まず、私の最寄り駅は北小金駅なのですが
北小金から北千住までが290円です。そして
北小金から綾瀬までが210円です。

そして、営団西日暮里までいくとすると
北千住から西日暮里までが150円(北小金から合計440円)
綾瀬から西日暮里までが190円です。(北小金から合計400円)

同じようにして、根津までいくと

綾瀬から根津までが190円(北小金から合計480円)
北千住から根津までが190円(北小金から合計400円)

になります。(営団の料金は一緒ですよね?)

全く同じ電車を使って(常磐各駅停車=地下鉄千代田線)

特例として、全く同じ電車、区間で、北千住から金町までJR
料金でいけるという配慮はあるのですが
どうして、こんなに料金が違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

補足です。


北小金~八丁堀(三河島・秋葉原・東京経由)の定期を綾瀬で切ると
北小金~綾瀬(14.3キロ) 6300円
綾瀬~八丁堀(14.7キロ) 6300円
で、計12600円で一番安く済みます。

ちなみに209501さん
>ただ、絶対に各駅停車に乗るのなら、キセルにはならないと思います。というよりむしろ、それぞれに有効の定期券が連続しているので、不正にはなりえないのです。これはいわゆる「分割定期」と同じ考え方です。

 常磐線各駅から地下鉄千代田線への連絡乗車券・地下鉄千代田線経由西日暮里乗り換えJR線各駅への運賃はすべて北千住乗り換えで計算され(亀有・金町など緩行線でしか行きえない駅も含む)、また営団線から常磐線の乗り越しは全て北千住起点での精算となっています。また常磐線から営団線への乗り越しも全て北千住乗り換えで計算されています。209501さんのご指摘だとこれは運賃の過剰収受となると考えられますね。ただそのような話は聞きませんが・・・。

 なお
>●「綾瀬切り」の場合(JRの“通算運賃”適用されず)
普通運賃 560円 定期運賃1ヶ月 18330円 3ヶ月 52240円

 東京~西日暮里経由~綾瀬間は「綾瀬駅を発着する旅客のうち、西日暮里接続で東日本線連絡となる場合の、綾瀬・西日暮里間の普通片道旅客運賃は大人160円、小児80円とする。」(営団の旅客営業補則第176条の4)により160円(JR)+160円(営団)の320円で済むので、綾瀬~北小金間の210円を加え普通運賃は530円となります。
    • good
    • 0

度々申し訳ありません。

先ほどの続きです。
乗降駅ともJRで、中間に営団や他民鉄をはさんで乗る場合、JRの2区間の乗車キロは通算してから運賃を算出します。これは定期乗車券・普通乗車券とも適用します。これを「中間に連絡会社線が介在する場合における旅客会社鉄道線営業キロまたは運賃計算キロの通算(東日本旅客鉄道旅客連絡運輸規定43条)」といいます。これは、1枚できっぷを発行する場合にのみ適用されます。

北小金ー(JR)ー北千住ー(営団)ー西日暮里ー(JR)ー東京というきっぷの場合、

●「北千住切り」の場合(JRの“通算運賃”適用。通常、駅で発売されるものはコレ)
普通運賃 540円 定期運賃1ヶ月 17990円 3ヶ月 51280円

●「綾瀬切り」の場合(JRの“通算運賃”適用されず)
普通運賃 560円 定期運賃1ヶ月 18330円 3ヶ月 52240円

となります。
「綾瀬切り」は、扱い上は別々の2枚のきっぷですので、上記規則で謳われている「前後の旅客鉄道会社線にまたがって乗車船」には当てはまりません。「前」または「後」が切り離されているので、「JRにまたがって」いないからです。

前後ともJRの駅で乗り降りしているかたは、決して早まって「綾瀬切り」はやらず、よく調べてからの方がいいと思います。
JRでは、運賃の割引はまったくとられていないというわけではなく、このような例では実質的な割引制度が存在するということです。
    • good
    • 0

いわゆる「綾瀬切り」の定期で快速に乗ると、間違いなく不正乗車になります。

JRの綾瀬ー北千住間のキセル扱いとなります。

ただ、絶対に各駅停車に乗るのなら、キセルにはならないと思います。というよりむしろ、それぞれに有効の定期券が連続しているので、不正にはなりえないのです。これはいわゆる「分割定期」と同じ考え方です。

