ティーチプログラムに対し,
「かえって自閉児のこだわりを
 固定化する」
と言う人がいます。

そういう事実がありますでしょうか?
ご存知の方,教えてください。

A 回答 (1件)

日本ではまだ始まったばかりだそうですが・・・



はっきりした事例はあるのでしょうか?????

こういうことはむずかしいですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

現在の成果だけでは
将来の不安はぬぐえないと
批判者は言っています。

う~ん、どうにかなりませんでしょうかねえ。

お礼日時:2001/03/06 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコード変換(漢字)のサンプルプログラム

始めまして!
困っています、御力添えをお願いします。
UNIX(SouOS5.8)でのコード変換(SJIS→EUC、EUC→SJIS)のコーディング(サンプルソース:C言語)をどなたか教えて頂けないでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

下記URL参照。

参考URL:http://www-cms.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~naoki/CIPINTRO/CCGI/kanjicod.html

Q〜問題〜 1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いて

〜問題〜
1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いてどんな種類の重さをはかることができますか?

どのように書けば模範解答になるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、0~900円の買い物ができます(100円単位)。
1,000円札が9枚あるので、0~9,000円の買い物ができます(1,000円単位)。
  ・・・
10^n 円札(あるものと考えて)が9枚あるので、0~9×10^n 円の買い物ができます(10^n 円単位)。

ということで、これらを必要数ずつ組み合わせれば、1円単位でどんな値段でも支払えます。最大額は、全財産を合計した
  10^(n+1) - 1 円
です。

例えば、現実のとおり、最大のお札を 10,000円(= 10^4 円、n=4)とすれば、支払える最大額は
  10,000円札 9枚 = 90,000 円
   1,000円札 9枚 = 9,000 円
   100円玉 9枚 = 900 円
    10円玉 9枚 = 90 円
    1円玉 9枚 = 9 円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  (合計) 99,999円 =100,000 - 1 = 10^5 - 1

直感的にわかりやすい「10進法」だと上のようになります。

ご質問は、これを「3進法」に置き換え(「10」を「3」に置き換える)、金額の「円」を重さの「グラム」に読み替えれば、#1、#2の回答になります。

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、...続きを読む

Qブログ等で公開されているサンプルコードの著作権について

個人の方などが、ブログ等で公開されているサンプルコードについてですが、

あるプログラムの解説サイトで見つけた、サンプルコードと、
同じコードで解説しているサイトを2つ発見したので、こういうのって、法律的に、どういう扱いなのだろうかという疑問です。

Aベストアンサー

プログラミング言語や規約つまりプロトコルは対象外だけど、ソースは保護対象なんだってば。
当たり前だよ。プログラミング言語使って生み出された創作物なんだもん。
この辺、IT系資格の参考書でもたまに間違いを見かけるからわかりにくいんだろうね。

私は法学部卒の現役エンジニアです。
ソースコードが著作物なのは断言します。

Q自閉症児の公文式について

うちの長男は9歳で重度の自閉症と知的障害があります。
1年生から公文に通い始め、最初は線をひくことからコツコツとがんばり、今ではひらがな、カタカナ、一年生初期程度の漢字の読み書きができ、足し算引き算も二桁の簡単なものならできるようになりました。

教室によって先生の教え方も違うのですが、息子の通う教室の先生は「障害児も普通の子も同じように教える」という考えを持ち、他の子と一緒に机を並べて勉強しています。 
特別扱いはなく、採点もほかの子と同じようにまたされます。
母の私も一緒に付き添っています。
困っているのは、その学習内容。 自閉症なので、数字は好きなのですが、算数が二桁のつみ算(Bのはじめ)にはいり、五枚のプリントに1時間近くかかります。 
国語も二語以上の分が理解できないのに、Bに入り、一応字は読んでいますが、内容がさっぱりわからないままです。
本人の限界なのだと思います。
(発達年齢が3歳、言語理解は2歳程度、数の理解が5歳程度と言われています)

