このコミュニティーサイトでQ&Aをしていて、話の中で上記の組曲の話が出ました。

今迄は、フジコ=ヘミング女史の、リスト作品のみのCDやショパン作品も入った、オムニバスもののCDばかり聞いておりましたが、せっかくのよい機会なので、リストの作品を「ひとつの組曲」というまとまった形で聴いてみたいと思いました。

フジコ=ヘミングと言うピアニストは、よほどリストとショパンに傾倒しているらしく、他に時々ドビュッシーやベートーベンの作品を弾くものの、リリースされているCDのほぼ80%以上が、リスト作品かショパン作品のみを収録したものばかりの様です。従って、何枚彼女のCDをコレクションしても、収録曲はすべてたいして変わりのないものばかりで、目新しくないことが多いです。リストやショパンのレパートリーは多いかもしれないが、その他の作曲家には興味を示さないのか、そういう意味ではレパートリーが非常に限られているように思います。(狭くて深いというか…。)

今回リストの「巡礼の年」のCDをお薦めいただくにあたり、彼女の様な「リスト偏執狂」の演奏家ではなく、幅広いレパートリーを弾く(例えばバロックも古典派もロマン派も幅広くレパートリーにしている)ピアニストのCDをご紹介いただければと思います。

また、一口に「巡礼の年」と言っても、第4集まであるそうですね?そのうちの少なくとも「第1集 スイス」が全曲入っているものをご紹介いだ抱けましたら幸いです。勿論全集でも結構です。

但し、あくまでもCDでのご紹介をお願いいたします。「You Tube」などのインターネット上で音楽が聴けるサイドではなく、CDショップで購入することを前提としてご紹介ください。

リスト通の方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>「巡礼の年」と言っても、第4集まであるそうですね?



リストの「巡礼の年」は第3集までです。ただ、第2集の補遺として3曲組の「ベネチアとナポリ」というのがある(補遺といっても本編のものがイタリアの
ルネサンス芸術から受けた印象からのものに対して補遺のほうは旅の印象によるものなのでかなり性格が異なります)ので、実質的には4集(というよりも3集半)あるとは言えるでしょう。

>リストの「巡礼の年」のお薦めCD

「巡礼の年」は数多いリストのピアノ作品の中でも特に傑作とされており、私もずいぶんいろんなCDを聴きました。ただし、この曲集はポピュラリティーが今ひとつで全集はあまり発売が長続きしません。チッコリーニ(確かにレパートリーは広いピアニストですが、個人的にはかなり物足りない演奏に思います)のほか現在入手容易なものに限ると次のようなものがあります。

1 ラザール・ベルマン
お勧めといえばこれで決まりといってよいと思います。全曲版が出ているのでぜひ聴いてください。テクニックもすばらしいが、それだけでなく曲の持ち味が実によく表現された歴史的名演です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/437882

ラザール・ベルマンはユダヤ系であったため、長くソ連で不遇の後ようやくアメリカにデビューできたのですが、迫力満点のフォルテッシモから繊細な弱音のコントロールはリストの再来と騒がれるほどの驚異をもって迎えられました。レパートリーはロマン派が主体で、やや狭いといえばそうですが、この人の演奏を聴かないのは損です。

2 ホルヘ・ボレット
この人も年を食ってから有名になったことや、リストなどを得意とするテクニシャンである点でラザール・ベルマンとよく似ています。また繊細さと豪快さを兼ね備えた演奏という点でも。レパートリーは古典からロマン派まで、近・現代も少しありますがロマン派が得意です。ただ、この人は第3集を録音していないのが残念です。http://item.rakuten.co.jp/book/3836235/

3 イェネ・ヤンドー
古典派からロマン派までレパートリーが多いピアニストの一人です。音がきれいで模範的な演奏といえますが、やや地味な感じでもあります。ナクソス(NAXOS)から全部の集が発売されています。

他に・・・
単発ではクラウディオ・アラウの「オーベルマンの谷」が絶品です。アラウの得意演目の一つで、晩年までアンコールなどでよく弾いていました。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

1番さまがご紹介くださったサイトで確認したところ、仰るように第3集までで、第2集に補遺があるのですね。

「巡礼の年」は数多いリストのピアノ作品の中でも特に傑作とされていながら、ポピュラリティーが今ひとつで、全集はあまり発売が長続きしないとのこと。そのために、それを好んで演奏する演奏家もあまりポピュラーではないのでしょうね?

やはりご紹介くださったピアニストたちは、1番さまと同じく、ベルマンとボレットなんですね?クラシックに詳しくない人でも知っているような超有名どころのピアニストは、このあまりポピュラーでない組曲集を録音したがらないのでしょうか?

先程自分で、「無料でクラシック音楽が試聴できるサイト」の『ナクソス・ミュージック・ライブラリー』を開いたところ、やはり3番のイェネ・ヤンドーの演奏ばかりでした。もしかして、彼はナクソスの専属ピアニストなのでしょうか?

クラウディオ・アラウは聞いたことがある演奏家です。シューマン作品をよく弾くピアニストですよね。

私が知っている唯一のリスト弾きの、フジコ=ヘミングは「巡礼の年」のCDは出してないんでしょうか?別にフジコ=ヘミングでなくてもいいですが、超有名どころのピアニストって、この曲を弾きたがらないのでしょうか?

また、貼ってくださったリンクは、amazonにしても楽天にしても、どちらもネット通販ですよね?