会社またがり割引の要望等はここにされても仕方がありませんので、しかるべきところにお願いするしかありません。JR東日本ではグリーンカウンターを「お客様相談室」に改称し、HPにも相談窓口を設けるようですので。
ただ、基本的には「別会社」なので、割引の可能性は限りなく低いとは申し上げておきます。営団ー都営の割引は70円になりましたが、同じ地下鉄が手を組みJRに対抗するという、競争の意味合いが大きいのです。

ただJRの場合、乗降駅ともJRで、中間に営団や他民鉄をはさんで乗る場合、たとえば北小金ー(JR)ー北千住ー(営団)ー西日暮里ー(JR)ー東京というきっぷの場合、北小金ー北千住と西日暮里ー東京の2区間のキロを1つにまとめてから運賃を計算してくれるので、場合によっては綾瀬で分割すると高くなる場合もあります。念のため。
    • good
    • 0

 度々失礼します。


 これまで自分なりに整理していたルールです。
 営団線各駅から亀有以遠(快速・各駅問わず)に向かう場合は、北千住からの営業キロで計算します。例外は綾瀬で、綾瀬から北千住までは130円、綾瀬から営団線各駅に向かう場合には営団の運賃(綾瀬起点)で計算します。定期も同様。定期の分割購入は規則上問題ないわけですが、綾瀬~北千住間は特殊な扱いのため、綾瀬切りについて禁ずる旨の掲示が出ていると解釈しています。

 綾瀬までの定期を北小金で精算し(もちろん綾瀬で途中下車することなしに)、それが綾瀬からの計算・・・北小金~綾瀬間の定期投入で0円精算券が出るということをお聞きし、大変驚いています。
 逆に営団各駅でも綾瀬からの定期で0円券が出るということなのでしょうか?

この回答への補足

実際に、1週間以上綾瀬切りの定期で通勤し、何ら問題はありませんでした。
現在、北小金->茅場町へ行くには、茅場町の自動精算機で0円券を出し
帰りも同様に、北小金で0円券を出しています。

一度ばかり、自動精算機の故障?で有人改札もとおりましたが
こちらも問題はありません。

ということは、綾瀬切りで購入しても、全く問題が
ないということです。

ただし、連続した定期の場合は、購入できないとのことだそうです。

補足日時:2001/03/17 23:05
    • good
    • 0

三度失礼します。


運賃経路に誤りがありましたので。北小金~八丁堀間の経路は上野・東京経由です。これだと1時間ほどかかってしまいますが・・・。
    • good
    • 0

・・・実は綾瀬で切って買うと不正乗車になります(以前問題化した)ので、お止めになったほうが賢明です(北千住の乗換改札にもその旨がきっちり書かれています)。

ルール上必ず北千住で切らなければならないので。もちろん毎日行く度・帰る度に必ず綾瀬の改札を通過すれば別ですが。
 お気持ちはわかりますが、リスクが大きすぎます。僕なら必要経費と思って高くても我慢しますね。
 あくまで安く上げたいというのであれば、ちょっと頑張って新松戸から乗ることにするとか(新松戸~北千住6300円+北千住~茅場町7480円)。そうでなければ視点を変えて、京葉線経由(新松戸乗り換え武蔵野線)で八丁堀から徒歩で茅場町まで行くのはどうですか。北小金~八丁堀間29.0キロで13550円で北千住・日比谷線経由より安くおさまります。「1駅歩くのか・・・」とお思いかもしれませんが、八丁堀~茅場町間はわずか500mしかありません。時間も新松戸から43分ですから、そうものすごいロスでもないと思います。

 

この回答への補足

既に、綾瀬切り(注:JRと営団の2枚の定期)で購入し、実際に乗車しています。
入るときは普通に自動改札で入り、出るときは必ず
自動精算機を通して、0円の精算券を出して、出場してます。

また、北千住の乗り換え改札の書かれている内容というのは
快速からの乗り換え(綾瀬に停車しない)の場合の話ではないでしょうか?

また、八丁堀も以前から検討していたのですが
仕事で秋葉原を使用することがあり、こちらの経由でないと
結局その分お金がかかってしまうということで
この経路になってます。

補足日時:2001/03/10 07:04
    • good
    • 0

 東京電車区間の運賃(端数切り上げ)は


11~15キロ 210円
16~20キロ 290円
となっています。北小金―綾瀬間は14.3キロなので210円、北小金―北千住間は16.8キロなので290円となります。
 また営団の運賃は
7~11キロ 190円
のようですので、綾瀬~根津間8.8キロで190円、北千住~根津間6.2キロでやはり190円です。よって北小金~根津間通しで買うと480円、綾瀬で一旦降りて買うと400円ということになります。
 北小金からの距離区分がたまたま綾瀬と北千住の間にまたがること、綾瀬~北千住間の特殊な事情もありますが、JRの距離区分が10キロまでは130円(1~3キロ)、150円(4~6キロ)、160円(7~10キロ)、210円とゆっくり上がってきてからいきなり280円に上がるのが一番大きいような気がします。上がり幅がいきなり大きくなるので、料金が大いに変わったように感じられるのでは・・・。

