ボランティアとして、障害や病に苦しまれている方のお世話をしていらっしゃる方にお話を伺うと、障害や病に苦しまれている方は、私たちが日々の生活に追われ、見落としてしまう事柄を見る(感じる)ことができ、私たちはそのような方々と接することで、逆に、生きる力(生きるということに対する感受性)のようなものを分けてもらえる(そういうことに気づくチャンスをもらえる)のだ、とおっしゃっていました。
 なんとなくそうだろうなと思うのですが、みなさんどうお考えでしょうか?
 また、これは、どうしてなのだと思われますか?心理学・精神医学の範囲でなにかある一定の理解のされかたなどがあるのでしょうか?
 漠然とした質問ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

お礼読ませていただきました。


少し補足です。下で書いた「もの」に対する執着心とは、『もの』=『もの=者(人間)』という意味です。限りある時間の中で、よりたくさんの人と語らい、お互いに影響しあいたいという思いが生れるのではないかといいたかったのです。付け加えて言うなら、自分が存在していることを人と語り合うこと(コミニュケ-ションをはかる)で自分という一人の人間がこの世に存在していたということを誰かの記憶にのなかにでものこしたいというおもいです。そのてんが『ものにたいする執着心』と書いた次第です。現実を受け止めるのは容易ではありません。他でも書きましたが、かえれぬ現実の狭間で人は悩み、もがき、はがゆさに唇かんでしまうことありますね。しかし、かえれぬ現実のそのもう一方には、『いま』このひととき
とでもいえる別の現実があります。かえれぬ現実に立ちすくんで身動きできなくなったとき、『いま』このひとときの一瞬、一瞬に素敵に感じることにこころときめかせたいです。朝耳にしたすずめの鳴き声にすがすがしさをかんじたり、しかし、同じ泣き声を耳にすることできません。同じ鳥が鳴いたとしても今朝わたしが耳にした泣き声と同じものは聞くことができない。だから、かえれない現実にでくわしたとき、『いま』このひとときをあるがままに受け入れ気持ちおおらかにもちたいです。流れる時間の中でときどき立ち止まって周りの景色を楽しみながらゆっくりお散歩していくことも大事じゃないかと考えています。ゆっくりお散歩してみると気づかなかったいろんな景色があったことにまた、驚きに似た新鮮味かんじられます。お散歩はじめてみませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「『いま』という別の現実」によって現実にがんじがらめになっている時間とは違う「『いま』このひとときをあるがまま」受け入れ、『いま』を相対化して、つまり、現実を相対化して受け止めれるようになる、との意味なのかなと思いました。
春になりましたね。散歩(ジョギング)してみました。私の近所では梅が満開です。あふれ出る生が私の現実には無関心に、いえ、私のかたくなな現実を突き崩してくれるようです。littlekissさんがおっしゃっているように、「『いま』という別の現実」を受け入れることが、私のなかにある生命力のようなものの呼び水になっているのかもしれないなと思いました。(もしlittlekissさんが北国に住まわれていたらごめんなさい。私も北海道に住んでいたことがあって、そのときは、テレビなどで(したがって関東地方で)春!春!と騒いでいると、むっとしていました。いまはのんきに春だなぁと同感してしまいます。)
いろいろ、ご意見やアドバイスをいただきどうもありがとうございます。

お礼日時:2001/03/21 16:49

風邪をひくと文章が無性に書きたくなるという変な性癖を持つ男です。


卑近な例で申し訳ないが、僕のこの場合の心理は、自己分析すると、
「風邪をひく→いろいろ不安になる→考え事をする→
人生について考える(本題から逸脱)→重要なことに気がついた!→
いてもたってもいられなくなる→どうしても文章に書きたくなる
→書いてしまう(無謀)」
というようなプロセスになっているような気がします。
これ、いったいどうしてなのかなと自分でも思うんですが、
一人っきりで寝ていると、自分の相手をするのは自分しかいず、
体を動かすこともできないとなると、考え事ぐらいしかない。
考えているのは最初は「明日、会社いけるかなー」ってなことですが、
だんだんそんなことばっかり考えていると気がめいってくるので、
いろいろ、あっちこっちに思考が脱線を始める、そんで、気がつくと、
人生について、などという方向にむかう。(これなら、答えなんてハッキリ
とはないから、何時間でも潰せる)で、めったにない考える時間のなかでは、
当然のごとく、普段考え得ないことを思いつく。

