スーパーで、「どうぞごゆっくりお買いまわり下さい」
というアナウンスが流れていました。
「買いまわる」という動詞はあるのでしょうか?
また、言葉の雰囲気は分かるのですが、具体的に「買いまわる」
とはどういう意味なのでしょうか?
ちょっと疑問に思ったので質問しました。
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

英語の shop around の訳語のようです。

私は業界関係者じゃありませんけど。

ショッピングセンターへの断章(加藤秀俊 著作データベース)
http://homepage3.nifty.com/katodb/doc/text/2729. …
(引用開始)
ひとくちに買物というが、買物とはそもそもなんであるのか。(中略)
しかし、わたしの知っている語法でたいへんおもしろいアメリカ英語がある。それは"shop around"という表現だ。文字どおりに訳せば、“買物をしてまわる”ということだが、ここでいう“買物”とは、じっさいに品物の受け渡しがおこなわれる、ということなのではない。ある店に行って品物を見て、サヨナラといって出てきて、つぎの店に行ってまたおなじことをくりかえす。それが"shop around"ということなのだ。
(引用終り)

スーパーマーケットは日本が考えついたものではなく、アメリカから輸入されました。その際、上記のような文化も輸入したのです。
店のアナウンスの意味は、「ひやかし大歓迎でございます。広い店内、ご自由に存分にご覧になって、どうぞお楽しみくださいませ」、「『買わないなら、とっとと帰った』などとは、口が裂けても申しません」ということです。
以上、「買いまわる」は直訳語なので、日本語としてはやや不自然な感じを受けるかたもいるわけです。すっかり日本にとけこんだスーパーですが、日本語だけで考えては埒(らち)が明かない部分もあるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

スーパーマーケットはアメリカから輸入されたもので、
システムだけではなくて文化や言葉の使い方も輸入されているのですね。
shop aroundから来ているとは、目からうろこでした。
質問してよかったです、ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/26 23:42

不適切な使い方でしょうね。


「まわる」は正確に言うと、

『【手当たり次第に】~して歩く』

というニュアンスを持った言葉ですから、お客様に対して使用できる言葉ではありません。

それ(買い物)以外のことには目もくれずに、滅多矢鱈にお金を使うことだけに神経を集中して店内を回ってください。
という意味になります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!正確にはそんな意味になってしまうんですね。
本来は不適切な使い方だということですね。
勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/27 00:46

 その場、その雰囲気での耳であれば、ご質問者さんのようには私は、注意をしないで通り過ぎてしまうのでしょうが、こうしてここで伺うと、いかにも違和感がありますね。


 “ショッピング、そして商品を見ながら、各陳列コーナーを廻り歩いてください”なんでしょうね。
 
 小間物などの輸入業者が、買い付けにあちらこちらを「買いまわる」なんてことはありましょうがね。
 雰囲気での伝えことば、お願い言葉でしょうね。買いながら観て歩いてください。というような。
 でも場を離れて伺うと、違和のあることばですね。
 私の上の表現も、精錬しておりませんで、出てきたまま、生のことばでして、聞く人、見る人には違和がありましょうね。
 所詮、言葉の性質であり、宿命ですね。その場のことばですね。
 法律や条文、論文、或いは洗練された(?)宗教のことばであれば、場ということに頼ることも無く、それと切り離した表現となるでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>“ショッピング、そして商品を見ながら、各陳列コーナーを廻り歩いてください”

なるほど!「見ながら廻り歩く」などの意味が含まれていると
考えると、「お買い回りください」のアナウンスの意味がやっと
把握できたような気がしました。
分かりやすく説明して頂きありがとうございました。

お礼日時:2009/02/27 00:23

「買い」+「まわる」⇒「買いまわる」・・・ということだと思います。



しかし、「回る」という言葉の大元は、クルクルと回転するということでしょう。
「ゆっくり回る」こともあるでしょうが、語感からは、「忙しくクルクル回る」というイメージですね。