新星堂やHMVのCDショップや、銀座のヤマハショップ、あるいは山野楽器など、実際のレコード店で買えるものを改めてご紹介いただければと思います。

時代遅れかもしれませんが、私は今時の人たちの様に、インターネットやテレビの通販ではものを買わない主義であり、買物は基本的に現物を手にとって買う主義なので、よろしくお願い致します。

お礼日時:2009/02/26 21:00

リストの「巡礼の年」に関心を持っておられる人がいると知ってうれしい思いです。

私は音楽は素人ですが、この「巡礼の年」は大好きな作品のひとつで、iPODに入れて旅行の時などによく聴いています。去年3年ぶりにワーグナー・フェスティヴァルでバイロイトへ行き、リスト博物館やリストの墓にも詣でましたが、墓地で「巡礼の年」を聴いたものです。

私が持っているCDはPHILIPSの輸入盤で、現在私が世界最高のピアニスストだと信じているアルフレッド・ブレンデルの演奏です。ブレンデルはベートーベン、モーツアルトなどをたくさん弾いており、ザルツブルク音楽祭で彼のコンサートを何度か聴きました。

ブレンデルの「巡礼の年」は第1年と第2年を持っています。第3年はあればぜひ手に入れたいのですが、録音しているのかどうか分かりません。

私が持っているのは、ドイツ・フィリップスの1986年のデジタル録音で、第1年がCD番号は420-202-2、第2年が420-169-2です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

このアドバイスを拝見する前に、今迄の方々が口を揃えてお薦めくださった、「ドイツグラモフォンの輸入盤のラザール・ベルマン盤」を買ってきました。今それをパソコンで流しながら、このコメントを書いております。

いくつかご紹介くださいましたが、近くの大型CDショップに在庫があったのはベルマン盤とボレット盤で、シフラが演奏しているCDも若干ありましたが、それらはみんなリスト作品のオムニバスでした。

ベルマン盤は投票者多数でしたので、素直アドバイスに従い決めました。

CDショップで、棚にある「お薦めのコメント」を見ましたが、ボレットはリスト直系の孫弟子であり、シフラは「リストの再来」と言われているそうですね。

彼ら5人衆を知らなかったのは、どうやら私一人のようです。私も皆様に比べたら、まだまだ修行が足りないですね。

それにしても、フジノ様は誠に羨ましい方ですね。

しょっちゅうバイロイト音楽祭やザルツブルグ音楽祭に出かけるんですか?「去年3年ぶり」に行ったり、ザルツブルグ音楽祭に何度も出かけて彼のコンサートを聴いたり・・・。

もしかして、このコミュニティーサイトは海外在住の方でも投稿できるらしいので、海外にお住まいですか?

もし、日本に住んでてそんなにしょっちゅう海外の老舗音楽祭に聴きに行けるとしたら、かなりのセレブさんですね。羨ましいなぁ。

バイロイトもザルツブルグも、日本ではそうそう簡単にはチケットは取れないんでしょう?旅行者が企画したツアーで行くのでない限り・・・。私もあやかりたいです。

ブレンデル盤をお持ちとのこと。別の方のコメントでは、ブレンデル盤は廃盤になっているとのことでしたので、廃盤になる前に入手なさったんですね。やっぱり「回答者様は幸運の持ち主」でいらっしゃいますね。

以上です。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/02/27 20:25

>超有名どころのピアニストって、この曲を弾きたがらないのでしょうか?



#2から少し再回答します。「超有名」でないとご不満なのかもしれませんが、#4さん回答のように、音楽愛聴家からすればベルマン以下のピアニストはどれも「超有名」な「巨匠」ですよ。ルビンシュタインやアルゲリッチほど一般的ではないかもしれませんが、クラシック音楽を愛する人なら誰でも知っているビルトゥオーソであると断言できます。

イェネ・ヤンドーは、まぁ上の2人ほど「超有名」とはいえないでしょう。チッコリーニもサロン風の曲にはウィットの効いたセンスよい演奏をしますが、技巧を要するものは苦手です。ファンを多く持つ有名人ではあるが、超有名というか、超一流とはいえないと思います。シフラはリスト弾きの世界で特に超有名ですが、大見得を切った演奏が特殊すぎます。

>CDそのものの詳細データをお教えください。

紹介したCDはどれも輸入ものですが、比較的流通量の多いものなので、輸入盤を扱っている店なら容易に入手できると思います。かく言う私も輸入盤を扱っている店やディスクユニオンのような中古ショップから購入することがほとんどです。

なので、普通のCDショップならURLで紹介されている程度のアーティスト名とアルバム名、何枚組のものか、程度の情報で解ると思います。ベルマン盤についてはすでに#4 の方から回答されている通りですが、他のピアニストもどれもレーベル名とアーティスト名、アルバム名で取り寄せには十分なはずです。とにかく、この中でベルマン盤は多少手間取っても買って損のない名盤です。

>クラシックに詳しくない人でも知っているような超有名どころのピアニストは、このあまりポピュラーでない組曲集を録音したがらないのでしょうか?