先生に、算数も国語も簡単なところ(2A程度)へもどしてほしいと頼んだのですが、「ここまでできるようになったのにもったいない」「○○くんならまだ先へ進める」と言って、納得してくれません。
これまでも数回同じように簡単なレベルへ戻してきたので、「同じことの繰り返しになる」とも言われました。

私は先へ進むことよりも、本人が楽しく机に向かう時間になって欲しいと思っているので、先生と考えが異なっています。
先生とも話し合いましたが、なかなかわかってもらえません。

この先、どうやっていったらいいのか悩んでいます。
アドバイスをお願いします。

うちの長男は9歳で重度の自閉症と知的障害があります。
1年生から公文に通い始め、最初は線をひくことからコツコツとがんばり、今ではひらがな、カタカナ、一年生初期程度の漢字の読み書きができ、足し算引き算も二桁の簡単なものならできるようになりました。

教室によって先生の教え方も違うのですが、息子の通う教室の先生は「障害児も普通の子も同じように教える」という考えを持ち、他の子と一緒に机を並べて勉強しています。 
特別扱いはなく、採点もほかの子と同じようにまたされます。
母の私も一...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして公文式教室でアシスタントをしています。私の教室にも一時小学生の自閉症の生徒さんがいらっしゃいました。
質問者さんのお子さんについてですがお母様共々本当によく頑張っていらっしゃいますね。うちの教室ではお子さんは幼少さんでも自閉症などの症状のあるお子さんでも基本的にお母さんには教室の外で待っていただいていました。お教室の中ではお子さんだけで学習してもらっていましたが、国語算数とパズルなどでやはり合わせて1時間くらいが限界でした。それ以上になるとやはりお子さんによっては立ち上がったり、鉛筆を噛んだりプリントを破いたり大声を出したりしてしまうことがありました。うちでお預かりしていたお子さんの場合お母様から「もしうちの子が大声を出したりしたら思い切り叱って下さい、場合によっては勉強をうち切らせても構いません」と言われていましたが、一般的に小学生中学年くらいだと障害児さんか否かに関わらず1時間くらいが限界だと思います。
なので算数プリント5枚で1時間近くかかってしまうとなると国語など含めるとそれ以上になっているでしょうから明らかにかかりすぎだなという印象を受けました。公文のプリントの場合それぞれの教材段階でおおよその標準完成時間というのが設定されています。幼少さんや障害児さんでは、運筆が遅めの場合もありそれより+αはして考えるにしてもA・B教材だと5枚で15~20分でこなせないと次の段階に行った際辛くなってしまう可能性がありなるべくその時間内に速く正確にを目標にして進度の目安にします。
なのでお子さんの様子からするとそれは障害がある無いに関係なく、もしかするともう少しA教材をやった方がいいかもしれないと私は思ったのですがA教材の最後の方はどのくらいのペースで出来るようになっていたでしょうか。これでかなり手こずったのならもう少しAで弾みをつけさせて欲しいとお願いしてもいいかもしれません。
ただ公文の場合、それこそ障害児さんの扱いもそうですが、先に述べた標準完成時間のことなども公文の方針に忠実な人もいれば指導者によってやり方など差があるのも確かです。そのためもし仮に教材ごとの修了テストの成績が微妙であった場合にも「先に行かせたい」という指導者の判断で次ぎに進めることもあり得ます。あくまで公文は「小学生でも微積分が出来る」というのを一つの目標にしていますのでいろいろな世界に触れさせるために先に進ませることを優先される先生もおられるかもしれません。
なので、前の教材に戻して欲しいといってもなかなか首を立てに振ってくれない先生もいると思われます。そういう場合一つの方法としては教室ではちょっと難しめのプリント(B教材)を少しと楽々に出来るプリント(A教材以前)を組み合わせてもらい宿題も新しい内容に慣れるまでは弾みをつける部分でもしばらくは前の教材を復習がてらやらせてもらえないかと掛け合ってみるのも一つの手かもしれません。おそらくその子にとって難しめのものを5枚、1時間というのはどんなお子さんでもイライラしてしまいますし、挙げ句お勉強が嫌になってしまったら元も子もないです。

