仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

現在、家の建築を検討中です。

もともと断熱材は、グラスウールの予定でしたが、あるハウスメーカの方にロックウールへの変更を薦めてもらいました。

■理由
・断熱性能が良い
・結露しにくい
・グラスウールに比べて、水分を含まないため、カビが生えにくい
・長期的にみるとグラスウールは下に落ちてきて、上のほうが空洞になったりする
・そんなにグラスウールから比べてコストも上がらない。

(もともとその人には、既に違うハウスメーカで建てると言っていたので、自社のアピールではなく、純粋にて薦めて頂いたと思っています。)

ところが、あるグラスウールを薦めている本を読んだところ、ロックウールも水分を含むなど、グラスウールとロックウールは大して変わらないとの結論でした。それをうけ少し迷ったのですが、それはグラスウール党の人の意見で、データも良い点だけをとってきたようにみえたため、少し信用していません。

という背景あって、いまいちロックウールのほうが良い点がはっきりしていません。
皆さんがご存知のグラスウールに比べてロックウールの良い点をお教えていただけると有難いです。上記が事実かどうかという点だけでも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.4です。



>もし、上記の水を含みにくい等の反論御座いましたらお教えいただけませんか?(事実を知りたいためです。)

既にご覧になっているかもしれませんが、グラスウール・メーカー10社が運営する硝子繊維協会の広報資料に、この点についての詳しい解説がありますので、↓をご覧下さい。
http://www.glass-fiber.net/dannetutaiketu/2.html

>また両方とも同じ条件で、
>(1)高いレベルで施工がされた場合、(2)低いレベルで施工された場合
>どちらが良いのか等もわかればお教えいただけませんか?

単純に施工のしやすさだけを考えると。。。
断熱材の厚み・・・・薄い>厚い  ※ロックウールに有利
断熱材の柔軟性・・・・柔らかい>堅い  ※グラスウールに有利
となりますので、一概にどちらとは云いきれないと思います。
丁寧に仕上げた場合、配線や配管周りの収まりが良いのはグラスウールの方です。
ロックウールは切り欠き部分が崩れやすいので配管と壁の間の狭い隙間を埋めるような作業は難しいだろう思います。(自身で扱った事がないので、あくまでも見た目での判断です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答、誠に有難う御座います。
上記のサイトは知りませんでした。確認します。

といっても、考えれば考えるほど迷いますね。
結論はもう少し考えたいと思います。

有難う御座いました。

お礼日時:2009/02/15 22:13

どんぐりの背比べですよ。


他の回答者さんがおっしゃられるとおり、高性能グラスウールとロックウールでは全然変わりません。
もう好みですかねぇ。これは。
なぜメーカーがロックウールにするのかは、取引が多いから部材が安く手に入り、粗利が取りやすいか、グラスウールを扱ったことがなくて、ワカンナイものは入れたくないかどちらかですね。2×4の場合355スパンと425スパンを拾って注文すればだいたいピッチリおさまります。
防湿層をぴっちりのばして200mm以下で念入りにタッカーで留めれば十分でしょう。
他の細かい場所はカッターで切って、切った部分は気密テープではります。
グラスウール協会のサイトには施工事例も詳しく紹介されており、コンセントボックスの施工ボックスなども販売されています。
製品数の多さからいえばグラスウールのほうがたくさんありますね。
気流留めのついたグラスウールもあります。

施工は・・。
下手な業者のほうが多いですよ。木工事ほどは入念な罰則がないので。
一番うまいのは・・素人の施主ですね。
私は気に食わないので建築中に自分で断熱施工を直して、業者にさんざん文句を言ってやりました。
それほど下手ではなかったけど、コンセントボックスの施工を指示どおりにやらなかったので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。どんぐりの背比べですか。。
ますます選定が難しいですね。。

施工は業者は下手ですか。。きっちり監視してやらないとだめですね。

参考になりました。有難う御座いました。

お礼日時:2009/02/15 22:16

理由として挙げてられた5項目については、こちらの反論で否定しようと思えばいくらでも出来るものばかりです。



敢えて別の利点を挙げるとすれば、防音性については(素材の特性として)ロックウールの方が優れています。
しかしこれもあくまで防音施工をした場合の話であって、普通に施工されたロックウール断熱が、グラスウール断熱より静かという訳ではありません。

