痔になりやすい生活習慣とは?

確定申告の医療費控除に、通院費を含めて良いという情報を得たのですが、本当でしょうか?
当方、遠くの病院まで介助者をつけて通っています。
(片道100km以上はあります。)
精神障害1級、身体障害も第1種1級です。
もし通院費を含めて良いなら、多額にのぼると思っています。
まず、この情報は本当なのか。
それから、介助者の分まで良いのか。
他、何かアドバイスがあれば、教えて戴きたいです。
どうぞ、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

転勤して遠くの病院に移ったお医者さんを追っかけたようですが、


どんなに「こだわり」という「障害」があろうとも、
それは医療費控除の理由にはなりません。
「こだわり」を軽減して近所のお医者さんを受診する、ということは
可能だからです。

一方、タクシー券が出た場合、
それを使ってタクシーを利用したときは、自費ではありませんから、
これも医療費控除の対象にはなりません。

なお、医療費控除というのは、
払いすぎた医療費が戻される、というものではありません。
勘違いされる方が多いのですが、そのようなしくみではありません。
あなたが税金を納めているときに、その税金の額に対して、
「かかった医療費の額から計算してゆき、ここまで税金を負けますよ」
というのが医療費控除です。
ですから、「ここまでは負けられる」という医療費控除の額と比べて
支払った税金の額が少なければ、1円も医療費控除にはなりません。
早い話が、かなりの額の税金を払っている、という場合のしくみです。

払いすぎた医療費そのものを戻してもらう、というのは、
別のしくみになります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4714003.html で説明した
高額療養費や健康保険限度額適用、というしくみがそれです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても良く分かりました。
ご回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/02/16 17:57

あなたの病状などから考えて、


1人で通院することが危険なときには、
あなたの交通費のほかに付き添いの介助者の交通費についても、
「通常必要である」と認められれば、医療費控除の対象になります。

遠隔地に通院する場合は、
「そこの病院でなければ、どうしても必要な治療ができない」など、
「特殊な治療が必要である」という理由が認められれば、
これも医療費控除の対象になります。
しかし、近所の病院でも治療が可能であるのにもかかわらず、
わざわざ遠隔地に通院しているような場合には、認められません。

そのほか、かかりつけのお医者さんに至急で往診してもらい、
たとえば、往診してもらった時間が深夜などで、
お医者さんがタクシーを使わざるを得なかったような場合には、
そのタクシー代をあなたが負担した場合は、医療費控除の対象です。

一方、自家用車(あなた自身の車、あなたが運転する車)の場合、
通院の際のガソリン代や駐車場代は、医療費控除の対象になりません。
「通院に関係して誰かに何かをしてもらい、その費用を払った」場合に
その費用が医療費控除の対象となるのですが、
ガソリン代も駐車場代も
「誰かに何かをしてもらった」というわけではないからです。
近所の人や知り合いの人の車に乗せてもらった、
というようなときも同じです。

なお、緊急を要するような病状でもなく、
鉄道やバスを利用して通院できるにもかかわらず、
わざわざタクシーを利用したような場合、
たとえば、待つのがイヤ、混むのがイヤなどの理由のときは、
医療費控除の対象にはなりません。

税務署がひとつひとつ、確定申告のときに判断しています。
理由をきちんと説明したり証明したりできるよう、
交通費の領収証がある場合には、必ず、きちんと添えて下さいね。
 

参考URL:http://www.mykomon.jp/kakutei_iryohi/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>遠隔地に通院する場合は、
>「そこの病院でなければ、どうしても必要な治療ができない」など、
発達障害があり、とてもこだわりがあります。
病院の先生が変わっただけで、パニックになったりします。
どうしても、転勤して遠くに行ってしまった先生に診てもらいたくて、遠くまで通院しているのですが、これは、理由にはならないと考えて良いですか?

また、当方の居住地では、通院のために1年で2万円くらいのガソリン代かタクシー券をくれます。
先日の質問で自動車に乗れなくなることから、今後はタクシー券をもらうことになると思うのですが、それは含めて良いのでしょうか?

もう一度、教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願い致します。

お礼日時:2009/02/15 16:47

国税庁のホームページです。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/15 16:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除の通院に係る交通費、こんなことは可能ですか?

医療費控除の通院に係る交通費で、JRやバスは領収書をもらえないと思います。

実際は(1)会社の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費を請求(添付)すべきであるのに、(2)自宅の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費で虚偽の請求(添付)するなんていうことは可能なのでしょうか??