国語について医師の診断のように「二語以上の言語理解が難しい」状態でしたら2Aも辛かったくらいかもしれませんがいかがでしょう(2Aはお話を読みながらの答える練習が出てくるプリントですし)。漢字などは興味を持つ子は本当かなり食らいつきがいいのでもしお子さんが漢字を書くことそのものに興味を持っているならA教材からの漢字メインのプリントを宿題のメインにしてもらい、読解ものについてはやはり音読が大事な時期ですので教室ではBのプリントの音読をメイン、それもなかなか読めないようならもう少し前からの教材をお母さんや先生の後をついて読むという形でも指で追いながら本人が、それらしく音読出来るところまで立ち返らせることが出来るか相談されてみてはいかがでしょう。Bともなると本文から答えの部分を自分で探して答えることがメインになります。今のお子さんの状態では独力でそれはなかなか難しいでしょうから、例えばおうちで物語などの読み聞かせなどなさる場合、お話の後文についての簡単な質問をお母様がして答えさせることで答えが文の中にあるということを訓練されてもいいでしょう。もしそれもおぼつかないということでしたら、もう一度ご自宅での様子なども含め指導者にお話された方がいいかもしれません。親子共々いっぱいいっぱいなのにそれでも進めたいと押し切る指導者でしたら少し考えられた方がいいかも知れません。確かに公文は学年より先へ進むことをお子さんの目標として生徒さんに話しもしていますし、個々の公文指導者としての方針も大事ですが質問者さんの場合、お母様自身がお子さんの学習状況を日々目の当たりにされていますし一度是非ご自宅での状況などや日頃抱かれている不安など含め、指導者にお話をされてみて下さい。その上で納得出来ないようでしたら、通われている教室の管轄の事務局に電話して相談されてもいいかもしれません。

また東京には障害児さん専門でお預かりされている教室もあります。お時間がありましたら同じ様な症状をお持ちのお子さんがどういう風に学習をやっているか見学されてもいいかもしれません。
以上長くなってしまいましたが少しでもお役に立てれば幸いです。

初めまして公文式教室でアシスタントをしています。私の教室にも一時小学生の自閉症の生徒さんがいらっしゃいました。
質問者さんのお子さんについてですがお母様共々本当によく頑張っていらっしゃいますね。うちの教室ではお子さんは幼少さんでも自閉症などの症状のあるお子さんでも基本的にお母さんには教室の外で待っていただいていました。お教室の中ではお子さんだけで学習してもらっていましたが、国語算数とパズルなどでやはり合わせて1時間くらいが限界でした。それ以上になるとやはりお子さんによって...続きを読む

Q数学演算のサンプルコード集のあるサイトを探しています(VB6)

VB6で数学演算のソースコードのサンプル集を探しています。

例えば今回は3次元のベクトルをX,Y,Z軸周りに任意の角度だけ回転する行列をプログラムしたいので、アフィン変換のサンプルなんかないかと探しています。いいサイトがあれば教えていただけませんでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まったくの素人なので、
参考になるかはわかりませんが、
検索したらこんなのがありました。

参考URL:http://files.codes-sources.com/fichier.aspx?id=37873&f=mdlMath.bas

Q自閉症児のBGMについて

自閉症、自閉傾向のある子どもにとって、体育などで走ったり、運動会で玉入れなどの活動をしたりする時にBGMを流すことはよくないでしょうか?
机上の単純な作業時でもBGMは流さない方が良いでしょうか?
またBGMを流すとすれば、どのような音楽が良いでしょうか? ボーカルの入った音楽ですと、活動に集中できにくいなど理由があれば教えて下さい。
参考文献などがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