あとは工業製品としての歴史は、ロックウールの方が長い事くらいでしょうか?
古くは潜水艦にも使われていたそうなので、そのあたりで少し優越感には浸れるかもしれませんが。。。

これも決定的な判断基準にはなり得ませんね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。歴史が長いことは判断基準の一つですが、
価格が上がるとなると話が変わってきます。。。

私が当初ロックウールを最も気に入った点は、グラスウールに比べて、水分を含まないため、カビが生えにくいという点です。当方は、健康を保つ(また、維持が長くできる)に判断基準を置いているためです。

もし、上記の水を含みにくい等の反論御座いましたらお教えいただけませんか?(事実を知りたいためです。)

また両方とも同じ条件で、
(1)高いレベルで施工がされた場合、(2)低いレベルで施工された場合
どちらが良いのか等もわかればお教えいただけませんか?
(具体的な質問でなく申し訳ありませんが)

ex.両方とも高いレベルで施工されたら、結露やカビの問題は同等
 両方とも低いレベルで施工されたら、グラスウールのほうがカビが生えやすいなど

お礼日時:2009/02/12 22:56

 ロックウールだろうが、グラスウールだろうが、要は施工次第で良くもなり悪くもなります。

断熱性能が低ければ16Kより32K45Kのものを使い、mm数を厚くすればよいだけです。下に沈むというならグラスだろうがロックだろうが施工が悪ければ沈みます。隅々まできっちり入れて、きっちり留めれば大丈夫でしょう。問題なのは、各種の「穴」。配線やらクーラーやらの穴を開けた場合の処理が問題です。当初からきちんと計画的に穴を開け、開けたところはたとえばウレタンの吹き付けできっちりと処理しないと、たちどころに壁内結露へと移行するわけです。
 私は結局もろもろを鑑みて、このウール系の断熱材は使用しませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。施工をきっちりやれば、ロックウールでもグラスウールでもかわらないということですね。また、施工、及び、穴はきっちりやってもらおうと思います。(第三者期間の検査も入れようと思っておりますので、そちらに検査内容を確認し、入れてもらおうと思います)

もし宜しければ、
どちらが、施工のしやすいのか?(特に2X4の場合)を
ご存知でしたらお教え下さい。

お礼日時:2009/02/12 22:47

グラスウールにしてもロックウールにしてもきちんとした施工をしておけばどちらがよいというものではありません。


断熱性についても、グラスウールで細繊維のものと比べるとグラスウールの方がよかったりします。断熱性が低いものを使っているとしても厚みが厚ければ問題ありません。(一般的にうちは断熱性のよいロックウールを用いています、というところは厚みが薄かったりします。)

金額は同じ断熱効果のものを比べるとグラスウールの方が安いです。

しいて性能に差があるとすると、防火性です。
ただし、ロックウール単体で防火性能を確保しているわけではないのであまり気にする必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。断熱性は良いのですね。
でも厚くするだけで同等となると迷うところです。
あまり防火性も重きを置いておりませんので。。

もし宜しければロックウールを選択された理由をお教え下さい。
(薄さが良かったのでしょうか?)

お礼日時:2009/02/12 22:41

>長期的にみるとグラスウールは下に落ちてきて、


>上のほうが空洞になったりする
水を含むとグラスウールは、縮こまっていきます。
したがって、目地がしっかりしていて、水が絶対入らないというなら、
ロックウールにする必要性はありません。
心配ならロックウールにされた方が良いと思います。
ただ、結構コストが上がると思いますので、要確認です。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。まだ価格は聞いておりませんが、結構コストがかかるのですね、費用見合いで考えたいと思います。

有難う御座いました。

お礼日時:2009/02/12 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?