ちなみに交通費の額は(1)<(2)という場合です。

Aベストアンサー

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別に悪いことをするからではなくて、税務署の方も助かるのです。
大半の人は、レシートやら領収書持参でやってきて、
どうやって申告したらいいんですか?ということから始めるようなのです。
だから申告に時間がかかるとぼやく人が多いのです。
問題がなければ5分程度で終わります。
そこでいろいろ受け答えしている間にもろもろの事情がばれるかもしれませんが
na0hさんがどこにお勤めで、会社から定期券が支給されていることなどは
記入用紙からはわかりません。
少なくとも定期のことは自分で言わない限りばれません。
第一、自宅から通院するのが一般的ではないでしょうか。
私鉄を利用すればもう少し安くなるにもかかわらずJR利用をしたという申告でしたら
それは疑われると思いますけど。

 ちょっと会社と病院と自宅の位置関係がわからないのですが
会社から病院に通院した後は自宅に帰るのではないのですか?
だったら、自宅から通院していると言い切ってしまっても不思議ではありませんね。
会社から病院へ、そして会社に戻って、その後どこに帰るのでしょうか?
会社から自宅への距離はどうなっているのでしょうか?
遠いので、会社の近くに部屋を借りて住んでいるとでも?

 はっきり言うと、使ってもいない金額を申告して余分にポケットに入れようという企みですから
決しておすすめしていいことではないと思いますが
できるかできないかということでしたら
堂々と受け答えをしていれば認められると思いますよ。
その後のことは皆さんおっしゃるように良心の問題ですから。

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別...続きを読む

Q確定申告(身体障害者控除・医療費控除)について

税金について全く分からないので、よろしくお願いします。
11月の初旬に、「控除対象扶養親族」となっている母親が倒れ、心臓手術をし、ペースメーカーを入れました。
担当医から、身体障害者1級に該当するので、身体障害者手帳を申請したほうが良いと言われ、診断書の記入をお願いしました(12月初旬にいただけるそうです)。
勤務先から、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出されるように言われたので、12月初旬に診断書が発行されるが、どうしたらよいか聞いたところ、「12月の給与の〆切に間に合わないので、確定申告をして下さい」とのことでした。
そこで、いくつか教えてほしいのですが(税金に全く無知で、ランダムな質問ですみません)。
(1) 医療費控除は確定申告が出来ることは知っているのですが、身体障害者控除?もサラリーマンでも確定申告が出来ますか?
(2) 医療費控除と身体障害者控除は同時に確定申告が出来ますか?
(3) その場合、市県民税は別途市役所なりに行って申告をしなければなりませんか?
(4) 12月初旬に診断書をいただくのですが、身体障害者手帳の発行は来年になるようなのですが、25年分の確定申告(身体障害者控除)できますか?
(5) 確定申告は、いつから出来るのでしょうか?
(6) 確定申告は、地元の税務署で行うのでしょうか?(以前、医療費控除?還付?を申請したことがあるのですが、その時は郵送だったような記憶があります)
以上、全くランダムな質問で申し訳ありませんが、よろしくご教示お願いいたします。

税金について全く分からないので、よろしくお願いします。
11月の初旬に、「控除対象扶養親族」となっている母親が倒れ、心臓手術をし、ペースメーカーを入れました。
担当医から、身体障害者1級に該当するので、身体障害者手帳を申請したほうが良いと言われ、診断書の記入をお願いしました(12月初旬にいただけるそうです)。
勤務先から、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出されるように言われたので、12月初旬に診断書が発行されるが、どうしたらよいか聞いたところ、「12月の給与の〆切...続きを読む

Aベストアンサー

>サラリーマン給与のみで普段確定申告の提出義務のない私は、『特別の場合』に該当…

しません。
特別の場合とは、所得税では控除対象扶養親族としなかった者を市県民税では控除対象扶養者にしたい場合などのことを指します。

>「その年分の所得税法第112条第1項((予定納税額の減額の承認の申請手続))に規定する申請書、確定申告書…

そこに書いてあるとおりなら、セーフです。

Q医療費の確定申告・消費税も申告可能ですか?

医療費控除の確定申告をします。その際、

(1)病院に支払ったお金の中の「消費税分」も申告可能でしょうか?