子どもにもよりますが、聴覚過敏がある場合、かなり苦痛になります。

どうしても音がある場合、耳栓やボイスキャセラーで自己対策している子はいます。

音は高音の多いものは、とてもつらいです。特にピストルの音など。

>どのような音楽が良いでしょうか? ボーカルの入った音楽ですと、活動に集中できにくいなど理由があれば教えて下さい。

どの音楽でも同じです。

元々、発達障がいの子は注意欠陥傾向がありますから、音の刺激が余分な刺激になります。

音と視覚の2つの刺激を処理しなくてはならなくなるので。

必要がないのならば「BGMはなし」「ピストルではなく、短い笛」が良いと思います。

QHead First PHPサンプルコード文字化け

よろしくです。
下記のphpの本を参考にプログラムを勉強しているのですが、
サンプルコード(完成品)の日本語部分(DBがソースの日本語部分全て)がすべて文字化けしてしまいます。
この本は文字化け対策を強みにした本なのですが、実際のサンプルコードがこんな状態なので非常に困っています。
例えば、表示サイトページ内に3時間というデータが表示される予定だとすると、3??(ハテナマーク)のように表示されます。
ちなみに文字化け後、ブラウザ、DB、phpの文字コード設定はutf8統一であることは確認しました。apacheの文字コードはわかりません。
テスト環境は、自宅のローカルサーバーと、某レンタルサーバーの2つでどちらでも文字化けです。

この本を試した方、もしくはちゃっちゃっと下記サイトからサンプルをとって試していただける方、どうかレスをお願いします。
著書内ではこれでどうだというくらい日本語対策をうたっているのに、全サンプルがNGとは、あまりに不思議な現象で、とても困っています。
どうかよろしくお願いします。

『Head First PHP & MySQL――頭とからだで覚えるWebアプリケーション開発の基本』
Lynn Beighley, Michael Morrison 著、佐藤 嘉一 訳
2010年03月 発行
672ページ
ISBN978-4-87311-444-6

http://www.oreilly.co.jp/books/9784873114446/
関連ファイル ー サンプルコード
に本の中で使われている全てのサンプルが入っています。

よろしくです。
下記のphpの本を参考にプログラムを勉強しているのですが、
サンプルコード(完成品)の日本語部分(DBがソースの日本語部分全て)がすべて文字化けしてしまいます。
この本は文字化け対策を強みにした本なのですが、実際のサンプルコードがこんな状態なので非常に困っています。
例えば、表示サイトページ内に3時間というデータが表示される予定だとすると、3??(ハテナマーク)のように表示されます。
ちなみに文字化け後、ブラウザ、DB、phpの文字コード設定はutf8統一であることは確認しま...続きを読む

Aベストアンサー

表示させるだけじゃねーじゃん。

確かにデフォルトだと文字化けした。
でも文字化け回避できた。

--------------------------------
// Connect to the database
$dbc = mysqli_connect(DB_HOST, DB_USER, DB_PASSWORD, DB_NAME);
mysqli_set_charset($dbc, "utf8");// ←追加

Q知的障害児の固執性(こだわりについて)教えてください。

こんにちは、私立4年制大学の児童学科に通う3年生です。

今、”知的障害児に現れる固執性”というところに注目して調べ学習をしており、

自閉症児のこだわりとは違うということがはっきりとわかってきました。

「大人を使おう」と意識していないが、こだわりを通じて大人などの周りの人たちを自分の都合より方向にコントロールしている。
ということが発達障害療育ハンドブック第一集に書かれていました。

そこで、「わからない子だから『ダメ』といってもわからないだろう」
という大人の思い込みによって育て上げられる「こだわり」だ。
とか、親の養育態度について、「固執性を直接批判するとますます頑固な状態に追い込むので避ける」とも示されているのですが、
「こだわり」というものは健常児にも見られる現象だと思います。

親はどういったことがきっかけで子どものこだわりが障害によるものだということに気づくのでしょうか?

また、直接批判したり拒否的な態度をとる親への助言や働きかけが必要になってくると思うのですが、どのような方法がよいのでしょうか?