現在、断熱材としては、広くグラスウールとロックウールが用いられていますが、どちらの方が優れているのでしょう?、断熱性能だけでなく、経年劣化とか(グラスウールは湿気を吸ってへたるとか聞きますが)差があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

硝子繊維協会
http://www.glass-fiber.net/index.html
「断熱対策 VSロックウール」を見てください。

ロックウール工業会
http://www.rwa.gr.jp/index.html

住宅用の断熱材はグラスウール(黄色いもの)ばかり見かけますね。
鉄骨の耐火被覆は吹付けロックウールが多いです。
両者は特徴別に使い分けられていると思います。

Qロックウールについて。

家を検討中なのですが、
色んなハウスメーカーや工務店へ行って話を聞いていますが、

各社それぞれのこだわりがあり、一社のハウスメーカーはロックウールは湿気を吸って最後はカビが生え、黒くなってずれ落ちます。
と言われ、ずれ落ちている映像も見せていただきました。

しかし、もう一社のハウスメーカは内断熱でロックウールを採用しており、ずれ落ちないよう工夫をしていますとの事でした。。。
ずれ落ちる心配はないとしても、

ロックウールは10年、20年すると黒くカビてくるものなのでしょうか?
ご存知の方やご意見等お聞かせ下さい。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

形あるものは必ず壊れる。。。そういう話は聞きますが、わたしは、まだ剥がれ落ちた現場を見たことがありません。
カビについても、ロックウールは撥水性があるので、発砲樹脂以外の断熱材の中では、比較的カビにくいほうだと思います。

これらが気になるなら発泡樹脂を使えばよいですが、材料自体の耐久性、耐熱性は、ロックウールがめちゃくちゃ大きいですよ。屋根裏など特に高熱になる部分はロックウールが格段に有利なはずです。

Q断熱材(袋入りロックウール)をとめるタッカーの施工について

質問させてください

断熱材として袋入りのロックウールを施工する時、柱と間柱にタッカー(大きなホチキス)でとめていくと思いますが、私の家ではところどころタッカーが抜けている状態です。
詳しく言いますと、断熱材の袋の耳の部分をタッカーが突き抜けてしまって、しかも大工さんが破れていると認識しながらも再度タッカーを打ってくれていない状態なのです。

大工さん曰く、「コンプレッサーの空気が多いときにはどうしてもタッカーの機械が強く打ち過ぎでしまうので、断熱材の耳のビニールを突き抜ける」
そうです。
それが分かっているのなら再度打ってくれれば良いのですが、こちらがお願いしたところ、「数箇所タッカーが抜けていても石膏ボードで抑えるので、大丈夫です」と言われました。
確かに連続して3,4個以上も抜けがある訳ではないので、すぐに落ちてしまうとは思いませんが…。

このような施工の状態でも本当に大丈夫でしょうか?
どなたか教えてください、お願いいたします。

Aベストアンサー

断熱材と防湿材のことをよく理解していない大工が多いので
このような適当な回答と施工がされてしまいます。

袋入りグラスウールの場合、「200mm位の間隔でタッカー留とする」
となっていますので、ロックウールはグラスウールより自重があるので
出来るだけ細かく留めた方が良いと思われます。
固定間隔が広いと経年変化により壁内で落ちてきてしまい、断熱効果が下がります。

また、この袋も重要な役割をもっています。
それは防湿を行う為に袋の室内側の1枚が防湿シートになっています。
このシートが連続して壁面に施工されることにより、
壁内への湿気の流入を抑え、壁内結露の危険を下げることができます。
なので、根本的に破れたシートの部分には気密テープなどを貼り、
補修しなければならないのが正しい施工方法です。

更に、留め付ける場所も重要で、柱の見付面(正面)にタッカーで固定する。
なので、正しい施工をすると柱の殆どがシートによって見えなくなります。

ロックウール工業会に施工ポイントの記載と
正しい状態の施工写真が載っています。
http://www.rwa.gr.jp/product/housing03.html