(2)医療分業のため、病院で作成した処方箋にて薬局で薬を購入しました。
この際、スーパーやコンビニ等でくれる、普通のレシートしかもらっていません。
このレシートだけでも申告可能でしょうか。

どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

(1)病院に支払ったお金の中の「消費税分」も申告可能でしょうか?

 通常医療費は非課税ですから,消費税はかからないと思うんですが。
 もしかかっているとしましたら,保険適用外のもの(差額ベット代とかですね。認められるケースもありますが)で,医療費控除の対象外のものが含まれている可能性もありますね(保険適用外=対象外ではないですよ。念のため)。

http://www.mykomon.jp/shohizei/KYOI-5W2BG8.htm

(2)医療分業のため、病院で作成した処方箋にて薬局で薬を購入しました。
この際、スーパーやコンビニ等でくれる、普通のレシートしかもらっていません。
このレシートだけでも申告可能でしょうか。

 可能ですよ。例えば,処方箋ではなく自分で薬局で風邪薬を買ったとしても,控除の対象になりますし,その際は大抵レシートですね。
 3回申告しましたが,いつもレシートも混じったものを提出しています。不都合は1度もなかったですよ。
 極端な例では,レシートも要らない場合もありますから。通院に要した電車代ですね。これはレシートもありませんから,申告で認めてもらえます。

参考URL:http://www.mykomon.jp/shohizei/KYOI-5W2BG8.htm

 こんにちは。

(1)病院に支払ったお金の中の「消費税分」も申告可能でしょうか?

 通常医療費は非課税ですから,消費税はかからないと思うんですが。
 もしかかっているとしましたら,保険適用外のもの(差額ベット代とかですね。認められるケースもありますが)で,医療費控除の対象外のものが含まれている可能性もありますね(保険適用外=対象外ではないですよ。念のため)。

http://www.mykomon.jp/shohizei/KYOI-5W2BG8.htm

(2)医療分業のため、病院で作成した処方箋にて薬局で薬を購入しま...続きを読む

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q医療費控除

確定申告で医療費控除は通院時の交通費も対象になると聞きましたが、自家用車で通院したのを公共交通機関に置き換えて申告しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

例えば、JR、私鉄、地下鉄、バス、タクシー等の乗り物を利用して通院したことにすれば、受理されます。(但し、タクシーは、相当の理由がないと認められない場合がありますし、領収書を求められるでしょう)
明細書(交通費)を作成し、添付すればより確実でしょう。

Q健康保険限度額適用認定証。補助人。運転免許に必要な診断書。

精神科病院に医療保護入院しました。
その際、ケースワーカーさんに「健康保険限度額適用認定証」を取得しておいた方が良いと言われ、家人(父)が加入している保険組合より、上記の認定証が送られてきました。
当方は、その頃、とても体調が悪く、入院が長引くと医師より説明を受け、受給したとのことでした。
結果としては、4日で退院することになり、必要がなかったようなのですが、この証書の意味は、どのようなものなのでしょうか?
体調をしばしば崩すことがあり、短期間の入退院を繰り返しておりますが、これは、毎年,取得しておいた方が良いのでしょうか?
精神科病院にのみ適用のものでしょうか?
また、適用区分に書かれているアルファベットは、どのような意味があるのでしょうか?

精神障害より、今回、補助人をつけることとなりました。
補助人をつけると、どのようなことが制限されますでしょうか?
そもそも、この補助人をつけるという意味合いが分かりません。
詳しく教えて下さい。

精神の病気を持っているということで、運転免許に必要な診断書を提出するように、運転免許試験センターから文書が郵送されてきました。
これは、運転をせず(現在,できるような状態ではない)にいる場合でも、提出は拒めないのでしょうか?
顔写真つきの身分証明書を提出してくださいと言われるとき、運転免許くらいしか持っていないので、不便になるなぁということだけなのですが……。
二人,精神科主治医がおり、書かれた診断書を見ますと、一人は「可能」,もう一人は「不可能」と書かれているのですが、このような場合はどうしたら良いのでしょうか?
「可能」と書かれた診断書を提出した場合、法的に問題になってくるでしょうか?

