ロシアの物理学者レフ・ランダウは、1962年1月7日に自動車事故で瀕死の重傷を負い、同じ1962年にノーベル物理学賞を受賞していますが、
自動車事故で死にそうになったから、死なないうちにノーベル賞を与えなければとスウェーデン科学アカデミーが考えて、同年にノーベル物理学賞を与えたのでしょうか。
もし、自動車事故にあわなかったら、ランダウのノーベル賞受賞はもっと後になっていたのでしょうか。

A 回答 (2件)

面白い発想ですね。

いずれにしても、ランダウはロシアの生んだ最高級の物理学者であることには異論がないでしょう。ランダウは物理学のいろいろな分野で、彼の名前のついた現象や方程式を発見ないし創出しています。

もし、質問者さんの仮説が正しかったとしたら、ますますランダウは偉大だったと言うことになりますね。世の中、ノーベル賞をもらえる可能性のある方は一杯いますが、その方が死にそうだと言うので、死ぬ前に慌てて出してくれるような方は、ノーベル賞受賞者の中でも滅多にいないでしょう。もし出さなかったらノーベル賞財団の恥になると言うのですから、すごい方ですね。何か、ランダウのためにノーベル賞を出すと言うのではなくて、ノーベル賞財団のためにランダウにノーベル賞を出すと言った感じですからね。
    • good
    • 0

違います。

スターリン批判者のリストに載って殺されかけたため、事情通が働きかけました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしょうか?
ランダウがスターリン批判を試みて投獄されたのは、1930年代の終わり頃ではないですか。
1962年はフルシチョフの時代ですよ。
自動車事故にあった直後にノーベル賞を受賞したのは、はたして偶然でしょうか。
私が知りたいのは、「自動車事故にあわなかったら、ランダウのノーベル賞受賞はもっと後になっていたのではないか?」ということです。

お礼日時:2009/02/13 11:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンに使用されている電源ユニットの「REV」とはどのような事を意味

パソコンに使用されている電源ユニットの「REV」とはどのような事を意味しているのでしょうか?

現在REV:Eというものなのですが、交換するにあたり
REV:B や REV:C でも大丈夫なのでしょうか?
REV:Fは上位になるのですか?

Aベストアンサー

REV. = REVISION =リビジョン

修正・改訂等を示します。

改訂内容は個々の製品毎によりますので、メーカーが公開していない限りわかりません。
使用部品の変更や、不具合の改修、設計自体の変更等、内容はいろいろです。

通常は上位互換の筈なので、上位のリビジョンなら大丈夫だとは思いますけど、下位のリビジョンに関しては何とも言えません。

Qノーベル物理学賞の受賞理由

ノーベル物理学賞の受賞理由を見てみると、物理法則の発見や、困難あるいは画期的な実験で理論を検証したとかではなく、単純に工学的に優れた機械を発明した人も受賞しているようです。
機械を開発というのは物理学的にはどうでもいいことなんですが、なんで工学と物理学がごっちゃにされてるんですか?

Aベストアンサー

>業績がわかりやすいから、です。

まあ、審査は秘密なので誰にもわからないわけですが、

ダイナマイトの発明で儲けたお金で作った賞ですし
19世紀末、物理の新理論はもう出ないと思われていたらしいですから
工学的な発明や実用化に賞を与えるのは自然な流れかと。

数学賞がないというのも、この賞の性格をよく表していると思います。

QEV-DO Rev.Aはなぜ普及しない?

auのCDMA 1x EV-DO Rev.Aが昨年12月にサービスインし、期待していたのですが、
その後2007年になっても新機種は春モデル、夏モデルともに
Rev.Aに全然対応していません。
発表されはじめた冬モデルも、Rev.A対応が増えるという話は耳にしていません。
通信の上り方向が速くなるのはメールやGPSでのストレスがなくなり、
ユーザーにとって嬉しいことだと思うのですが、
Rev.Aはなぜ普及しないのでしょうか?また今後の普及見込みはどうなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

