今シティバンクで外貨預金をしていますが、ふと違う銀行を見たら金利がシティバンクよりいいんです。これってやっぱり損しているってことですか?
まあ、インターネットバンキングが一番簡単なのはわかるけど、結局のところどうでしょう?
皆さんのご意見お聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私はシティバンクに口座を持っていますが、円預金しかしません。


ある程度、預金すると最近まで、振り込み手数料がタダだったので、
ギリギリの額だけ入れていました。
私が何故、シティバンクに$預金をしないかというと、明らかにシティバンクは、金利が低いし、為替手数料も高い、しかもレートの基準が不透明で、
$預金をしても全くメリットはありません。

私も2年前にシティバンクの$預金を考えました。
何冊か本を読んで調べました。
一番この本が分かり易く、中立な立場で書かれていました。
是非、読んで下さい。目から鱗です。
http://WWW.alt-invest.com/book/bigban.html

参考URL:http://WWW.alt-invest.com/book/bigban.html
    • good
    • 0

為替動向にこだわらず、例えば米ドルで財産の一部を運用する、と考えてみてはどうですか?一見いいことずくめの外貨MMFも、日本円建てのMMF同様に最悪金利が急に下がった場合には、額面割れ(外貨建てで)のリスクもありますよ。


銀行の外貨預金なら、少なくとも外貨建てでの額面割れはありえないはずです。
もちろん為替差損による円建てでの額面割れはあります。

僕が今利用してるのは、東京三菱銀行の<外貨貯蓄預金>です。これは1ケ月据え置き後は自由に引き出せ、その上金利は1ケ月複利でもらえるのでおトクです。
最近世界各国で金利が下がってますが、これは米ドルで年利2.5%くらいです。
何より証券会社の外貨MMFと比べると、銀行の外貨預金なら外貨現金で引き出せるし、TCとして使うこともできます。口座維持手数料もかかりません!
僕は海外旅行のために外貨預金をしてるので、手数料や窓口での手続きができることなどのメリットを重視してます。もちろん、外貨預金口座から外国へ送金することも可能ですし、円高に振れたとしても外貨建てなら増えているんで、そのまま外国で使ってしまうこともできますよ。
参考にしてください。では。
    • good
    • 0

流動性、金利、為替コストを考えるとが外貨預金ではなく、


米ドル建MMFのほうがいいかとおもいます。
金額は会社によっては10ドルからできます。

為替コストを考えると現時点ではシュワブ東京海上証券=1ドルにつき5銭
金利を考えると日興投信(日興証券などで販売)
流動性を考えると日興、大和、野村の商品でしょう(全国各地に支店、ATM
ありますし、ネットでも取引できます。

あと、為替差益を中心に考えるなら、証拠金取引というのもあります。
こちらはディーラーみたいに場合により1日に何度も売買することができます。
こちらは手数料抜けが金額によりちがいますが1銭となることもあります。
ただし、最低でも数百万入金を条件にされる場合もありますし、
リスクも非常に高いです(株式の信用取引の為替版とかんがえたほうが
わかりやすいでしょうね)
余程、自信がないかぎりはやらないほうがいいでしょう。
ただ、こういうものもあるというのは知ってて損はないです。
    • good
    • 0

 外貨預金をされている目的が判りませんが、為替の変動によっては金利で得していた部分は、一晩で消滅することもあります。



 今のポジションを($1=¥115)として、日本の将来に絶望的となれば、ますます円は売られて($1=¥130)方向に向かい、jasonさんの預金は含み益が出来ます。

($1=¥100)方向ならば、逆に含み損が出てきますがご質問の様子では、金利が良いか悪いかに捕らわれているのが気になります。

 外貨預金は、利息の良し悪しのほかに株ほどでなくても買ったドル自体の価格の上下も考慮して、ある時点で利益確定のため、売却する事が重要です。

 例えば、今お持ちの外貨預金が($1=¥105)位で買ったものであれば、半分を($1=¥118)で処分し、しばらく様子を見たりするのが外貨預金のテクニックのようです。

