現在、ドライバーを購入しようといろいろ悩んでおりますが、まず今使用のドライバーがどんなものなのかがイマイチ分かってません^^;

7年前くらいに中古で買ったもので、あまり詳しく調べずショップの人に薦められたドライバーを買いました。
今、ネットで調べようと思っても古すぎてあまりデータが出てきません。(ロフトやフレックスなどはわかるのですが・・・)
知ってらっしゃる方、是非教えてください。

テーラーメイド 360Ti 9.5度
バブルウルトラライト フレックスS

です。
このドライバーはどんなドライバーですか?
特にシャフトのバランス、キックポイント、トルクなどが知りたいです。

ご存知のかた、宜しくお願い致します。

A 回答 (2件)

一応テーラーメイドのHPに過去製品(とは言っても最初のメジャー作品のツアープリファードやピッツバーグパーシモンの時代のものは載っていないですが(笑))コーナーがあります。

シャフトのバランス、キックポイント、トルクは載っています。クラブ重量から考えるとバブル+スピーダーの欄になると思いますので、参考に。

http://japan.taylormadegolf.com/vintage_detail.a …

発売当時が2000年ですから、まだ特に上級者やハイヘッドスピーダーの方はパーシモンにDGの記憶があり(使っている人もまだいた頃ですね)、DGは右手グリップ部が細いシャフトですから、グリップ部分以降とはいえBIGBUTTは受け入れにくかった素地は当時にあったと思います。(当時に同形状のリシャフト用の硬めのシャフトにヒット商品が出てれば評価は違ったでしょう)記憶と言うのは薄れるものだと思うのは、現在異形ドライバーが性能面(慣性モーメント)での使いやすさがあるとは言え、ここまで受けることができるのはパーシモンの記憶が薄れた証拠のような気がしますね。(特にこだわってもいないので寂しさがあるわけでもないですが(笑))
    • good
    • 0

はじめまして。


失礼ですが、確かに古い商品ですね。
記憶ですが、当時としては大きいヘッドで少しシャローなフェース形状と記憶しています。また「バブルシャフト」はグリップ側に向かって急激に太くなっている一種のビッグバットシャフトだったと思います。目的は軽量化と強度(剛性)の確保ではないかと推測します。記憶では、あまり使いやすいシャフトではなく、通常の形状の「フレックスツイストシャフト」の方が評価(まわりの)は高かった様に記憶しています。
結論としては、現在のクラブが御自分に合っているとしても、せいぜい総重量の目安程度と考えた方がいいのではないかと思います。
現在の多くのシャフトは、「バブルシャフト」とはしなり具合も含めフィーリングは全く違いますし、同じ様にバット側が太い(少し太い程度)シャフトもありますが、総重量の軽い長尺(46~47インチ)の為の設計となっています。当時よりシャフトの開発も進んでいて通常の形状(太さ)でも十分性能が出せるようになって来ていると感じます。
ですから、全く白紙にして気になる商品を試打比較して打ち易く、フィーリングの合うものを選択していいと思います。
御参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初心者のドライバー

ゴルフ暦半年の初心者です。
先日、打ちっ放しでドライバーを打っていたところ、ヘンな音がしたのでヘッドを振ってみると中の方でカラカラと音がしていました。中の方でどっか割れたのかと思っていたのですが、家に帰ると何故か音がしません。このドライバーはもう使わない方がよいでしょうか?

また、このドライバーはネットで買った安物セットなので、この際買い換えようかとも考えてます。あまり高くないものでそれなりに使えるものを条件に、いろいろ調べてみて以下の物を候補にしてます。

テーラーメイドR360XD
キャロウェイ グレートビッグバーサ2
キャスコ パワートルネードTM01

初心者が使う物としてはどんなもんでしょうか? 

Aベストアンサー

 具体的にお答えします。まずグレートビッグパーサ2ですがこれは結構ハードなドライバーです。シャフトがRでも、あまりしならずフェイスではじくという感じです。初心者にはあまり・・・という感じです。
R360XD これは、なかなかよいです。しかしボールをたたきにいくと、右へ出る傾向にあります。しかし、ゆっくりと振っていくとつかまりがよく、飛距離が出ます。TM01は、うーん つかまりが、よくないというか芯でとらえればいいのですが この中ではR360XDでしょう。本当はR5ドライバーもお勧めですが、ウェイトカートリッジの効果は絶大で、フックフェイスに頼ることなくつかまりがいいです。
あとはNV3ドライバーも安くなってくればいいと思います。これは、R360XDよりさらにゆっくり振り、芯にあたるとヘッドスピード40位でもキャリーで200は必ず超えます。まあ、こんなとこです。

QR580は今でも通用するか?