2006年8月31日にドコモが下り最大3.6Mbps、上り最大384KbpsのHSDPAサービスを開始しました。いつものように(FOMA開始時)エリアも拡充していない見切り発進ですが、ドコモが始めてしまった以上、auもまだ早いけど始めなくてはってのが東芝一部端末のみに対応させた下り最大3.1Mbps、上り最大1.8MbpsのEv-DO Rev.Aです。去年の端末は様子見の試験的な端末だと思っています。ただ、秋冬モデルからは多く搭載されているようですよ。テレビ電話も下りだけ早くても駄目、上下が速くて快適な画像表示になると思います。

ドコモのHSDPAはやっとauのWIN(Ev-DO Rev.0)を超えた程度と考えて良いでしょう。
Rev.AはHSDPAより上のHSUPAとの比較になるでしょうね。HSUPAではまた速度が抜かれるのでそのころにはRev.Bと一歩遅れたイタチごっこですよ。

どちらにしてもテレビ電話の需要があるとは思えないですし、通信速度の競争より品質や料金で競って欲しい物です。

Q南部陽一郎博士はアメリカ人ノーベル賞受賞者なのですか

今年のノーベル物理学賞を、南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏が受賞し、マスコミでは、「日本人が物理学賞を3人受賞」と書き立てられていますが、
南部陽一郎博士は、アメリカ国籍を取得しているから、アメリカ人受賞者ではないのでしょうか。
南部博士も、「日本人受賞者」と言って良いのでしょうか。

Aベストアンサー

「○○人」の定義は、○○国籍を持つ人だけではありません。人種・民族・出身地・居住地の意味で「○○人」を用いる場合もあります。

そういう意味では、今回の報道は許容範囲ではないかと思います。

ただ、「日本人のノーベル賞受賞者はこれで○人」という報じ方は誇大表現のように思えます。統計的数値を出すならば、日本人の定義を明確にする必要があるかと思います。

QdG=dw.e.rev(非膨張仕事)までの導出過程での質問。

dG=dw.e.rev(非膨張仕事)までの導出過程での質問。

G = H - TS


T一定で


dG = dH - TdS

= dU + d(PV) - TdS


可逆過程では、


= (dq.rev + dw.rev) + (PdV + VdP) - TdS


P一定より、


= dw.rev + (PdV + VdP)


dw.rev = -PdV +dw.e.rev(非膨張仕事)とすると、


= (-PdV + dw.e.rev) + PdV


dG = dw.e.rev



「T一定」と「P一定」で可逆変化というものは可能なのでしょうか?「P一定」では"不"可逆変化のように思えます。また、PV=nRTに適応すると、Vは一定となり膨張も何も起こらないように思えるのですが・・・。


分かる方、詳しく解説して頂けると助かります。

Aベストアンサー

>「T一定」と「P一定」で可逆変化
化学変化では「T一定」と「P一定」で可逆変化ですね。
相変化などもそれに属します。詳しくは、↓
http://homepage2.nifty.com/eman/thermo/two_phase.html

Qアインシュタインは、なぜ、相対性理論によっては、ノーベル賞を受賞できなかったのでしょうか?

アインシュタインは、光電効果の理論的解明により、1921年のノーベル物理学賞を受賞しました。
しかし、相対性理論によっては、受賞しておりません。
相対性理論を提唱した当時は、この理論は評価がはっきりしていなかった、とは思います。しかし、しだいに評価が高まり、彼は世界的に知られるようになりました。
したがって、後年になれば、彼はノーベル賞の受賞に値する、と思います。
なぜ、アインシュタインは、相対性理論によっては、ノーベル賞を受賞できなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