「~まわる」という言葉を列挙してみます。
(Goo辞書ヨリ「まわる」で終わる言葉の列挙)
暴れ回る・歩き回る・売り回る・嗅ぎ回る・駈けずり回る・駆け回る・立ち回る・告げ回る・逃げ回る・練り回る・のたうち回る・這いずり回る・・・・。

みんな何だかバタバタとして落ち着かないですね。感じの悪い言葉も多いです。

このような言葉と同類の【買い回る】に、「ごゆっくり」と「お買い回り」の「お」をつけても、根が根ですからダメですね。
「ゆるりと買い物を楽しむ」気分にはなれません(^o^)。

>ちょっと疑問に思ったので・・・。

私もヘンな日本語だと思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

普段聞きなれない言葉だなぁと思っていたのですが、
やはりへんな日本語だったのですね。
「ごゆっくり」がついて余計にへんな日本語になっているように
思えてきました。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/26 23:55

こんばんは。



「買い回る」 = 「買う」の連用形「買い」 + 「回る」

「走り回る」「歩き回る」「逃げ回る」と同様で、
「買い回る」は「(店内の)あちこちで買い物をする」という意味になります。

こちらの[14]をご覧ください。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%BE%E3%82 …


ご参考になりましたら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

買い回るは「買う」+「回る」だったのですね。
参考URLはとても役に立ちました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/26 23:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自発動詞・可能動詞・受け身動詞と自発・可能・受け身の意味の助動詞

日本語の文法には、自発動詞・可能動詞・受け身動詞、また自発・可能・受け身の意味の助動詞がありますが、それらの見分け方と使い方に混乱しています。
「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」という文の「考えられる」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。
また「その場面は、昨日のことのように思い出された」という文の「思い出された」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。

Aベストアンサー

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(「気が置けない」)
沸かす→沸く(「風呂が沸く」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_%28%E6%96%87%E6%B3%95%29
『可能動詞』
⇒【現代日本語(共通語)において五段活用の動詞を下一段活用の動詞に変化させたもので、可能(行為をすることができること)の意味を表現する。「書く」に対する「書ける」、「打つ」に対する「打てる」の類をいう。】
例:
会う・買う・扱う→ 会える・買える・扱える
行く・書く・歩く→ 行ける・書ける・歩ける
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%83%BD%E5%8B%95%E8%A9%9E
--------------------------------------------------------------------------

1.「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
:
上にお示ししたウィキの定義から考えるに、「考える」は五段動詞ではないので可能動詞ではない。
また、「主観的な考え・感覚などを示す動詞」と言えるから、下一段動詞の未然形「考え」+助動詞「られる」 の組み合わせと考えて良さそう。
むろん、五段活用動詞であれば 未然形+助動詞は「れる」。
以上は、動詞か助動詞かの見分け方のひとつに(とりあえずは)なるように思います。
次に問題になるのは使い方(用法)ですが、これは、シチュエーション次第ですべての可能性があると言わざるを得ません。
我々が実際に遭遇する頻度の高い(と私が思う)順にならべてみました。(厳密な区別ではありませんが())
・可能⇒「その問題に対しては、(可能性として)さまざまな答えがあると考えられる」
・自発⇒「(誰もが知っていることだが、)その問題に対しては、(自ずと)さまざまな答えがあると考えられる」
・受身⇒「その問題に対しては、(大勢の人々から)さまざまな答えがあると考えられる」
・尊敬⇒「(専務はひとつの答えしかないと考えるようですが、社長は、)その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
受身の場合は、「その問題は」とするほうが文として違和感がなくなるでしょう。
尊敬の場合は、「考えられている」「考えておられる」などとするほうが自然な文になるかと思います。

2.「その場面は、昨日のことのように思い出された」

こちらも助動詞で、理屈は1とほぼ同じです。
頻度の高い(と思う)順に並べてみます。
・自発⇒「その場面は、昨日のことのように(自然に)思い出された」
・受身⇒「その場面は、昨日のことのように(わたしの頭の中で)思い出された」
・可能⇒「その場面は、昨日のことのように思い出せた」と可能動詞を使うのが自然でしょう。
助動詞で可能を表わす場合、「その場面は、昨日のことのように思い出される」と現在形にする必要があると思います。むろん、「思い出せる」とすることもできる。
・尊敬⇒「あの場面はなかなか思い出せないようでしたが、その場面は、昨日のことのように思い出された」

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(...続きを読む

Qまわりまわってを漢字で書くと?