現在テーラーR580(純正シャフト)を使っています。購入から約3年経ち、テーラーからも次々と新しいドライバーが発売されていますので、そろろろ買い換えても・・・と考え始めています。ただ高い買い物ですし、うたい文句ほど性能が向上しているのか疑問にも思い、躊躇しています。R580は最新モデルと比べてどうでしょうか?テーラーにこだわらず、他のメーカーのものでもかまいません。なんでもアドバイスいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 R580ドライバーは、なかなかいいドライバーだと思います。(シャフトによりますが)テーラーでは、この後R7 R5と出ていますが試打した感じでは、基本的にはあまり変わらない感じでした。この二つは、ウエイトカートリッジの重量配分により方向性をコントロールするのが売りなので、現在スライスに悩んでいるのなら、試打してみるのもよいでしょう。そのあとR580XDというモデルが出ましたが、R580よりも多少つかまりがよくなっているようです。

 メーカーを抜きにしての最新型の特徴としては、スイートエリアの拡大、スピンコントロールによる飛距離アップ、複合素材による低重心化、慣性モーメントの向上等があります。 進化を体験するなら、ブリヂストン シナジードライバー ダンロップ ゼクシオ3 プロギア TR-DUO2 等を試打してみるとその辺がわかると思います。

いずれにしてもNO.2の方が言うとおり、自分にあったものが一番いいとは思いますが

Q間違ってますか?テイクバックでの始動は腰からで、手は何もしない。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、トップ、シャンクもろもろが出なくなって、とにかく方向性が劇的によくなった。
(2)自然とインサイドにクラブが上がるため、スライスを克服できて、ドロー回転で飛距離が伸びた。
(3)テークバックが非常に単純になるので、再現性が高く、1球目からナイスショットがでる。
上記の利点を実感しているので、これは変えたくないのですが、1ヶ月ほど前に、久しぶりにレッスンプロに見てもらったところ、「バックスイングは、肩を45度くらいまわしてから腰を回し始める。グリップは体から遠ざけるように外側に大きく動かす」
と指導を受けました。
多分それが、世界共通の良いスイングなのでしょうが、全く安定しなくなり、ドライバーは右や左で使い物にならなく、アイアンもダフリはじめ、スライスして、コースにいけるような状態ではなくなりました。
やはり、これから先、長く上達するためには、変えたほうが良いのでしょうか?
練習量は多いほうで、まだ若いので、将来は競技会などにも出たいと考えております。
ヘッドスピード47位 スコア90台です。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得しています。
つまりどちらでもいいと言うことです。

同じように、
肩から回す人、
腰から動かす人、
あるいは足首からスタートする人、
もちろん、クラブヘッドから動かす人、がいます。
岡本綾子なんかヘッドから動かす人ですね。

では、ホントに回しているのか?といえば回しているのではなく
右腰をちょっとだけ引いて、スイングスタートのきっかけにしている人も、俺は腰からスタートする!と言う表現をしますが
それを聞いた人は、「腰から回すんだってよ」になってしまいます。

理屈としては、スイングは上下の回転差を使うのですから
土台は止めておかなければ「ねじる」ということはできません。
スタンスは動きませんよね。
完全に止まってます。始動でつま先が動く人はいません。

腰から下も本来できるだけ動かさず、上体をひねった方が
ひねりと言う意味では力がたくわえられます。
(力がたまる、ということはあえて力を要れずとも
戻すだけで十分なパワーがあるということです。)
消しゴムですね。下を止めておいて上をねじれば
戻る力は強いです。
こんちくしょう!とばかりに力入れて打たなくても
スッとリリースしてやるだけでビュンと振れます。

腰も上体も右を向いてしまったのではひねったのは足首
あるいはひざという事になりますが、骨格上それは無理です。
ひざがねじれるわけがありませんから腰も方も同じ方を向く人は
足の付け根(股関節)を前後にずらしているだけとなります。

箸をイメージしてみてください。
箸の先端を3cmくらい開いて大根を刺してみてください。
大根を上にしてこの大根を回そうとおもたっらそれぞれの接点を
前後にずらすだけですよね。
ねじれていませんね。

消しゴムをひねるのにどこを持ってひねるのが一番楽ですかね?
そう!一番上を持って(土台から一番遠いところ)を持ってひねると
楽ですね。

では「ひねる・ねじる」と言うとき、カラダのどこが一番ねじれているのでしょう?