家の耐久性に影響がありますので今のうちしっかり施工してもらいましょう。

参考URL:http://www.rwa.gr.jp/product/housing03.html

断熱材と防湿材のことをよく理解していない大工が多いので
このような適当な回答と施工がされてしまいます。

袋入りグラスウールの場合、「200mm位の間隔でタッカー留とする」
となっていますので、ロックウールはグラスウールより自重があるので
出来るだけ細かく留めた方が良いと思われます。
固定間隔が広いと経年変化により壁内で落ちてきてしまい、断熱効果が下がります。

また、この袋も重要な役割をもっています。
それは防湿を行う為に袋の室内側の1枚が防湿シートになっています。
こ...続きを読む

Q新築入居後の失敗点を教えてください。

新築入居後の失敗点を教えてください。
入居後に『OO部分をお任せして失敗』や、『よく考えればよかった・・』
と言う所が必ず1つくらいは有ると思いますが(普通の人は人生に1回の事で自分も含めて素人だと思う)、ご意見をください。
何一つお任せに出来ない性格なのですが、抜けがあると思うのでアドバイス・経験談を頂けると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

我が家は自由プランでしたが、キッチンやお風呂などは限られた中から選ばなければなりませんでした。
それによる失敗です。

お風呂
蛇口の下に、テーブルのようなものがあり、洗面器を置いたり、シャンプーを並べるのには重宝するのですが、テーブルが取り外せないのでものすごくカビが生えます。
絶対にスポンジやブラシが届かない入り組んだ構造で、カビキラーなどのスプレーも届きません。
いっそ、はずしてしまいたいです。
あと、壁面のパネルがピンク系の大理石のような模様なのですが、汚れが見えにくく、気が付いたら隅のようにカビが出ていたりします。
薄い色の淡色にするべきでした。

キッチン
システムキッチンが指定されており、色しか選べませんでした。
ビルトインの食洗機がこの上ない使い勝手の悪さで、毎日腹が立ちます。
とにかく食器が入りづらく、何度も並べ替えないといけないので、手で洗うことの方が多いです。
実家のビルトイン食洗機は大容量でものすごく使い勝手が良いので、余分にお金を払ってでも、ちゃんと選べば良かったと後悔しています。


思わぬ場所の窓が、はめ殺しでした。
階段の途中にある窓なのですが、すごく大きい窓なのに開かないので、夏は暑いだけで風が通りません。
リフォーム屋さんで窓を開けられるように直してもらおうかと思ったのですが、サイズが規格外でとても大きいため、何十万もかかると言われ諦めています。

ダイニングの照明の場所。
ダイニングスペースのど真ん中に照明口を作ったのですが、実際家具やダイニングセットを置くと、照明が必要な場所は、そのスペースの真ん中ではないことがすぐ分かりました。
しょっちゅう、照明器具に頭をぶつけています。
知人は、掘りごたつを居間の真ん中に作ったが、テレビを置くと真ん中では不便でしょうがない、大失敗と言っていました。
部屋のスペースだけでコンセントや窓、照明を配置すると結構不便だと気付きます。

外の照明
後から、玄関と勝手口の照明を、防犯のため人感センサーの物に交換しました。
最初からセンサーの照明にしておけば良かったです。

後、我が家は庭で洗濯ものを干すのですが、ベランダにも物干しを作っておけば良かったです。
シーツを干す場所が足りません。
もちろん後からでもこれは簡単に付けられるのですが・・・。

以上、後悔している順に書いてみました。

とは言え、私は一件目の家にしては、大変満足している方だと思います。
住宅性能表示も付けましたので、安心感もあります。

先の方の回答にありましたが、屋根裏収納をもしお作りになるなら、断熱をしっかりされることをお奨めします。
我が家は屋根断熱のレベルを高くし、更に収納庫に小さい換気扇を一つ付けました。
このおかげで、真夏の日中でも2階がかなり涼しいです。風が通れば、1階よりはるかに涼しいです。
一般的に、屋根裏収納は真夏の温度がすごく高くなるから、デリケートなものは置かないようにと指示されますが、断熱を強力にしておけばかなり庫内の気温が下がりますので、何でも入れられます。
一度、点検のために屋根裏に作業の方が入りましたが、
「ここの屋根裏は涼しい」
とおっしゃっていました。断熱を多くするくらいだと大した差額ではないので、ぜひお勧めします。

