地方分権法の全貌?を知りたいのですが何を見たら
いいのでしょうか?ホームページの検索をしても
イマイチ「これだ」というのに当たらなくて・・・
ものすごい枚数になるので、一括してなにかには
のってないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「ものすごい枚数」ということは,地方分権推進法ではなくて,全部で475条,加えて付則が252条もあるジャンボ法律の,通称「地方分権一括法」ではないでしょうか。


正式名称は「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」(平成11年法律第87号,同年7月16日公布)ですね。
自治省(現・総務省)のページから地方分権を手がかりにたどっても,なぜか推進法しか出てこないんですよね。

地方分権一括法の全文は,html形式ならここ
http://www.shugiin.go.jp/itdb_main.nsf/html/hous …
にあります。(ざっと1.5MBほど。)

また,地方文献推進本部(トップのURLを書いておきました)のページはかなりお役に立てるのではないでしょうか。
「資料室」に入ると,上記法律の全文や関係省庁別の新旧対照表(一括法の規定によって改正される法律の,改正前と改正後を対比した表)がPDFファイルになって置いてあります。

概要でしたら,
http://www.pref.saitama.jp/A02/BO00/bunken/lib/b …
にあります。

活字になったものだと,一括法による法律の改正と,その後各省庁ごとに改正省令などが出ているのでそれによる省令の改正とをあわせて,確かこれも省庁別に編集して1冊ずつ本になって出ていたはずです。
残念ながら,タイトル・出版社などは思い出せませんが,比較的じみな(色だけが1冊ごとに違って,あとは同じようなデザイン)本だった記憶が…これじゃてがかりになりませんね。(^^)
値段は,数千円の後半ぐらいだったかしらん。
…と思っていたのですが,いま調べてみたら国政情報センターから出ている「省庁再編関係法令集」のことを勘違いしていたようです。
やっぱり地方分権一括法がまとめて載っている本はなかったのかなあ。気になるので,このまま書いておきます。

CD-ROMもあります。ぎょうせいから出ている「自治六法」が去年(平成12年度版)からCD-ROMを付録に付けるようになり,これにも一括法の原文,新旧対照表,さらには改正後の法律の全文(六法の本文に収録していないものも含め,一括法の改正対象になっている法律532本の全てを全文掲載!)が収められています,
1枚のディスク上にあるので,クリック1つでほいほいジャンプできて便利です。
定価4286円です。このCD-ROMは,「地方分権法規CD-ROM」として単独でも発売されています(3500円)。詳しくは
http://www.gyosei.co.jp/jigyou/syuppan/denshi/ch …
を参照。

そうだ。活字になっているものがありました。
図書館に行って,当日(公布日)の官報を見る。号外第135号で,5分冊になっていて,p.12~p.191が地方分権一括法です。
あるいは,「法令全書」(月刊の,官報のダイジェスト版。法令は全文収録)の平成11年7月号を見るという方法もあります。
これらが情報源としては一番のおおもとですね。これを忘れてはいけません。

余談ですが,この年は大きな法律がいろいろとできた年でした。一括法はおそらく法律の長さ(文字数)では史上最長といわれていましたし(大蔵省印刷局発行「今日の法令」に書かれていた話),12月22日公布の中央省庁等改革関係法施行法は文字数こそ一括法よりかなり少ないものの,条文数では第1344条まで(+付則3条)とこれもおそらく史上最多でしょう。

参考URL:http://www.bunken.nga.gr.jp/
    • good
    • 0

最後のところ,細かい訂正です。


「今日の法令」ではなく,有斐閣の「法学教室」の,地方分権一括法を特集した号だったと思います。
どうも勘違いばかりですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この前締め切ったときにお礼のメール書いたんですが、なぜか
消えてるみたいなので、もう一度。

ありがとうございました!!
私が知りたかったのは、まさにこのことです。
ファンタスティックです!マーヴェラスです!!

わたしもいつかあなたのように人の役に立てる人間に
なりたいです(^-^)
本当にありがとうございました!!