腰ですかね?(骨格をイメージして下さい)
腰はねじれませんね。なぜかと言うと
腰には骨盤がついています。骨盤をねじるなんてことできるわけがありませんよね。

では、肩?
肩には肩甲骨やその下には肋骨がついてますからここをねじること
もやはりできません。

ねじれているところは骨が一本でしかもねじれる
構造になっているはずです。
それってどこ?
骨盤の上から肋骨がついている下までの背骨です。
人間のカラダがねじれるのはこの部分しかありません。

この間は背骨一本だけしかありません。
ねじれているところはこの背骨なのです。

さてねじれている場所はわかりました。
では、どうやってねじるの?といえば上を動かす以外にありません。
つまり肩です。
肩を回そうとしない限り背骨のフリーな部分がねじれることはありません。
下を完全に止めて肩だけ回していくと限界がきます。
腰も回さず、肩だけだと90度までは行きません。
したがってバランスよく手も上がりません。
バランスよく、手を上まで上げるにはどうしても
肩を90度に回さなければなりません。
そこで、先ほどの箸の先の大根です。
足の付け根を前後にずらすのです(これを外から見ると腰を回しているように見えるだけ)

腰はなるべく動かさないようにして(消しゴムの原理)
肩を回していくと45度くらいしか回りません。
(今、背骨のフリーなところがねじれています)
しかし、90度まで回さないと手が上がらないため
そこまで回そうとすると、それにつられて股関節が前後にずれ
肩を回す手伝いをします。
この時の股関節のずれが「腰を切る」と言う表現です。
腰を切るのではなく肩を90度回そうとすると自然と切れるのです。

と言うわけで、回りくどくなりましたが

順番は下を一切動かさず、まず肩を回していく
肩だけでは限界に来たとき腰がそれについて回っていく
のです。
これが原理原則、道理と言うのもです。

この腰と肩のずれは人間普通45度くらいです。
ですので見た目は肩90度、腰が45度回っているように見えるわけです。
腰を動かさず、90度ねじれる人がいれば
腰なんか動かす必要はありません。

したがって、「回す」のであれば肩からがおおかたの正解です。

しかし、冒頭に書いたとおり人それぞれですから
先に腰を切って45度を作っておいてそこから90度肩を回しても
かまいません。そのほうが打ちやすければ。

しかし腰は回すのではなく(骨格上回りません)
股関節をずれしているだけですから
勘違いしないでください。

タダ、ちょっといわせてもらうと、
打ちやすいとはいっても、
変則的であることは間違いありません。

クラブで言うなら、
まず、真上に上げといてそこから右に回していくのと同じですね。
同じ形になるのですが先に最後のことをやってしまおう
と言うことですから。

美しく、流れるようなスイングは
必ずといっていいほど、土台から遠いところから始動し、戻りは
土台に近いところから行ています。

岡本綾子はクラブヘッドから動きます。一番遠いところからです。
クラブヘッドが動いて肩が回りはじめ肩が限界に近づくと腰が連動して
動きトップを迎えます。
切り返しは右足を踏みこみ(蹴り)左に体重を乗せつつ腰を元に戻してくるとそれにつられて、肩、クラブの順でおりてきます。

よく左からスタート!とかいいますが、
そんなことができるはずがありません。
右に体重移動しているのですから
左側は力入らないはずです。
左足を下ろすことはできますが左に体重を乗せていくには
右足を踏まなければなりません。
左を踏み込むにはまず右足を使って左に体重を寄せるわけです。
無意識にやってますから「左スタート!」と言う表現になってしまいます。
実は右足で左に寄せてます。

さて、ゴルフが難しいのはここからです。

骨格と筋肉の使い方は道理として
「上からまわし、下から戻す」のですが
そのきっかけはまた別の話です。

必ずしもきっかけと回し始めるところは違います。

私の友人にトーナメントで名前は出たことありませんが
ツアープロがいます。
こいつはスタートのとき、右腰の出っ張ったところを
ピクっと右後ろに引きます。少し回しているようにも見えます。
これは見た目には腰から回しているように見えますが
実は単なるスイングの始動のきっかけであって、本人は
上から順番に回しています。

まさしく遼くんもきっかけであって、腰を回すことなど一切考えていないはずです。
あー言う人たちは、スイングが体にしみこんでますから
きっかけを与えるだけでスムースに上から順番に回っていきます。

超スローで見ると、右腰がわずかに動きますがほんとのスタートは
クラブヘッドです。
岡本綾子はクラブヘッドが大きく先行するだけの話で
タイガーであろうが、その辺のツアープロであろうが
100人が100人ともわずかに早くクラブヘッドからスタートします。

そりゃそうですよね、先に方を回したのでは
シャフトが反対側に傾きます。
ヘッドを引きずってくるようなあげ方をする人は一人もいません。
必ずヘッドの方が先に行きます。

正面からタイガーウッズを見ると
構えたときは左腕とクラブがグリップのところでわずかに
折れ「く」の字に見えます。スタート直後には左腕とシャフトがまっすぐになってます。
ヘッドがひざの高さに来たときはもう逆「く」の字に見えます。

ヘッドからスタートしてるからです。
つまり、構えたときに手の甲がわずかに外に曲がっているのを
スタートと同時に腕と手の甲がまっすぐになるということです。

ですので厳密に言えばスタートは「手首」と言うことになります。
手首をまっすぐにすることからはじめれば
同時に動くのはクラブヘッドと言うことになります。


といろいろ書きましたが、
ゴルフの上達は理屈ではありません。

なにが一番ゴルフを上達させるかって
「プライオリティー(優先順位)」です。

生活の中におけるゴルフのプライオリティーを上げれば
ゴルフは間違いなくうまくなります。

酒飲む時間あったら素振り、
家でごろごろしてる時間あったらパターの練習。
テレビ見ながらでもグリップの確認。

シングル(3以下)になろうと思ったら仕事よりゴルフ!
カーちゃんを質屋に出すくらいになれば
間違いなくプロになれます。

ゴルフだけは情熱と根気です。
プライオリティーが上がれば必然的に練習時間も多くなりますから
確実にうまくなります。

逆を言えば、どんなに頭の中であーでもないコーでもない
理屈をこねたところでそれだけでは絶対にうまくなりません。

考えてうまくなれるんだったら、前の晩寝ずに考えたプロが優勝します。
考えたってスコアが良くなるわけではありません。
打って打って打ちまくるのです。
その中から自分のスイングをつかむんです。
ある程度まではレッスンやプロの指導も必要でしょうが
80を切り始めたらもう技術的なことは自分で探すのです。

プロの助言は精神的なことや、戦略的なことくらいです。
昔、そろそろ引退か?と言うようなプロに技術的なことを
聞いたことがあります。
この人はマスターズまで出た事のある人です。
一緒にラウンドした時、この人が下り斜面のグリーンに向かって
左傾斜のところから打ってピピッと止めてびっくりしたことがありました。
どうやって打ったの?と聞いたら、
「どうやって?かぁ~・・・そーだなー5万発打ってから打ったら
止まったんだよ」といってました。

つまりは、教えたってお前にデキっこねーだろ!
つべこべ言う前に練習しろ!と言うことだったんですね。

練習練習また練習!
頑張ってください。

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得...続きを読む

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む

Qグラファイトデザインの硬さR1~R3

グラファイトデザインのシャフトBlue-Gシリーズの
フレックスでR1~R3とあるんですが、R1とR3
どちらが硬いんでしょうか?

また通常のRは1~3のどれに当たるんでしょうか?
3段階は他社のL、R、SRとかに該当するんでしょ
うか?

フレックスはメーカによってまちまちだとは理解して
ますが、感覚的で結構ですので、適合HSなんかも教
えていただけるとうれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グラファイトデザイン社のサイトを観てみると
シニアや女性の方のために、力強いしなりで飛ばせるJYS4.5を設定。
と有ります。
通常のRより更に柔らかいシャフトではないでしょうか?
私が下記のように思います。
R=R1 L=R2 更に柔らかい(シニア?)=R3

参考にグラファイトデザインのURLです。

参考URL:http://www.gd-inc.co.jp/

Qオール6インチリプレイス可とは?

