現在、ドライバーを購入しようといろいろ悩んでおりますが、まず今使用のドライバーがどんなものなのかがイマイチ分かってません^^;

7年前くらいに中古で買ったもので、あまり詳しく調べずショップの人に薦められたドライバーを買いました。
今、ネットで調べようと思っても古すぎてあまりデータが出てきません。(ロフトやフレックスなどはわかるのですが・・・)
知ってらっしゃる方、是非教えてください。

テーラーメイド 360Ti 9.5度
バブルウルトラライト フレックスS

です。
このドライバーはどんなドライバーですか?
特にシャフトのバランス、キックポイント、トルクなどが知りたいです。

ご存知のかた、宜しくお願い致します。

A 回答 (2件)

一応テーラーメイドのHPに過去製品(とは言っても最初のメジャー作品のツアープリファードやピッツバーグパーシモンの時代のものは載っていないですが(笑))コーナーがあります。

シャフトのバランス、キックポイント、トルクは載っています。クラブ重量から考えるとバブル+スピーダーの欄になると思いますので、参考に。

http://japan.taylormadegolf.com/vintage_detail.a …

発売当時が2000年ですから、まだ特に上級者やハイヘッドスピーダーの方はパーシモンにDGの記憶があり(使っている人もまだいた頃ですね)、DGは右手グリップ部が細いシャフトですから、グリップ部分以降とはいえBIGBUTTは受け入れにくかった素地は当時にあったと思います。(当時に同形状のリシャフト用の硬めのシャフトにヒット商品が出てれば評価は違ったでしょう)記憶と言うのは薄れるものだと思うのは、現在異形ドライバーが性能面(慣性モーメント)での使いやすさがあるとは言え、ここまで受けることができるのはパーシモンの記憶が薄れた証拠のような気がしますね。(特にこだわってもいないので寂しさがあるわけでもないですが(笑))
    • good
    • 0

はじめまして。


失礼ですが、確かに古い商品ですね。
記憶ですが、当時としては大きいヘッドで少しシャローなフェース形状と記憶しています。また「バブルシャフト」はグリップ側に向かって急激に太くなっている一種のビッグバットシャフトだったと思います。目的は軽量化と強度(剛性)の確保ではないかと推測します。記憶では、あまり使いやすいシャフトではなく、通常の形状の「フレックスツイストシャフト」の方が評価(まわりの)は高かった様に記憶しています。
結論としては、現在のクラブが御自分に合っているとしても、せいぜい総重量の目安程度と考えた方がいいのではないかと思います。
現在の多くのシャフトは、「バブルシャフト」とはしなり具合も含めフィーリングは全く違いますし、同じ様にバット側が太い(少し太い程度)シャフトもありますが、総重量の軽い長尺(46~47インチ)の為の設計となっています。当時よりシャフトの開発も進んでいて通常の形状(太さ)でも十分性能が出せるようになって来ていると感じます。
ですから、全く白紙にして気になる商品を試打比較して打ち易く、フィーリングの合うものを選択していいと思います。
御参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフのドライバーの練習方法について教えて下さい。シャフトのしなりをイマイチ感じられません。何か

ゴルフのドライバーの練習方法について教えて下さい。
シャフトのしなりをイマイチ感じられません。
何か良い練習方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実際に打てる、超やわらかいシャフトのドライバーがあります。練習器具です。タイミングを合わせると、200yぐらいは普通に飛びます。手で振ると、シャフトがついてこないので、まったく打てませんが、うまくしなりを感じながらタイミングを取れば、普通に打てることを体験できます。

その延長上にあるのは、シャフトを柔らかくすることです。シャフトのしなりを感じられないのは、スイング力に対して、スペックがハード過ぎることもよくあるので。

Q古いクラブですがテーラーメイド SuperSteelBURNERバブルシャフトのロフト角をご存じの方いませんか。

どなたか古い資料をお持ちでテーラーメイド SuperSteelBURNERバブルシャフトのロフト角をご存じの方いませんか。現在、私自身が使用しているクラブでして、ゴルフショップで調べてもらう事は出来ると思うのですが有料かと思い、もしご存じの方がいらっしゃったらと思いまして質問させて頂きました。

Aベストアンサー

バーナーアイアンはストロングロフトなのですが、重心位置が低くボールが上がりやすいと思いますよ。
しかもバブルシャフトモデルは軽量なのにバランスが重めなのでさらにボールが上がりやすくなります。

ボールが高いのは良い事だと思います。
ボールが上げられなくて悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。
贅沢な悩みかもしれませんよ。

僕もバブルシャフトの3W持っていますが高い球が打てます。
現在は使用していませんが大事に保管しています。

自分のクラブのスペックは気になるものです。
実際お手持ちのクラブと同一かどうかわかりませんが参考URL貼っておきます。

ショップでロフト角を調べて貰うのは1本だけなら無料でしょう!