どれか一つでも、参考になれば幸いです。
家づくり、大変ですが、楽しんでくださいね。

我が家は自由プランでしたが、キッチンやお風呂などは限られた中から選ばなければなりませんでした。
それによる失敗です。

お風呂
蛇口の下に、テーブルのようなものがあり、洗面器を置いたり、シャンプーを並べるのには重宝するのですが、テーブルが取り外せないのでものすごくカビが生えます。
絶対にスポンジやブラシが届かない入り組んだ構造で、カビキラーなどのスプレーも届きません。
いっそ、はずしてしまいたいです。
あと、壁面のパネルがピンク系の大理石のような模様なのですが、汚れが見えにくく、...続きを読む

Q断熱材ロックウールの袋のやぶれについて

新築中で質問があります。
建築に詳しい方意見をお聞かせお願いします。

断熱材にはロックウールを使用していますが、ロックウールが入っている袋が破れているものがありました。
又、柱と柱の狭い空間にはロックウォールを切って入れています。よって切断面は袋に覆われていない部分となります。
ここで心配なのがロックウールがむき出しでも問題はないのでしょうか?
もし問題がある場合、エアコンを新築後につけるため配管の穴を開ける場合、その部分のロックウールはどうするものでしょうか?
ご意見をお聞かせお願いします。

又、エアコンを取り付ける部分には下地をいれておいたほうが良いのでしょうか?
入れなくても全然だいじょうぶでしょうか?

Aベストアンサー

住宅用ロックウール断熱材の施工要領では切断部などで
防湿フィルムをはがした部分元に戻す様になっています、

断熱材の袋は 室内側は密閉された防湿フィルムですが

室外側は小さな穴が空いたフィルムになっています、

壁下地などに隙間なく しき込事で室内の気密を上げているならば

それが破れてむき出しになっている状態は問題が有りそうです。

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/constneo.html

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/consthm.html

http://www.jfe-rockfiber.co.jp/products/ammat.html

施工時にカッターナイフで 内部の断熱材と外部の防湿袋をカット

してしまったのでしょう。


エアコンの取り付け部分ですが できるなら コンパネで下地を

入れておくと室内機取り付け時に背板がしっかり固定できGJです、


後施工で穴をあける場合は 室内から穴あけの位置決めを行い

外から外壁だけをくり抜きフィルムをカットしてロックウールを

取り除き室内のフィルムを外向きに広げ貫通スリーブを入れる様な事になります、


工事段階でエアコン取り付け位置をしっかり出せるな先行して貫通スリーブを

入れておくことも可能です。

住宅用ロックウール断熱材の施工要領では切断部などで
防湿フィルムをはがした部分元に戻す様になっています、

断熱材の袋は 室内側は密閉された防湿フィルムですが

室外側は小さな穴が空いたフィルムになっています、

壁下地などに隙間なく しき込事で室内の気密を上げているならば

それが破れてむき出しになっている状態は問題が有りそうです。

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/constneo.html

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/consthm.html

http://ww...続きを読む

Q断熱材の結露が心配。オススメの断熱材を教えて下さい

建売の新築戸建ての購入を検討しています。←木造です。

物件の検討段階ですので決定したわけではないのですが
まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。
(現在私は木造戸建ての実家に住んでいるのですが、とにかく寒くて、
暖房をつけていても、切るとすぐに部屋が冷えてしまう為。)

調べたところ、グラスウールなどの断熱材を入れる事で保温性がアップするとの
事で、是非入れたいなぁと思っているのですが、材質や工法などが色々あり、
それぞれ一長一短で素人の私にはどれが良いのか判別がつきません。

さらに結露の問題もあるとの事で(これが一番心配です)、どうしたら良いのか迷ってます。

そこでご質問なのですが

◆オススメの断熱材の材質は何でしょうか?
(それぞれ一長一短あると思いますが、出来れば縮んだり劣化しにくい物が良いです)

◆結露を防ぐにはどういう事が必要でしょうか?結露が出来るかどうかと言うのは
材質さえ結露の出来にくい物を選んでおけば大丈夫なのでしょうか?