お礼日時:2001/03/09 19:21

たくさんあります。


下記の参考URLに書籍のリストがあります。
なお、この手の本は、大書店にもありますが、地方都市では、官報販売所に行けばあります。
(官報販売所)
http://kanpou.pb-mof.go.jp/html/hanbai.html

参考URL:http://www.pref.saitama.jp/A02/BO00/bunken/lib/b …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
みてます!感謝感謝です!!

お礼日時:2001/03/05 09:44

 平成7年法律96号「地方分権推進法」のことでしたら


概要は
http://www.somucho.go.jp/gyoukan/kanri/b_27.htm
全文は
http://archive.hoops.ne.jp/law/1995L096.html

この法律は5年間の時限立法でありましたが、改正で、1年(平成13年7月3日まで)延長されています。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_main.nsf/html/hous … 

地方分権推進委員会の勧告、審議内容でしたら
http://www8.cao.go.jp/council/index-bu.html
にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ついでにお聞きしますが、
これが、なにか紙に印刷された雑誌や本になって
世の中にでてはいないものなのでしょうか?
もしご存知でしたら教えていただきたいのですが・・・

お礼日時:2001/03/04 12:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLatex 表の書き方について

Latexで表を作成していて、2行にわたる項目を作成しその項目名を上下の中央に配置したいのですが、中央揃えする方法が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/table.html
に紹介されている parboxを使う方法が使えるかもしれません。

Q地方自治法と地方分権一括法

質問なのですが、
地方自治法と、地方分権一括法って
同じものを指しますか?

詳しい方、どうぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

 地方分権一括整備法(正確な名前は,地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律)というのは,地方自治法をはじめとする,関係法令を改正する法律です。

 法律を改正するには,その法律を改正する法律を制定するという仕組みになっています。官報や各省庁のホームページなどを見ると分かりますが,国会で審議され成立する法律の多くは,「○○法の一部を改正する法律」という名前です。

 「○○法の一部を改正する法律」という法律が制定され,施行されることによって,その内容が○○法に取り込まれ,改正後の○○法になるわけです。

 ところが,この前の地方自治法の改正は,改正の規模が非常に大きく,関係する法律も多数(475ということです)に上ったことから,「地方自治法の一部を改正する法律」という名称ではなく,「地方分権一括整備法」という法律を制定し,この中に,地方自治法の改正も含まれているという仕組みになっているのです。

 ですから,地方分権一括整備法が制定されて,これが施行されたことにより,整備法自体は,基本的にその存在意義を失い,地方分権一括整備法による改正後の地方自治法が残った,という関係になるのです。

 同じようなことは,最近会社法が制定されましたが,会社法の制定に伴い,商法の会社関係の部分がごっそり削除されたり,有限会社法が廃止されたり,商法総則が平仮名になったりしました。この削除は,「会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」というような名前の法律で行われています。この場合も,整備法は,現在既に存在意義はなく,改正後の商法が残っているという関係になるわけです。

 参考ページです。

http://www.soumu.go.jp/singi/iinkai/pdf/shiryo_3.pdf#search='%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%88%86%E6%A8%A9%E4%B8%80%E6%8B%AC%E6%9

 地方分権一括整備法(正確な名前は,地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律)というのは,地方自治法をはじめとする,関係法令を改正する法律です。

 法律を改正するには,その法律を改正する法律を制定するという仕組みになっています。官報や各省庁のホームページなどを見ると分かりますが,国会で審議され成立する法律の多くは,「○○法の一部を改正する法律」という名前です。

 「○○法の一部を改正する法律」という法律が制定され,施行されることによって,その内容が○○法に取り...続きを読む

QLaTeXで,罫線ありの表の中で下付きの数字(添え字)を使いたいのですが・・・

LaTeXでレポートを作成しているのですが,罫線ありの表の中で下付きの数字(添え字)を使う方法がわからなくて困っています.

罫線ありの表の作り方や下付き数字の作り方それぞれ単体では作れるのですが,どうしても表の中で下付き数字が作れません.

