、自転車の心臓部を倹約して失敗したくはありませんのでBB毎交換したら如何かと思います。

質問2
BB86のプレスフィットBBを抜いて、さらに圧入するには下記の工具が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング