今月のモデルグラフィックスを持っている方。どなたか一番最後のページの記事、PS2のソフト「空戦」(だったかな?)のHPのアドレスを教えていただけませんか?検索で探したのですが、全然辿り着けないんです。

A 回答 (1件)

空戦の公式ホームページは参考URLの所です。



参考URL:http://kuusen.lycos.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます!!

お礼日時:2001/03/05 05:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月刊モデルグラフィックスに関して

お聞きしたいのですが、
最近(半年以内だと思います)の
月刊モデルグラッフィックスの記事の中で、
カーモデルの銀立ち上げの塗装方が紹介されていたのですが、
それが何月号なのかが分かりません。

ご存知の方が見えましたらご教授下さい。

Aベストアンサー

染め上がり防止の銀立ち上げ法でしたら2月号ですね。

Q月刊モデルグラフィックスの記事について

月刊モデルグラフィックス4月号にフジミから
マクラーレンHONDA MP4/5 が発売されるとの記事の中で
「Webサイトで公開済みのイラスト。タバコ問題対策用に
マールボロシェブロンの角が丸められている」とあるのですが
この「タバコ問題」とはいったいなんの事なのですか?
タミヤのMP4/4のキットにもマールボロのデカールがありませんが
これもなにか関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

テレビCMの規制と同じで、子供向けである玩具(プラモデルを含む)にはタバコの広告(商品ロゴ)を付けることが規制されています。

QマルシンのXカートリッジモデルと通常モデルについて

マルシンのガスリボルバー、コルト アナコンダ Xカートを購入したのですが、Xカートリッジではなく、普通のやつ?でした・・。通販だったので販売側のミスかもしれませんが、ネチネチと返品とか取引するのは面倒なので,Xカートリッジを単品で買おうと思います。
そこで、シリンダー(穴)の大きさが同じならXカートリッジも使えると思うのですが、実際にはXカートは使えるんでしょうか?

Aベストアンサー

カートリッジの違いにより同じモデルで異なるシリンダーを製造するとは思えませんが、直接メーカーに電話をかけて聞いて見たらどうですか?

参考URL:http://www.marushin-kk.co.jp/sub1.html

Q零戦の塗装について。

零戦の塗装ですが、21型は明灰白色がポピュラーです。

私は緑にしてみたいのですが、海軍機緑では変でしょうか。

52型と間違えられそうですが、機体色が緑でも21型と判断できる塗装、マーキングのポイントを教えてください。

Aベストアンサー

今丁度、零戦21型のプラモ(1/72)を製作していた所、この質問を見つけました。(good timing!)

零戦各型の外見上の相違点はお分かりでしょうか? 今回は塗装とマーキングによる判別方法は存在するかと言う質問ですので、各型の相違点については言及しませんが、もし、必要でしたら補足要求して下さい。

で、本題の塗装&マーキングについてですが、仰るとおり、零戦の塗色イメージと言うのは固定観念のようになっており、初期タイプ(11型から32型前期)は灰色(正式名は後述)、52型以降は緑色と言うイメージがつきまといます。私も同感です。

21形を緑色(正式名称=D1濃緑黒色)で塗装しても52型と見間違わないかと言う事ですが、外観で判別出来る人は間違う事はないでしょうが、これが出来ない人は、52型と思う可能性が高いと思います。零戦=緑色と言うイメージを植えつけたのは、過去の零戦プラモが殆ど52型をキット化していた為と推測出来ます。これには理由があり、52型は見た目が一番模型栄えするし、武装も強力な為(特に52型丙)、商品としてアピールする点が多いからです。零戦各タイプなんて当時はまだ詳しく分からない年代のプラモ好き(私も含め)が、こう言う状態を作っているのかもしれません。

21型にも緑色の塗装の機体は存在しますが、やはり灰色(J3灰色)の方が圧倒的に多いですね。

零戦の塗色の変遷を少し紹介しますと次のようになります。

昭和15年7月に正式採用された零戦(11型)は、それまでの標準塗装(ジュラルミン地の無塗装或いは、ワニス塗装)の塩害問題に対処する為、試行錯誤のうえ、灰色と言う事が決まりました。(この色調には諸説があり、飴色と称される艶あり塗料と言う説が最近では有力となっています)その後、戦局の悪化により、昭和18年6~7月頃に、上面=緑、下面=灰色と言う塗装が制式化されています。(転機は昭和17年8月のソロモン諸島海戦と言われています。)

その丁度転換期に製造されたタイプが21型、32型となりますので、緑色の21型や32型も少なからず存在します。

21型を緑色で塗装する場合、ソロモン海戦頃のマーキングにする事で、違和感なく緑色で塗装出来ると思います。(ただ、ソロモン海戦頃と言っても、そのマーキングを分かる人は少ないでしょうが…。)極端な言い方をすれば、空母搭載機は灰色、地上戦闘隊機は21型でも緑色と言う区分けが出来るかと思います。(厳密には、多少異なりますが…。)

注意点として、零戦は三菱製だと思われがちですが、中島でも数多く生産されており、塗色も三菱と中島では多少異なります。また、日の丸の白ふちの幅も両者で相違があります。(これ以外にも、相違点がありますが、省略します。)

零戦の塗装に関しては、まだ解明されていない点も多く、今後も新しい資料が発見される可能性があります。ご自分のイメージだけに捉われずに、違った塗装をするのも面白いと思います。

私が現在製作中の21型は灰色で塗装しようと思っていますが、機会があれば緑色で塗装して見ようと思います。

最後に零戦各型の変遷を書いておきます。(制式採用されたタイプのみ)

11型⇒21型⇒32型⇒22型⇒52型と言う順番です。(21型の次は22型ではない点に注意!)52型以降、54型、64型なども開発していたようですが、制式採用前に終戦日を迎えてしまいました。また、各型にも前期・後期に分かれていたり、甲・乙・丙などの相違点もあります。

長々と書いてしまいましたが、お役に立てれば幸いです。(ある程度の資料にもとづいての回答ですが、まだ解明されていない点も数多く存在しますので、「自信なし」とさせて頂きます。)

今丁度、零戦21型のプラモ(1/72)を製作していた所、この質問を見つけました。(good timing!)

零戦各型の外見上の相違点はお分かりでしょうか? 今回は塗装とマーキングによる判別方法は存在するかと言う質問ですので、各型の相違点については言及しませんが、もし、必要でしたら補足要求して下さい。

で、本題の塗装&マーキングについてですが、仰るとおり、零戦の塗色イメージと言うのは固定観念のようになっており、初期タイプ(11型から32型前期)は灰色(正式名は後述)、52型以降は緑色と言うイ...続きを読む

Q零戦の名前の由来。

今、模型を見ながら、ふと思ったのですが、零戦は「零式艦上戦闘機」ですね。「零」とはどこからきたのでしょう。簡単に教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

零戦が制式採用された昭和15年が皇紀(初代天皇である神武天皇が即位した年を元年とする年の数え方)2600年にあたるため、「下2桁の00から」名づけられたらしいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報