宅地建物取引主任者(以下、宅建)について質問させていただきます。

単刀直入にいきますね。
一、宅建と日商簿記2級 
二、宅建と日商簿記1級

難易度は、一、二それぞれどちらのほうが高いですか?

回答のほうよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



個人的な意見ですが、
宅建の方が簿記2級よりはるかに簡単です。

もちろん、商業高校などで簿記をやったことのある方なら
簿記の方が簡単に思えることもあります。

難易度は主観的にしか決まらないということです。
    • good
    • 0

去年宅建に合格し、現在簿記1級勉強中の者です。



私は1級→宅建→2級の順で難しいと思います。
そのようにお考えの方が多いようです。以下、ご参考まで。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://okwave.jp/qa4163068.html

ただし、質問者様のご専門とされている分野などにも左右されます。
私は理系なので簿記2級は宅建と比較にならないくらい楽だったのですが、
法学部の友人などは、宅建と簿記2級は大差ないと言っていました。
No.1の回答者の方のように、2級のほうが難しい場合もあるようですし。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建の参考書と勉強法

独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。
参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。アマゾンのレビューを見ると「一発合格らくらく宅建塾」を柱に「過去問宅建塾」の1・2・3・を勉強し合格した等と書いてありますが、これは本当なのでしょうか?それほどの良書なのでしょうか?
まだ参考書を決めかねていますので、他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

また、私の父は宅建を既に合格しているのですが(かなり昔に合格した)、勉強は「宅地建物取引の知識」のみ1冊のみで勉強したと聞きました。この本は全然他の質問回答にも出てこないのですが、この本は必要なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じるかもしれないので、取っ掛かりはやはり「らくらく宅建塾」のような参考書のほうが、挫折しないんじゃないかなというのが私の個人的な感想です。

「宅地建物取引の知識」については、私は読んだことは無いのですが、私の周りで宅建に合格した人も、この本は使用していないようなので、書店で売られている宅建の参考書や問題集をしっかりやれば、充分合格は可能だと思いますよ。

それから、勉強法については、私も過去問をしっかりやり込む事をお勧めします。
また、もし可能であれば宅建の講座をやっているスクールでやっている宅建模試を受けてみるのも良いですよ。
全国模試だと、他の受験者と比べて自分がどれくらいのレベルなのか分かりますし、また本番と同じ形式で模試が行われるので、本番の良い予行演習にもなります。

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じる...続きを読む

Q宅地建物取引主任者Eが、E名義で賃貸物件の媒介を反復継続して行う場合、Eが宅地建物取引業者Fに勤務し

宅地建物取引主任者Eが、E名義で賃貸物件の媒介を反復継続して行う場合、Eが宅地建物取引業者Fに勤務していれば、Eは免許を受ける必要はない。
答え→×

自ら賃借は取引に当たらないとあるのですが、なぜ免許を受ける必要があるのでしょうか??
初歩的な質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>E名義で賃貸物件の媒介を反復継続

問題には賃借の媒介とあるので宅建業となります。代理も同じです。
自ら賃借とは自分が貸主になることです。

転貸借も含むので、Eがマンションを1棟賃借して、それを1部屋ずつ不特定多数に転貸しても宅建業には該当しないので免許は不要です。

Q「宅建」試験の参考書について

「宅建」の資格に興味を持っています。

勉強を始めるに当たり、どこの参考書を選ぶか悩んでいます。
(本屋に行くとたくさんありすぎて、初心者には選びきれませんでした)
ペラペラと見た所、

日本経済新聞社、住宅新報社、TACの出している参考書まで絞ったのですが
どれにしたらいいものか...

宅建の資格を取った方、今勉強中の方、何等か(経験上)アドバイスをいただけると
嬉しいです。
(自分は、こんな部分が評価できるので○○社の宅建参考書を使っている...等)

今からの勉強でどこまで頑張れるかわかりませんが、TRYしてみたいので
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一昨年、春から独学で勉強し40点超えで合格しました。

宅建試験は、過去問のやりこみがすべてです。私は10年過去問を7回まわしました。その際大事なのは、単に問題を解くだけではなく、4択の解答肢のうちの間違いの1肢or3肢について、なぜそれが間違いか口頭で言えるようにすることです。 

間違いの理由を言える
  ↓
基本的な知識が身についている。
  ↓
本番試験で似たような(ちょっとひねった)問題がでてきても、自分の基本的な知識で対応できる。

というわけです。

私は教科書としてらくらく宅建塾、参考書としてパーフェクト宅建を使いました。ただし上記のように10年過去問のやりこみが中心となりますので、教科書として使用する本は、自分にあった本だと思えばどれでもいいです。
らくらくはわかりやすいのですが、らくらくに書いてないところからも出題されています。そこの部分はパー宅で補いました。(パー宅は分厚すぎるので教科書としてはおすすめしません。参考書として使うならいい本です。)