いろいろな文献に当たってみましたが、なかなか詳しい情報が見つからないのでこちらで質問をさせていただくことにしました。

専門的すぎるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

こんにちは、私立4年制大学の児童学科に通う3年生です。

今、”知的障害児に現れる固執性”というところに注目して調べ学習をしており、

自閉症児のこだわりとは違うということがはっきりとわかってきました。

「大人を使おう」と意識していないが、こだわりを通じて大人などの周りの人たちを自分の都合より方向にコントロールしている。
ということが発達障害療育ハンドブック第一集に書かれていました。

そこで、「わからない子だから『ダメ』といってもわからないだろう」
という大人の思い込み...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「発達障害療育ハンドブック第一集」というのを、私は読んだことがないのですが…この辺りのことは、現場ではシンプルな問題だと思っています。少なくとも私は。

まず、きちんと話を進めるなら、質問者の方が書かれている「こだわり」とは何を指すか、という辺りを明確にすることが必要なのだろうなと思います。
(以下、「こだわり」を単に子供の示す「固執性」ということで理解して話を進めます。)


>「大人を使おう」と意識していないが、こだわりを
>通じて大人などの周りの人たちを自分の都合より方
>向にコントロールしている。

>そこで、「わからない子だから『ダメ』といっても
>わからないだろう」という大人の思い込みによって
>育て上げられる

そういう言い方もあるとは思います。


で、私の捉えかたですが。

子供にとっての環境は、自分が把握できるレベルで理解されます。
「AすればBになる」「AすればBができる」という因果関係は、障害がある子の場合、少し誤解が混ざった理解のされ方をすることがあります。あくまでそれは、その子が把握できるレベルで行われることです。

我々にとって関係ない行動も、本人にとっては、必要な手順であり最適な方法だったりするのです。大きく誤解しているのですが、本人は大マジメ、という構図ですね。

でも、古来我々のご先祖様は、豊作を願って家畜のいけにえを差し出したり、といった行動をとったりしました。パソコンに不慣れな人は、目的達成のために「しなくてもいい手順」をいちいち繰り返しているのを、よく見かけます。本人にとっては、必要不可欠な手順・行動なのですね。

なので、いわゆる「こだわり行動」というのは、障害の有無や障害種別とは直接関係なく、あくまで「本人が理解・把握できるレベル」に応じて、目的達成のために発揮される、(本当は不要な)段取りや行動、ということになるかと思います。


なので、
>「こだわり」というものは健常児にも見られる現象だと思います。

という意見には、賛成です。

障害をもつ子の場合に、「こだわり行動」がある程度のパターンで示されるのは、障害によって阻害されている情報や、思考パターンに固有の特徴があるからだと思われます。そこに気づくためには、ある程度、障害児と数多くかかわりをもつ必要があるでしょう。



>親はどういったことがきっかけで子どものこだわりが
>障害によるものだということに気づくのでしょうか?

あまりに顕著で特徴的なパターンの表出であれば、すぐに気づくのかと。
表出が些細で障害の有無の見分けがつかない場合・時期や、周囲が色メガネでフィルターをかけて見ている場合などは、気づくのが遅れるでしょう。
誰か知人や専門家などに指摘されて気づく、ということも多くありますね。
場合によっては、それが障害に起因すると気づかれないケースも実際には多くあるはずです。


ちなみに、
こだわりが「障害によるもの」かどうかは、特に問題視しなくて構わないというのが、私の考えです。

・現在の生活場面において、困っていることか
・将来に向け自立していく過程で、困ることかどうか
・現在の能力や環境で、修正できることかどうか

といった視点で考えたときに、修正するべきかどうかが決まるのかと。あって得する「こだわり」もありますから。



>また、直接批判したり拒否的な態度をとる親への助言や働きかけが必要になってくると思うのですが、どのような方法がよいのでしょうか?