ルビンシュタインは若い頃はリストとかアルベニスなどもよく弾いていましたが超有名になってからはベートーヴェンやショパン、シューマンばかりでしたね。アルゲリッチはコンクールに優勝してショパンばかり録音させられたあとは、反動のようにバッハとかプロコフィエフなどを弾いていてそのうち独奏活動はやめてしまいました。あとホロヴィッツなども含め、リストの巡礼の年を全部弾く「一般的な」超有名人はいません。

一つには難しすぎるため(練習時間が取れない)と、ベートーヴェンのソナタのようにどうしても弾かなければならない聖典とはされていないということが理由だろうと思います。一流のピアニストでもこの全集を録るには相当の時間を犠牲にしなければできないことですから。それで、かなりリストに愛着があって、腕に自信があるピアニストに限定されてしまうのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、私の素人判断通り、弾きたがらないのですね。

皆様にお薦めいただいた5人衆の様に、レパートリーをリストのみに絞ってでも取り組まないと、全曲は弾けない超難曲なのですね。

だから、一番最初の方でどなたかが仰っておられた、リスト作品の中では「一大傑作」なのに、そう言った「リストの専門家・研究者」は弾くけど、「素人でも知っている・一般的で超有名で、何でもレパートリーにしてしまう」様なその辺の巨匠たちは、この組曲を避けて通る。その結果、録音されたCDが皆無に近いということなんでしょうね?

皆さんのご意見を総合いたしますと、ベルマン盤が3票、ボレット盤が2票、チッコリーニ盤が1票のようですので、ベルマン盤を取り寄せてみたいと思います。唯一知っているブレンデル盤は廃盤とのことなので残念です。

皆さん「一般人」としてコメントを下さってますが、音楽評論家並みに詳しいですね。脱帽いたします。

お礼日時:2009/02/27 01:26

巡礼の年を録音しているピアニストというと、ラザール・ベルマン、


アルフレッド・ブレンデル、ホルヘ・ボレット、アルド・チッコリーニ、
ジョルジュ・シフラなどが思いつきます。

このなかで「技巧の確かさ」「表現の幅」「録音状態」という点で考えると、
やはりお勧めはラザール・ベルマンになると思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/437882
商品コード:437882、JANコード:0028947144724
レーベル: DG COLLECTORS、 タイトル:『巡礼の年』全曲 ベルマン

一曲一曲を取り出したときにもっとうまいピアニストは他にもいますが、
全曲通してみたときにこれだけ高い水準で弾かれている録音は、
ちょっと見当たりません。
ベルマンはレパートリーはそれほど広くありません。
しかし、それだけでこの人の録音を聴かないのはもったいないです。

それから、ベルマンは決してマイナーなピアニストではありません。
というか、ホロヴィッツ、リヒテルらに並ぶロシアの世界的大ピアニストです。
日本ではなく世界的にみるとフジコ=ヘミングさんよりもだいぶ有名ですよ。
特に超絶技巧練習曲での凄まじいまでの圧倒的名演で知られ、
その演奏は、当時、多くのピアニストに衝撃を与えました。

名ピアニストであれど、すべての曲で良い演奏ができるわけではなく、
また、レパートリーが広いからと言って名演奏ができるわけでもありません。
「名ピアニストの肩書」がなければ、きっと評価されなかっただろうなと
思われるほど演奏がひどい録音も時にはあります。
ですから、個人的には、レパートリーの広さや有名無名に拘らず、
それぞれの曲で評価が高いものを聴くのが良いのではないかと思います。

最後に、CDショップで購入するとのことですが、
クラシックのCDは大型店舗でもない限り品ぞろえが悪く、
自分が欲しいCDがないことも多々あります。
その場合はたいていの店では、店員さんに頼めば取り寄せてくれるはずなので、
あまり心配しなくても大丈夫です。

長文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり皆さんが口をそろえて仰る、ベルマン・ブレンデル・ボレット・チッコリーニ・シフラの五人衆しか録音していないのですね。

皆さんが共通してこの5人の巨匠以外はだれも薦めないということは、やっぱり他のピアニストやリスト弾きは、この傑作の録音を避けているとしか思えないですね。言ってみれば、彼ら5人の「専売特許」みたいな組曲なのでしょうね。

お薦めの枚組CDは輸入盤ですが、「日本語解説書」は封入されていますか?これならショップでも取り扱っていそうですね。探してみます。なければ取り寄せで。

ベルマンは私が知らないだけなんですね。ロシア人なんですか。日本では知られていなくても世界的に有名と言うことは、やはりマニア垂涎の演奏家なんですね。それをご存じの皆さまは、やっぱり「ただものではない!!」ただただ御見それいたします。

「名ピアニストであれど(以下略)」のところは、ごもっともな意見と存じます。「餅は餅屋」と言いますが、音楽の世界でもそうなんでしょう。

私はバロックバイオリンも好んで聞きますが、「アンドルー・マンゼ」と言う通好みのバイオリニストがいて、このバイオリニストのこともそれまでは全然知りませんでしたが、クラシック通の仕事場の上司から勧められたものです。マンゼもマニアックな人好みの演奏家で、一般人には実際知られていないですものね。アイザック・スターンやイツァーク・パールマンほど素人受けしないですものね。

「最後に、CDショップで購入するとのことですが(以下略)」

このことは勿論百も承知の上で質問いたしております。

私の住まいの近くにはそれなりの大型店舗(新星堂やHMV)が何店かありますので、在庫がなければ取り寄せるなり、銀座まで買いに行くなりするつもりです。

第一、通販で買うと僅かとはいえ手数料が必要でしょう?尤も銀座に買いに行くとなると交通費がかかるから同じですが、近くの店で買ったり取り寄せたりすれば、その手数料は浮くと思います。それで私は通販嫌いなのです。通販サイトばかり紹介してくださる皆様方には誠に申し訳ないのですが、そのような事情をどうかお汲み取りくださいませ。

