アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

現在スリクソンW404の高反発ヘッド+フジクラSpeeder tour spec 661 Sを使用しています。HS46-48程度で飛ぶときは280Y位飛びます。
今回ドライバーの買い替え予定で、いくつか試打しました結果、インプレスX 4.6V r.p.m.かタイトリスト909が気に入りました。
ただ909D2 9.5度は練習場で弾道が高すぎて(吹き上がり?)、909D3 9.5度をラウンドで試しましたが、よく飛びますがこれもかなり高弾道でした。シャフトはいずれも標準のタイトリストTour AD Sです。
ランバックス6F09は、以前に別のヘッド(スリクソンZR-800)で試しましたがいま一つでしたので(ヘッドのせいかもしれませんが)、あまり気が乗らず、カスタムシャフトのTour AD EVにしようかと思っています(EV6かEV7)。この場合シャフトは45インチでしょうか?それとも45.5インチでもいけるのでしょうか?
また標準のTour ADは、GD社のWがベースのようですが、一説によるとWとは全く異なったもの(素材自体Wと比べても良くない?)との評判もあり、どうなのでしょうか?
インプレスX 4.6Vのランバックス6Y09も意外に合っていて、でも9度でもかなり球筋は高弾道になります。7Y09の方がいいのか、こちらもTour AD EVがいいのか?
中弾道の力強い弾道が理想なのですが、どのようなシャフトがいいのか、タイトリストおよびインプレスご使用の方で詳しい方が居ましたら教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ランバックス6F09とTour AD EVは結構似ているので


6F09が合わない場合、EVはやめておいた方がいいかもしれません。
どちらにしても試打してみることをオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有り難うございます。
Burner+Tour AD EVはそれほど悪くなかったので、ヘッドとの相性もあるのかもしれません。でも見かけだけでEVは選べませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/18 14:05

まず、ROMBAXのFシリーズとTourADのEVについてはシャフトの性格については自分もgolf90さんと同じ意見です。

ダウンスイングからフォローにかけてアッパー気味に低く抜けていくスイングの持ち主の方には合わないシャフトです。タメをキツ目にスティープに抜けていく方によく合うシャフトです。但ししなり戻りのタイミングが合わないとうまくいきません。同じような性質なのにEVが合って、QUATTROTECHのグリーンが合わない人がいるのはそのせいです。おそらくスピーダー系とROMBAXのFとでは同じようなことになっているのかと思いますね。TourADのWシリーズはどちらかというと先調子系なのですがしなり戻りのスピードは押さえ目にしてあるシャフトです。
ちなみに自分はD2使用ですが、EVあたりの方が合いそうなスイングなのに、腕が短くアッパーに入りやすいという体型とスイングが逆の特性を持っているので、どっちでも使えそうな静かなTourADのPTを入れています。(リシャフトしました。そういう意味ではスイングからW70も考慮に入れましたが、フェアウェイウッドのリシャフトも考えないとダメになって、予算が出ずに断念です(笑))

それより不思議なのはD2・D3・インプレスすべて低重心系なんです。なのに吹けるという事がどういうことなのかを知った上でシャフトを考慮した方がいいと思います。(もし、レッスンプロがいればあなたのスイングがどういった構成なのかを見てもらった方がいいということです)アッパーかつインパクトロフトの増大でそのロフトでスピン量を確保しているスイングであれば元調子系の方がいいでしょうし、逆にダウンブローに入れることによって吹き上がりが出るようであれば先がはねやすい先調子の方が合います。(但し先調子系は先述のとおりしなり戻りのタイミングの問題があるのでいろいろ試す必要はありますね)それから結論を出した方がいいように思います。シャフトも結構お金がかかるもんですから、先に調べて手を出すようにすればいいと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前ミズノの養老工場でフィッティングをしてもらい、インサイドアウト軌道で、先調子が良いとの結果であり、またスピーダー661がちょうど自分に合っていたので、自分には先調子が合うのだろう、と思っていましたが、jimmy35さんの言うように、同じ先調子でも『しなり戻りのタイミングが合わないとうまくいきません』ということに納得しました。
インプレスのRombax6Y09は中調子なのに、それなりに良く合うのは、ライ角が60度のこともあるのかもしれません。
また高弾道ですが、吹ける?というのとはちょっと違っているようなので、8.5度のロフトだとどうだろうかとも考えています。
ヘッドとの相性も考えてシャフト選びしたいと思います。
貴重なご意見をありがとうございました。

お礼日時:2009/02/18 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイナミックゴールドとライフルについて

いま、アイアンの買い替え(Mizuno S-30またはMP-30)を考えています。
シャフトについてなんですが、いまいち分からないことがあります。DG-S200とライフルの6.0ではどちらが硬いのでしょうか?重さはライフルの方が軽いんですが・・・。DGと比べるとライフルというのは大体どの位の位置付けなんでしょか?
どなたか詳しい方いたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

