弟が友人たちとスキーに行くので、私の車を貸してほしいと頼まれたので車を貸したのですが、
道中で、事故に遭い私の車は廃車になりました。
運転していたのは、弟ではなく弟の知人でした。

事故は高速道路の多重事故のようです。

保険は、私の車に契約している保険を使うつもりです。

もちろん修理代はだしてもらうつもりですが、来年保険料があがる分や
大事にしていた車なので、プラスアルファ(慰謝料?)を請求するつもりです。

この場合、いくらぐらい請求できるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

日本の法律では


貸した以上、貸す方(質問者さん)には
事故で廃車にされてしまうかもしれない事を
承諾したことになります。

ですから、法的には受け取る権利はないようですが
民事ですので
請求は自由に出来ます。
「一兆円払え」とか、言うのは自由なんです。

あとは、先方が払う意志を持っているかどうかだけです。
もちろんこの場合
請求相手は
弟さんを筆頭に運転していた方も含むと言うことになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/17 20:34

 保険料が上がることが嫌であれば、自分の保険は使わないことです。

自らが損害の回収に挑むのか、コスト(保険料アップ分)をかけても確実な損害の穴埋めと回収について保険会社丸投げのどちらを選択されるか、ということです。

 確実に損害が埋められるのは次の2つです。ひとつは自分の車両保険を使うこと、もうひとつは運転していた人間の「他車運転危険担保特約」で車両損害をカバーできる場合、です。

 ちなみに今回質問者さんが損害賠償請求をするのは、まず車を貸した相手つまり弟さんですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の保険はもちろん使いたくないのですが、
運転していたものは、自分では保険に入っておらず(車を所有していない)
私の保険を使わなければ、事故の相手の保証もできないようです。

本日聞いた話では、私の車に過失が相当あるようです。

事故を起こした本人は車を弁償するとは言っていますが
私としては、同等の車をあてがってもらうだけでは、納得できないので
プラスαを請求をしたいのです。

お礼日時:2009/02/17 20:43

(1) まず、運転していた人には自分の車があり、自動車保険を


  付けていたかを調べる。
(2) 付けていたら、その車に車両保険が付いていたか調べる。
(3) 付いていたら「他車運転危険特約」で車の修理代は支払われる
  ので、あなたの保険の等級には影響しない。
(4) いずれの場合でも、物損に慰謝料の請求は法的にもできない。

 「他車運転危険特約」が適用出来ない場合には、
(1) 多重事故でこちらには過失がなければ、加害者側に請求する
 (あなたの保険は使わないので、等級は下がらない)
(2) 相手(加害者)は判明しているが、無保険などで賠償金が
  とれない場合には、あなたの車両保険で修理する。
(3) 上記(2)の場合には次回は等級が下がらないケースもある
  (保険会社による)

そもそも、こんなことは貴方の契約の内容を熟知している
代理店に相談すべきです。
こんな事にも相談に乗ってくれないような代理店なら即刻
代理店を変更すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

本日、運転していた者に確認したところ
車は所有しておらず、もちろん保険には入っていないとのことです。

また、今回の事故では、こちらの方が過失の割合が高いので
私の保険を利用して、相手の車の修理をしなければなりません。

物損に慰謝料の請求はできない、ということもわかっておりますし
車を貸した私にも責任があるのはわかっているのですが、
やはり、それなりの弁償をしてもらいたいのです。

お礼日時:2009/02/17 22:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友人が私の車を運転中に事故。私の保険を使用したのですが、いくら払ってもらえばよいか悩んでます。

はじめまして。自動車保険使用時の知識をお持ちの皆様、皆様ならどうするか教えていただければ幸いです。

友人が私の車を運転中(私も同乗してました)事故に会いました。車と車同士の接触で幸い怪我人などは出ていません。

幸い私の自動車保険は他者運転特約?なるものに加入していて、友人が運転していたときでも保険は適応されるとの事で、保険を使用して車を修理することに決めました。

が、保険を使用する事によって免責額+等級が下がることによって保険料の支払いが増えますよね。

皆さんが私の立場なら、友人にどれだけの分を負担してもらいますか?