ちなみに参考URLは常磐線掲示板です。

参考URL:http://www.fureai.or.jp/~s-itoh/jr103/cgi-bin/mi …

この回答への補足

時間がなかったりサーバーが故障してしまったりいろいろあり、送れてしまいましたが
とりあえず、掲示板はみさせていただきました。

そのような事情ということは知らなかったのですが
今でも営団、都営等の乗り継ぎで50円引き等を
してまで客に料金サービスをしているというのに
JRはいったいどうなんでしょう。
もともとの北千住-綾瀬間はJR料金のが安いのは
知っていましたが
(ある時期のJRの最低料金が120円なのに、同区間のみ100円というのも見たことあります)

明日、定期を購入することになり(区間は茅場町まで)
とりあえず、JR側と、営団の定期を別々に購入することにします。

p.s.交通費も給与に含まれているので、1円でも節約しないときついのです。
 通しで15970円
 別々で6300+7800=14100円
という所でしょうか。

補足日時:2001/03/07 23:22
    • good
    • 0

昔、常磐線が各駅停車と快速線に分かれていなかった時代は当然国鉄(現JR東日本、以下同じ)の線路ですから全区間国鉄の運賃でした。



複々線にしたときに、各駅停車の北千住-綾瀬間は、車庫のある関係で営団所有となったのですが、綾瀬には快速が止まらないため、綾瀬から、国鉄で上野方面へ出るには、昨日までは全区間国鉄運賃でよかったのに、複々線開業後は、綾瀬ー北千住は営団、北千住から国鉄の運賃を払わなければならないという矛盾が生じます。

そこで、利用した線・会社にかかわらず、
営団町屋以遠ー綾瀬・北綾瀬間は、全区間営団の運賃
それ以外は、全て国鉄の運賃
綾瀬ー北千住間は、営団の運賃、ただし国鉄の初乗り運賃にあわせた特定運賃

という規則を定めてまるくおさめました(わかりやすくするため規則原文とは異なります)。

さて、おたずねですが、
>全く同じ電車を使って(常磐各駅停車=地下鉄千代田線)
北小金からの場合、営団の町屋以遠に行く場合は、北千住から営団運賃
         その他の場合は、全区間JRの運賃
となります。北千住からは営団の運賃がかかりますので、高くなります。

北小金からですと、
綾瀬まで 210円
北千住まで 290円
西日暮里まで 450円
根津まで 480円 となります。

北小金からですと、北千住ー綾瀬間で、JRの運賃区界がちょうど変わり、変わったばっかりの北千住から営団の別運賃をとられ、千駄木ー根津間でこんどは営団の運賃区界がまたかわるので、こういう状態になっています。
北小金という駅は、運賃境界の北千住からみると、たまたまおトクではない位置に残念ながらあるということです。
    • good
    • 0

営団だけ乗る場合(北綾瀬や綾瀬から大手町方面に乗車)は、すべて営団線として運賃計算をします。

ですから綾瀬で一度降りると、その先は営団線として運賃計算することにになります。

一方、北千住や綾瀬で下車せずにJRとまたがって利用する場合、運賃計算の区分点は北千住にすることが定められています。
目的駅から逆算して、北千住と綾瀬の間で運賃区分が変わるような駅の場合、綾瀬で一度降りた場合と通しで乗った場合に運賃が違ってくる訳です。
上記のご質問の場合たまたま、北小金側からJR運賃を計算しても綾瀬と北千住の間に運賃の境界があるためさらに複雑な例になってしまっていることを付記しておきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q綾瀬-北千住間と営団回数券

柏       綾瀬  北千住     根津
□##########□±±±□++++++++++□
<-------------570円------------->計570円
<-------380円-------><--190円--->計570円
<---290円---><------190円------->計480円

上記のように、柏から根津までの切符を買うと北千住がJRと営団の境界とみなされ、570円かかります。ところが柏から綾瀬まで買い、綾瀬で一旦下りて綾瀬から根津まで買うと合計で480円と安くなります。それは通しで買うのと異なり綾瀬-根津間が営団運賃扱いであることと、柏からだと綾瀬と北千住の間に運賃の境界があるためです。ここまでは納得しています。

しかし実際、綾瀬で降りるのは面倒ですし、柏-北千住間は快速か中電に乗りたいです。そこで質問ですが、

(1)柏で290円区間(綾瀬まで)のJR切符を買って根津まで乗り越したら根津駅で「綾瀬-根津間」の
 190円の乗り越し運賃を払うだけでいいですか?

