エイズ
薬害エイズ
C型肝炎
ごちゃごちゃです。
エイズ=C型肝炎だと思っていました。
上の三つの違いを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

簡単に言うと、



C型肝炎・・・肝臓の病気
エイズ・・・免疫力が低下・なくなる病気
薬害エイズ・・・薬の投与によってエイズになってしまった

ということです。
C型肝炎については、下に貼り付けたURLが参考になるかと思います。

エイズは
http://www.pref.shizuoka.jp/kenhuku/kf-02/kansen …
を参照していただければわかるとおり、免疫力がなくなってしまう病気で、
薬害エイズは血友病という病気の治療のため、使っていた薬にその病原体が入っていたため、感染してしまった、ということです。
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/live/aids/aidsyakugai …
を参考にしてください。

HPの紹介しかできませんでしたが、疑問は解決しましたでしょうか?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0410-1.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC型肝炎検査の擬陽性について教えて下さい。

20代の医療従事者です。
偶然やったHCV抗体第二世代の結果が4.97/1+(C.O.I)で、同一検体で行ったHCV抗体第三世代が0.02/-(C.O.I)でした。第二および第三世代は擬陽性が極めて稀だと聞きましたが、この結果をどう解釈したら良いか分かりません。病院で正式採用されているのが第三世代のためPCRはオーダーしてもらえませんでした。血液を扱う仕事内容の為、完全に否定されないと落ち着いて眠れないような状況です。
自分なりに文献も調べてみましたが納得できるものがありませんでした。ぜひ御助力お願いします。

Aベストアンサー

どこのメーカーのキットを使用しているかわかりませんが、検体の取り間違いでなければ抗体の認識部位が違うためにおこるものか、非特異的に反応が起こったものかいずれにせよ擬陽性とみるべきでしょう。RNAを測定してみなくてはわかりませんが、擬陰性の可能性も捨てきれません。今はコア抗体を調べるものが主流のようでもあります。
いずれにせよRNA量を調べることが先決と思います。

QC型肝炎 HCV抗体

いつもお世話になっております。
友人が妊娠発覚時に行った血液検査で、HCV抗体が引っかかってしまったようなのです。

結果は1.29
1.0以下は陰性、異常は陽性だと言われたそうで、これから精密検査をするそうです。

これはC型肝炎陽性という事なのでしょうか?
それとも疑陽性という事はあるのでしょうか?

かなり落ち込んでいて少しでも力になってあげたいのです。
今は発症していなくてもいずれ発症するレベルなのでしょうか?

小さなことでも良いので教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

病院などには、肝炎ウイルス検診の陽性例に対する2次(精密)検査依頼では、HCV抗体の力価で2次(精密)検査法を変えるようになっています。というのは、低力価だと過去の感染を示し現在感染していない可能性が高いからです。(HPの詳Q6)
検査法が示していないのではっきりはしませんが、おそらく低力価群に入るので、過去の感染を意味し現在はRNAが検出限界以下の可能性が高いと思います。とはいえ、2次(精密)検査を受けて安心された方がいいかと思います。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/02.html

Q血液検査でのC型肝炎の数値について

下の不規則抗体の件で投稿させていただいているものです。
その内容のほかに質問させていただきたく思い再度投稿いたしました。

妊娠初期の血液検査で、C型肝炎の数値が0.7でした。
陽性となる範囲は、1.0からということで、陰性だけど、少し高めだよといわれました。

一人目のときは何も言われなかったのですが、今回少し心配です。

0.7という数値は、何かが原因で変化することはあるのでしょうか。
これから生活習慣できをつけることがあったら教えていただければありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は当院で術前検査などでHCV抗体を測定した患者さんの1万人以上のデータを10数年見ており、陰性→陽性となった症例も追っかけていますが、肝障害が伴った人は一人もいませんし、CutOff indexは大抵、1前後で>5となっている症例はありませんでした。
もちろん、黄疸、全身倦怠感などがあって肝障害が疑われてHCV抗体やHBs抗原を検査した症例ではHCV抗体が陽性化した症例はあります。が、自覚症状がなくせいぜい輸血くらいのリスクくらいしかなく術前検査などで偶然に検査した場合、陰性→陽性化の症例ですら私のデータからは意味がなかった事を強調しておきたいと思います。抗体価というのはこのくらいは変動するのです。
C型肝炎の感染力はとても弱く夫婦間ですら感染はほとんどありません。現実問題としては、
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/02-05.html
のA21にある行為くらいです。都会の妊婦ではA21の行為が日常的に行われているというのならともかく、A21の行為は一般妊婦にとっては常識的には非日常の行為でしょう。私のデータは一般妊婦だけではありませんが、その事を証明していると考えています。

私は当院で術前検査などでHCV抗体を測定した患者さんの1万人以上のデータを10数年見ており、陰性→陽性となった症例も追っかけていますが、肝障害が伴った人は一人もいませんし、CutOff indexは大抵、1前後で>5となっている症例はありませんでした。
もちろん、黄疸、全身倦怠感などがあって肝障害が疑われてHCV抗体やHBs抗原を検査した症例ではHCV抗体が陽性化した症例はあります。が、自覚症状がなくせいぜい輸血くらいのリスクくらいしかなく術前検査などで偶然に検査した場合、陰性→陽性化の症例ですら...続きを読む

QHCV抗体検査の数値について

毎年、健康診断を受けているのですが、ここ3年間、HCV抗体検査で1.05~1.40の数値になり毎回専門医での経過観察が必要の陽性と出ます。その都度、他の医療機関で再検査をしますが、健康診断とは異なり陰性となって、それ以上の検査はいらないと言われますが、やはり一度、RNA検査をした方がよいのでしょうか?
検診を受けている所の医師に聞いたところ、普通の抗体検査だと陰性か陽性かしかでないが、ここでは数値を細かく出すので陽性と出る場合もあるからあまり気にしなくてもよいと、わけのわからない回答しか返って来なかったものですから、少々不安になり質問させて頂きました。

Aベストアンサー

普通は、抗体価は低力価、中力価、高力価にわけて判定します。低力価なので、現在、C型肝炎に感染していない可能性が極めて高いとなります。
http://www.fujirebio.co.jp/topics/020906.pdf
今のところ、献血者を対象とした検討では低力価群からはHCV RNAが検出された例はない(http://www.kdcnet.ac.jp/hepatology/technique/screening/screening.htm)ので、現在、肝障害がなければHCV-RNAを調べる必要はなさそうですが、安心のためしてもいいのかとは思います。

QC型肝炎抗体検査を受けたら陽性が出ました。次の検査でウイルスが体内にあ

C型肝炎抗体検査を受けたら陽性が出ました。次の検査でウイルスが体内にあるかどうかの検査を受けました。結果は陰性でした。将来、ウイルス検査が陽性になることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

初めに受けられた抗体検査は感染「歴」があるかどうかを調べるもので、次のウイルスを直接検索する方は「現在も感染しているか否か」を調べる検査です。

後者の検査で「陰性」であったとしても、ウイルスがたまたま検出限界以下の量だった可能性も無いとは言えませんので、少し間を空けてもう一度検査をされた方が確実です。その後は通常の健康診断で肝機能の数値を注視しておけば良いでしょう。

いずれにしても、かかりつけの医師と相談されることをおすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報