「相対性理論」は一つの「仮説」であって、実験的事実によって「検証」されることでその正しさが認められます。

アインシュタインの相対性理論は、1905年に「特殊」、1916年に「一般」が発表され、その理論から得られた結論の一部が1919年の日食の「光の曲がり」として観測されたりして「検証」されつつあったものの、1921年の時点ではまだ「賛否両論」が残っていて、選考委員からは全体の「検証」がされているとはみなされなかったのでしょうね。(重力波が観測されたのはやっと2016年のことですから)

現代でも「相対性理論は間違っている」というトンデモ反相対論があちこちに見られるぐらいです。

QマザーボードのRevについて

マザーを販売しているサイトを見ているとRev○.○○とありますが
商品紹介のページに1.0と表記されていたら1.0の商品が届くのでしょうか?
Revが上位のものが届くのであればそれが嬉しいのですが。

Aベストアンサー

Gigabyteでしょうか?
明示されているなら、そのRevが届くと思います。
他メーカーでRev表記販売しているものはあまり見かけませんね。
Gigaの場合なら、似て非なるものと考えましょう。

Qノーベル賞受賞論文についての新聞での解説?

私は 小学校の頃、何度も重い肺炎で死にそうになっていた人間ですので、分数の学習時期を逃してしまったようで、 大学にはいきましたが推薦入学で入れたようなもの、 理数系は苦手人間でした。

50歳までは、分数の分母が下で分子が上の記号の意味すら解らなかったものですが、 もちろん、割り算は知っていましたから、パーセンテージとか割合計算とか使っていましたし、 確率の考えすら実際に使うための思索ぐらいはやっていましたから、思考力がそのへん白痴並みというのではないはずなのですが(--):。

そういう人間には、最先端の科学の解説など、読んでも結局何も解らなくて当たり前なのでしょうか?

でも、その解説では、ある程度くわしい内容をすでに知ってる人がそれを読めばばかばかしいだろうと推理できそうなあまりにも簡単な図解とか文章でありつつ、 そうでない人には、なんのための解説なのかと思えてしまうほど、結局何も解らないまま?なのですが。

そのへんは、新聞での紙数とかの関係で仕方の無いことと割り切るよりしかたのないところなのでしょうか?

ビックバンが 138億年前でしたか そのあたりに物質を生み出したとすれば、 それ以前の「億光年」から私たちの地球に届いた光として見える星達という物質はそこに含まれていないことは解りますので、  そうするとビックバンという現象は、その頃にも起こったわれわれの地球に関わるところの物質の誕生なのだろうとか、 あるいは、そういう現象が宇宙にはたくさんあって星達が生まれてきていて、原理は同じなので それが物質全体の始まりの姿にもあてはまる ということなのか、 ともかくそのどちらか言いたいのだろうということは そこから推理できるところですけど、

質量を伴わない物質から質量をともなう物質への転換がビッグバンなのか?まったく無からそのエネルギーは偶然生まれた?のか(もちろん、それは一般人には不可能と直感されてるところです。) そのへんも何かはっきりしません。  

でも、、本来ビックバンの時点では、粒子と反粒子が同時に存在したはずなのに、 その質量が膨大な空間的広がりを持っていくうちに反粒子は どこかに消えてしまったという「謎」が 長い間「謎」のままだったのに、  30年前にわれらが日本の先端物理学者たちが、クォークを6個見つけることによって、その謎が解けたというところなのですが、このへんは、まったく大小極端な二つの発見の世界がどのように結びついているのかのあたりは 推理での想像もつかない形です。

粒子というのが仮に物質のクォークの次に小さい単位の球とかで現せたりする単位だったとして、 粒子と反粒子がそれぞれさらに3個づつのクォークで出来ていたとして、 普通は粒子と反粒子がぶつかると光となって消えて行くのだとして、 クォークの数の関係で その消え方に偶数で無いような(非対称的な)消え方が生まれるために、 それで最終的に反粒子が消えてしまうという現象が可能だったということが解った、という論理なのか?   