コメントありがとうございました。

お礼日時:2009/02/27 01:09

こんにちは。



私も♯1さまとほぼ同様のお勧め方をさせて頂きます。
『リスト』と言えば
*ラザール・ベルマン

*ホルへ・ボレット

まずこの名前が上がるのではないかな…と思うほど リストの演奏としては この2名を挙げたいです。

ただ 質問者さまのご希望が古典派からロマン派…レパートリーの広いピアニストでお探しになっているとの事で 上記の2名はいわゆる『リスト弾き』としての評価が高いので そうすると質問者さまがいうところの フジコ・ヘミングに近くなってしまいますよね。(フジコ・ヘミングとは少々違う気もしますが…)

リストに偏らず広いレパートリーを持ち リストの演奏も良い…とすれば 私もたまに聴きますが チッコリーニになります。


本当にリストの名演をお聴きになりたいとしたら
レパートリーの広さには拘らず ♯1さま♯2さまお二方からご推薦の ベルマンかボレット…の方が良いのではないかなぁ…とお節介ながら思いますけど。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

やはり、少なくともこの曲集に関しては、ベルマン・ボレット・チッコリーニの御三家しか選びようがないようですね。

私の全く知らないピアニストたちなので、その良しあしが全く分かりませんが、レコード批評に詳しい方からすると、他に浮かばないのかもしれませんね。

お三方が口をそろえて、まるで申し合わせたようにこの3人を挙げるということは、よっぽど彼らの演奏が抜きんでているということなのでしょう?

しかしそれならそれで、なぜもっと、ルービンシュタインやマルタ・アルゲリッチやアシュケナージやリヒテルみたいに超メジャーでないのでしょうね?私は不思議でなりません。どう考えても、単に私が知らないだけでなく、一部の専門家好みの演奏家のように思えてなりません。

ところで、こんな通好みで、あまり超メジャーな演奏家でない方々のCDが、HMVや楽天やアマゾンの通販でなく、実際のお店に行って売ってるものなんでしょうか?

お三方とも共通してアドバイス下さったのは、演奏家のことばかりですが、私と致しましては、具体的にCDの製品ナンバーやCDのタイトルなど詳細を教えてくださると助かるのですが。

演奏家の特徴やプロフィールは、これだけ教えてくだされば充分結構です。それよりも、具体的にCDそのものの詳細データをお教えください。

皆様よろしくお願いいたします。改めてのご回答をお待ち申し上げます。

お礼日時:2009/02/26 21:15

こんにちは。



全く「通」ではありませんが、こんな風に考えました↓

リストで定評があると言えばシフラ、ボレット(個人的にはこの方に傾倒)、ベルマン・・・しかし、いずれもレパートリーが特に狭いピアニストではないが、中心はリストになってしまうような気がする。
それならかつてバンバンにリストを弾きまくっていたブレンデルならどうか? ・・・あ、「巡礼の年」が単品で聞けるCDが廃盤。

・・・というわけで、私のオススメはアルド・チッコリーニです。
バッハからモーツァルト、ベートーヴェンはもとより、ヤナーチェク、近代フランス音楽まで弾くレパートリーの広さはご希望に添える人選ではないかと勝手に思いました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1978014
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

只今拝見いたしました。お世話になります。

このコミュニティーサイトでこのようなクラシックの名盤の紹介を依頼した場合、多くの場合、あまり有名どころではない演奏家のCDを紹介してくださる方が、大変多いように感じております。

回答者様が挙げてくださった3人は、私には全くの初耳です。彼らは無名の演奏家なのでしょうか?それとも一般のいわゆる「名ピアニスト」、例えば、アルトゥール・ルービンシュタイン、ルドルフ・ゼルキン、ウィルヘルム・ケンプ、マルタ・アルゲリッチ、アンドラーシュ・シフら超有名どころの演奏家の名声の陰に隠れた、一部の通好みのリスナーしか知らない巨匠たちなのでしょうか?

挙げて下さった中で私が知っているのは、アルフレッド・ブレンデルだけです。ましてやチッコリーニなんて「誰それ?」って感じです。この方も巨匠なんですか?もう一つ貼ってくださったウィキペディアのリンクには、「1949年のロン・ティボーの優勝者」とありましたから、その経歴からすると巨匠なんでしょうね。「フランス近代音楽の解釈者・擁護者として国際的に著名」とありますから、私が単にフランス近代音楽、ことにフランスもののピアノ曲をまったくと言っていいほど聞かない為に、この方を知らなかっただけかもしれませんね?

ところで、HMVの通販サイトをご紹介くださいましたが、私は「CDショップで比較的簡単に入手できるCDのご紹介」をお願いいたしました。

サイトでご紹介くださいました商品は、HMVの実店舗でも購入できるのでしょうか?それともこのサイト上の通販限定商品でしょうか?私が住んでいる地域にはHMVのお店の入ったショッピングモールがありますが、そこに売ってるでしょうか?