「まわりまわって」という言い回しがありますよね?
これを漢字で書くとどのような表記が正しいのでしょうか。

・回り回って
・周り回って
・周り周って
等々

Aベストアンサー

巡り巡って・・・ を調べたときに 回り回って がありました

周り回ってだと すでに(池とか)道があるところをぐるぐるしているだけ

回り回って(巡り巡って)だと 予想外のあちこちに行った末に戻ってきたと思えますよね

Q腕を腰にまわすなどのまわすの漢字は何ですか?

腕を回すだと回転することを指しますよね、腕をまわしこみ掴むならなんと言うのが正しいですか?

Aベストアンサー

回すには「動かして囲むようにする」という意味もあります。

質問は、「肩に手をまわす」というような表現での「まわす」のことを聞いているのだと思いますが、「回す」という言葉を使うことは間違いではありません。

Q動詞・形容詞・形容動詞 活用

こんにちは.
古文の動詞・形容詞・形容動詞活用の仕方でわからない問題がありました.解説よろしくお願い致します.

(1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか.
(2)「見つけ」て→ 動詞の終止形がわからず困りました.
(3)「豊かに」→形容動詞のナリ活用 なら-なり,に-なり-なる-なれ-なれ
(4)「大きに」→どうやればよいのかわかりませんでした。

どうぞ,よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

>(1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか.
「形容動詞」ではなく「形容詞」です。
「ク活用」か「シク活用」かは、連体形にしてみればすぐわかります。その場合、わかりやすく口語に直して考えてもかまいません。
例A「おさなけれ」→連体形は「おさなき」、口語は「おさない」
例B「美しければ」→連体形は「美しき」、口語は「美しい」
活用語尾が文語で「き」、口語に直して「い」ならばク活用、
活用語尾が文語で「しき」、口語に直して「しい」ならばシク活用、
となります。先日、次のようにご説明しましたが、わかりづらかったでしょうか。
>最近、次のようにご説明したはずですが……わかりづらかったかな。
> 形容詞の活用形の種類は「ク活用」と「シク活用」しかありません。
まずク活用の活用形「から/かり・く/し/かる・き/けれ/かれ」を暗記しましょう。「シク活用」の場合は、終止形は「し」で、あとはク活用の上に「し」を付ければよいのです。「しから/しかり・しく/し/しかる・しき/しけれ/しかれ」
形容動詞の場合も活用の種類は「ナリ活用」と「タリ活用」だけです。まずナリ活用の「なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ」を暗記します。タリ活用は「な」を「た」に変えればいいのです。

>(2)「見つけ」て→ 動詞の終止形がわからず困りました.
口語で言えば下一段の「見つける」ですが、文語の下一段活用動詞は「蹴る」だけです。よって、口語で下一は文語の下二、と覚えましょう。「見つけ」は下二段活用「見つく」の連用形です。

>(3)「豊かに」→形容動詞のナリ活用 なら-なり,に-なり-なる-なれ-なれ
もちろんナリ活用の形容動詞「豊かなり」の連用形です。これは簡単です。どこがおわかりにならないのかがわかりません(嫌みをいってごめんね)。

>(4)「大きに」→どうやればよいのかわかりませんでした。
これは難しいかもしれませんね。というか、これだけでは答えが決まりません。次のような可能性があります。
A「大き○○に」の略(「○○」は体言)、「大き」は形容詞連体形で、「に」は格助詞。
B形容動詞「大きなり」の連用形。
口語では「大きい」という形容詞と「大きな」という連体詞(非活用語)しか用いられませんが、文語では形容動詞「大きなり」が主流でした。形容詞「大し」もありましたが、「大き○○」という連体形でしか用いられなかったようです。