結局は何も解らないのですが(何が言いたいのか?)、それは、クォークのそれぞれの性質とか、粒子、反粒子の意味合いとかがまだ解ってない人には解説の仕様が無いために、 ほかに書きようが無かったからの、解説書入門の入門のような 解説しかできなかったという感じなのでしょうか?

図入りで説明してあったので、 期待しすぎてしまったのでしょうが、 クォークがたった6つならば、それぞれの性質からもう少し 対象性の破れの理由の発見のあたりが素人にも解説できるのではと 思ってしまったのですが、   もしかしたら、やはり 数学が出来ないとそのへんは解説不能なのでしょうか?

ほんとにお手数でしょうが、 このあたりのしろうととのギャップの原因のあたりを解説していただけるとありがたいのですが。

おめでたいことではあるのに、何も考えられないなんて すこし残念なのです。    年取って むしろ、こんな状態からも興味や勉強への意欲はかえって生まれてはいます。 

でも幼稚園生(60歳の庶民でも)には、すぐには「何も結局はわからない」解説程度しか無理なのでしょうか?

私は 小学校の頃、何度も重い肺炎で死にそうになっていた人間ですので、分数の学習時期を逃してしまったようで、 大学にはいきましたが推薦入学で入れたようなもの、 理数系は苦手人間でした。

50歳までは、分数の分母が下で分子が上の記号の意味すら解らなかったものですが、 もちろん、割り算は知っていましたから、パーセンテージとか割合計算とか使っていましたし、 確率の考えすら実際に使うための思索ぐらいはやっていましたから、思考力がそのへん白痴並みというのではないはずなのですが(--...続きを読む

Aベストアンサー

「自発的対称性の破れ」や「CP対称性の破れ」について正確に理解する
ためには、古典物理、相対論、量子力学、場の理論について基礎から学ぶ必要があります。でも、これらのことを学ぶには、相当長い時間、年数を必要とします。一般の人が教養として身につけておく知識としては、そんな高度の知識は必要ありません。一般の人が、現代の物理学の概要を知るには、ブルーバックス等の書籍を読むぐらいで充分のような気がします。一般書として、数多くの書籍が出版されていますが、リサ・ランドールの「ワープする宇宙」はどうでしょうか。この本には、
小林・益川理論等の「標準モデル」についても簡単な説明があります。ぜひ、ご一読ください。
南部さんが考えた、「自発的対称性の破れ」の現象それ自身は、素粒子論だけでなく、強磁性体の磁化など、日常の物性に普通よく見られる現象です。このような身の回りの現象から、物理を学ぶのも面白いんではないかと思います。

Q高速通信規格「EV-DO Rev.A」

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0701/16/news029.html
ここにW52Tは、高速通信規格「EV-DO Rev.A」に対応してないと書いてありますが高速通信規格「EV-DO Rev.A」とは何ですか?

Aベストアンサー

要は今auではWINって機種がありますよね?
それが5年くらい前からやってる下り2.4Mbps、上り144kbpsの高速通信なんですけど、EV-DO Rev.0と判別されます。その規格の後継が下り3.1Mbps、上り1.8MbpsのEV-DO Rev.Aです。
通信速度が速くなっています。
特に上りが格段に速くなっているのでテレビ電話も対応になっていますね。

春モデルには残念ながら対応機が無く、私は機種変を断念しましたが、夏モデルに期待しています。

Q小林-益川さんはなぜノーベル賞を受賞されないのでしょうか?

めちゃくちゃ有名な理論で正しい(?)のになぜ受賞されないのでしょうか?日本人は不利なのでしょうか?

Aベストアンサー

ずっと有力候補で時間の問題といわれて長いです。
過去には確かに北里柴三郎の件は実際ありましたが
現在では基礎研究では日本は評価は高いほうですし、
日本人だからということはないでしょう。

業績はもちろん現在のトレンドなんかも関与したりする
人がきめることですので有力候補がずっと落選するのも
多いですよね。


人気Q&Aランキング