恐れ入りますが、オンラインショッピングでなく、お店で買えるCDのご紹介をお願いいたします。よろしくお願いいたします。

ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/26 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッハの平均律クラヴィア集のお薦めCDを教えて下さい。

バッハの平均律クラヴィア集のお薦めCDを教えて下さい。

先日行ったある催し物のBGMでずっとバッハ平均律クラヴィア集が流れていました。
3枚くらいCDを購入して聴き比べてみたいのですが、どの演奏者のものを選んだらよいでしょうか・・?

Aベストアンサー

No.1さんの挙げられた3点で決まりです。平均律と言えばリヒテル。まったくユニークなグールド。乱暴に言えば、シフはリヒテルに、ヒューイットやトゥレックはグールドの中に含まれています。そして、世評では前の2枚に及ばないけれど、ピリオド楽器演奏の最高峰として断然、レオンハルト。

いくつか補足を。私の意見ということでお読みください。ジャレット某は、マイルス・デイヴィスのバンドで世に出た後、ライトクラシック風?のピアノソロ作品で広く知られるようになりました。クラシックを知らないジャズのリスナーを煙に巻いたいう見方もでき、賛否両論あります。彼のバッハ録音は、今度はジャズを知らないクラシックのリスナーを慌てさせましたが、テクニック面でプロのクラシックのピアニストの平均レベルに遠く達しておらず、かと言ってジャズのエッセンスも利いていおらず、一過性の話題を提供して終わりました。こんなものを前述の3点に並べては失礼です。


レオンハルトについて、世評にかわって大きく推したいです。ピリオド楽器演奏隆盛の現在、ピアニストが素朴にピアノでバッハを弾くことさえ憚られるような雰囲気があります。リヒテル、グールドに何か一つ加えるなら、ピリオド楽器による演奏でしょう。レオンハルトの演奏は40年前のもので、マイクの近さとともに、いまどきの録音に比べると若干響きが古いものの、それでも十分に美しいし、レオンハルトに比肩できるチェンバロ奏者はまだ現れていません。

リヒテルの演奏にはバッハの音楽を静的なものとして神格化する態度、ロマン的解釈の香りが多分にありますし、グールドも彼独自のピアノ語彙に強く引付けた演奏です。もちろん両者すばらしい演奏ですが。これに対してピリオド演奏という立場は、バッハより後の時代に成立した演奏習慣を排し、バッハ時代の文献資料・バッハ時代の音楽の素養を通じて読み解こうとする態度を取ります。

それだって演奏スタイルの流行の一つにすぎません。そのように演奏するのが「正しい」ということではないのです。歴史考証の正しさにも疑問は残ります。ピリオド楽器奏者たち自身も、そこはよく意識しています。ただ、リヒテルやグールドに比べ、レオンハルトの演奏は「バッハ」に焦点をあてた比率が高いとは言えるでしょう。それに何より演奏自体が味わい深い。3種の中で一番、聴き込むに値すると私は思います。


『平均律クラヴィーア曲集』という通称はおそらく誤訳であろう、という議論があります。原題の「Wohltemperierte」は「うまく調律された」という意味ですが、「平均律」と言えばオクターブを12等分する12音平均律を指すことになり、いっぽうバッハ本人が用いた調律は古典調律と呼ばれる不等分律だったであろう、と。不等分律を使うと和音の響きが調によって異なり、バッハ時代の作曲家は、それを折り込んで調性を選択したとも言われます。でも、ちょっと聴いたくらいでは「そうなのかなあ~??」って感じなんです。今後、それを納得させてくれるような録音が出ないだろうか、というのが個人的な期待です。

いずれにせよ、前述の3枚以外に加えるほどのものが今後出るとすれば、グールド並の才能が出現するか、ピリオド演奏が次なるパラダイムに入った時の話でしょう。レコード産業が末期的に衰退した現在、「天才」「21世紀の担い手」などの誇大な宣伝文句が安売りされがちですが、グールド並の才能なんてグールド以降半世紀経っても出てないわけです。無責任な宣伝文句にはご注意を。

No.1さんの挙げられた3点で決まりです。平均律と言えばリヒテル。まったくユニークなグールド。乱暴に言えば、シフはリヒテルに、ヒューイットやトゥレックはグールドの中に含まれています。そして、世評では前の2枚に及ばないけれど、ピリオド楽器演奏の最高峰として断然、レオンハルト。

いくつか補足を。私の意見ということでお読みください。ジャレット某は、マイルス・デイヴィスのバンドで世に出た後、ライトクラシック風?のピアノソロ作品で広く知られるようになりました。クラシックを知らないジャズ...続きを読む

Qカラヤンのベートーヴェン全集

カラヤンのベートーヴェン全集を購入してみようと思っています。録音は60年代、70年代、80年代とある聞きました。 何年代のがいいでしょうか?