会社のゴルフコンペなどではよく、「オール6インチリプレイス可」というルールでプレーします。どの場所にあっても6インチ以内の範囲ならボールを置きなおして打ってよい、というものです。これって、一般的なルールなのでしょうか。また、ちゃんとしたコンペではなく、友人とまったくのプライベートでラウンドする場合などでは、特別取り決めなくても、この「ボールの置きなおし」を当然のこととしてやってもいいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

当然としてはいけないでしょうね。

でもプライベートなラウンドなので
ディボットに入っちゃったとか木の真後ろとかだったら
6インチどころかそれ以上に動かしちゃいますけどね、
私は。

でもゴルフの根本のルールとしては「あるがまま」が基本です。

「ちゃんとしたコンペ」なら普通はノータッチです。
marinetさんの会社のコンペは失礼かもしれませんが
ちょっと甘い・・・というかおき楽なコンペです。

友人とまわられるのでしたら「6インチでいい?」の
一言がないと「なんだよ!!動かしやがって」って
思われてしまうかもしれません。

握ってたりするとなおさらです。

つまり回答としては「当然ではいけません」ですね。

Q古いクラブの性能

こんばんは。
私はゴルフ初心者で打ちっ放し練習場しか行った事がありません。
自分のクラブも持ってなくいつもレンタルで5番アイアンを借りていたのですが、1000円で朝から5時まで打ち放題の所を見付けた為、この際自分のクラブを買って色々な番手で練習しようと思ったのですが、激安の中古品位にしか手が出せません。フルセットで8000円のとか。。。
上達してもまだショートホールにしか行かないと思うので今はアイアンにしか興味がありませんが高いのをだしてまで買いたいとは思っていません。
性格的に上達したら絶対に欲しくなると思いますが。。。
古いクラブと新しいクラブでは初心者でも分かる位の違いはありますか?グリップは新しいのに変えようと思っています。
また、メーカーは統一した方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

先日ゴルフパートナーを覗いてみました
アイアンセット5000円位でグリップも綺麗な
新品に近いセットが置いてありました

アイアンを選ぶときに古いか新しいかで大きく違うことは、最近はキャビテイーが多いことで
10年以上前は、マッスルバックが多かったことです
ここ10年間でアイアンのシャフトの重さが軽くなったことに驚いていますね

予算が合えば、クラブの重量の軽いメーカー品を
見つけてください

あとは少しずつ他人のクラブと比較しながら
クラブの良し悪しや自分に合ったクラブの条件
を見つけていってください

グリップは出来ればメーカー品のオリジナルグリップ
で同じものを選んでください(そのクラブのバランスやトルクの感じ方が変わってしまうから、オリジナルのクラブの良さや悪さが理解できなくなります)

クラブがどんなものか理解できるようになるまでに
3-5年は必要と思います

頑張ってくださいね

Qアドレスでのボールの位置はトゥ側?ヒール側?

アドレスでボールの位置はクラブヘッドの
トゥ側、ヒール側のどちらに置くのが正しいのでしょうか?

プロのアドレスをみていると、
ヒール側で構えているプロが多いと思いますが。

それともど真ん中が正しいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トゥダウンという現象があって、インパクト時にはシャフトがしなってヘッドが自分の身体の方向に近づこうとする力がかかります。この力は、ヘッドスピードが速いほど大きくなります。
そうすると、ヘッドはアドレス時の位置より自分の身体の近くを通る軌道に動くので、ボールをヒール側にセットしたほうが芯でとらえやすくなるのだと思います。ヒール側で構えているプロが多いのはこのためだと思います。

無意識にヘッドの軌道をコントロールする能力の高い人は、どこにボールをセットしても、感覚で反応してボールを芯で打つことができる。
それに対して、スイングをメカニカルに考える人は、ヒール寄りにセットしたほうが良い結果が得られるのだと思います。

Q初心者へのおすすめモデルを教えて下さい。

これからゴルフを始めようとしている30歳男性です。
よく他の同じような初心者の方の質問に対しての返答が

・初心者にはいきなりフルセットは必要ないという事。
・フルセットで聞いた事のない安売りセットはやめた方が良い。
・自分で好きなメーカーのものを選ぶのが愛着が湧く。
・最初は中古で揃えて、ある程度上達するにつれて買い換える。