・・・現在の日本は売られる方向にあるのでしょうが、プロのディーラー達は、大きく損をしないために「キメ」細やかに時流を見ながら売買しているのです。

   
    • good
    • 0

金利がプラスなのですから、シティバンクだからといって損をしているわけではありませんよね。

他の銀行の方が「金利に関しては有利」だというだけです。

「長期間預けておくだけで、他のサービスは関係ない」というなら、同じ米国系の銀行で金利が高い方に乗り換えた方が良いでしょう。でも、「時々出し入れする」のなら日本国内に支店が多い方が便利ですし、「円からドルへの両替を行う」のなら口座を開設していると手数料が少なくて済むシティバンクのメリットがあります。金利だけでなくトータルで考えましょう。

また、金利だけを考えるなら、例えばタイの銀行などでは年利10%を越えるところも有るようですが、為替変動の問題と銀行自体の倒産というリスクを考えての判断となるでしょう。

以上。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシティバンク 外貨 店頭

シティバンクの店頭では米ドルのみ取り扱いがあると思いますが、
米ドルを店頭に持ち込みして口座に入金するときに
1$札やコインは可能でしょうか?

Aベストアンサー

外貨普通預金の商品説明書には、補助通貨単位と書いてあるので、コインでも預金できると思います。
詳しいことは直接問い合わせて下さい。

Q外貨預金の金利とレート

NZ通貨で外貨預金を始めたいと思っています。

その中で金利が高いところやレート(TTSやTTB)が低い銀行はどこでしょうか?

私が調べた中では、ソニーバンクが一番良かったのですが、こちらの銀行よりずっと良い利率やレートの銀行があったら教えてください。

Aベストアンサー

銀行ではソニー銀行が一番良いと思います。
ソニー銀行の問題点は預金した外貨を海外送金できないことです。ですから、必ず円に戻さなければ次の運用ができないわけですね。まあNZDは他に使い道がないので、それでも良いのかなと思います。

外貨MMFに金利が良いものがありますが、為替スプレッドはソニーのほうが良かったと記憶してます。

他の質問でも論議されてる、証拠金取引をする方法もあります。しかし証拠金取引は取引単位が通常高額であり、固有のリスク管理が必要となります。

参考URL:http://www.fxlabo.com/content/howto/mmf/kinri4.htm

Q銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか? 私は今

銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか?

私は今まで3年定期0.5%なら1年でつく金利は0.5÷3=0.16%
3年後の満期まで置いておけば1年0.16%の定期3年するのと同じ(税金などは考慮せず、大体という考えで)と思っていました。

でもある銀行の広告に年利1年もの0.45%、年利2年もの0.475%、年利3年もの0.5%
とありました

となると私の考え方は間違ってたかなと思っています。

3年定期0.5%は0.5%が3年間もらえるという意味ですか?

ズバリ正解を教えてください

Aベストアンサー

一般的に、金利は年利率で表しますので、特に断りがなければ3年定期で金利0.5%と言われれば年利0.5%と解釈します。
もっとも、銀行の説明書や広告にはしっかり年とか年利とか記載されていると思います。
ちなみに、3年物で利回り0.5%と言われれば3年後に0.5%増える、年利換算すると0.166%程度の商品となります。

100万円で3年利回り0.45%とすると、満期時の受取利息は税引き後3600円になりますので、7000円ということであれば年利約0.166%よりは多いと言えます。

Q住宅ローン預金連動型の外貨普通預金について

住宅ローン預金連動型に預けてある円普通預金500万を外貨普通預金に変更しようか悩んでます。(円普通預金だと借り入れと同等額まで利息が付かない為、外貨普通なら利息が付きます)この預金は、10年以上使う予定はありません。豪ドル、米ドル、ユーロ、ニュージーランドドルの四択です。(組み合わせは 自由)どなたか おバカな私に良きアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

住宅ローン預金連動型の外貨預金は通常の債権やMMFと比べて利回りが非常に低いですよね。本来なら高い利回りは為替リスクに見合ったものになるのですが、銀行側のマージン+住宅ローン金利代のせいで利回りが低く設定されています。なので、円高に振れると利回りを含めても元本割れになる可能性が通常よりも高くなってしまいます。
今は暴落しなさそうなのは米ドルぐらいなのでいまするなら米ドルですかね・・・
正直、500万円をリスクゼロの円預金でもこのご時世ではありだと思いますよ。長期金利も上がってきているのでもう少し我慢してもいいのでは・・・

Q外貨預金(豪ドル) or 国内定期預金

銀行から連絡が入り

「外貨預金(豪ドル)」(10年据え置き:1.4% 経過年で利率を自分で120%~など決められる)

 or

 「定額預金(国内普通の)」(10年据え置き1.3% 何年かはおろせないが数年したら数%はつく)

を薦められました.