皆様お忙しい所すみませんが、御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自身の自動車保険を他人が運転しているときの事故で適用させるのであれば、「臨時運転者特約」でしょう。

「他車運転特約」は自身の保険で他人の車を運転中に事故を起こした時保証される特約です。

友人が「他車運転特約」に入っていれば友人の保険で保証されます。

ご自身の保険で車両保険に加入されておらず、対人・対物・搭乗者傷害しか加入されていない場合自身の車両損害は補償されません。

車対車で過失割合により相殺され修理額の満額は出ませんよ。

自身の車の修理費用(相殺差額)+免責額+3年分の等級差額 が発生します。

友人にどの様な状況で運転して貰ったのか判りませんが、
(1)あなたがお願いして運転して貰ったのであれば、請求しない~3件の発生額の一部。
(2)友人から運転させてくれと言ってきた場合は、3件の発生額。

ほとんど他人の運転は信頼してないので、車は基本的に他人には運転させません。ゆえに(2)の3件を請求します。
(車両保険に加入しており免責0円なので、3年分の等級差額だけですが・・・)
他人の車を運転するには、「他車運転特約」に加入した自身の保険を適用するのが当然。

自身の自動車保険を他人が運転しているときの事故で適用させるのであれば、「臨時運転者特約」でしょう。

「他車運転特約」は自身の保険で他人の車を運転中に事故を起こした時保証される特約です。

友人が「他車運転特約」に入っていれば友人の保険で保証されます。

ご自身の保険で車両保険に加入されておらず、対人・対物・搭乗者傷害しか加入されていない場合自身の車両損害は補償されません。

車対車で過失割合により相殺され修理額の満額は出ませんよ。

自身の車の修理費用(相殺差額)+免責...続きを読む

Q貸した車で事故した場合、車の持ち主の責任は

友達が事故にあいました。運転手は知人から借りた車で、その保険は自賠責しか加入しておらず、自賠責限度額120万の保険金だけでは足らず、困っています。病院からは高額の医療費支払いを求められています。
 運転手はまだ20歳代ですが、無職のため支払い能力は一切ありません。こうした場合、運転手にたとえ裁判で賠償を求めても治療費等を払ってくれる補償はありません。今後被害者は自分で治療費を負担するしかないのでしょうか。また運転手に車を貸した知人に対しても何らかの責任を求めることはできないものでしょうか?

Aベストアンサー

車の所有者にも責任があると思います。
業務中であれば、使用者責任もあると思います。

まずは、相手の支払い能力などではなく、賠償責任を負う人を明らかにし、示談でも裁判でも損害額を確定すべきでしょう。

その損害額の賠償の決めごとを守れないなどの際には、別途裁判などにより財産を差し押さえたりするしかないでしょうね。

交通事故の裁判で、治療費が高額で、治療を継続しているような場合には、弁護士へ相談すべきだと思いますね。弁護士でも、交通事故を専門にしていたり、取り扱っている事務所を探しましょう。専門外の弁護士に頼んだら、リスクが高くなりますからね。

治療費ですが、交通事故では健康保険が使えないなどと考える人が多いようです。しかし、健康保険の団体に対して、第三者行為傷害の届出を行えば、健康保険診療を受けられます。
健康保険を利用した場合、治療費の計算が保険診療として計算されます。自由診療より治療費総額が安くなります。被害者が負担した3割相当の部分は、引き続き請求の権利があります。その代わり、残り7割相当の保険給付をおこなった健康保険団体がその7割相当を相手に請求する権利を持つことになるでしょう。7割を回収できなくても、それは健康保険団体が負担するリスクになるのではないですかね。

もしかして、健康保険を一切使っていないのでしょうか?そうなれば、自由診療が2割増しと考えると、健康保険での100万円相当の治療費になります。これが保険診療で3割負担であれば、とりあえず30万円を請求することになりますので、まだまだ治療費を出してもらえたかもしれませんね。健康保険団体の分まで気にする必要もなく、請求の順番通り自賠責が保険金を出すでしょうからね。
過失割合0のような場合には、健康保険を使ってあげる必要がないなどと考えがちですが、相手の資力や保険契約内容次第では、健康保険を使った方がリスクが減ることにもなることでしょう。