◆結露を気にするのであれば断熱材は入れない方が良いのでしょうか?

◆断熱材については施工する人の腕次第と聞いた事がありますが、腕が良いかどうかは
わからないです…腕が良くない方が施工する場合でもしっかりした断熱効果が得られて、
結露も起こりにくいというような材質、工法はありますでしょうか?

以上ですがどうぞよろしくお願いします。

建売の新築戸建ての購入を検討しています。←木造です。

物件の検討段階ですので決定したわけではないのですが
まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。
(現在私は木造戸建ての実家に住んでいるのですが、とにかく寒くて、
暖房をつけていても、切るとすぐに部屋が冷えてしまう為。)

調べたところ、グラスウールなどの断熱材を入れる事で保温性がアップするとの
事で、是非入れたいなぁと思っているのですが、材質や工法などが色々あり、
それぞれ一...続きを読む

Aベストアンサー

(3)の再アンサーですが、

>まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。

今どき、といいますか、はるか大昔からでも、どんな最廉価クラスの建売住宅レベルでも、「断熱工事」は最低限の「標準仕様」になっていると思います。
「お金のかかる別料金オプション」というような仕様の建売業者レベルだったら、そういう業者物件には他のトータルレベルで考えても手を出さないほうが賢明ですヨ(^^。

どんな建売業者でも建物の「標準仕様書」(設計書)というのは備わっているのは承知と思います。
それがなくてどういう建物?
どういうグレードで建てる?って契約の指針がないってことはあり得ないでしょう?(^^

またすでに建ってるものだったら、「目で見た限りの商品ですよ」だけじゃ安心して買えないですよネ(^^

標準仕様書に「断熱工事」の項があります。
標準仕様に謳われていることは当然お金を払うこと内容ですから、たとえばグラスウールを入れる標準施工マニュアルというのが材料メーカーに当然のようにあります。
標準品例 http://www.glass-fiber.net/form/index.html

契約内容に謳われていることは当然、施工マニュアルどおりが標準。勝手なやりかた、手抜きだのは許されません。
それに対して対価を払う建主契約者はとことん「ただ単に完全な標準施工なだけ」を要求、追求するだけです。買主・建主ですもん(^^。

施工業者技術・知識レベルが心配であれば、先の施工マニュアル持参で、販売主・不動産営業担当や社長などに、「このことが一番気がかりだ。徹底的に標準施工の品質を見守ってくれ。見届けてくれ。施工写真を撮っておいてくれ」と人間信頼感を期待して頼んでおけばいいのです。もちろ現場で大工さんと顔を合わした時も。
施工マニュアルも複数用意してそういう会話と同時に手渡せば、いくらハイハイ(内心、口うるさいシロウト施主と思う)生返事で受け流そうと思っても、施工時にはかなり気にして手をかけるはずです。それなり責任感で仕事している人間ですもん(^^。

(まー本当に重要な「気がかりなこと」は、並び立てればもっと他にいくらでもあるわけですが(笑)

また、言われなくても常識でマニュアルのようにやってあたり前の現場職人かもしれないし。念押しぐらいのつもりで(^^

------------------------------------------------------------
一般的に、「ウチはこの材料とマニュアルを多用している」という販売主や工務店側の特別の提示がない限り断熱材はグラスウールが標準、並、一般的だと思います。
コストパフォーマンスでいまだ一番ですから。(またはロックウール。ほんの若干性能劣るもその分ほんの若干安い)

厚さが50mmか100mmかで、100mmにしたい場合差額追加オプションというケースの、50mm標準仕様レベルは存在します。
大した差額でないですから100mmにすべきべきでしょう。(関東以北の場合)
また多少の施工いいかげんさがもしあっても、その厚さ膨らみで内壁側ボートとの密着性がいいですから。=膨らみを押し込むほど密着性がいいということは、その間に空隙ができにくい。=その空間を空気が流通・循環するのを防いでくれる。
特に木造在来工法など、床下の空気が温度の高い天井側へ壁内を伝って通気しているのが現状多々です。
(しっかり文書や設計・施工図で指示して見届けないとまだまだいいかげんなのが現状です。)