確かに普通においておいては増えませんし、
以前 FXや証券も少しがんばって勉強しましたが、なかなか理解ができず...


窓口まで行って、説明を聞いてもちょっと不安です.
特に外貨に関しては、良いことはいうのですが
手数料や税金に関してなどの説明は省かれ、これだけ増える「可能性」がありますよ
という感じで.いざ申し込みになったらデメリットが並べ立てられるのでは?と
ちょっと不安です.

もちろん現在は考え中です.ちなみにM銀(大手都市銀)です.

何でも良いので、詳しい方のアドバイスを参考にお聞かせください.

Aベストアンサー

最近は銀行も金融商品を販売しています。
その金融商品の運営会社は保険会社ではないですか?
その場合、銀行を代理店として保険会社と契約すると言うような感じになります。
 ※私は運用通貨分散の意味でこの手の商品を購入しました。

豪ドル建てで保険加入 一定期間経過後 円と豪ドルの関係(豪ドルの円換算値)が
設定したターゲット(120% 130% 140% 極端ですが300%等)に達していたら
円に両替して為替差益をとる。
ターゲットに達していない場合は豪ドルの利息による増加をとる。

といった内容のものです。

>外貨で運用しながら円建での運用成果目標の確保を目指すターゲット設定プラン
 <円建年金移行特約>


http://www.metlifealico.co.jp/an1/ahp550/fa_rate_ko.do

http://www.metlifealico.co.jp/annuity/fa/pdf/regulus4.pdf

極めて低金利である米ドルに比べ現在のところ豪ドルの金利は良くより高金利である新興国通貨に
比べれば豪ドルはカントリーリスクは少ないだろうと言う考えで成り立っていると思います。
(インフレになる可能性・・・一般的に新興国はインフレになりやすい)

日本の円が将来に渡り安心確実であると考える方は金利は少ないものの、
銀行の定期預金が良いでしょう。(元本保証 但しペイオフに注意)

問題は頼みの綱の日本円が今後も大丈夫なのかということです。
日本には残念ながら資源が乏しく加工貿易で戦後の経済成長を果たしてきました。
こればかりは誰もわかりませんが次第に日本の国力が下がっている感もあることは否めません。
過激な評論家は日本デフォルトを示唆する人もいます。
(そう簡単にならないと思いますが不安要素です。)

豪ドルにおいての元本保証がされていると考えれば良いと思います。
・注意点は 中長期的な 豪ドル 対 日本円レートです。
 豪ドルの高め金利で埋まる範囲で、さらに円高(対豪ドルで)に触れたのであればマシですが
 さらに超円高が進んだ場合は円に換えた場合損失となる可能性があります。

知識がない方はFXなど投機的なものには手を出さないほうが良いです。(私は怖くて手が出せません。)
株式もいけません。素人が絶対に手を出してはいけないのは先物取引です。

わからないことは何度でもわかるまで窓口で訪ねましょう。

あまり上手に説明できませんがもし参考になれば。

最近は銀行も金融商品を販売しています。
その金融商品の運営会社は保険会社ではないですか?
その場合、銀行を代理店として保険会社と契約すると言うような感じになります。
 ※私は運用通貨分散の意味でこの手の商品を購入しました。

豪ドル建てで保険加入 一定期間経過後 円と豪ドルの関係(豪ドルの円換算値)が
設定したターゲット(120% 130% 140% 極端ですが300%等)に達していたら
円に両替して為替差益をとる。
ターゲットに達していない場合は豪ドルの利息による増加をとる。

といった内容の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報