どなたかご教授お願いします.

Aベストアンサー

$で囲んで数式モードにしても駄目ですか?

$ y = x_{0} + x_{1} + x_{2} $

Q相手に支払う治療費なのですが相手が支払いは一括じゃないと認めないとしても、こちらに一括返済能力が無け

相手に支払う治療費なのですが相手が支払いは一括じゃないと認めないとしても、こちらに一括返済能力が無ければ分割にする事も出来るのでしょうか?
相手は全治1ヶ月です。
診断書には全治1ヶ月となっておりますが、1ヶ月過ぎて通った治療費も支払わないといけないのでしょうか?
知人、身内、金融機関、いずれからも借金が出来ない状態です。

どなたか適切なアドバイスお願い致します

Aベストアンサー

金が無ければ払う必要はないです
が、金を払わなければ示談が成立せず、刑事事件が不利になります

QLATEXにて表番号の後に改行をするには

LATEXで、表番号の後に改行を入れるにはどうしたら良いでしょうか?
現在、プリアンブルで
¥makeatletter
¥newcommand{¥figcaption}[1]{¥def¥@captype{figure}¥caption{#1}}
¥newcommand{¥tblcaption}[1]{¥def¥@captype{table}¥caption{#1}}
¥makeatother
でfigcaptionとtblcaptionを定義して使っています。

TABLE 1
キャプションの文

という風に、表番号の後に改行を入れて出力させたいのですが、どのように設定すればいいですか?
添付データのような形で出力したいです。

Aベストアンサー

Table I(Tableは大文字でフォント不明)となっているので、どのような文書クラス(article.clsなど)を使われているのか分からないのですが、
\usepackage{ccaption}
を入れ、キャプションの所に
\captiondelim{}
\captionstyle{\\}
\setlength{\belowcaptionskip}{10pt}
を入れれば上手く行くかと思います。

Q地方交付税と地方譲与税の違いについて

法律初学者です。
地方交付税と地方譲与税の違いを極めて簡単に言うと、どういう点でしょうか。
ちなみに、双方とも、使途が限定されていないようですが…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地方交付税
 地方財源の収入の不均衡を是正するために、国税収入額の
 一定割合を国庫から地方へこ交付する。・・・災害などの特別
 交付税など

地方譲与税
 本来は自治体が徴収すべきものを代わりに国が徴収し、
 定められた基準に従って関係する自治体に譲与する税。
 ・・・地方道路譲与税など

   

QLATEXで表に関することです。

今LATEXを使ってレポートを書いているのですが、ちょっとつまずいています。

あるデータを表にまとめる作業をしているのですが、セルに対角線を引くことがどうしても出来ません。つまり□(セル)の中に/(対角線)を引きたいのですが、どうやったらいいのか分からないのです。ガイドブックなどをいろいろと見ているのですが、まったく方法が載っていません。不可能なのでしょうか?さらに一つの□(セル)の中に A/(対角線)Bという感じで入力したいのですが、このようなことは可能でしょうか。

分かりにくい説明で申し訳ありませんが、分かる方はどうかご教授ください。お願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが,以下の本に掲載されていたかと思います。
参考にしてみてください。


参考図書:(LaTeX スタイル・マクロ ポケットリファレンス、技術評論社)


追記:現在、直接は使用していないのですが,昔私も論文作成に使って
いたことからなつかしくなり、思わず連絡した次第です。
すぐに対応できるかわかりませんがご参考までに。

参考URL:http://www.nsknet.or.jp/~tony/TeX/pocket.html

Q地方自治法第236条と地方公務員の旅費の返納について

知事が過去に県職員に支給した出張旅費について過払いがあった場合に、当該県職員に対する旅費の返納命令についての時効についてお尋ねします。
地方自治法第236条によると、他に法律に定めがない場合、消滅時効は地方公共団体においては5年。そして、援用を必要とせず、利益の放棄もできないとされています。
すると、5年前に県職員に支給した出張旅費について、最近になって過払いだったものが発覚した場合、知事はその県職員に対し、5年前に旅費を支払った日から5年が経過してしまうと、その出張旅費について、返納命令が不可能になってしまうのでしょうか?