まー、こんなことではないかと思うのです。

で、長々と卑近な例について書いたのは、これがちょっとしたヒントに
なりはしないだろうか?と思ったからです。
いわゆる、ハンディキャップを持った方は、この僕の風邪の時間に相当
するものを、膨大に持っていたりします。なおかつ、自分の持つ
ハンディキャップの苦しみに対する理解をどうやって持たざる人に、
持ってもらうかなどという難しい問題を抱えています。
ですから、感受性云々っていうよりは、普通考えようもない難題を考えざる
を得ないことになっているハンディキャップを持った方は、
それを持っていない人とは突き付けられた問題の質と量が大幅に違うという
ことになりますし、それが出す答えの質と量も違ってくるという現象を生む
んではないかと思います。



余談になりますが、「無敵のハンディキャップ」というドキュメンタリー映画
を御存じでしょうか?障害者のプロレス団体を追ったドキュメンタリー
なんですが、そのなかでいくつか、この件に関係しそうな話が出てきました。
一度御覧になることお勧めします。
ここで、僕が彼等、障害者のコメントを引用すると、差別ととられそうなの
で、その部分については差し控えます。ですが、言っておきたいことは、
彼等の中には、「(よくも悪くも)特別な存在として扱って欲しくない」
というようなコメントが散見されました。僕もそうあるべきだと思います。
質問の意図はその辺にはないようなんですが、念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

oniocさん、遅くなりましたがどうもありがとうございます。

 ぐるぐるめぐる思考と難しい問題から通常とは質と量も違う感覚(考え)が出てくるということですよね(熟成されたお酒のようですね)。わかりやすい例で自分の身に置き換えて読ませていただきました。私は、(肉体的な)健全さはあるいみ猪突猛進というか「難しい問題」を突き飛ばして進んでいる部分があるのかなと思っています。多くの方からご指摘頂いたように、病気になられた方などに特有の感受性があるとすれば、必要により生まれたものなのだと思います。ですが、そこから生まれた「特有の感受性」のようなものは、健康なものにも必要なものなのではないかという気がしています(この問題意識は質問のタイトルと違いますね・・・ごめんなさい)。それは、「特有の感受性」が、健康なものにとっても、必要な心のパーツとしてある、ことが、病気の状態を「特別な存在」ではない、私たち自身のありようの一端として受け止めるべきものなのかなというような意味合いも含んでいると思います。oniocさんの回答を読ませて頂いて、じっくり自分自身を観察してみなくてはと思いました。(まず、風邪でもひかなくては・・・能天気なもので。)

「無敵のハンディキャップ」をレンタルビデオやさんで探してみたのですが、見当たりませんでした(こういう映画って、人から言われないと見ないので良いチャンスだったのですが)。書籍になっているようなのでそちらのほうで挑戦してみたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 22:44

 「ストーリーらしいストーリーがない」とも言われる梶井基次郎ですが、『檸檬』や『冬の日』などを読むと、やはりその鋭い「感覚」に惹きつけられます。

ふつうの文学作品では、基本的に「出来事・事象があり、それへの反応として登場人物の心情の変化が起こる」という流れがあるものです。がしかし、梶井作品には目立った事象なしに突然「悲しみ」や「痛み」が人物の心情に湧き上がる場面が多々あります。へんな喩えですが、お味噌汁をじっと見ていると火山の爆発のような「味噌の湧き上がり」が見られたりする、それと似た感じで、突然深く大きな悲哀が人物を襲い、圧倒する場面がよく見られるということです。
 これを説明できる要件はたった一つ。「肺病」です。昭和初期、死の病だった結核です。常に「死」を傍らにたずさえて生を歩む人の、独特の感性。そうとしか言いようがない。
 伊藤整も『小説の方法』でだったと思いますが、「死を前にした者の目には、森羅万象のすべてが新鮮な美に映ずる」と述べています。そういうこと、あるのでしょう。