上記に「間違いの理由が言える」と書きましたが、ここが一番重要です。本を読んで暗記しただけでは不十分です。そこをよく理解して勉強されることをお勧めします。

一昨年、春から独学で勉強し40点超えで合格しました。

宅建試験は、過去問のやりこみがすべてです。私は10年過去問を7回まわしました。その際大事なのは、単に問題を解くだけではなく、4択の解答肢のうちの間違いの1肢or3肢について、なぜそれが間違いか口頭で言えるようにすることです。 

間違いの理由を言える
  ↓
基本的な知識が身についている。
  ↓
本番試験で似たような(ちょっとひねった)問題がでてきても、自分の基本的な知識で対応できる。

というわけです。

私は教科書としてらくら...続きを読む

Q宅建の質問です。 【宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物の売

宅建の質問です。

【宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
1.Cが建物の所有権を有している場合、AはBとの間で当該建物の売買契約を締結してはならない。ただし、AがCとの間で、すでに当該建物を取得する契約(当該建物を取得する契約の効力の発生に一定の条件が付されている。)を締結している場合は、この限りではない。】
についてですが簡単に言うとAは自己の所有に属さないCの建物を売ってはならないけど契約か予約があればいいですよ、だけどその契約や予約が停止条件付きじゃだめですよ、と言う事だと思うのですが、国語力の問題なのか肯定と否定の位置がよくわかりません、変わった質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

33条の2

原則
・Aは自ら売主としてBと売買契約を締結できない。

例外
・AがCから建物を取得する契約か予約をしていること。(その効力の発生が条件に係るものを除く)とあるので停止条件や法定条件付きの場合には契約を締結できない。
・AがCと解除条件付き取得契約を締結しているときは、AはBと売買契約を締結できる。

民法127条
停止条件: ある事実が生じることで効力が発生
解除条件: ある事実が生じることで効力が消滅

蛇足ですが、民法上では他人物の売買は有効に成立します。

Q宅建の参考書

こんにちは。来年、宅建を受験しようと思っている者です。宅建の学習経験や不動産の知識はまったくありません。来年の試験までは時間があるし、今、比較的に時間に余裕があるので、今のうちに勉強を始め、少しでも知識を身につけたいと思い、本屋に参考書を買いに行きました。

色々見て検討しているうちに「らくらく宅建塾」という本がいいなと思いましだが置いてあるのは2009年版のものでした。他の参考書も2009年版のものしかなく、今から勉強を始めたいけど、やはり2010年版の方がいいかなと思い購入を踏み止まりました。

そこで質問です。次の年向けの参考書が出始めるのはいつ頃でしょうか?その年の試験が終わってからですか?やはり受ける年の参考書を買うのが妥当ですよね……。

Aベストアンサー

> 置いてあるのは2009年版のものでした。他の参考書も2009年版のものしかなく、
そのときに、書籍の発行日を見ておけば、’10年版が何月頃に出るのかの推測が付いたのに・・・残念。
アマゾンで宅建の書籍検索してみたら、12月発刊が多く、翌年2月迄に大抵のテキストが発刊されていますね。

> 今から勉強を始めたいけど、やはり2010年版の方がいいかなと
> 思い購入を踏み止まりました。
そのほうが良いですね。

Q宅地建物取引業の登録及び宅地建物取引主任者の登録

宅地建物取引業の登録及び宅地建物取引主任者の登録を戸籍上の本名ではなく通名で行うことは出来ますでしょうか?

Aベストアンサー

宅建主任者の登録に関しては残念ながら出来ません。

宅建主任者登録では申請書類がかなり厳密で、住民票の他、身分証明書(市役所で取る証明書で、制
限行為能力者と破産者でない旨を公的に証明するものです)と「登記されていないことの証明書」
(東京法務局に同上の登記が無いことを証明する書面です)も必要なくらいであり、そのような恣意
的な通称で登録すること自体が前提とされていません。基本的な本人確認や信用力が求められるから
です。ただ例外的に外国人の方は住民票に登録されている通称で届出が出来ます。

Q宅建の2004年度版参考書

来年、宅建の資格を取ろうと思います。今から独学で勉強したいのですが、来年受けるのに参考書が2004度版では何かと情報が古くなるんでしょうか?そこで2005年度版が出るまで勉強するのを待ったほうがいいでしょうか?
また、何かいい参考書あったら教えてください。