北海道・東北でもない限り、断熱材の室内側の防湿フィルムの完璧密閉性にはそうシビアに心配しても、神経が休まりません(笑 完璧を目指すという目標値の謳いあげで、よりハイレベルを、の(笑

仮に空気の流入が多少箇所あっても、通気しているわけではないですから、そんな内部まで流入循環が起こるわけでないので。仮に多少の湿気状態が部分小面積に起こっても、全体性能が一気に低下するほどでなく。○×思考しない柔軟性も必要。人間相手。コンセント・スイッチボックスなど密閉性を損なう要因は多数・・現状なので。。。

冷房による壁内の逆結露、カビの発生症状は、先に記しました、壁内空気循環が室内ボード
側に起こるような空隙が放置されて、その接触面で起こっている例です。

耐用年数迎えた木造住宅の建て替えや部分リフォームの現場には相当数立会い研究している立場ですが、断熱材の結露が原因で耐用年数を縮めたというような決定的な腐朽要因は経験ありません。腐朽の場合、外部から雨水・湿気など浸入しての腐朽がすべてと言っていいほど。雨漏り・壁内雨水浸入などあってはならない根本欠陥ですから、断熱材の是非と別問題です。

(3)の再アンサーですが、

>まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。

今どき、といいますか、はるか大昔からでも、どんな最廉価クラスの建売住宅レベルでも、「断熱工事」は最低限の「標準仕様」になっていると思います。
「お金のかかる別料金オプション」というような仕様の建売業者レベルだったら、そういう業者物件には他のトータルレベルで考えても手を出さないほうが賢明ですヨ(^^。

どんな建売業者でも建物の「標準仕様書」(設計書)というの...続きを読む

Q壁の断熱材としてのロックウール100mm

一般住宅で使用します。
天井・壁「ロックウール100mm」の情報をお願いします。

(1)グラスウール100mmの「何K相当」ですか?

(2)グラスウールと比べると耐久性能はどうですか?

(3)外からの音に対して防音材として期待できますか?

(4)なぜ高価なのでしょうか?

(5)グラスウールのみと比べると良い?悪い?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)

http://www.polaris-hs.jp/zisyo_syosai/syosai_img/dannetsu_kimitsu/netsudendo.pdf#search='%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%AB+%E5%AF%86%E5%BA%A6'

http://www.rwa.gr.jp/product/housing01.html

↑参照のこと

(2)

同等

(3)

同じ厚みでも、密度が高いのでグラスウールより高い。


(5)
変わらない

施工は、密度があるし繊維の柔軟性がグラスウールより無い(硬い)ので施工はグラスウールより若干難がある。

Q構造で使うなら集成材か無垢材か

一般に無垢材のほうがいいというのは知っています。
ネットで調べましたし、工務店巡りでも色々聞かされました。

ある工務店で、

「構造体(柱・梁)は、うちは集成材を使ってます」
「集成材のほうが、強度もあって、経年変化も少ない(伸び縮みしない)」
「コストで選んでいるのではなく、総合的に性能が良いので集成材です」
「ご希望とあらば、無垢材でもやります。値段は、10-20万高くなる程度です。だけど、お勧めは集成材」


といわれました。
隠す雰囲気もなく、割と自信たっぷりに言ったので、
少しびっくりしてしまいました。

一般には、無垢材がいいってことになっていますが、
集成材のほうが良い、って本気で言っている人いるんですか。

計測値でも、集成材のほうが強度が出るとかいう話もあるし、質の悪い無垢より
質の高い無垢のほうがいいだろうし、いろんな意見はあると思います。

一概には言えないかもしれませんが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

乾湿繰り返しによる耐久性について説明します。
集成材が盛んに使われ始めた数年前に集成材と乾燥無垢材を屋外に雨ざらしして放置したら、集成材のみに接着部分にヘヤークラックのような剥がれが認められるとの報告を複数見たことがありました。木材が濡れて膨張し乾いて縮む作用を何回も繰り返すことで接着部分が剥がれてきているのです。実際には雨ざらしにはならないだろうが、結露が発生する場所に使うと起こりえる現象です。集成材は接着部分が剥がれると強度は激減します。