 また、「感覚」というものは優れて「身体性」に依拠します。身体の在り方によって、感覚は左右されてきます。ここから、ある種の障害を持つ人の感覚が、健常者とは異なったものになるということは、かなり考えられると言えましょう。それが時に新鮮な感動を覚えさせるものにもなる、ということもあると思われます。
 なかなか見つからないかもしれませんが、解釈学の門は開かれているものでしょう。何人かの人はそこを通ることができました。異なった感覚へのブレイクスルーは、不可能なことではないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもありがとうございます。文学においてはほとんど自明に近いことなのかもしれませんね。
 「死を前にした者の目には、森羅万象のすべてが新鮮な美に映ずる」ということばから、O・ヘンリーの「最後の一葉」(ほとんど記号ですね)を思い浮かべてしまいます。病床にあっては、自分の外に自己を投影し(逆にいえば森羅万象を取りこんで)「身体性」から離れようとするのでしょうか?私は自分が弱っているとき(落ち込んでいるときや悲しいとき、病気のときもそうかも)に確かに自分の感情のようなものを他のものに投影し、それに意味を持たせようとしているような気がします。たとえば、流行っている歌の詞を自分のことに置き換えて勝手にじ~んとしたり、夕日や夜空を眺めてふとため息をついたり。(のっているときや喜んでいるときは逆で外に向かって、感情を投げかけている/投げつけている感じがします。弱っているときは自分のなかのわけのわからないものを、一旦、外に投影して、それを取りこんで了解しているような感じがします。感覚を裏返せば外側が内側に内側が外側に。うーん、スプラッター映画の世界ですね。)
 『檸檬』は若いころよんでなんかついていけないと思った記憶があります(当時は元気だっから?)が、もう一度読んで見ようと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 22:43

考えられることの一つに『時間』の捉えかたに何か関係するような気がします。

こころに『ゆとり』とでも言いましょうか・・・こころの中でいろいろな思いが葛藤する中で『悟る=>ゆとり』が生れるのではないかと考えます。時間はこうして私がパソをカチャカチャといじっている間もそっと静かに流れています。書き込みに夢中になって文章綴って誰かに言葉を送る。夢中になると時間がどんどん過ぎているにも気がつかない。同じ時間の中で、パソをいじっている私がいる、また別の場所では・・・・あくせく働く人、顔つき合わせてケンカしている人、寝そべってTVみながら朝のワイドショ-みてゴシップ楽しむ人、いろんな人がいます。どこでも時間は流れています。『いま』、こういった瞬間から『いま』は『いま』でなくなります。時間の観念が人によってちがうかもしれませんが、障害や病を負った人たちは、時間に限りがあることをよくご存知です。そのせいか『いま』というこの瞬間をとても大事に思っておられるのではないでしょうか?先ほども書きましたが、障害や病をおったことで、健常である人よりも時間に対していろいろ考えられる機会がおおくあったのではないでしょうか?立ち止まって考える間には当然、こころの葛藤が起こる。そのことによって、『生』への執着心、『もの』への執着心が増幅されます。それが原動力となって生き生きしてみえるのかもしれません。その生き生きさが、こころのゆとりとして他人からは暮らしを悟った人であるようにまた思えるのかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうもありがとうございます。
 「時間に限りがあることをよくご存知です。そのせいか『いま』というこの瞬間をとても大事に思っておられるのではないでしょうか?」の「大事」というのは「『生』への執着心」という意味ですよね。
 いまこの瞬間の生を手にしている、貪欲にありとあらゆる「いま」を吸収して感じている。
昨日への悔恨と今日と同じ明日への徒労感、あるいは、今日と違う明日にするための焦燥感が「いま」というちょうつがいにぶら下がっている私ではなく、かといって、「いま」という瞬間によって過去や未来を断絶するのではなく、「生」の自然な形として「いま」のなかを流れていく「何か」が私の思う「感性」のようなものなのかも知れません。それは、多分、私というものが、過去や未来に閉じ込められた存在としてあるのではなく、「いま」を通して、私が外の世界に開いている、閉じていない過去や未来を創り出すことができる、というところからくるlittlekissさんのおっしゃる「ゆとり」のようなものかもしれないと思いました。多分、私のような心の未熟なものは自分を変えるものを受け入れられない(受け止められない)のだと思います。何かを失って初めて受け止められるようになるのかも知れないと思いました。littlekissさんのご意見からちょっと整理できた気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/14 19:48