>(1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか.
「形容動詞」ではなく「形容詞」です。
「ク活用」か「シク活用」かは、連体形にしてみればすぐわかります。その場合、わかりやすく口語に直して考えてもかまいません。
例A「おさなけれ」→連体形は「おさなき」、口語は「おさない」
例B「美しければ」→連体形は「美しき」、口語は「美しい」
活用語尾が文語で「き」、口語に直して「い」ならばク活用、
活用語尾が文語で「しき」、口語に直して「しい」ならばシク活用、
となります。先日、次のよ...続きを読む

Q形容動詞と動詞?(現代語の品詞分解)

めちゃくちゃ変な質問でごめんなさい。
次の文章の「、」より後を品詞分解し、それぞれに品詞の名前を充てたいです。

【 彼は問題を、曖昧に曖昧な曖昧にする。 】

ややこしいので、【1曖昧に 2曖昧な 3曖昧にする】と番号を振ります。
なお、「1曖昧に」は「2曖昧な」にかかっています、
「2曖昧な」は、最後の「3曖昧」に、かっています。

「1曖昧に」「2曖昧な」
は、形容動詞だと考えています。

特に気になるのは、
「3曖昧にする。」
という部分です。
曖昧+に+する (名詞+格助詞+動詞)
と考えるか、
曖昧に+する (形容動詞+動詞)
と考えるか。

前者だと、問題というものが、
曖昧というものに変わってしまったニュアンスがでるように思います。

日本語の意味として、おかしいだろ!というツッコミは
トートロジカルな言葉遊びだと思って、ご勘弁ください。
文法的な疑問を解消したいのです。
なお、形容動詞はあるものとして、考えています。

Aベストアンサー

形容動詞を認める立場からならハッキリと言えますよね。
というのは「曖昧な」は連体形だからです。

つまり「曖昧な」+体言 しかありえませんから、「曖昧に+する」とは考えられなくなります。
ですから、「曖昧(というもの)+に+する」となるでしょう。ここから、「曖昧という別のものに変化させてしまう、変形させてしまう」意味が出るのでしょうね。

たしかに、曖昧な曖昧というのはトートロジーですが、別な例で言えば、「魅力的な魅力的」ではなく、「魅力的な魅力」のほう、あるいは「行動的な行動的」よりも「行動的な行動」のほうが形として整っていると言えるわけですね、同じようにトートロジーと言っても。「-な」の後には体言が来るという形式的なことから、「形容動詞+する」なのか、「名詞+助詞+する」なのか?という迷いは起こらないことになりますね。

さらに、「-な」は連体形ですから、後に来る体言を修飾しますので、言い換えれば、解釈としては「-な」はあってもなくてもよいわけです。どのようなものなのか分からなくとも「何なのか?」が分かることが重要ですから。

てことは、「彼は問題を、曖昧に曖昧な曖昧にする。」の場合、そういった修飾語を省き、主述のみにしてしまうと「彼が曖昧にする」になり、さらに、この曖昧は体言、つまり名詞だったわけですから、ちょっと補ってやって、「彼が曖昧(というもの)にする」のように解釈してしまうのでしょう。

人間が何かの「名詞」にするというのは極めて人為的ですよね。

これらのことから、ご指摘のように(意味はさておき)変わってしまったよ、というニュアンスが導かれるものと思われます。

形容動詞を認める立場からならハッキリと言えますよね。
というのは「曖昧な」は連体形だからです。

つまり「曖昧な」+体言 しかありえませんから、「曖昧に+する」とは考えられなくなります。
ですから、「曖昧(というもの)+に+する」となるでしょう。ここから、「曖昧という別のものに変化させてしまう、変形させてしまう」意味が出るのでしょうね。

たしかに、曖昧な曖昧というのはトートロジーですが、別な例で言えば、「魅力的な魅力的」ではなく、「魅力的な魅力」のほう、あるいは「行動的な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報