精神科病院に医療保護入院しました。
その際、ケースワーカーさんに「健康保険限度額適用認定証」を取得しておいた方が良いと言われ、家人(父)が加入している保険組合より、上記の認定証が送られてきました。
当方は、その頃、とても体調が悪く、入院が長引くと医師より説明を受け、受給したとのことでした。
結果としては、4日で退院することになり、必要がなかったようなのですが、この証書の意味は、どのようなものなのでしょうか?
体調をしばしば崩すことがあり、短期間の入退院を繰り返しております...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
補足の回答です。

もし、障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できず、
健康保険や国民健康保険だけ、という普通のケースの場合には、
かかった総医療費の3割が自己負担になります。
けれども、その自己負担額には月額の上限があるので、
それを超えた部分は、高額療養費としてあとから戻せますし、
さらに、健康保険限度額適用を受けている場合には、
「高額療養費をあとから戻してもらう」という面倒なことをせずに、
月額の自己負担額の上限いっぱいまで支払えばOKです。

障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できるときは、
精神科通院(薬も含みます)に限って、
かかった総医療費の1割を自己負担するだけで済みます。
自己負担額の月額の上限は、まず障害者自立支援法で定められていて、
あなたの場合、健康保険適用限度額が区分Bであることを考えると、
自立支援医療でも「特にさらに減免される」というようなこともなく、
自立支援医療の「一般」という区分になって、
月37200円が月額上限額(精神科通院の場合)となります。
それを超えた部分については、
精神科通院に限っては、支払う必要はなくなります。

精神科通院以外のときは、最初に書いたような3割負担になりますが、
健康保険限度額適用が区分Bですから、
月に「80100円 +(総医療費 - 267000円)× 1%」を
超えた部分については、支払う必要はなくなります。

総医療費、というのは、あなたが支払う部分だけのことではなくて、
その1か月全部の医療費のことです。
いくつかの病院にかかっている場合は、すべて引っくるめます。
病院からもらう領収証に書かれている金額で、わかると思いますよ。

以上が答えです。
精神科への通院かそうでないか、ということによって変わるわけです。

県障(その都道府県独自で医療費をさらに軽くする制度)も使う場合は
上で書いたしくみを使ってもさらに残ってしまった自己負担額を、
県障のほうで最終的に軽くする、というしくみになります。
ただ、都道府県によって細かい取り扱い方法がばらばらなので、
ここでは、これ以上お答えすることはできません。

ところで、1か月にいくら払ったか、ということは、
医療機関が診療報酬請求というものを見ながらチェックしています。
診療報酬請求、というのは、
 「これこれこれだけ医療費がかかり、
  3割を患者さんに負担してもらったけれども、
  残り7割は、健康保険のほうから私たちの病院に払って下さい」
と病院が健康保険のほうにお願いしているしくみです。
また、自立支援医療のほうは、医療機関もチェックしていますが、
さらに市町村もチェックしています。
医療機関から市町村のほうにも「これこれこれだけかかっています」と
報告が廻るようなしくみになっているのです。
なお、もちろん、あなたが自分で、
かかった医療費をちゃんと憶えておくことも、とても大事です。

このようなしくみは法律で決められているのですが、
こういうしくみにしていないと月額上限をチェックできませんから、
しかたのないことだと思って下さい。
もちろん、必要以上の個人情報は決して流されていませんし、
外に漏れないよう厳しく管理されていますから、心配しないで下さい。
また、自立支援医療については、
「あなたはもうこれだけ精神科通院の医療費がかかりましたよ」と
本人にきちんと教えるようなしくみを作ってる市町村もあります。
(本人に渡すカードに、月々の医療費自己負担分を書いてゆく形で。)

最後に診断書について。
常に「新しく出された診断書のほうが有効」などということは、
ありません。
内容が異なる診断書が出された場合には、
より重い診断をしたお医者さんにもう1度調べてもらって、
別のお医者さんと同様の「軽い」という判断に変わればそれを出し、
残念ながら「重い」というままで変わらなければ、
「重い」(ご質問では、「不可能」とされたもの)とされた診断書を
出して下さい。
「重い」「軽い」という矛盾した診断書を一緒に出してはいけません。
 

こんにちは。
補足の回答です。

もし、障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できず、
健康保険や国民健康保険だけ、という普通のケースの場合には、
かかった総医療費の3割が自己負担になります。
けれども、その自己負担額には月額の上限があるので、
それを超えた部分は、高額療養費としてあとから戻せますし、
さらに、健康保険限度額適用を受けている場合には、
「高額療養費をあとから戻してもらう」という面倒なことをせずに、
月額の自己負担額の上限いっぱいまで支払えばOK...続きを読む