カラヤンの意思、望んでいる音色が一番表現されているのは70年代のものと聞いた覚えもあります。ただ、つぎはぎなどで録音をいじくっているとも聞きました。

Aベストアンサー

こんにちは。
それぞれの全集を全部聴いたわけではないので,個人的な雑感程度の回答ですが。

おっしゃっているような評がある事は確かで,それは,一般に思われているカラヤンのイメージ・美点が一番分かりやすい形であらわれているのが70年代の録音である,という事なのだと思っています。
ベルリンフィルの圧倒的な技術を最大限に活かし,自分の音楽を創り上げるために奏者たちを厳しくコントロールしようとし,納得がいくまでテイクを重ね,完璧を期すためには当時の最新テクノロジーも活用し編集(つぎはぎ)も積極的に,というアプローチが最も徹底されているのが70年代のものなのでしょうね。

ただ,どれが一番良いか,というのは私からは何とも言えません。
どのような演奏でもさまざまなアプローチそれぞれに良さがありますし,質問者さまの好みにもよりますし,私の好みや気分も日々変動しますので(笑)

私は,すべての全集が,その時々のカラヤンの意思,望んだ音色を反映したものなのだと思っています。フィルハーモニア時代のものは聴いた事がないので分かりませんが,60年代の熱気とドイツ的な重厚さ,80年代の余裕もとてもよいと思いますよ。

---
ところで,録音を編集する事に関しては賛否両論あるとは思いますが,たとえ名人集団のベルリンフィルであっても一曲通して完璧な演奏をする事は大変に困難ですし(ライヴでは問題にならない小さなミスでも,繰り返し聴くCDでは気になったりします),特性上大きな音が出しにくいために生録音そのままではどうしても埋もれてしまう楽器もありますから,ライヴに触れるのとはまた別の観点で録音芸術というものを考えた時には,編集によって完成度を上げていくのも,ひとつのあり方であろうと思います。「つぎはぎ」という行為そのものがあったかどうかではなくて,結果としてどういう音盤が作られたかで判断すればよいものと思っています。

ちなみに,ライヴ録音と書かれたものでも,ワンマイクの生録音そのままというのではなくて,補助マイクの音でバランスを整えたり,リハーサル・他の日のライヴ・補助テイク等を使って微修正を行ったり,という形のものも比較的多いようですよ。

なお,最近ライヴ録音が多いのは,演奏家のスケジュールの過密化や経済的な事情で,セッションをじっくり重ねながら録音するという形が取りにくくなってきた,というのも理由のひとつのようです(特に大人数を要しコストのかかるオーケストラやオペラの録音ではその傾向が顕著です)

こんにちは。
それぞれの全集を全部聴いたわけではないので,個人的な雑感程度の回答ですが。

おっしゃっているような評がある事は確かで,それは,一般に思われているカラヤンのイメージ・美点が一番分かりやすい形であらわれているのが70年代の録音である,という事なのだと思っています。
ベルリンフィルの圧倒的な技術を最大限に活かし,自分の音楽を創り上げるために奏者たちを厳しくコントロールしようとし,納得がいくまでテイクを重ね,完璧を期すためには当時の最新テクノロジーも活用し編集(つぎ...続きを読む

Qフランクとブラームスのヴァイオリンソナタの推薦盤を教えてください

フランクとブラームスのヴァイオリンソナタの最近の推薦盤を教えてください。父のクラシックレコードコレクションを聞いてこれらの曲が好きになったのですが、古い演奏家のものばかりで最近の演奏家のものでは何が良いか迷っています。ちなみにこれまで、ティボー&コルトー、オイストラフ&リヒテル、パールマン&アシュケナージ、パールマン&アルゲリッチなどを聞いてきました。

Aベストアンサー

こんばんは。

すでに往年の名演奏家のレコードをお聴きのご様子。
ちなみに私の好きな演奏のCDは・・・

フランク・・・クリスチャン・フェラス(Vn)、ピエール・バルビゼ(Pf) {グラモフォン}1965 ベルリン

まだまだこれからだったフランス、ヴァイオリン界の逸材(惜しくも40代の若さで逝く)フェラス。
その持ち前の美音から、帝王カラヤンの薫陶を受けベルリン・フィルと積極的に協奏曲の名録音を残しました。本家フランス音楽はやはり素晴らしいです。

ちなみに、フェラスと当時のベルリン・フィルの名コンサートマスター、ミシェル・シュべルベはパリ音楽院時代の同期だとか・・・一人はソリストに、かたやオーケストラ・プレイヤーにと、運命を分けました。

ブラームス(全3曲)・・・アイザック・スターン(Vn)、イェフィム・ブロンフマン(Pf) {CBSソニー}1991 St.ペテルブルグ:ライヴ録音

スターンはこれより30年前にNYのスタジオにてザーキン(Pf)とも録音しています。こちらも同曲の名盤の誉れ高い名演奏として数多くの人に愛聴されてきました。個人的には、ブロンフマンの好サポートと故郷ロシアでのライヴ録音ということもあってか、スターン自身高齢でおそらくテクニック的に限界の年齢ぎりぎりですが、その並外れた集中力と深い内面性、そして詩情豊かな音色の美しさは旧盤をも凌ぐ名演奏だと思います。個人的に今でも毎日の様に愛聴しています。

こんばんは。

すでに往年の名演奏家のレコードをお聴きのご様子。
ちなみに私の好きな演奏のCDは・・・

フランク・・・クリスチャン・フェラス(Vn)、ピエール・バルビゼ(Pf) {グラモフォン}1965 ベルリン

まだまだこれからだったフランス、ヴァイオリン界の逸材(惜しくも40代の若さで逝く)フェラス。
その持ち前の美音から、帝王カラヤンの薫陶を受けベルリン・フィルと積極的に協奏曲の名録音を残しました。本家フランス音楽はやはり素晴らしいです。