なお、職員に対する賠償責任についても回答できる方がいましたらお願いします。

Aベストアンサー

過払い出張旅費について県が有する「不当利得返還請求権」は、公法上の債権でありますので、質問のとおり地方自治法第236条第1項の規定により、5年間これを行わなかったことにより消滅するものと解されています(地方財務実務提要第2巻(ぎょうせい)5059p)。
この場合の消滅時効の起算点については、地方自治法には規定がありませんので、民法の一般原則が適用され(同法第236条第3項)、権利を行使することができるときから消滅時効が進行することになります(民法166条第1項)。つまり、県が当該職員に過払を開始した時点から、「不当利得返還請求権」を行使することができますので、その消滅時効は過払の出張旅費を支給した日の翌日から進行することになります(同法第140条)。
職員に対する賠償責任ともありますが、出張旅費の過払いがミスなのか、職員の不正請求(利得詐欺で刑法犯)なのかで話は違いますが・・・

Qテキスト幅にあわせた表の作り方(latex 2カラム)

皆様

  こんにちは、ご教授をお願い致したいと思います。

 latexで2カラムの文書を書いています。テキスト幅(つまりカラムの幅)
に同幅の表を作りたいが、何かよい方法があれば教えてください。

\begin{table}[htbp]
\caption {Test Table}
\small
\begin{tabular*}{8cm}{@{\extracolsep{\fill}}|l|l|l|l|} \hline
Category & Characteristics & Maneuver(s) & Quadrant(s) \\ \hline
\end{tabular*}
\end{table}

これでは、幅を8cmに指定しているにも関わらず、はみ出して隣のカラムに
行ってしまいました。

1、カラム幅を表幅に継承させるにはどうすれば?
2、はみ出ないように、適当に改行するには?
3、表の第一行の文字サイズは普通サイズ、第二行以後はやや小さい
  文字サイズを指定するには?

 どなかたサンプルを示していただければと思います。

皆様

  こんにちは、ご教授をお願い致したいと思います。

 latexで2カラムの文書を書いています。テキスト幅(つまりカラムの幅)
に同幅の表を作りたいが、何かよい方法があれば教えてください。

\begin{table}[htbp]
\caption {Test Table}
\small
\begin{tabular*}{8cm}{@{\extracolsep{\fill}}|l|l|l|l|} \hline
Category & Characteristics & Maneuver(s) & Quadrant(s) \\ \hline
\end{tabular*}
\end{table}

これでは、幅を8cmに指定しているにも関わらず、はみ出して隣のカラムに
...続きを読む

Aベストアンサー

1. 8cm ではなくて、\columnwidth にします。
2. \parboxを使うのが楽だと思います。
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/table.html
の下のほう
3.それは\smallのせいでは?

Q大阪地方裁判所に訴状を提出すると受理されました。大阪地方裁判所で原告と

大阪地方裁判所に訴状を提出すると受理されました。大阪地方裁判所で原告として法廷に立つのはまったくのはじめてです。
 9月の終わりに「第1回弁論」がありますが、始まると原告のわたしは何をしなければならないのでしょうか。
 訴状にもとづいて訴えをわかりやすく説明するということから始まるのでしょうか。

Aベストアンサー

この時点では、書面での説明ですから、説明もなにもアドバイスはありません。
告訴趣意書ですから、何を理由に告訴したのかを書面での説明になります。

正直、訴訟を「個人」でしていますか?
書面には「書式」がありますし、証人召喚もしないとなりません。
余程の「知識」がないと、弁護士相手には難しいといえます。
相談者には「原告立証責任」がありますから、証拠収集したりの調査ができませんから、専門家に頼るのがいいでしょう。
簡易裁判とは違い、地裁では書面の間違いは「敗訴原因」になります。
状況次第では「裁判官勧告」で弁護士選任がされるまでは、法廷がとまる場合もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報