ヴァレリアン・ボロフチク(確か)という監督の映画で、80年代前半に公開された『罪物語』という作品があります。この映画を当時みて結構好きだったのですが、知人がこの映画を見て、「カットされている!許せん!」と怒っていたことがあったのです。知人がいうには、以前何かの映画祭で上映されたことがあって、そのときはもっと長かったというのです。この映画は2時間くらいの作品です。ちなみにこの映画は結構エロチックな場面が多いですが、知人がいっているのは、そういう意味でのカットではありません(笑)。こんなマイナーなネタで恐縮ですが、ずっと気になってました。知人が言っていたのは本当なんでしょうか。それともただの勘違いなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これは1975年のポーランド映画ですが、日本で一般劇場公開されたのは'83年です。

私はその数年前に、御茶ノ水のアテネフランセというところで、ポーランド映画を特集したとき(映画祭?)の1本としてこの映画を観ており、'83年にも劇場で観ました。アテネフランセのときは「王者のためのアリア」というカーニバルレスラーの映画と2本立てで、併映となった「罪物語」はタイトルも少し違っていて、この時は「罪の物語」でした。しかもこちらの方は英語字幕版で、簡単なスクリプトは資料として渡されていたものの、細かな点となると少々怪しいです。内容は19世紀末のワルシャワを舞台にした、古臭いメロドラマといってしまえばそれまでの映画でしたが、劇場版で明らかにカットされていた部分があります。主人公の娘が終盤娼婦へと転落してしまいますが、原版ではその前に1エピソードあります。

ヒモ(だったかな?)から逃げた彼女が行き倒れていたところを、ある初老の農場主に拾われます。そこで看護を受け、農場主はやがて彼女に惹かれていき、プロポーズします。彼女はこの穏やかな環境に、過去を忘れて落ち着いてもいいかなと思い始めるのですが、ある日自分の中にある淫らな欲望に気が付き愕然とします。そのため彼女は、このような女がいてはかえって優しい農場主を後で苦しめることになると思い、黙ってその家を去ります。その後、町のある家の窓に、娼婦になった彼女がいるという場面になります。

劇場版ではヒモから逃げて、その後すぐ窓の中にいる娼婦の彼女というシーンになってしまい、「何故?」と思いました。娼婦に身をやつしてしまう理由(必ずしも金銭の問題だけではない)となるエピソードが丸々カットされたわけです。確かにちょっと長い映画ですけど、あれは重要なシーンだと思いましたからね。ですから原版をご覧になっていたのであれば、知人の方が怒っていたというのも頷けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・しかし、まさかこの質問にも答えていただけるとは思いませんでしたよ、benjaminさん。こんなマイナーな映画(そういわれても仕方ないですよね)の、マニアックな疑問に。正直なところ、回答は出ないかもしれないなと半ば思ってました。

しかし、何故カットしたのか理解できないシーンですね。オリジナルを見てたのなら、唐突に娼婦になってしまったのですから、なんじゃこりゃ~!と知人も思ったんでしょうね。いや~、何でも聞いてみるもんです(笑)。本当にありがとうございまいた!!

お礼日時:2001/03/04 19:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスターウォーズ 先行上映 上映映画館について

東京都内で7/2の先行上映を行なう映画館はどこでしょうか?もうチケットは発売になっているのでしょうか?
全然わからないので誰か教えてください!!!

Aベストアンサー

こんばんは。

下記サイトでも時間帯など検索できますよ(^^)

楽しみですね!!!

http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/area_schedule0.html?identifier=as0

参考URL:http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/area_schedule0.html?identifier=as0

Q映画館で上映する映画は誰が決めるのでしょう

ちょっと間の抜けた質問かもしれませんが、どなたか教えてください。

日本で上映される外国映画は、配給会社があって…という事は何となく知っているのですが
人に説明できるほど知りません。

外国映画が日本で公開される場合、どのように選択されて上映に至るのでしょうか。

Aベストアンサー

配給会社と映画館です。

配給会社が買い付けをしたものの、上映してくれる映画館(興行会社)が見つからない、なんてこともあります。

映画館側も客が入らないことには商売になりませんから、どの作品を上映するかはビジネスとしてあれこれ考えるわけです。

いまだと韓国映画で日本でも人気がある俳優が出ていれば客足はそこそこ伸びると考えられますけど、配給会社が契約を結んでも、映画館の側は一年近くも先の上映予定をすでに決めてしまっているので、今から一年先にこの映画を上映しても、果たしてどうなるかわからない、ってことになりますよね。