最後に、ご友人やご友人の家族の契約する任意保険はありませんか?その中に弁護士特約はついていませんか?自動付帯などで知らないこともあります。弁護士特約では、保険会社の用意する弁護士以外を使っても、弁護士費用を出してくれると思います。相談から裁判までの費用です。

損害額や過失割合を確定しつつ、賠償金をどのようにつくらせるのかを計画をしっかりとたてましょう。
必要に応じて、合法的な脅しも必要です。
財産の差し押さえには、給与債権なども含まれるはずです。給与債権の差し押さえには限度があるかもしれませんが、勤務先に連絡することでの差し押さえでしょうから、差し押さえされれば、勤務先で信用を失ったりすることでしょう。その若者は、自己破産してもご友人への賠償義務は無くなりませんから、一生賠償義務に追われることにもなります。これらを法的にしっかりと伝え、親御さんに保証人などとなってもらったり、立替させるように導くのです。保証人とさせてしまえば、親の財産などの差し押さえも可能でしょうからね。

法等に支払い能力がなければ、分割でもなんでも払わせるように向けるしかないでしょう。
場合によっては、ご友人やご友人の家族の保険で、相手が支払うべきものを立替するような保険金支払いもあるかもしれません。払ってもらえるかどうかわからないリスクより、等級が下がっても、自分の保険を使う方が良いという場合もあることでしょう。
車の任意保険の中には、弁護士特約のように、契約車両などに同乗していなくても利用できるサービスや特約もあると思います。保険会社や弁護士などを上手に活用し、可能な限りの損害を金銭的回収に向けて頑張るしかないでしょうね。

私は、相手の保険会社の社員のしゃべり方に腹が立っただけで、弁護士特約を使ってすべてを裁判にしました。裁判となれば、自賠責の基準や任意保険会社の基準より高額な賠償金や損害金の認定がされやすくなりますので、保険会社は損をしたことでしょうね。

お金を可能な限り使わずに、しっかりと賠償を受けるために、ご友人を支えてあげましょう。ただ、あまり具体的な部分に介入すると、あなたのアドバイスで損をしたら友情関係にひびが入ってしまうかもしれませんから、ご注意ください。善意のアドバイスが恨まれる原因になる場合もありますからね。

車の所有者にも責任があると思います。
業務中であれば、使用者責任もあると思います。

まずは、相手の支払い能力などではなく、賠償責任を負う人を明らかにし、示談でも裁判でも損害額を確定すべきでしょう。

その損害額の賠償の決めごとを守れないなどの際には、別途裁判などにより財産を差し押さえたりするしかないでしょうね。

交通事故の裁判で、治療費が高額で、治療を継続しているような場合には、弁護士へ相談すべきだと思いますね。弁護士でも、交通事故を専門にしていたり、取り扱っている事務所を探...続きを読む

Q友達の車に乗って事故を起こした場合の保障について(非常に困ってます。)

友達の車に乗って事故を起こしたのですがこういう場合どれくらいの金額を友達に渡すのが妥当でしょうか?非常に困っているので教えてください。

事故の経緯は、友達と友達の車で千葉まで旅行に行っていて途中友達だけだと運転辛いから代わっていてその時寄ったコンビニで起こしました。
コンビニで買い物しおわって駐車場からでるとき、右折して出ようとしたのですが、思ったより来る車が速くて、その時道路の半分まで出てしまっていたので急いでバックしたのですが、その時慌ててて後ろを見ていなかったのでぶつかる直前にクラクションが鳴ったのですが後ろにいた車(ワゴン)にぶつけてしまいました。

事故の処理は警察を呼んで事故証明とってもらい保険を介して行っています。
事故の修理費等は全部で30万くらいかかり、友達が保険を使うとすると相手の車は保障されますが友達の車の方は5万円までは自己負担となり毎月の支払いが5000円アップして2年間くらいそれが続きます。
レガシーは中古車で60万くらいで購入したもので査定が下がる分もあります。
さらに、友達はついこの前に当て逃げされていてその時保険を使っていたので保険が降りにくくなるみたいです。