(2)柏-北千住間で快速か中電に乗って北千住で千代田線に乗り換え根津へ向かう場合、北千住駅に
 中間改札は無いですよね?

(3)根津で190円区間の営団切符を買って柏まで乗り越したら綾瀬-柏間でなく、北千住-柏間の
 乗り越し運賃380円取られますよね?

(4)(3)がYESの場合、綾瀬で一旦降りず、かつ損をしないために、綾瀬-根津間用の営団の回数券を
 買おうと思います。そこで、営団の回数券は大阪市交のように区間制ですか?
 (たとえば190円区間としかかかれていないもの)それとも「綾瀬←→根津」と使用区間が指定されて
 いるのですか?
 前者の場合、回数券で根津から乗り柏まで乗り越すと(3)と同じ結果になりますね。
 後者の場合、回数券で根津から乗り柏まで乗り越すと、北千住-柏間でなく綾瀬-柏間
 の乗り越し運賃290円だけ払えばいいですね。

(5)営団やJR東には、土日や昼間に12枚以上になる回数券はありますか?

柏       綾瀬  北千住     根津
□##########□±±±□++++++++++□
<-------------570円------------->計570円
<-------380円-------><--190円--->計570円
<---290円---><------190円------->計480円

上記のように、柏から根津までの切符を買うと北千住がJRと営団の境界とみなされ、570円かかります。ところが柏から綾瀬まで買い、綾瀬で一旦下りて綾瀬から根津まで買うと合計で480円と安くなります。それは通しで買うのと異なり綾瀬-根津間が営団運賃扱いであることと、柏からだと綾瀬と北千住...続きを読む

Aベストアンサー

 話が立ち入ってきましたね。複雑になりますが、ご容赦ください。
 さて
>>(1)北千住で行きに出場処理していない場合
>> 根津~南柏間の運賃を柏駅の有人改札で精算し、『Suica処理連絡票』を
>> 提示して駅員にSuicaを処理してもらったあと出場(この処理がないと次回使えない。
>根津から柏に向かうとき、根津で190円営団切符(根津-北千住)で乗って、
>柏では、有人改札で、
>(1)「行きに柏から乗車した記録だけ残っているスイカ」
>(2)「行きの北千住-根津間は領収済みのSuica処理連絡票」
>(3)「帰りの根津から190円(根津-北千住)の営団切符」
>を提示し、北千住-南柏間の往復分精算(スイカ処理)をするのではないでしょうか?

 私は柏~新宿のSuica定期券を持っているのですが、営団線・他社線でも北千住から払っていたので、発駅から営団線着駅までの運賃を営団線の着駅で払うものだと思い込んでいました。
 しかしよく考えると、千代田線経由他社線で精算すると、Suica処理連絡票に『北千住から収受』とあること、また当然ですが他社ではSuicaの磁気情報の変更などはできませんから、JR線利用分については帰りの着駅で往復分精算するというシステムが合理的であるように思われました。
 よって、恐らくmannoharaさんのご指摘・ご理解が恐らく正当です。申し訳ありませんが、私の回答については訂正させていただきます。すみませんでした。

>(2)北千住で行きに出場処理している場合
> 根津~南柏間の運賃を柏駅の有人改札で精算し、出場(北千住で処理済のため処理不要)
>根津から柏に向かうとき、根津で190円営団切符(根津-北千住)で乗って、
>柏では、
>(1)「帰りの根津から190円(根津-北千住)の営団切符」
>(2)「帰り、入場処理をしていないスイカ」
>を提示し、北千住-南柏間のスイカ処理をするのではないでしょうか?
 この場合ですが、北千住の乗換口精算所では南柏~北千住間の運賃を収受(またはカード・Suicaの残高から南柏~北千住間の運賃分を残高から引く)するとともに、Suicaを出すと出場処理をしてくれます。すなわち北千住で改札を出た状態になっているわけです。ですから柏駅でSuica処理連絡票を見せることはありませんし、根津で連絡票を発行してもらう必要もありません。
 帰りに柏駅で
*現金・イオカード精算の場合
 Suica定期券を提示し、根津~北千住のきっぷと北千住~南柏間の運賃(290円)を支払い、出場。イオカード利用の場合はカードを駅員に提示し、290円残高から引いてもらう。
*Suica定期券のチャージを利用する場合
 根津~北千住のきっぷを駅員に渡すとともに、Suica定期券を駅員に手渡し290円分残高から引いてもらう。
ということになります。
 ですからmannoharaさん(恐らくSuicaのチャージ機能をご利用ですよね)の場合は北千住精算でのアドバンテージはほとんどないようですね。長々と述べさせていただいたのに恐縮ですが・・・。