 訪問看護をしています。

深い考察はできないのですが、一看護職の立場と、個人的な日々の感想から。

 看護という仕事そのものが「全人的理解」(それこそ医学の方でホリスティックと言い出したことです。健康と不健康は連続体、病をもつ人と、疾患を切り離しては考えない、また環境ともひと続きである・・)「全人的援助」をモットーとしておりまして、あえて言えばそこが、他の療法士さんたちと違う特徴で、違った感性を我々が持つゆえんかなあ、と思います。(言い過ぎ?他職種の方ゴメンネ)
 それで思うのが、生への感受性についてはmotsuanさんのおっしゃることにうなづける部分があります。特に、(先天障害の方は若干事情が変わりますが)「当たり前にできていたことがありがたいと思える」と、疾病をもたれた方はよくおっしゃっています。

 ただ、わたしの個人的な感想では、生きる力を分けてもらえるのは、その頑張り、努力、(場合によっては)果てしない(でも必ず果てはある、人の時間は有限であることのありがたさよ!)疾病との闘争に見られる闘士としての雄々しさからでありまして、「当たり前のことにありがたみを感じる」感受性からではありません。

 わたし自身いいもんを持ってるわけでもありませんが、その感受性は、ハンディを負わなくともわたしたちは養う事ができると思っていますし、「障害・疾病があると、そうでない場合より優れている(?)」という逆差別の根拠にもならないと思っています。この辺の表現は、身近でよく聞かれるものですから、個人的に疑問を投げかけた次第です・・・
 障害・疾病があろうとなかろうと、感受性については、「その人個人」のレベルだとわたしは思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうもありがとうございます。実際に携わっていらっしゃる方からの声がきけて、とってもありがたいです。
 みなさんのご指摘のように最後はやっぱり「その人個人」のレベルなんですね。みなさん患者さんと接している方は患者さん以上に「生きる」ことに向き合って一生懸命なのですね。そこまでいって始めて最後はやっぱり「その人個人」のレベルといえるようになるのかなと、だんだん分かってきた次第です。

 「生きる力を分けてもらえるのは、その頑張り、努力、果てしない疾病との闘争に見られる闘士としての雄々しさから」という言葉を肝に銘じておきたいと思います(なんか既にパワーをわけてもらっちゃってますね)。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/14 19:14

大学時代は一応心理学専攻でした。

10年以上前の話ですが。
ただ、私の学部は実験心理学というものが中心で(知覚や認知など)、隣の福祉系の学部へ臨床心理学の講義や実践をしに行ってました。

そのときに聞いたことを総合すると、人一人ひとりが「生きる」ために、もし必要な「もの」が失われたり機能低下を起こせば、必ず代替機能が働いて補完するのだと。簡単に言えばそういうことです。

それは、「からだ」ならば他の部分の機能が亢進し、「こころ」ならば合理化や逃避などの防衛機制や感受性および感受指向性の変化があらわれるというように説明せざるを得ません。(明解な研究はなされていません。からだもこころもいずれにしても、脳が機能を司っていてそのメカニズムが分かっていないからです。)

いま、からだとこころに分けて書きましたが、別々に動いているわけではなく、これらが連関して「人ひとりの全体」でそう「ある」ということが事実です。
それを見て、他の人が、普段意識に無い無意識の元にあるものに気づくわけで、元々みんな持っているのに100%は機能としては使われていないし、常に連関してフル稼働しているわけではない、ということだと思います。

学問や哲学的な面でいえば、最近出てきた「ホリスティック医学」や禅の哲学のなかでの「いのち」へのアプローチが、こういうことへの最前線にあるように、私には思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

> 人一人ひとりが「生きる」ために、
> もし必要な「もの」が失われたり機能低下を起こせば、
> 必ず代替機能が働いて補完するのだと。

前の方々の意見と総合すると、buranさんがまとめられているとおりになるのでしょうね。
ただ、繰り返しになってしまいますが、健常者が肉体的に破綻していないから健全な生き方をしているというものでもないですし、むしろ病気になられた人と一緒にいるときに与えてもらえるものがあるのかなと思うのです。そして、現代はそういう病気と肉体的健常者が隔離された状態であるということが、お互いに不幸なような気がして、そういう経験者の方の意見を伺いたかったのです。buranさんから
> 脳が機能を司っていて
> そのメカニズムが分かっていないからです。
というご指摘にあるように、人と人との関わりによる社会的な刺激により人の心がどう変わっていくのかがドラスティックに見える部分のような気がするのです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/12 17:19