Q障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんで

障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんでしょうか?
あと、障害年金もらえるようになると国民年金が全額免除となりますが、60才になって、年金をもらえるようになると、免除になった期間、半額しか年金もらえない というのは本当ですか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被保険者の人や、配偶者から扶養されている国民年金第3号被保険者の人は、障害年金をもらってても対象外です。

全額免除を受けた期間は、あとから追納で保険料を納めないと、その期間の分は2分の1(平成21年3月までは3分の1)しか保険料を納めていないことになるので、その分だけ将来の老齢年金(厳密には老齢基礎年金。60歳からではなくて、65歳からです。)が減ります(免除を受けた期間に相当する部分の額が、2分の1または3分の1になってしまう。老齢年金全体が2分の1や3分の1になるのではない。)。

以上は、基本中の基本です。
障害年金ははっきり言って永遠に受けられるように保証されたものではなくて、更新時の診断書次第では支給停止です。
老後のことを考えたら、老齢年金を受けられるように、法定免除なぞを受けずにちゃんと国民年金保険料を納めたほうがいいと思います。

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被...続きを読む

Q痒みを伴う赤い湿疹(水泡)について

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。

一度病院に行きましたが、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート」を処方され、毎日きちんと塗っています。また、飲み薬「タリオン錠」も頂き、毎日2回しっかり飲んでいます。

が、治るどころかむしろ広がって行くんです。

これってなんの病気なのでしょうか?
じんましん?アレルギー?

2か月前にインドネシアに行った際、虫にさされたのが原因ですかね?過去にストロフルスにかかったこともあります。

毎日痒いうえ、薬を全身に塗ってガーゼをするのがかなり面倒で、早く治したいのですが…

詳しい方、教えてください!!困っています…

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。
...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さい水泡ができ、潰すと中からトロっとした水のような物が出てきました。だんだんと他の指にも出来始め、急いで皮膚科に行きました。

皮 膚科では、仕事や家事で水を多くつかっている事が原因の主婦湿疹ですね。と言われステロイドの塗り薬をもらいました。使い始めてすぐに一度、良くなり、 あぁ~治ったか、と安心していたのもつかの間、また新しい水泡が出来て、痒くてかくと皮がやぶれ。といった事の繰り返しで、どんどんと悪化していきまし た。
ネットで調べたところ、ステロイドを使うと一瞬は治っても次に出来る皮が薄くなるとのこと。皮が薄くなった分、水泡ができた時にやぶれやすくなると思い、すぐに使用を止めました。

それからは極力、水に直で触れないように食器を洗う時、料理をする時、お風呂に入る時、常にゴム手袋をし、寝る時にはワセリンを塗って、手袋をして保湿して寝る。という生活が始まりました。
その後、パン屋でのバイトを辞めるとだんだんと状態が良くなってきました。
やはり水仕事が原因だったか。とその時は思いました。

完治することはなく、2008年に留学のためアメリカに移り住むことになりました。丁度、アメリカに来て2年目の夏くらいにまた、再発したのです。
以 前は指だけだった水泡が手のひらや手の甲にまで広がり、とにかく痒くて痒くて、夜も眠れない事もありました。水仕事はしていないのに、おかしい。と疑問を 抱きながら生活をしていたある日、チャイナタウンにある小さな漢方のお店が目に入りました。中に70歳くらいのおばぁちゃんが座っているのが見えました。 もしかしたら?と思い、中に入って手を見せました。おばぁちゃんは何も言わずに小さな箱を投げてきたのです。ずいぶんぶっきらぼうだな。と帰ろうとも思い ましたが、ワラにもすがりたいような状態だったので、とりあえず試してみる事にしました。
使い始めてから2週間で、一気に治ったのです!