友達は保険は使いたくないらしく全額僕に負担するように言ってきました。
こっちが悪いからずっと下手に出ていたわけですが、これは漬け込まれてますよね?
実際こういう場合どれくらいの金額を保証すれば妥当なのでしょうか。

友達の車に乗って事故を起こしたのですがこういう場合どれくらいの金額を友達に渡すのが妥当でしょうか?非常に困っているので教えてください。

事故の経緯は、友達と友達の車で千葉まで旅行に行っていて途中友達だけだと運転辛いから代わっていてその時寄ったコンビニで起こしました。
コンビニで買い物しおわって駐車場からでるとき、右折して出ようとしたのですが、思ったより来る車が速くて、その時道路の半分まで出てしまっていたので急いでバックしたのですが、その時慌ててて後ろを見ていなかったので...続きを読む

Aベストアンサー

漬け込まれてる??
あなたが運転して事故を起こしたのですよね?
その友人には責任はありませんよね?
それなのに、漬け込まれてると思うのは何故ですか?

その友人はあなたの起こした事故で保険を使う事でこの先しばらく割り増し料金を払っていく事になるのですよ?
あなたがその友人の立場だとしたらどうですか?
自分の大事な車をぶつけられてその上、関係ないのに自分の保険料があがる・・・
あなたは納得できるのでしょうか?
あなたは「保険使わないから自分で全部自分で払って」と言われても断れない立場だと思いますけど。

あまり筋の通らない事ばかりでつっぱねるとこの先の人間関係も崩れてしまいますよ。
友人の車だったとしても損害補償する立場にあるのはあなたなのですから。
あなたは「保険を使わせてくれ」とお願いする立場ですよ。

60万円との事なので車の格落ちについては金額はでませんが
友人関係を考えて数万円程度の謝罪料金は渡しておいた方がいいようにも思います。

#1の方への補足について。
その友人の方はあなたにむりやり運転をさせたのですか?
あなたは運転する事に同意しなかったのでしょうか?
「運転変わってくれる?」「いいよ」
この程度のやり取りであれば友人側に責任は発生しないでしょう。
逆に「じゃあ何故、断らなかったの?」と言われたらなんて返しますか?

漬け込まれてる??
あなたが運転して事故を起こしたのですよね?
その友人には責任はありませんよね?
それなのに、漬け込まれてると思うのは何故ですか?

その友人はあなたの起こした事故で保険を使う事でこの先しばらく割り増し料金を払っていく事になるのですよ?
あなたがその友人の立場だとしたらどうですか?
自分の大事な車をぶつけられてその上、関係ないのに自分の保険料があがる・・・
あなたは納得できるのでしょうか?
あなたは「保険使わないから自分で全部自分で払って」と言われても断...続きを読む

Q住民票、身元証明書を取る際に必要なもの

住民票と身元証明書を市役所に取りに行きます。印鑑などいるのでしょうか?必要なものを教えて下さい。

Aベストアンサー

H20.5から窓口での本人確認が法律で義務化されています。
つまり、本人確認のため、
運転免許証、パスポート、
住基カード、健康保険証などが必要です。
ただし、顔写真がないものは、複数の提示を求められることがあります。
あとは、ハンコと手数料ですね。

Q車を貸したときの物損事故の当事者は誰でしょうか

私の友人Aが車を知人Bに貸したところ、Bが運転中、駐車場で物損事故を起こしてしまいました。過失割合は、8:2でBの方が過失が多いそうです。過失割合に争いはありません。
この場合、私の友人Aには、車の所有者として、この物損事故について法的責任が発生するのでしょうか?仮に発生するとしたら、AとBと相手方の法律関係はどのようになるのでしょうか?
運行供用者という言葉が自賠責法で定義されているようですので、物損では、車の所有者の法的責任が発生するのかどうか疑問に思い、質問いたしました。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

物損ですから、Aと相手方の間には何の法律関係も発生しません。

Bは、相手方に対し不法行為による損害賠償をする義務があります。

なお、蛇足ですが、Aの車両が対物保険に加入している場合、Bは運転者制限等の条件に違反していなければ、保険契約者であるAの同意が無くても保険会社に対して、保険金請求することができます。

Q盗難届を出してしまいました。

知人は私の名義の車(普通車)を乗ったまま帰ってこない。
今日で3週間になります。

盗難ではないのですが、自分的には盗難と同じです。

しかし、鍵を渡したのも私で・・・。

盗難ではないものに盗難届をだすとなにかやばいことになるんだろうか??

