これからの季節に親子でハイキング! >>

契約相手でないB社(下記参照)が当方に請求することが正当でしょうか。

経緯など

A社の分譲別荘地を購入。A社と別荘地の管理契約を結びA社に管理費を倒産するまで支払っていた。
A社は倒産。このとき当方はB社の存在は認識せず。
B社より7年間分の管理費の支払い請求されるも対応せず
B社は小額訴訟を起こしてきた。根拠としてA,B間で業務委託契約書。(時期 倒産2年前)を交わした。当方とA社の管理契約も出してきた。
以上
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問文が少々わかりにくかったのですが、



A社に払っていた同期間の管理費をB社から2重請求された、
ということであれば、支払義務はないです。支払記録を提示すれば
問題ありません。

A社からB社に引き継がれた以降の管理費をあなたが払っていない
ということであれば、あなたに支払義務があります。
契約を引き継いでいるわけですから。

別荘地の管理費は私道利用と引き換えみたいな契約も多いようですから
支払義務があるのであれば、早めに清算されたほうがいいと思います。

この回答への補足

ご回答有難う御座います。
質問の「経緯」部分は時系列(上から旧で下が新)です。

当方はA社と当方間の管理契約を所持しています。A社はB社に管理業務の委託契約をしていました。当方からはA社しか見えていませんでした。B社の存在が明確になったのは小額訴訟を起こされるまえに送られてきた内容証明の文書が初めてです。

A社が倒産したので管理契約の相手がいなくなったと思っていました。A社はB社に別荘地の販売から管理まで丸投げの業務委託契約を倒産の2年前に結んでいました。

当方とB社に交わした契約が無いのに支払い義務が生じるのでしょうか。頭書の「引き継いだ」は当方が表現したものです。B社の言い分は
1.A社-当方間の管理契約書
2.A社-B社間の業務委託契約書をもとにA社倒産後の管理費を請求しています。

B社の請求行為が正当かお教えいただけないでしょうか。

【お詫び】当方への通知メールアドレスを誤って登録していたためご回答に気づきませんでした。本文・補足が遅れましたことをお詫びいたします。

補足日時:2009/02/15 11:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q別荘地の管理費は払う必要があるでしょうか

親から相続した別荘地、森林更地、が売れなくて困っており、可能性としては家族への相続の時点で相続放棄にすることが考えられます。この場合、固定資産税は払い続けるとしても、管理会社に対する管理費の支払いを私が死ぬまでしないでいると、私の生前及び死後、どの様な法的措置の対象となることが考えられるでしょうか。

Aベストアンサー

管理会社とその土地に関する管理委託契約を締結しているはずです。

その管理委託契約の期間がどのようになっているかです。

契約期間の定めがあって、「期間満了に際し、どちらからも申出がなければ自動継続になる」というものではないでしょうか。

無期限の契約は考えられません。
業者変更の選択権がないことになりますから。
「死ぬまで払い続ける」ということはないと思います。

契約書を確認してみてください。
契約解除の条項があるはずです。

契約期間中に管理費の支払いをしなかった場合は、最終的に訴訟になって、当然「支払え」という判決でしょうから、その後は差し押さえでしょうね。
滞納管理費に相当する財産を差し押さえると言うことです。
その土地を競売にかけるということも考えられますが、「売れない」ということですから現実的ではないでしょう。

なお、相続放棄ですが、その土地だけの放棄はできません。
全ての相続財産を放棄するかしないかになります。

Q別荘地管理費用は支払い義務が有るの?

バブルの頃に勢いに任せて別荘地を購入しました。契約書では、別荘地周辺の道路の管理などで管理費用を支払う契約になっています。考えてみるとその土地を所有する限り未来永劫にわたり管理料を支払わねばなりません。管理部分は所有地内ではありません。
年間数万円ですが、不景気の昨今支払いを停止したいのですがどのようにすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

総会がないと云うことなら、その管理費の行方はどうなっていますか?
支払先に尋ね、管理費の使い方など全員が納得できるように明らかにするべきです。
なにしろ区分所有法と云う法律ですすめられるべきものですから、あるいは法律違反と云うべきでしょう。
市町村役場に行くと「マンション管理士」と云う者を紹介してくれます。その者が、そのようなことのプロです。
その者と相談して下さい。

Q突然、自治管理費の請求が送られてきたのですが・・・

数十年前に父が購入した土地があり、分譲地で700区画以上あるのですが、私どもを含め土地として持っておられる方がほとんどのようでニュータウンと名付けられたその中にはほんの数件しか家は立っていないという状況です。私どもも今の住まいから遠く離れているので、あまり現地には行ってない状態です。
昨年末に、そのニュータウンを管理するというある会社から管理契約書(名前等を記入して2枚のうち1枚を返送要というもの)なるものと自治管理組合入会金及び管理費・施設利用料の数年分として数十万円を支払う必要があるという書類が送られて来ました。悪質な詐欺なのではと、ほっておいたのですが、先日その会社から委託を受けたという債権回収会社から督促の書類が送られてきました。
その管理会社は2年程前からそのニュータウンを管理していることになってるようで、分譲地内の道路の所有もしているようです。また私どもは全く知らなかったのですが、1年半程前に「自治管理組合総会」があったとのことで、そこで決議されたことに基づいて自治管理組合への入会要求と管理費の支払要求と、またそれまで全く連絡も無かったにもかかわらず、支払いを再三お願いしてきたと書いて送ってきたのです。
(請求の内容は自治管理組合入会金…約10万円・年間管理費約3万円×数年分・共益施設利用料年間約3万円×数年分というものです)
父が当初購入した時の会社は既に無くなっているようで、どこに相談したらいいのか分からずここで質問させて頂きました。
常識知らずの家族で、支払うのが当然のことなのか、支払う必要が無いのか全然分かりません。良きアドバイス頂けたらありがたいです。
よろしくお願い致します。
ちなみに分譲地内の道路はアスファルトで舗装されており、各分譲地(建物の建ってる数件を除き)は土のままで雑草が生えてるという感じです。

数十年前に父が購入した土地があり、分譲地で700区画以上あるのですが、私どもを含め土地として持っておられる方がほとんどのようでニュータウンと名付けられたその中にはほんの数件しか家は立っていないという状況です。私どもも今の住まいから遠く離れているので、あまり現地には行ってない状態です。
昨年末に、そのニュータウンを管理するというある会社から管理契約書(名前等を記入して2枚のうち1枚を返送要というもの)なるものと自治管理組合入会金及び管理費・施設利用料の数年分として数十万円を...続きを読む

Aベストアンサー

契約が交わされていなければ要求に応じる必要はないですね。
http://okwave.jp/qa1250581.html
のような場合もありますが、
その土地ですが、売るに売れない原野商法の土地に間違いありません。
そのような場所の道路相当部分を買って、舗装や水道引き込みをして、今頃になって「管理費を発生させた」のではないでしょうか?
まず、管理会社ですが、他の管理団体名と非常に紛らわしいですね。
私も相続不動産で、いくつか原野商法に間違いない!と思われる土地があるんですが、同社から、最近になってひんぱんに保有土地を買い取る旨の手紙が来るようになりました。
しかも、変更登記していない、亡くなった親の名前あて、現住所も地名変更されているのに、何十年前の以前の地名あてで…。
どういう事かというと、「原野商法カモリスト」を持っているという事になるでしょう。
普通でない名簿を使い、新たにシニア対象分譲地として原野土地に買い替えを勧めるべく、土地買取相談会をしょっちゅう開くのでしょう。
もし固定資産税非課税でも、相続では倍率でかかって来るような場所でしょうから、広ければけっこうな評価額になってしまいますよ(二回の経験あり)。ちょうど、評価額が4月から公開されますし、今のうちに相続評価がいくら位になるのか調べてみてはいかかですか?
そういう土地は貰ってくれたら御の字です、売買できない所ですから。
終了した公売物件で、いくつか同社の管理費つきの物件を見ました。
もちろん誰も買いません、100万円以上も債務がついてますから。
管理費を払わなければ差し押さえ?どんどん差し上げればいいと思いますよ。どうかあなたの代まで、お荷物が引き継がれませんように…。
(名前が紛らわしいため、下記リンク先のような誤解も発生しているようです。困ったもんですね…)

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415228424

契約が交わされていなければ要求に応じる必要はないですね。
http://okwave.jp/qa1250581.html
のような場合もありますが、
その土地ですが、売るに売れない原野商法の土地に間違いありません。
そのような場所の道路相当部分を買って、舗装や水道引き込みをして、今頃になって「管理費を発生させた」のではないでしょうか?
まず、管理会社ですが、他の管理団体名と非常に紛らわしいですね。
私も相続不動産で、いくつか原野商法に間違いない!と思われる土地があるんですが、同社から、最近になってひんぱ...続きを読む

Q不要な別荘地、1区画の処分の仕方教えてください

軽井沢にあるレ○○ニュータウンという別荘地の1区画を10年ほど前に相続しました。土地は崖地で建物を建てる費用も無いので使用せず、管理費年7万円ほどと固定資産税を払っています。毎年の管理費の支払がきついので何とか手放したく、現地の不動産屋で5年前に100万円で売りに出しているのですが買い手はついていません。管理会社に権利を放棄したいと申し出ましたが、管理会社は管理しているだけなので知らないと言われ軽井沢町への寄付の申し出も断られ困っています。オークションなどは慣れていないので避けたいですが何か手放す良い方法は無いでしょうか。

Aベストアンサー

私が認識している物件でしたら、正直申し上げて難しい物件だと思います。570m2の物件でしょうか?もし違うようでしたら、以下、当てはまりませんので無視してください。
難しい理由は
(1)本当に必要な人は買わない地域であること
(2)急傾斜で、基礎工事だけでも数百万かかること
一方セールスポイントは
(1)建ぺい率が30/50であること
(2)m2数が小さいこと
一見なんのセールスポイントにも思えないかもしれませんが、軽井沢では条例で300坪以下に分割してはならないということになっています。この物件はこの条例発効前の物件と理解しました。また、通常低層住宅地域は建ぺい率が20/20になっています。この物件は、第一種住宅地との境界にある緩衝地域に属すると思われます。急傾斜地ですと、道路から5m後退であるとか、隣地から3m後退などといった各種条例を遵守すると、なにも建たなくなります。ですから、この30/50というのは大きなセールスポイントです。また、520m2と小さいということはそれだけ安く売れるということですからセールスポイントになります。
ただし、難しい理由である「本当に必要な他人は買わない」というのが最大のネックです。本当に必要な人は、もっと高いお金を払っても、ちゃんとした家がリーズナブルに建てられて、手軽に買い物に行ける地域を選びます。そういう地域では、まだ坪単価30万円台後半しています。では、このような地域はなぜあるのかといえば、バブルのころの投機が目的であって、使うことを目的としていなかったからというのがほとんどではないかと思います。
ただ、manako7n様は一社にしか出しておられないのではないでしょうか?不動産屋さんの悪口を言う意図はありませんが、一社ですと身を入れて売ろうとしません。いわゆる専任媒介というやつです。他の不動産屋さんは、たとえ自分が決めてもこの専任業者に手数料の半分を持っていかれますので、よほど物件に競争力がない限り後回しにします。軽井沢には不動産屋さんは数十件ありますので、沢山に声をかけたほうがよいと思います。

私が認識している物件でしたら、正直申し上げて難しい物件だと思います。570m2の物件でしょうか?もし違うようでしたら、以下、当てはまりませんので無視してください。
難しい理由は
(1)本当に必要な人は買わない地域であること
(2)急傾斜で、基礎工事だけでも数百万かかること
一方セールスポイントは
(1)建ぺい率が30/50であること
(2)m2数が小さいこと
一見なんのセールスポイントにも思えないかもしれませんが、軽井沢では条例で300坪以下に分割してはならないということになっています。...続きを読む

Qマンションの区分所有法は別荘でも適用になるか?