ちなみに、フェラスと当時の...続きを読む

Qオススメな交響曲、お好きな交響曲教えて下さい☆

いつもお世話になっております。
今度は交響曲のことです。
皆さんがオススメする交響曲は何ですか?
あるいはお好きな交響曲は何ですか?
教えて下さい!名盤なども教えていただけると幸いです。宜しくお願いします。

私が好きなのは
ブラームスの交響曲第1番
ブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」
ベートーヴェン交響曲第6番「田園」
などです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が個人的に好きな曲は,文面からにじみ出るものから察してください(^^

☆交響曲の父 ハイドン
現在の交響曲の形を作った人。すっきりとした明快な曲想は,やっぱりこれが基本だよね,と思わせます。
私はあまり詳しくないのでオススメは割愛します。ごめんなさい。

☆神童 モーツアルト
ぱっと聴いても魅力的,じっくり聴けばどこまでも奥深く。
まずは39番,40番,41番の後期三曲を。

☆楽聖 ベートーヴェン
何はともあれ,9曲全部聴くべきです!(笑)
俗に,偶数番(2, 4, 6, 8)は女性的,奇数番(1, 3, 5, 7, 9)は男性的などと言われますので,選ぶときのご参考に。

☆真摯で誠実な シューベルト
第8(7)番「未完成」
いたずらに熱しすぎず,でも,十分に心のこもった愛すべき素敵な曲です。オススメ♪
これが気に入ったら,第9(8)番「グレート」に挑戦してもよいでしょう。

☆爽やかに メンデルスゾーン
快晴の青空のようにすっきり爽やかなメンデルスゾーンからは,まずは第4番「イタリア」を。冒頭を聴くと本当にウキウキします。
第3番「スコットランド」もよいです。

☆詩情豊かな シューマン
あくまでも個人的な印象ですが,シューマンに一番ロマン派っぽさを感じます。
第1番「春」は楽しく軽快に,第3番「ライン」は流麗に。2番,4番もいい曲だと思いますよ。

☆渋く重厚に ブラームス
1番がお好きならば,これも全部(1~4番)聴くべきでしょう!(笑)
田園がお好きなら,2番は特にオススメできそうですね。(ブラームスの田園交響曲,と呼ばれたりします)

☆フランス人による名交響曲ふたつ
ベルリオーズ 幻想交響曲
彼の幻覚が音になった,とてもロマン派前期に書かれたとは思えない掟破り・型破りな曲。
サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」
最後の盛り上がりが最高にかっこよく,ゆったりした部分の旋律も大変に美しい名曲です。オススメ♪

☆土の香りの ドヴォルザーク
郷愁をさそう第9番「新世界より」が名作なのは言うまでもないとして,端正でバランスのとれた第8番も素敵な作品です(第3楽章はよくご存知と思いますよ)。

☆ロシアの大地が咆哮する チャイコフスキー
まずは激しく燃え上がる後期三曲(第4番,第5番,第6番「悲愴」)だと思いますが,前半三曲もあまりねちっこくなくて魅力的,という方もいらっしゃるようですね。

☆巨大なスケールで圧倒する ブルックナー
好きな人にはどうにもたまらない魅力がありますが,嫌いな人には退屈でかなわん,という不思議な作曲家です。
「ロマンティック」がお好きならばきっと質問者さまは大丈夫でしょう(^^
一般的には後期三曲(第7番,第8番,第9番)が有名ですが,個人的には,第5番を非常に激しくオススメしたいです!!!ブラ1とロマンティックが好きなら絶対に気に入るはずです!

☆自然と人間のすべてがここに マーラー
全部オススメ!!
若々しく爽やかな1番 メルヘンチックな3番,4番 壮大な迫力の2番「復活」,8番
オケの全ての楽器がフルに大活躍の5番,6番,7番 東洋的無常観の「大地の歌」,諦めと憧れが葛藤する9番
彼の第9番は交響曲の究極の姿だ,という人もいらっしゃいます。

☆清冽な北欧の空気 シベリウス
北欧の景色を知らない人にも北欧の情景を思い浮かばせる凄い人です。
個人的には,これも,全部オススメ!・・・と言いたいところですが(笑),まずは2番,5番,7番は少なくとも聴いていただきたく。
ぎゅーっと濃縮された7番が特に大好きな曲です♪

☆天才?ひねくれ者? ショスタコーヴィチ
ベートーヴェン以来の「第九の壁」を破った数少ない人ですね。今年生誕100周年です。
深読みしだすとキリがないクセ者(笑)
第5番「革命」をまず聴いて,他は,これを聴いて興味が持てれば,でよいかも。
(本当はあれこれオススメしたいですが・・・)


---(余談)---
☆ギネス公認(今はどうか分からないですが,少なくとも昔は) 世界一長くて世界一人数がたくさん必要な曲
 ブライアン 交響曲第1番「ゴシック」
NAXOSから安いのが出ています。
私は怖いものみたさで買ってみましたが・・・(内容はノーコメント^^;)

☆マニアックながら質問者さまには特別にオススメ,遅れてきたロマン派 ラフマニノフ
こちらは,アシュケナージの指揮者としての出世作となった録音です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=570670
濃厚でセンチメンタルな雰囲気の交響曲第2番は,彼のピアノ協奏曲ファンにはとても人気があります。
3番や交響的舞曲もいい曲だと思いますよ。

---
上記の印象は,あくまでも「個人的なもの」ですので,質問者さまなりの聴き方・感じ方をしていただきたいと思います。(あえて申し上げなくても分かっていらっしゃると思いますが^^)

大変な長文,読んでいただき,ありがとうございました。

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が...続きを読む

Qリスト/ショパン の曲でおすすめのピアニストは?