その薬の成分の所に『ケトコナゾール』と書いてありました。

そ こから、私のリサーチが始まりました。ケトコナゾールとはフケや脂漏性皮膚炎、水虫などに効く抗真菌薬と書いてありました。それらの原因である真菌に効果 がある塗り薬のようです。その中でカンジダ菌という文字が目につきました。もっと調べていくうちに、このカンジダ菌とはパンを作る時に使う『イースト菌』 の一種だというところまで辿りつきました。『イースト菌』という文字を見た時に、すべての事が繋がっていきました。8年前にパン屋で働いていた時は仕事が ら一日3食パンを食べていたこともあった。一時は米食に戻っていたが、アメリカに来てから、またパンを食べる事が増えた、などです。このケトコナゾールは 以前に使っていたステロイドのクリームとは違い、治った後に皮が薄くならないように私は感じました。ネットでもステロイド剤のような副作用が無い。と書い てあります。

このクリームを使うようになってから、水泡が手に広がる事もなくなり、とても楽になりました。しかし、それでも水泡が手からまったく無くなるという事はありませんでした。そこで、今度はカンジダ菌を身体の中から追い出す方法はないものか?と探しはじめたのです。

そして見つけたのがアシドフィルス菌(Acidophilus)というプロバイオティクスでした。これはヨーグルト等に入っているビフィズス菌のような物です。
この良い菌を身体のなかで定住させると、カンジダ菌が住みずらい環境になるそうです。それを飲み続ける事と、カンジダ菌であるイースト菌の摂取をやめました。約1ヶ月ほどで手のひら、指から一切の水泡は消え、とてもキレイになりました。
アシドフィルスは薬とは違い、腸内環境を保つのに良い菌です。なので、サプリメントとして今でも飲んでいます。ちなみに、アシドフィルスは日本の薬局などでは販売されていないようなので、ネットからの注文しかないと思います。
カンジダ菌はストレスや、疲れている時など、抵抗力が下がった時に繁殖するそうです。また、人間の免疫細胞の約80%は消化器官にあるそうです。つまり、日頃から腸内環境を良い状態にしておく事、ストレスが溜まった時に上手に発散する(ストレスが身体に与える影響は予想以上に大きいと思います)事が病気にならない一番の秘訣なのだと私は思います。

以上、長々と書きました。すべてが私の経験と、ネットなどのリサーチをもとに出てきた考えでありますので、もちろん、医学的に証明された物ではありません。病気の名称もわかりません。また、あなたの水泡の原因は、別のものかもしれません。
でも、何件も医者を回ってもなかなか治らない。いったいコレはなんだろう?と辛い思いをしている方が居ましたら、是非とも試してみて下さい。

私の説明では解りづらい点もあると思うので、『カンジダ』『イースト菌』『アシドフィルス』などのキーワードでより詳しく調べてみることをオススメします。一人でも多くの方が、あの辛い症状から解放される事を祈ってます。

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さ...続きを読む

Q医療費控除と生命保険と確定申告

去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが
生命保険が降りて、少しプラスになりました。
去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
聞いた話しだと、医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
ですが・・・他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
貰えるものは貰いたいと思うのですが
生命保険は、個人でかけてる事だしと思いまして・・・
すいません、わからないので、どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったということは、
その他の費用が、15万円ということです。
この15万円は、医療費控除の申告ができます。
(もちろん、申告が認められる内容ならば、という条件付きです)

(Q)医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
(A)15万円(上の計算)-10万円=5万円。
所得税率が10%ならば、5000円が戻ってきます。

(Q)他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
(A)生命保険の入院給付金などは非課税なので、
申告したら、不足分を指摘されて、追加の税金を取られる
ということはありません。

(Q)税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
(A)税務署が保険会社に問い合わせをすれば、すぐに答えてくれます。
毎年の生命保険料控除を申請していれば、税務署は
どこの生命保険会社と契約しているのか、すぐにわかります。

ついでに言えば、死亡保険金・解約払戻金・満期保険金などは、
100万円を超えると、保険会社は税務署に支払調書の提出義務が
生じます。(法律で、提出義務が決められている)
なので、このようなお金は、税務署は何もしなくても、把握できる。
このような面では、保険会社と税務署は、仲良しと思って良いです。

(Q)こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
(A)上記の通り、
85万円の入院費用に対して、それ以上の給付金が出ているならば、
この分は申告できません。
総額100万円-85万円(入院費)=15万円
について、保険会社からの給付がないのならば、
この15万円については、医療費控除の申請を出せます。
計算は、上記の通り。

ついでですが、
「税務署には、どうしてわかるのですか?」
という発想をしないでください。
税務署には、すべてわかると考えた方が良い。
日本の税務は、納税者の申告制です。
つまり、税務署は、納税者が正しく申告するということを前提にして
仕事をしています。
だから、正しくないことをしたときは、厳しいです。

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったと...続きを読む


人気Q&Aランキング