子供自身が困っているのなら、それが「どう困っているのか」「どういう支援が必要なのか」を伝えるのが良いのではないでしょうか。
保護者が助言を拒否するなら、拒否しきれないポイントをつくか、一応情報としては伝えておいて、拒否しきれなくなる状態まで待つこともありますよね。
(もちろん、保護者への伝え方については、最大限に配慮すべきことだと思っています)



別に、何かを取り繕うことはなくて。

事実について、こちらの意図を交えずに伝える。
その上で、自分の考察と今後の見通しについての意見を述べる。
今後なすべきことについての最終判断は、保護者が行う。

それだけのことかと。


まあ、
子供の困っていることに加え、保護者の困っていることも含め、解決策を考えていく。
というのも、仕事の一つに入るでしょうけど。


何かの参考になれば幸いです。
舌足らずな記述ですが、ご質問があれば補足します。

はじめまして。

「発達障害療育ハンドブック第一集」というのを、私は読んだことがないのですが…この辺りのことは、現場ではシンプルな問題だと思っています。少なくとも私は。

まず、きちんと話を進めるなら、質問者の方が書かれている「こだわり」とは何を指すか、という辺りを明確にすることが必要なのだろうなと思います。
(以下、「こだわり」を単に子供の示す「固執性」ということで理解して話を進めます。)


>「大人を使おう」と意識していないが、こだわりを
>通じて大人などの周りの人たち...続きを読む

Qホームページや書籍などのサンプルコードは動かないものばかりでしょうか?

ホームページや書籍などのサンプルコードを試して動かしてみても、動かないサンプルコードばかりだと思いますが、同じことを考えている人はいらっしゃいますか?

何か…ホームページや書籍などのサンプルコードが動かないということは、そのサンプルコード自体の問題というよりは作者の問題と思いますが…。なぜなら、1件のホームページや1冊の書籍で、このサンプルコードが動かなければ別のサンプルコードが動かない可能性が高いです。逆にこのサンプルコードがちゃんと動くということは、他のサンプルコードも動く可能性が高い。経験談で感じた限りです。

要するには作者の解説力次第になりますと思いますが、どうでしょうか?どんな簡単な言語でも解説力がなければ取っ付きにくく、どんな難しい言語でも解説力があれば取っ付きやすいものでしょうか?

何か解決法とかありますでしょうか?ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと抽象的かも、です。

>ホームページや書籍などのサンプルコードが動かないということは、そのサンプルコード自体の問題というよりは作者の問題と思いますが…。

それは「あり得ます」。
ただし、その前に自分の環境をチェックした方がいいでしょう。
ヴァージョン違い、なんてのは他のお方が仰ってる通りなんですが、他にも原因は色々と考えられると思います。
基本的に、一概にプログラミング言語と言っても、

1.提供元が一つしか無いもの
2.公式規格が制定されているもの

の2種類があります。
例えばC#なんかはMicrosoftしか提供元が無い言語がありますし、最近流行りのスクリプト言語系(Python、Ruby等)も提供元が一つしかありません。こう言う場合はヴァージョン違いだと動かない可能性がありますね。他のお方が仰っているように、使用してる言語のヴァージョンをチェックした方がいいでしょう。
じゃあ、2番なら安心か、と言うとそう言う事もないのです。
例えばC言語なんかは公式規格があったりしますが、かと言って、通常は「公式規格に則って」作っただけの言語なんてのも無くって、大体その提供側独特の「拡張ライブラリ」が入ってたりするんです。
つまり、A社が提供した「拡張ライブラリ」を利用したプログラムを「B社製の」一応公式規格に則った言語で書いても動かない場合があるんです。「拡張ライブラリ」自体は独特なんで、B社が同じモノを付けている、とは限りません。そう言う場合があるんですね。
まあ、そう言う事が(しばしば)生じるんで、何らかのサイト/参考書を利用してプログラムの勉強をする場合は、なるたけその筆者と「同じ環境を」備えるようにした方がいいです。作成者自身も「全部の環境を」試せるワケではない、と言う事を最初に納得しておくべきだと思います。

>要するには作者の解説力次第になりますと思いますが、どうでしょうか?
>どんな簡単な言語でも解説力がなければ取っ付きにくく、どんな難しい言語でも解説力があれば取っ付きやすいものでしょうか?