クラッシック初心者です。

リストとショパンの曲が好きです。
しかし、どのピアニストの演奏がよいか、よくわかりません。
おすすめがあれば教えてください。
CDを購入しようと思ってます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もリストとショパン大好きです!
私がオススメするリスト弾きのピアニストはホルヘ・ボレットさんです。
この方の紹介です→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

リストの曲はどうしても激しい曲や超絶技巧な曲がほとんどですので乱れがちになってしまいますがこの方の演奏はとても正確で綺麗な演奏なんです!!こんなに綺麗に弾くリスト弾きは他にいないと思います☆
是非聴いてみてください!
CDを紹介しておきます♪
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86-%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%98/dp/B00005FLCQ/ref=sr_1_7/503-5147947-8862304?ie=UTF8&s=music&qid=1178021934&sr=1-7

http://www.amazon.co.jp/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%A4%A2%EF%BD%9E%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%90%8D%E6%9B%B2%E9%9B%86-%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%98/dp/B00005FLOC/ref=sr_1_4/503-5147947-8862304?ie=UTF8&s=music&qid=1178021934&sr=1-4

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E5%90%8D%E6%BC%94%E9%9B%86-%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%83-%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%98/dp/B00005FLSO/ref=sr_1_28/503-5147947-8862304?ie=UTF8&s=music&qid=1178022019&sr=1-28

次にショパンですがオススメピアニストは私が大ファンであるヴラディーミル・アシュケナージさんです。彼の紹介です→http://www10.plala.or.jp/frederic3/pianist/ashkenazy.html
彼は様々なコンクールで優勝している素晴らしい経歴を持った人物です。
今はNHK交響楽団の音楽監督で指揮者としても活躍しています。
しかしこの8月で退任なさるので残念です。
彼のショパンはこの上なく最高です!! とても美しく滑らかで柔らかく、力強いところは鳥肌が立つくらい情熱的でショパンの心を読みきった演奏です☆
感動しますよ♪是非聴いてみてください。

彼はショパンピアノ作品全集も出しています。
CDの紹介です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/486225

http://www.hmv.co.jp/product/detail/946359

http://www.hmv.co.jp/product/detail/373772

こんな感じで書きましたがお役に立てると嬉しいです♪

私もリストとショパン大好きです!
私がオススメするリスト弾きのピアニストはホルヘ・ボレットさんです。
この方の紹介です→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

リストの曲はどうしても激しい曲や超絶技巧な曲がほとんどですので乱れがちになってしまいますがこの方の演奏はとても正確で綺麗な演奏なんです!!こんなに綺麗に弾くリスト弾きは他にいないと思います☆
是非聴いてみてください!
CDを紹介しておきます♪
http://www.am...続きを読む

Q「ドイツ・レクイエム」のおすすめ盤

表題の通りですが、ブラームス「ドイツ・レクイエム」のCDを買おうと思っているので、「これこそおすすめ!」とお思いの録音をお聞かせください。
当方、音質はまったく気にしないので、古いモノラル録音でも差し支えありません。
あくまで演奏重視でお願いいたします。
また、廃盤となったものや、CD化されていない演奏でも、おすすめがありましたら参考までにお聞かせください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 曲が良いので、どんな演奏でも感動できると思います。

 やはり決定盤はカラヤンでしょうか。輸入盤だとお安いです。

カラヤン 1964年録音 \689
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9_000000000034573/item_%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%80%81%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%A5%BD%E5%8F%8B%E5%8D%94%E4%BC%9A%E5%90%88%E5%94%B1%E5%9B%A3%E3%80%81%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%80%81%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%92%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%81-1964_339908

カラヤン 1976年録音 レクイエム集(モーツァルト、ヴェルディ、フォーレも入った4枚組)で\1,005
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9%EF%BC%88%E5%A3%B0%E6%A5%BD%EF%BC%89_000000000060366/item_%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%A0%E9%9B%86%E3%80%9C%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88%EF%BC%88%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E6%8C%87%E6%8F%AE%EF%BC%89%E3%80%81%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%EF%BC%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3%E6%8C%87%E6%8F%AE%EF%BC%89%E3%80%81%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%EF%BC%88%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%B3%E6%8C%87%E6%8F%AE%EF%BC%89%E3%80%81%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%EF%BC%88%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%B3%E6%8C%87%E6%8F%AE%EF%BC%89%EF%BC%88%EF%BC%94%EF%BC%A3%EF%BC%A4%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%89_3903054

私のお気に入りはジュリーニ/ウィーン・フィル
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9_000000000034573/item_%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%A0-%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%EF%BC%86%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB_261975

新しいものでは、アーノンクールがウィーン・フィルを指揮したライブ録音
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9_000000000034573/item_%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%86%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%80%81%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%80%81%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%B3_3904356

往年の名盤、クレンペラー指揮、シュヴァルツコップ、フィッシャー・ディスカウの歌唱(1961年録音)
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9_000000000034573/item_%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%86%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3_4948595

 曲が良いので、どんな演奏でも感動できると思います。

 やはり決定盤はカラヤンでしょうか。輸入盤だとお安いです。

カラヤン 1964年録音 \689
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9_000000000034573/item_%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%80%81%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報