DG-S200  119g 手元調子
ライフル6.0  109g 中調子

参考になるか判りませんが、上記の様に仕様がちがいます。
クラブのバランス、スイングなどにもよりますが、
私見では、
DGは重いけどしなってヘッドの重みでタイミングをとる人向き。
ライフルは弾きが良いので、パンチをいれて打つ人向き。
かな?
あくまでも、私独断の意見です。
又、硬さは一概に言えませんがライフルの方が硬く感じるかも
知れません!?(スイングにもよるし、感覚が作用するもので。。。)
確かな回答をお求めなら、ショップに行って同シャフトの入ったモデルの
振動数を測ってもらったらいいです。
すぐに答えが出ると思います。

QツアーAD W60 と M65 について

リシャフトを考えています。
上記2つのシャフトの違いを教えてください。

皆様がお使いになった印象など教えていただけるととても参考になります。

ちなみに私は
H/S45(平均)
もち球フック系
ドライバーは現在「X-DRIVE300(旧型)」
を使っています。

Aベストアンサー

私のヘッドスピードも45です。
ミズノ300SII330 9°にW60Sをりシャフトしましたが、シャフトが柔らかいと言うか、しなりがかなりきついと言うか全然ダメで3日程で M65 Sにリシャフトしました。
M65の方がトルクが小さめなのでしっかりしていますね。
僕にはどちらが合っているかは断然M65です。
W60はH/Sがもう少し遅い方には良いのかもしれませんね。
M65の弾道は中弾道が出やすくランが良く出て風に負けない強い弾道ですね。
ちなみに僕の飛距離は満振りジャストミートで270yまで、平均240~250yぐらいでしょうか。

Qランバックスのシャフトの特徴について

メーカーHPの特徴をみてもぱっとしません。
両方使ったことある人の率直な感想を聞きたいです。
よろしくお願いします。
知りたいのはZシリーズとXシリーズです。
またFWに刺す時は番手によって違うシャフトをいれるのはよくないのでしょうか。

Aベストアンサー

私もリシャフトを年に3回はします。
「今より飛ぶもの・より良い物を」と考えますが、どこまで行ってもゴールは見当たりません。前置きはいいとして、本題です。
ランバックスはセンター軸を強化して、スピーダーのような「シャフトの弾き」よりもセンターに正確に戻る「再現性」を強化したシャフトだと藤倉ゴムのスタッフより聞いております。私の使用感もまさにそのとおりに感じます。
まずXシリーズですが、他のシャフトに比べると「しなり感」は弱く硬く感じます。インパクト時にヘッドを走らせる技術を持っていないと左前に低い弾道になりやすいです。逆に「スピン量を抑えた強い球」になるとも言えます。シャフトの癖は少ないのでグラファイトデザインのPTあたりと似ていると思います。リストを抑えて、ボディーターンを中心に振った打感は「水道管を振っているような感じで、芯に当たった快感が薄いです。球筋も低いけれど、飛距離は思ったより出ている。」というような感じでしょうか。S-FLEXでも他のSシャフトより硬く感じますので選ぶ時は注意してください。Zシリーズですが、Xより多少先がしなる感じです。芯で捕らえた時の感触(快感)はXより強いです。ヘッドを必要以上に走らせなくてもキックしてくれる感じです。但しシャフトの手元は柔らかくないので、タイミングがずれるとスライスというより、打ち出しから右に出ます。先調子とは違いますのでヘッドが暴れる事はありませんが、私自信は特徴が掴み難く打ち手を選ぶ感じがします。参考までに、私は現在DRに7X07を入れていますが、FWは違うシャフトを入れています。Xシリーズは強いインパクトをしないと比較的低いボー球になりやすく、最高到達点で伸びるような球筋にはなりにくいです。DRは風に強く低めの弾道が打てますが、XシリーズのFWを打てる人はボールを上げ難いため、腕力がある人かリストを使う人のように、インパクトで更にヘッドが走る人に向いていると思います。Zシリーズは現在入れていないのでコメントは避けます。
最後にフジクラのシャフト相談室に行く事をお勧めします。
一人40分位で、フジクラシャフト何でも打ち放題です。自分のスイングを撮ったDVDもくれます。全て無料です。売りつける行為も一切ありません。私はZもXもここで試打しましたし、60g70g80gの重さの違いやS・X-FLEXも打ち比べました。メーカーの回し者ではありませんが、リシャフトするゴルファーには絶対お勧めです。
リンク先添付しておきます。

参考URL:http://www.fujikura-gcs.com/

私もリシャフトを年に3回はします。
「今より飛ぶもの・より良い物を」と考えますが、どこまで行ってもゴールは見当たりません。前置きはいいとして、本題です。
ランバックスはセンター軸を強化して、スピーダーのような「シャフトの弾き」よりもセンターに正確に戻る「再現性」を強化したシャフトだと藤倉ゴムのスタッフより聞いております。私の使用感もまさにそのとおりに感じます。
まずXシリーズですが、他のシャフトに比べると「しなり感」は弱く硬く感じます。インパクト時にヘッドを走らせる技術を持...続きを読む

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報