という意見が見受けられました。

そんな訳で、自分も中古で揃える事にしようと思いますが、これだけメーカー・種類があると、初心者向けのクラブにどれが適しているか全く分かりません。
一応回りの目も考えて、有名メーカーの中から、購入資金的に上限5万円までで、一通りコースに出れるまでの物を揃えたいと思いますので、ドライバー・アイアンセット・パターを全て揃えるとして、こういうメーカーなどの組み合わせが良いのでは?と思うパターンを教えて頂きたく思います。

個人的にはテーラーメイド・ナイキ・ダンロップ・ブリジストン・キャロウェイ・ミズノの中から選びたいと考えていますので、是非とも皆さんが考えるベストな組み合わせをお聞かせ下さい。
宜しくお願い致します。

これからゴルフを始めようとしている30歳男性です。
よく他の同じような初心者の方の質問に対しての返答が

・初心者にはいきなりフルセットは必要ないという事。
・フルセットで聞いた事のない安売りセットはやめた方が良い。
・自分で好きなメーカーのものを選ぶのが愛着が湧く。
・最初は中古で揃えて、ある程度上達するにつれて買い換える。

という意見が見受けられました。

そんな訳で、自分も中古で揃える事にしようと思いますが、これだけメーカー・種類があると、初心者向けのクラブにどれ...続きを読む

Aベストアンサー

ボールの上りやすさとロフトは確かに関係ありますが、でもロフトだけで
決まる物でもありません!ヘッドなら重心高さであったり重心深度なども
深く係ってきますし、シャフトも先調子の物の方がインパクトで
ロフトが増えるような動き方をするので・・・・
なんて難しいことは抜きにして、大まかに言うと『少し大きい物の方が
易しい』傾向にあります。
ヘッドのロフト角=上り易さと考えられがちですが、ロフトのある物の方が
捕まりが良いというのが見落とせないポイントです。
なのでjunjctcさんがスライスのミスが多いなら尚更ロフトの大きい物
を選ぶほうが賢い選択になるでしょう!
あとスライスにしてもフックにしてもボールにサイドスピン(横回転)
が掛ることで右や左に大きく曲がってしまうのですが、ロフトの大きい
物を選ぶとバックスピン(縦回転)が増えやすく、それによって多少
横回転が減って真っ直ぐ飛びやすい傾向にあります。テンプラと言われる
ミスショットはバックスピンが多すぎて高く上って飛ばないのですが、
テンプラはバックスピン量が凄く多いのであまり左右に曲がりません。
ドライバーより短いアイアンが易しいのはクラブの長さの違いで操作しやすい
のもありますがバックスピン量が大きく違いので曲がり難いことも
大きく関係していると思います。
さて少し余談が長くなってしまいましたが、では何度の物を選べば良いかですが
クラブヘッドに書いてあるロフト表示と実際のロフト角(リアルロフト)は
別物であるということを先に伝えておきます。
あればあくまで同じ商品なら9度表示の物より10度表示の物の方が
ロフト角が大きいついうような記号のような物でしてあくまで目安です。
実際プロや上級者の使うような所謂アスリート系と言われるモデルでは
ロフト表示=リアルロフトの物が多い傾向ですが、易しさを謳ったような
アマチュア向けの商品の多くはリアルロフト=ロフト表示+2~3度
というような物が大半を占めます。
なので例えば同じダンロップの商品でもアスリート系のスリクソンと
アマチュア向けのゼクシオでは同じロフト表示でも実測値が異なります。
というような予備知識を一応頭に入れておいた方が今後も役に立つと
思いますので先に書かせて頂きました。
ということでメーカーやブランドが変われば同じロフト表示でも
リアルロフトが変わります。(実際同じ商品でも1つ1つ製造過程での
個体差がありますので大きい物では1度近く違う物も存在してしまいます。)
実際欲しい物が決まったら、そのあたりは購入の際に直接店員さんに
質問して頂くとして、前回ボクがオススメしたモデルであれば
"10.5度"表示の物を選ぶのが最も無難な選択かと思います。
同じモデルの同じロフト表示の物が2本以上あればどちらも一度手にとって
構えてみると、違うものは意外と目に見た感覚でもちょっと違うように
感じると思いますよ。