Qグラスウールとロックウール

素人です。 よろしくお願いします。

グラスウールと、ロックウールの違いを教えて下さい。
それぞれのよい面、悪い面などありましたらお願いします。


また、現在新築予定なのですが現在頼んでいる工務店さんが勾配天井の断熱にロックウールを使うといっていました。
しかし工務店さんもほとんど勾配天井の断熱はしたことが無いらしく
こちらでも勉強することを余儀なくされております。

専門家の方、おられましたらロックウールでの勾配天井の断熱法を教えて下さい。
また、それ以外でも安価で出来る方法などあればご教授いただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グラスウールとロックウールの比較のサイトがあったので貼っときます。

工務店さんがロックウールと言ってるのにグラスウールにするのも難しいでしょうが、素材が違うだけで工法的には同じような気がします。

参考URL:http://www.glass-fiber.net/dannetutaiketu/2.html#

Q断熱材について教えてください。

現在新築を検討し進めています。

断熱材について、標準ではロックウール壁55mm・天井75mm
となっています。
ちなみに在来木造で地域は東海、サッシはアルミで窓は
ペアガラス(LOW-E)です。

比較的温暖な地域なので上記の断熱材も悪くはないのかも
しれませんが、吹き抜けがあり蓄熱暖房を取り入れるので
できるだけ断熱性を高めた方がいいのかなとも思います。
(そもそも高断熱、高気密の家にすればよかったのですが・・・)

業者にはロックウールを壁、天井ともに100mmにする、
パーフェクトバリアやセルロースファイバーにするなど
提案いただいています。
ロックウールの厚みを増やすくらいなら予算内だと思いますが
ほかはちょっと高くなるので考えてしまいます。
でも一生住む家なので・・・迷います。

断熱性を高めると結露しやすくなるんですよね??
第3種換気なので無理に断熱性を高めると結露しやすく
なってしまうのではと懸念しています。

ぜひ断熱材についてアドバイスいただけますでしょうか?

Aベストアンサー

我が家も壁と天井は24Kロックウールで厚さは80ミリ?だったかな?100かも?(関西中部でフラットS仕様)
窓は全て二重ガラスです。ローEや樹脂サッシではありません。
質問者さんの条件に若干近いかと思います。


私的には土壁より断然寒くないので満足してます。寝室が10℃を切ったのは、この冬1、2回くらいです。
家族はマンションより寒い~と言ってますが。
(比較が極端ですみません。感じ方はひとそれぞれなので)

ロックウールが分厚過ぎて外壁との間に風が通らなくなると湿気が抜けないので、よく確認されてください。

ロックウールは内壁の石膏ボードにぴったり付けて、裏表を間違えず、耳を間柱に止めていけば、結露はあまり心配されなくてもいいのではないでしょうか?

我が家で気になっているのは、二階の夏の暑さです。
二階の天井にも同じ厚さはのロックウールを敷いてますが、夏の二階ははっきり言って暑いです。
今度の夏は屋根裏換気扇を入れようと計画しています。
二階の天井は厚さ200ミリがいいという回答が以前ありましたが、効果は知りません。

我が家も壁と天井は24Kロックウールで厚さは80ミリ?だったかな?100かも?(関西中部でフラットS仕様)
窓は全て二重ガラスです。ローEや樹脂サッシではありません。
質問者さんの条件に若干近いかと思います。


私的には土壁より断然寒くないので満足してます。寝室が10℃を切ったのは、この冬1、2回くらいです。
家族はマンションより寒い~と言ってますが。
(比較が極端ですみません。感じ方はひとそれぞれなので)

ロックウールが分厚過ぎて外壁との間に風が通らなくなると湿気が抜けない...続きを読む


人気Q&Aランキング