僕なら7番アイアンだけおかしいのでロフト角調べてもらえませんか?と言って全部調べてもらいます。
もっとも良く行くショップなら喜んで調べてくれます。

今バブルシャフトは貴重なので大事にして下さいね。

参考URL:http://www.major-golf.com/index005.htm

Qフレックス・ロフト角について

ドライバーですが、シャフトのフレックスが柔かくなるとともにロフトが大きくなる傾向があります。

私はHS=50(該当フレックス=X)ですが、ヘタなので球をもっと上げたいのでロフトを大きくしたいのです。
何故、フレックスを堅くするとロフトが小さくなってしまうのでしょう?
HSが上がると、ロフトが小さくても玉は上がりやすい・・ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

ヘッドスピード50m/sでロフト12度なんか打ったら、天高くタマは舞い上がり、全然距離が出ません。あたかもクリークで打ったような感じになりますね。

ヘッドスピードが速いと、それだけバックスピンがかかりやすく、自然にタマは上がります。つまりプロのようなヘッドスピードは「いかにスピンを抑えるか」のほうを気にするようになります。(タマが上がりすぎず、低すぎず、ちょうどいい弾道のスピン量になるように打つ。)

下手なので飛距離より方向性重要、と割り切るならシャフト硬く+ロフト大きく、も考えられなくはありません。たしかに飛ばなくなっても、曲がりも減ってスコアアップになるかもしれませんね。以前、金谷プロ(レッスン・プロ)もそう言ってました。

でもそんなドライバー売ってないんですよ。世間やメーカーの認識は「上級者=ヘッドスピード速い」なんですよ。やはり特注しかないと思います。

Qテーラーのアイアン、X-03のロフト

現在、テーラーのX-03を使っていますが、ピッチングのロフトがわかりません。

ちなみにSWをTA588の57度・AWをTA588の53度にしようと思っています。

どなたかご存知でしょうか?

Aベストアンサー

ここで聞くより、テーラーメイドに電話して聞かれたほうが正確だと思います。テーラーメイドのカタログに載っている番号などに電話すれば、教えていただけると思いますよ。

Qヘッドスピードとシャフトフレックスとが合わないと

こんばんは。

スイング時
ヘッドスピードとシャフトフレックスとの相性が合わないと、
球はどのような振る舞いをしますか?

固い   シャフトなら、球はフックに。
軟らかいシャフトなら、球はスライスに振舞うと思うのですが
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシャフトのしなりが大きくなりタイミングが合った場合は球が捕まりフック系のボールになります。但し柔らかすぎるとシャフトが撓り戻って来ずにフェースが開いてスライスする場合もあります。


上記はあくまで同じシャフトのSとRを比較した場合といった感じでご理解ください
同じSやRの表示であっても、メーカーやブランド、商品によって硬さはバラバラだということくらいはご存知ですよね?


シャフトは硬さ以外にも重量や長さ、トルクなどのスペックによっても、その撓り戻りの特徴が変わります。例えば赤マナの様なWキックと呼ばれるタイプのシャフトはインパクト時にヘッドがめくれるような動きをする物が多くあります。ヘッドがめくれるとロフトが増えて球が高くなると同時にバックスピン量も増えますので、スピン量不足で球の低い方には合います。逆に去年売れたツアーADのDIなんかはインパクトでロフトが立った状態になりやすいのでスピン量が減るタイプのシャフトです。ヘッドスピードが遅めの方は手元が硬いシャフトだと充分なタメを作れないので、手元の柔らかいタイプのシャフトが比較的向いているという傾向があります。


ミスの原因を道具によるものと判断する場合は丁度良いものを探すのも当然ですが、一度間逆のスペックを試してみることでミスがクラブによるものなのかスイングその他によるものなのかハッキリしますよ!例えば総重量280g前後のRシャフのドライバーをトをお使いなら300g以上あるSフレックスを試してみるといった感じです。


また極論を言えば飛ばしたい場合はシャフトの撓り量が多い"柔らかいシャフト!"ですが諸刃の刃で曲がる要素も大きくなります。ということで方向性重視なら若干硬めにして球の高さも抑え仮にボールが曲がっても球が低ければその分曲がりも少なく怪我が小さく済むという考え方もあります。ご自身の道具に求める機能を考えたときにどちらがより強いかによって選び方に反映させれば良いと思います。


またシャフト選びはヘッドスピードだけではなく切り返しのタイミングにもよります。スイングテンポの速い方はやや硬め、遅い方は柔らかめの方がタイミングを取りやすいと言われています。



P.S.この質問と関係ないですが以前の質問で
>レッスンプロの言う「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」
はこんな感じですよ・・・という動画がありましたのでリンク貼っておきますね!
http://www.mbs.jp/shingol/housou/no38/main.html

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報