もうすぐアカデミー賞のシーズンですが、受賞作を受賞直後に公開できれば、すごくタイムリーですけど、半年も一年も前から上映の予定を組んでいるので、そうそう巧い具合にはいきません。

数年間公開が見込めなかったのに、穴埋め(公開作品の客足が悪く4週間の上映を2週間で打ち切ってしまった)で上映したら、思ったよりもヒットした、なんて例もあります。


配給会社も大きな映画祭の見本市で、”監督が誰でどんな話で、誰が出る予定”くらいの情報しかないのに、契約を交わす場合もあるので、これもビジネスとしてはかなり大変だと思います。

数年前に「アメリ」が大ヒットしましたが、買い付けた配給会社は「監督がみょ~な映画ばっかり作っている監督だからきっとこれもみょ~な映画に違いない」と契約を結んだそうです。
で、出来たのを見たら当初の予想とはぜんぜん違っていたけど、思いも掛けない大ヒット! ってなことだったそうですよ。

どうしても映画館(興行会社)が見つからないと、レイトショーだけで上映するなんてこともあります。
これはDVD化する際に、劇場公開作品かそうでないかで、価値が変わってしまうので、致し方ないようです。

まれにですが興行会社側の上層部が、特定の監督を応援したいがために、「うちでやりまっせ!」と上映を買って出る、なんてこともあります。

配給会社と映画館です。

配給会社が買い付けをしたものの、上映してくれる映画館(興行会社)が見つからない、なんてこともあります。

映画館側も客が入らないことには商売になりませんから、どの作品を上映するかはビジネスとしてあれこれ考えるわけです。

いまだと韓国映画で日本でも人気がある俳優が出ていれば客足はそこそこ伸びると考えられますけど、配給会社が契約を結んでも、映画館の側は一年近くも先の上映予定をすでに決めてしまっているので、今から一年先にこの映画を上映しても、果たして...続きを読む

Qマイナー映画とメジャー映画の境目

メジャーな映画とマイナーな映画の分け目ってなんですか?
単に売れているとかじゃなくて興業収入が○○円以上とか上映館数が○○以下とか具体的な数字であった方がうれしいです。

Aベストアンサー

基本どれだけ金を使った映画かでしょう。
ハリウッドでは制作前から、この映画はA級・B級と区別されています。
新人はB級映画を撮って、それが良ければA級を手掛けるようになるといった感じでしょう。
少し前ですが、ブレアウィッチプロジェクトというB級映画がヒットしたことがありました。
B級映画が日本で公開されるのは稀ですが。

日本で言えば映画とVシネマみたいな差でしょうか。

Q映画ミストを上映する映画館について

映画ミストを上映する映画館が地元にはありません。
ほとんどみたい映画は地元にで上映していたのですが、
今回なぜ少ないのでしょうか。
ネットで検索しても皆さん不思議に思っている方が多いようです。

Aベストアンサー

回答になっていないかもしれませんが…

少し前に海外でこの映画を鑑賞しました。
個人的な意見ですが、あまり大作とは言えない作品のように思いました。
映画館側の期待度が低いのが理由の一つではないでしょうか。
集客が見込めない作品は、映画館側も買い(借り?)ませんから…。

Qマイナー作品

マイナー作品でお薦めを教えて下さい。
ちなみに私のお薦めは
『リストラ・マン』
出演:ロン・リヴィングストン ジェニファー・アニストン

Aベストアンサー

どちらかといえばマイナーな、

「ビッグムービー」
スティーブ・マーティン、エディ・マーフィー主演

「踊るマハラジャ NYへ行く」
ヘザー・グラハム主演

「ビッグヒット」
マーク・ウォールバーグ主演

「クローサー」
スー・チー、ヴィッキー・チャオ、カレン・モク主演

「バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー」
ピーター・ウェラー主演

以上は当りでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報