別荘を所有しております。その地域では管理費を支払ったりしているのですが、管理会社より決算報告がありませんし、使途内容も不明です。
マンションだと区分所有法やマンション管理適正化推進法などをもとに管理組合の運営がおこなわれますが、別荘においてはそのような法律の適用はあるのでしょうか?

たとえば管理費の改定にはマンションの場合は管理規約の改定で区分所有者数と議決権の3/4以上の同意が必要だと思いますが、これを同じように別荘でも適用していいのでしょうか?
あと、理事役員選任のの規定とか収支報告や予算の審議とかもマンションと同じ過半数の同意で承認するという形でいいのか?

管理している会社のほうでは、まったくの素人経営で上記の話をしてもチンプンカンプンです。

詳しい方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

別荘でも区分所有法の適用を受ける場合があります。(区分所有法65条)
この条文は、一団地内に複数の建物があり、それぞれ独立している建物でも、土地の一部や管理棟などが共有財産の場合は区分所有法で管理されます。
管理規約の改正は同法66条(準用規定31条)で区分所有者及び議決権の各4分の3以上決議によって決めます。
「区分所有者及び議決権」と云うのは区分所有者と議決権の両方を満たす必要があります。
所有者と云うのは人数で、議決権と云うのは共用部分の割合です。

Q山林の土地を放棄したいの教えてください。

義母が若いころ(バブル時代)に、将来購入しておくとリゾート開発で良いお金になりますよと言われ、購入した土地が軽井沢にあります。しかし、今現在、ただの山林で買い手もつかない土地になってしまいました。毎年、固定資産税と都市計画税を徴収されています。義母が、毎年税金で出費が重なり返済が厳しくなりどうしてよいか分からないと相談がありましたが、自分もどうしてよいか分かりません。権利放棄でも構わないと話しているのですが。良い知恵を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前私も質問者様と同じような事で、調べたことがあるのですが
”土地買い取り業者”とネットで検索しますと買い取り専門(仲介ではなく)
の業者さんが沢山出てきますので、なるべく沢山の業者さんに
現在の状況をメールで説明し、その中でご自分が納得できる業者さんに
分からない事など質問して見てはいかがでしょうか?
買い取り業者さん選びにつきましては、義母様の所有されている物件の近くでなくとも
中には日本中何処でも買い取ってくれる業者さんもあるので
処分の条件を考えた時に、折角義母様が購入した土地なのですから、処分価格ではなく、
少しでも高く買い取ってもらえる業者さんに、当たってみるとよいのではないかと思います。
積極的な業者さんは、直ぐ義母様の所有している土地を調べて、返事をしてくれます。

因みに、私が所有している土地もまだ手放してはおりませんが、調べた時
”なぜ買い取り業者さんはこのような誰も買い手が付かないような土地を買い取るのか?”
と素朴な疑問を投げかけましたら
”世の中には森が好きで買う人も居る”との回答でした。

少しでも、参考になればと思います。

以前私も質問者様と同じような事で、調べたことがあるのですが
”土地買い取り業者”とネットで検索しますと買い取り専門(仲介ではなく)
の業者さんが沢山出てきますので、なるべく沢山の業者さんに
現在の状況をメールで説明し、その中でご自分が納得できる業者さんに
分からない事など質問して見てはいかがでしょうか?
買い取り業者さん選びにつきましては、義母様の所有されている物件の近くでなくとも
中には日本中何処でも買い取ってくれる業者さんもあるので
処分の条件を考えた時に、折角義母様が購入した...続きを読む


人気Q&Aランキング