15日に4時くらいか放送された番組で、R-1グランプリ決勝に進出する鬼頭真也の家に誰かがインタビューしに行ってました。
宮藤官九朗とかと移っている写真とか出演しているCMとかが紹介されていました。
鬼頭真也の家にインタビューしていた人は誰でしたっけ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私が見たのはめざましテレビなのですが、あべこうじとフジアナウンサーの生野アナが自宅に訪れていました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すっきりしました、
ありがとうございました

お礼日時:2009/02/24 10:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西出身のお笑い芸人の人達は「~ですやん」とか「あきません」とか「~で

関西出身のお笑い芸人の人達は「~ですやん」とか「あきません」とか「~ですやんか」とか「~ですわ」とかよく使われていますがあれは敬語なんですか?芸人さんじゃなくても関西の人はつかうんですか?

Aベストアンサー

それは敬語です。ですが、ミナミの方でしか使わない関西弁があります。ちなみに僕は中1の男子です。

QM1グランプリ2008

NONSTYLE優勝しましたね!

賛否両論分かれているみたいですが、私は彼らの一生懸命な
漫才にやられました。とても良かったと思います!

キングコングと同期だと聞きましたが、NONSTYLEの出ている
番組って何があるのでしょうか?
知っている方いらっしゃいましたら、教えてください!

Aベストアンサー

以前からレッドカーペットやオンエアバトルなどのネタ番組には出ています。当然毎週出ていませんが、レッドカーペット賞も受賞したこともあるほどで、元々今回の優勝候補の一角に上げられていましたし。
9月まではラジかるの週1レギュラーでしたが、確かにトークは面白くはありませんでしたね。このあとは全国ネットのレギュラーは殆どないようですが、いずれ増えるでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/NON_STYLE

QM-1グランプリ

M-1グランプリで2010か2009の年ジャルジャルが出てましたよね?漫才じゃなくてあれはコントだと言われて批判を浴びてましたよね?それならサンドウィッチマンもコントっぽかったと思うのですが何故サンドウィッチマンは批判されなかったのですか?

Aベストアンサー

ジャルジャルは嫌われてるから・・・じゃ納得いかないですか?
サンドウィッチマンはまだ表立った活動が少なく、アンチがあまりいなかったというのもあるかもしれません。アイドル的人気や過激な売り方に頼るのではなく、しっかりしたネタ(笑い)で勝負しているタイプの芸人なので、嫌われにくいというのもあると思います。

芸能界、そして世間ってそういうものだと思いますよ。ある2人に全く同じ問題があったとして、一方は軽く見逃されたとしても、もう一方は追い出す理由にされたり、さらにあら捜しされたりするのです。日頃の信頼って大事ですね。

Q2005年のM-1グランプリ

2005年のM-1グランプリの優勝者はブラックマヨネーズでしたよね?ブラックマヨネーズが優勝した時、ブラックマヨネーズは東京では無名だったんですか?関西ではどうだったんですか?

Aベストアンサー

こんばんは。
関西人です。

チュートリアルと同じで、ガンガン上昇中でしたよ。
あのテンポで一気にいきましたね。

たむけんについている芸人さんは売れますね。

QM-1グランプリの予選の評価

M-1グランプリ2008を観ました。
ふと思ったんですが、決勝以外の予選の評価(敗者復活戦含め)は誰がやってるんでしょうか?
決勝と同じ、審査員が全部評価しているんでしょうか?

Aベストアンサー

決勝は決勝だけの審査員で準決勝はプロの審査員(放送作家など)、敗者復活はプロのほかに一般の人も含まれます(wikiより)。

wikiの記述からは削除されていますが、準決勝まではプロですが、吉本関係の作家で構成されているので、吉本以外の芸人が決勝に残るのは至難と言われています。そもそもM-1は吉本主催ですから、だから毎年吉本ばかり(吉本以外は1、2組程度)残るわけで「吉本枠」といわれていますね。これがあらわになったのが昨年の吉本ではない敗者復活からのサンドの優勝で、オール巨人が放送中に審査に異議を唱えています。その頃にwikiに元々審査の不透明さ(準決勝の審査員について)の記述が削除されてしまいました・・・

サンドや今年のオードリーのように敗者復活なら一般人の採点も含まれるから、決勝に行かれたのでしょう。でもキャラで笑わせているオードリーはやはり紳介は評価していませんでしたし、ナイツもあまり評価していませんでしたので、最終3組の時点で吉本のノンスタイルが有利と思いました。今回の結果はノンスタイルでふさわしいと思いますが、主催者の紳介に気に入られないと優勝できないのを立証させた感もありますね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/M-1%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA

決勝は決勝だけの審査員で準決勝はプロの審査員(放送作家など)、敗者復活はプロのほかに一般の人も含まれます(wikiより)。

wikiの記述からは削除されていますが、準決勝まではプロですが、吉本関係の作家で構成されているので、吉本以外の芸人が決勝に残るのは至難と言われています。そもそもM-1は吉本主催ですから、だから毎年吉本ばかり(吉本以外は1、2組程度)残るわけで「吉本枠」といわれていますね。これがあらわになったのが昨年の吉本ではない敗者復活からのサンドの優勝で、オール巨人が放送...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報