 話が立ち入ってきましたね。複雑になりますが、ご容赦ください。
 さて
>>(1)北千住で行きに出場処理していない場合
>> 根津~南柏間の運賃を柏駅の有人改札で精算し、『Suica処理連絡票』を
>> 提示して駅員にSuicaを処理してもらったあと出場(この処理がないと次回使えない。
>根津から柏に向かうとき、根津で190円営団切符(根津-北千住)で乗って、
>柏では、有人改札で、
>(1)「行きに柏から乗車した記録だけ残っているスイカ」
>(2)「行きの北千住-根津間は領収済みのSuica処理連絡票」 ...続きを読む

Q常磐線から千代田線への運賃計算

北千住-綾瀬の運賃については千代田線開業当時から複雑な状態ですよね。私は「東京メトロ全線定期券」を保有しています。近く所用で柏から二重橋前に行きます。柏から常磐線快速で北千住に行き、階段を下りて地下のホームから千代田線に乗ります。この場合、最初に買う乗車券は柏からどこまでですか。
(1)綾瀬まで。綾瀬からは東京メトロ定期券があるのだから。
(2)北千住まで。快速は綾瀬を通過するから、北千住まではJRの乗車券が必要になる。
私は(1)と思いますが、知人は(2)だといいます。どちらでしょうか?

Aベストアンサー

柏から北千住まで快速に乗るのであれば、(2)です。
千代田線の北千住-綾瀬間は特例としてJRの定期でも乗れますが、東京メトロの乗車券ではJRの快速線は乗車できません。
柏から各駅停車で、二重橋前まで乗り降りしなければ、綾瀬までの乗車券で大丈夫です。

Q電車のことで。回数券

回数券が安いと聞きました。

松戸駅から代々木上原まで、回数券を買えますか?

綾瀬から、千代田線になってしまうので、どうやって買えばよいのかわからないです。

それと、松戸から北千住まで、北千住から代々木上原の回数券を買うか、松戸から綾瀬まで、綾瀬から代々木上原の回数券、どちらを買ったほうが安いでしょうか?

Aベストアンサー

JRと私鉄ですので、別々に購入になると思われます(回数券の場合)。
定期ですと連携している時もあるので、一枚になるかもしれません。詳しくは駅員さんに聞くと丁寧に答えてくれると思います。
後、値段の質問がありましたので回数券および定期の時の内容を下に記載しています。

回数券は10枚分の値段で11枚使えます。ただ、気を付けなければいけないのは、
●有効期間があること(大抵3ヶ月)
●乗り越した場合、乗り越した駅から降りる駅までの運賃を払わなければいけません。(普通切符の様に差額計算ではないです。)

それと切符の値段と定期の値段を算出してみました。綾瀬乗換えの方が安いですね。
松戸→160円(定期:5040円)→綾瀬 →270円(定期:8600円)→代々木上原  切符片道:430円(定期:13640円)
松戸→210円(定期:6300円)→北千住→230円(定期:8540円)→代々木上原  切符片道:460円(定期:14840円)

どちらが良いか悪いかは使用内容によって変わってきますが、回数券は一割引にしかならず、期間もあります。
定期は一ヶ月しか使えませんが、何回でも使用可能です。17日以上往復するのであれば定期の方が断然お得です。
条件によって変わると思いますので参考にして下さい。

JRと私鉄ですので、別々に購入になると思われます(回数券の場合)。
定期ですと連携している時もあるので、一枚になるかもしれません。詳しくは駅員さんに聞くと丁寧に答えてくれると思います。
後、値段の質問がありましたので回数券および定期の時の内容を下に記載しています。

回数券は10枚分の値段で11枚使えます。ただ、気を付けなければいけないのは、
●有効期間があること(大抵3ヶ月)
●乗り越した場合、乗り越した駅から降りる駅までの運賃を払わなければいけません。(普通切符の様に差額計算で...続きを読む


人気Q&Aランキング