一理あるとは思います。
が、同時に「言語の性質」ってのはありますね。解説力があってもそれを埋める事は難しいでしょう。

これ言って良いのか悪いのか分かりませんが、原則、書籍を購入して勉強する場合は「定番で」「評価の高い」書籍を選んだ方が、万能では無いですけど「失敗する確率は低い」とは思います。やっぱ校正とかそのテのノウハウを蓄積してる「実績ある」出版社の本を選んだ方がいいですね。
敢えて言いますが、最近「ネットで発表」→「書籍化」と言うのが流行りになっていますが、ホームページを作れても書籍が作れるのか、と言うとこれはまた別の話なんですね。
新興のネット関係での出版社なんかがプログラミング言語の本をサイトの作者の持ち込みで「安く」出版してるケースが見られますが、単なるブログ系の本だったらいざ知らず、このテの技術系の本の場合、「校正を全く行わない」「誤字脱字が多い」「索引でデタラメで役に立たない」状態で出版していて、「安い」だけで買うと、結局役に立たないんで痛い目見ます(敢えて会社名は伏せておきますがそう言う実例があるのです)。
ですから、サイトで勉強するなら構いませんが、書籍を買って勉強する場合は、少々値段が高くでも「定番商品」の方が結果安上がりです。書評に関しては大体のトコamazonで見れますし(もっともamazonは否定的な意見は載せたがらない方針ですが)、何種類か評判が良い書籍をメモっておいて本屋で現物を見た後購入した方が良いでしょう。または、評判書籍を取りあえず図書館で借りて読んでみる、とか。
出版社もすべて同じなワケではなく、「一回刷っちゃったらあとは絶版でイイや」程度で考えて粗製本作ってるケースも確かに存在するんで、そこまで行くと、確かに仰る通りかもな、とは思います。

ちょっと抽象的かも、です。

>ホームページや書籍などのサンプルコードが動かないということは、そのサンプルコード自体の問題というよりは作者の問題と思いますが…。

それは「あり得ます」。
ただし、その前に自分の環境をチェックした方がいいでしょう。
ヴァージョン違い、なんてのは他のお方が仰ってる通りなんですが、他にも原因は色々と考えられると思います。
基本的に、一概にプログラミング言語と言っても、

1.提供元が一つしか無いもの
2.公式規格が制定されているもの

の2種類があり...続きを読む

Q時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのはなぜですか?

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計数字をさすためにつかわれています。
ちなみに、“roman numerals”が10万件に対して“greek numerals”が500件ほど。率にして1/200で、ざっとみたところ、“greek numerals”を時計数字の意味でつかっている page はみあたりませんでした。時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのは日本特有の誤りであるようにおもわれます。
さらには、算用数字(1, 2, 3, 4, 5, ...)を「ローマ数字」とよんでいる page もあります。

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計...続きを読む

Aベストアンサー

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、100、1,000は、それぞれそれらに相当する文字を当てて表記するというものです。

つまり、アッティカ(?)型のギリシア数字の表記は、
現在のローマ数字の表記と非常によく似ているのです。

これは不思議なことでもなんでもなく、
そもそも、ローマ文字の由来をたどれば、ギリシア文字を借用した面があり、
(実際はエトルリア人の手を経由していますので、全く同じではありませんが)
数字の表記術も、ギリシアの都市国家によっては
ある程度は似かよった面があったのかもしれません。

ご存知のように、伝統的な歴史学に観れば、
古代ローマというのは、学問・芸術などを生み出すことにおいては、
ギリシアのそれと比して貧弱だったらしく
むしろ、文化的にはギリシアのそれを継承するにとどまったようです。

したがって、ローマ数字が、その原型である(かもしれない)(アッティカ型の)
ギリシア数字を連想させることもあるでしょう。

しかし、ご質問の誤用の原因が、
以上のような歴史的経緯に由来するとも思えませんので、
一応参考程度に・・・。

ちなみに算用数字のアラビア数字(これの由来はインド数字)を
ローマ数字と呼んでいる理由は想像つきません。

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報