盗難届を出した後で心配になってきました。

Aベストアンサー

 これはまずいですね。民事の内容を刑事事件にしてしまっています。

 相手がなかなか返さないので、質問者さんが車を使えない。その損害(たとえば、車がないので、タクシーを使わざるを得なかったなど)を相手に請求するのが筋だと思います。警察の介入する話ではありません。

 ところが質問者さんは、「車が盗まれた」と訴えています。これは刑事事件であり、相手は逮捕されます。相手は会社等を解雇されるおそれもあります。ところが実際は盗難ではありません。したがって相手より、不当に訴えられたといって、逆にあなたが訴えられるおそれがあります。

 もっと簡単な例をいえば、友達にお金を貸した、しかし返してくれない、したがって「友達から金を盗まれた!」と警察に訴えているのと同じだと思います。

 両者にとって非常にまずいことになると思いますので、とりあえず警察に急ぎ、逮捕される前に盗難届けを取り下げた方がいいと思います。

 ではどうやったら車を返却してもらえるのか?これはあくまでも民事で解決した方がいいと思います。一日の被害はレンタカー一日分(たとえば1日8000円?)と計算して、相手に損害賠償を求めるのです。書面にした上で、内容証明にして送付するのがいいでしょう。

 これはまずいですね。民事の内容を刑事事件にしてしまっています。

 相手がなかなか返さないので、質問者さんが車を使えない。その損害(たとえば、車がないので、タクシーを使わざるを得なかったなど)を相手に請求するのが筋だと思います。警察の介入する話ではありません。

 ところが質問者さんは、「車が盗まれた」と訴えています。これは刑事事件であり、相手は逮捕されます。相手は会社等を解雇されるおそれもあります。ところが実際は盗難ではありません。したがって相手より、不当に訴えられた...続きを読む

Q賠償金を払わないとどうなる??

例えば、「生徒にいじめをした小学教師に対して、被害者家族は1300万円の損害賠償の訴訟を起こした」という内容のニュース(曽祖父が米国人であるためにいじめを受けたというあのニュースです)で、そのまま1300万円賠償!の判決が出た時、よかったよかったと思うのですが(よかったと思う思わないはさておいて)、判決が確定した時、もし賠償責任者(この例では教師だけと仮定)がお金を払わない場合どうなるのでしょうか?
また、多額の賠償判決を受けた人はちゃんと払っているのでしょうか?
「払わなかったら1年間刑務所」とかだったら、払わない方が楽じゃないのか?と思ってしまい、気になって質問させていただきました。

Aベストアンサー

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済義務はなくなります。(厳密に言うと債務がなくなるわけではありませんが、法的に取り立てることは出来なくなります)

ただし、破産法366条では以下の債権ついては免責できないとしています。

(1)租税債権
(2)破産者が悪意をもって加えたる不法行為に基づく損害賠償債権
(3)雇人の給料のうち一般の先取特権を有する部分
(4)雇人の預り金および身元保証金。
(5)破産者が知りて債権者名簿に記載しなかった請求債権、但し債権者が破産の宣告ありたることを知りたる場合を除く。
(6)罰金、科料、刑事訴訟費用、追徴金および過料。

つまりご質問にある小学校教師は(2)に当たりますので、破産しても免責になりません。生きている限り弁済を続けなければなりません。
少なくとも返済完了まで普通の生活は出来なくなります。ただお分かりのようにもともとたとえばルンペン生活しているような人だとそれは痛くも痒くもないということになりますが。

微妙なのは業務上過失など過失による損害賠償です。法律上は免責を受けられることになっています。ただ実務上免責としてしまうか?というと疑問です。
最近の危険運転致死罪であれば(2)に該当するとみなされるでしょうね。(多分)