以上長くなってしまいましたが、良いクラブに出会えることをお祈りしております。

ボールの上りやすさとロフトは確かに関係ありますが、でもロフトだけで
決まる物でもありません!ヘッドなら重心高さであったり重心深度なども
深く係ってきますし、シャフトも先調子の物の方がインパクトで
ロフトが増えるような動き方をするので・・・・
なんて難しいことは抜きにして、大まかに言うと『少し大きい物の方が
易しい』傾向にあります。
ヘッドのロフト角=上り易さと考えられがちですが、ロフトのある物の方が
捕まりが良いというのが見落とせないポイントです。
なのでjunjctcさんがスラ...続きを読む

Qアイアンのヘッドが吹っ飛びました。

本日の練習にて。
特にダフリも無く、非常に気持ちよくスイングしていました。
自分の中では、結構いい調子でスイングできていたと思います。

しかし、ある時、これまでと同じようにダフリも無く、力もいい具合
に抜け、いい調子でスイングしたのですが、どうもスイングし終わった
時の感覚がおかしい…。なにか非常に軽い感じが…。
周りの人達も僕のほうを見ている…。

と思った瞬間、クラブにヘッドが無い事に気付きました。
隣のおじさんに聞いて、ヘッドがすっ飛んでいった事が分かりました。

こんな事ってあるんでしょうか?
特にダフリとかで、ヘッドを叩きつけるような事もありませんでした。
過去を振り返っても、そんなにクラブに衝撃をあたえるようなことも
特になかったと思います。

ちなみに中古で買ったVIQで、もう1年ちょっと使っています。
番手は8番アイアン。

それと、こういうのって修理できるんでしょうか?
見る限り、ソケットの中あたりでポキって折れている感じです。
買い替えるしかないんでしょうか?
現在、非常にブルーになっています。

誰か教えてください。
よろしくお願いいたします。

本日の練習にて。
特にダフリも無く、非常に気持ちよくスイングしていました。
自分の中では、結構いい調子でスイングできていたと思います。

しかし、ある時、これまでと同じようにダフリも無く、力もいい具合
に抜け、いい調子でスイングしたのですが、どうもスイングし終わった
時の感覚がおかしい…。なにか非常に軽い感じが…。
周りの人達も僕のほうを見ている…。

と思った瞬間、クラブにヘッドが無い事に気付きました。
隣のおじさんに聞いて、ヘッドがすっ飛んでいった事が分かりました。

こ...続きを読む

Aベストアンサー

中古で購入されたとのこと
シャフトがグラファイトなら傷があったと考えられます
最近、アマチュアが自分でシャフト交換をする方が増えてきましたが
慣れないと、工作過程で傷をつけてしまうことがあります
そのままクラブヘッドに挿入してしまうと
時間が経てばその傷から折れてしまうことは良くあることですね
メーカーの工場から出たままだと
その可能性は非常に低いと見られます
(検査工程でシャフトの傷は厳重にチェックされているからです)

#1の方の回答でお湯の中につけて接着剤を柔らかくする
お話がありましたが
最近はヒートガン(ドライヤーの親分)を使用するケースが
多くなっています
また、スチールシャフトも20年以上前から
接着剤が使用されていてハンダでくっつけるものはほとんど
ないはずです

シャフト交換のホームページも沢山ありますので
参考までに見ておかれてはいかがかと思います
二木ゴルフやシントミ、ゴルフ5などなど
ゴルフショップの工房があるところで(殆どありますが)
相談されると理解が深まりますし
シャフトや工賃の相談も出来ますので
これを機会に一度出向かれてはいかがかと思います
なお、相談するだけだとお金は要りません

アドバイスまで

参考URL:http://www.geotechgolf.com

中古で購入されたとのこと
シャフトがグラファイトなら傷があったと考えられます
最近、アマチュアが自分でシャフト交換をする方が増えてきましたが
慣れないと、工作過程で傷をつけてしまうことがあります
そのままクラブヘッドに挿入してしまうと
時間が経てばその傷から折れてしまうことは良くあることですね
メーカーの工場から出たままだと
その可能性は非常に低いと見られます
(検査工程でシャフトの傷は厳重にチェックされているからです)

#1の方の回答でお湯の中につけて接着剤を柔らかく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報