Aベストアンサー

去年合格した者です。
宅建の参考書は、その年に使うにしても法改正等の
ため情報は古くなってしまうものです。
今年受ける人用に法改正に対応した形で出版されているもの(去年はLECが夏に出していました。今年はわからないです。)
を使うのが最新の情報になっていると思います。
他の参考書でも法改正資料を出している参考書を
使えば訂正する時間はかかりますがLECのを使う
のと同じだと思います。
しかし、どちらにしても2005年版が出たら新しい
参考書を買う必要はあると思います。
どんな改正がされているかは、私は宅建に
関わらない仕事をしていてわからないですが、
独学でやるなら買いなおした方がいいと思います。
来年受けるならば、2005年版が出てからでも大丈夫
だと思うのですが、参考書を使わずに「迷物図書館」
などHPでまずは勉強するという手もあると
思います。

私のお勧め参考書は、らくらく宅建塾のシリーズです。
他の問題集も買いましたが、結局このシリーズで
やりました。
宅建をヤフーなどで検索すると色々なHPが
出てくるのでそういったものを見たり、
自分が使いやすそうな参考書を本屋で見つけたり
今はしてもいいんじゃないかと思います。

去年合格した者です。
宅建の参考書は、その年に使うにしても法改正等の
ため情報は古くなってしまうものです。
今年受ける人用に法改正に対応した形で出版されているもの(去年はLECが夏に出していました。今年はわからないです。)
を使うのが最新の情報になっていると思います。
他の参考書でも法改正資料を出している参考書を
使えば訂正する時間はかかりますがLECのを使う
のと同じだと思います。
しかし、どちらにしても2005年版が出たら新しい
参考書を買う必要はあると思います。
どんな...続きを読む

Q宅地建物取引主任者試験(宅建)について。

2010年に初挑戦で28点で不合格でした…

勉強量が足らなかったのとコツを掴めなかった、根性が足りなかったのが原因です。

そこで質問ですが、「らくらく宅建塾」シリーズで勉強してましたが、今年は「パーフェクト宅建」シリーズで勉強しようと思います。

2010年と2011年ではどんな法改正がありますか?(試験に影響)

参考書ですが2010年版でも十分ですかね?

Aベストアンサー

1、2問で落第したくなければ、最新のテキストを利用されるのが賢明です。
(宅建はボーダーライン前後1~2問の周辺に万単位の得点者のいるサバイ
バル試験といえます。毎年、ボーダーは受験者の試験の出来で変動し、あと
1問で涙を飲む人が他の試験より受験生が多い為かとても多い試験です・・・)
法改正は民法だけでなく、借地借家法や都市計画法、農地法や宅建業法など、
出題範囲の法令で大なり小なり、まず毎年、どこかで発生しています。しか
も重要な法令の改正は過去にもこれでもかと多く出題されています。ですか
ら、最新のテキストは必携です。なお、法改正情報はテキスト出版社に付属
の登録ハガキを送ると無料で貰えることが大半です。また、受験対策サイト
で高名な「十影響」さんのところなどで詳しく解説されています。

Q宅建の参考書のお薦め

現在建築学科の学生で、来年宅建を受験しようと思ってます。
お薦めの参考書があれば教えてください。

Aベストアンサー

初心者にお勧めなのが
「らくらく宅建塾」
です。
分かりやすさでいえば最強のテキストです。
宅建の基礎を学ぶにはこれがお勧めです。
しかし、最低限必要な知識だけしか書いていないので、もっと深い知識が必要な場合は他のテキストも必要になります。

勉強頑張ってください!!!\(^o^)/

参考URL:http://images-jp.amazon.com/images/P/478483155X.09.LZZZZZZZ.jpg

Q宅地建物取引主任者(宅建) 相続法の遺留分について教えて下さい。

教えて下さい。

宅地建物取引主任者で家族法⇒相続法の中で遺留分という内容がありますが、この遺留分というのはどのようなときに使われるのでしょうか?

例えば被相続人Xが愛人Qに遺産の3600万円すべてをあげると遺言した。Xには配偶者Yと子二人(A,B)がいる。

この場合、遺留分とはY=900万円・A=450万円・B=450万円。
この遺留分はY・A・Bに相続できると言うことなんでしょうか?それとも愛人Qが3600万円、全て相続できるのでしょうか?

遺留分=相続できる と考えてよいのでしょうか?

説明不足な書き込みですが、どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

遺留分の法的根拠は民法第1028条にあります。
質問の事例の場合には、お見込みの通り1/2が法定相続ということです。
一方で、同法第902条で、被相続人は遺言で遺留分に関する規定に違反
することができないとありますので、相続の半分は同法第900条の法定
相続権利者がその権利を有するということですね。もちろん、権利なので
放棄もできます。相続開始を知って90日を経過すると単純相続とみなさ
れます。


人気Q&Aランキング