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済...続きを読む

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q娘が友達の父の車で事故を起こしました・・

初めて投稿させていただきます。
昨年の9月に娘(20歳)が友達の車を運転していて事故を起こしました。
どうしてそんな前の事を・・と思われるとおもいますがこのことを私たちが知ったのがつい最近なのです。今になって所有者(友達の父)が家に来て「お宅の娘さんがうちの車で事故をおこしました。持ち出したのは自分の娘だが(未成年)運転していたのは娘さんなので修理代を払って欲しい」と言うことでした。修理の見積もりは56万。でも廃車にしたそうです。ちなみに保険は家族限定のものだそうです。

車の所有者責任とかあると思うのですが、この場合修理代は支払うべきなのでしょうか?
ご回答宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

娘さんの同居の親族に自動車保険加入があり、なおかつ娘さんが乗っても補償のある条件で、車両保険加入なら自動付帯されています「他車運転危険補償」で保険会社によっては?担保 補償されます。

但し、9月の事故で、廃車されたということで、現物確認されないと保険適用は難しいかもしれませんね。
車屋に見積書・写真撮影されてれば問題ないと思いますが、ここは保険会社との交渉になりますね。

所有者責任といっても、この場合道義的責任を含め法的賠償はそれなりする必要があります。被害者の娘さん(友人)もそれなり共同責任があるかもしれませんが?それがどの程度あるのかは、当事者の話し合いになりますが、冷静に話し合えるかどうか?

>修理代は支払うべきなのでしょうか?
当然、支払う責任はあります。当事者ですからね。
100%支払えば問題はないのでしょうが、被害者の娘さんにもそれ相応の割合で責任があるとすればどの程度なのか?これは最悪司法の場の判断になりますね。その当たり話し合いで円満解決出来れば良いのですがね。
100%払う必要はないとお考えなら、多少感情的なトラブル?リスクも承知で話し合うことですね。
一般的には、全額払うケースが多いとは思いますが・・・?

娘さんの同居の親族に自動車保険加入があり、なおかつ娘さんが乗っても補償のある条件で、車両保険加入なら自動付帯されています「他車運転危険補償」で保険会社によっては?担保 補償されます。

但し、9月の事故で、廃車されたということで、現物確認されないと保険適用は難しいかもしれませんね。
車屋に見積書・写真撮影されてれば問題ないと思いますが、ここは保険会社との交渉になりますね。

所有者責任といっても、この場合道義的責任を含め法的賠償はそれなりする必要があります。被害者の娘さん...続きを読む

Q車両時価額の決まり方を教えてください!

先日、追突されてしまい全損でした。
私の過失は0とのことで、相手の保険会社は認めています。
車両を同じ年式、同じグレードを購入しようとしていますが
検索すると220万円+諸費用なのですが、
時価額以上は出せない!の一点張りで非常に困っています。
時価額は158万円とのことでした。
私は、車両保険に入っており、全損の場合、200万円まで出ます。
この金額は、時価額から算出されたと聞いております。

そこで、教えてください。
時価額はどうやって出しているのでしょうか?
車両保険の時価額と異なるのはなぜでしょう?
また、被害者の方々は、この条件でみな泣き寝入りしているんでしょうか?

Aベストアンサー

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは古い車を廃車すれば還付がある為です。)
認められる経費は、車庫証明取得費用、自動車の登録費用になります。

これらを分からずに中途半端に要求すると、保険貸会社は、
「払う必要は一切ない(物が含まれている)」などと括弧の中は言わずに拒否してきたりします。


示談とは相手が納得した状態です。
納得してくれさえくれれば良い、と保険会社は考えていますので、上のように、言葉をうまくごまかしながら支払いを減らそうと頑張って来ます。
これらはきちんと賠償請求できる範囲を把握して請求していくと、逃げ道がなくなる為に(嘘は言えませんから)合意に近づいていく事になります。

請求できる範囲の理解と、請求金額の理解を良く行って、正しい損害賠償をして貰うようにがんばってください。

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報