 心理学畑の人間ではありません。

念のため。
 私自身もボランティアの経験があります。いろいろとお話をすることもありました。
 仕事をしているお父さん方は、家族のために(もちろんそれだけではないでしょうが)、高い給料をほしいと思うでしょう。子育てに奔走していらっしゃるお母さん方は子供さんのちょっとした変化に気づき、喜んだり悲しんだりしておられることでしょう。つまり、仕事に向き合っている人はその仕事に、子供さんに向き合っている人はその子供さんに神経を集中しているわけです。
 障害をもって、または病気で苦しんでいる人たちは、まさにご自分の「生命」と向き合っているわけです。ですから、周囲のちょっとした事柄に対しても、生命を感じて勇気付けられたり、また、落胆したりすることになるのではないでしょうか。
 「障害を持っている人はがんばっていてすばらしい」というような取り上げ方はマスコミなどでよくされますが、あれは障害を持っている方々に対する差別(見下しているだけ)だと私は思います。同じ人間として、日常の出来事に対して同じように感じているというだけではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 障害を持っている方々に対する差別と感じられたのならお詫び致します。いえ、文脈からすると、一生懸命生きているひと全部をばかにしている質問と受け取られたようで、大変申し訳ありません。

 ただ、gonta-11さんがおっしゃられている意図は全く無く、感受性が優れているから良いとか悪いという価値判断をするつもりも全くありませんし、それによって、「障害を持っている人はがんばっていてすばらしい」という賛美しようという考えがあるわけでもありません。
 ただ、人のありようとして、「障害」をもっている人と一緒にいる場というのは人間にとってどんな意味があるのかということを考えてみたいと思うだけです。
 たぶん、gonta-11さんを怒らせる言い方になるのだと思いますが、「仕事に向き合っている人はその仕事 に、子供さんに向き合っている人はその子供さんに神経を集中している」のと「病気で苦しんでいる人たちは、まさにご自分の「生命」と向き合っている」のとでは、なにか差があるのではないかと感じます。それぞれ置かれた立場を精一杯生きているというのは分かるのです。でも、仕事をしているときというのは、ある種の機能としてそこにあらねばならないために、自分という存在と向き合わずに済んでしまうところがたぶんちょっと違うのだと思います。だから、どっちがエライとかいう話ではもちろんありません。ただ、その心の動きの仕組みと、そこに一緒に寄り添うことにより私たちが受ける影響をどのように捉えうるものか知りたかった、ということなのです。だれもが自分を不完全な存在として感じ、大切な人やなにかを突然失う可能性を持つ、という意味で、私たちは全くどこも違わないと思ってます。興味本位で聞くものじゃないという考え方もあるかもしれませんが、なにとぞご容赦ください。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/05 20:07

回答ではありませんし的外れかも知れませんが、私の経験を述べます。


私は視力障害の方が記憶力や勘がよいという事を常々聞いていました。
これは目から情報を得ないので、脳に余力があるためだろうと思って
いたのです。
ある時失礼とは思いながら、視力障害の方に、恐る恐る聞いてみました。
その方の答えは「YMさん、私たちは記憶が命です。もし、物の置き場所
を忘れたり、約束を忘れたりしたら、命取りになったり、食べていけなく
なったりするのです」「健常者のように目で探し回るという事ができない
のですから」
私は自分の浅はかさを恥ずかしく思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

率直な体験についての感想まで頂いて、大変感謝しています。ありがとうございます。

一般的な話になってしまいますが、なにか能力に優れているというよりは、私たちが日々の生活のなかで目をつぶっていることがら一つ一つを大事にできるのかなと想像して質問させていただきました。不足していることが、違う認識をもたらし、逆に人生というものを豊かにする部分があるのではないかというのが、私の予想する回答です。
ただ、そんなの関係ないという考えもあると思いますし,生理学的にそういう敏感な状態にあるだけだとか、いろいろな考え方があるのかなと思い質問させていただきました。不愉快な思いで回答される方もいらっしゃると思いますが、よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/03/05 19:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病気お見舞いに有効そうな神社を教えて!

病気お見舞いに有効そうな神社を教えて下さい。お見舞いにお守りを持っていきたいので。。。

Aベストアンサー

地域が判りませんので・・・・。


下記のURLが、病気平癒や開運に御利益のある神社のリストです。
http://homepage2.nifty.com/ANGEL-I/shrine.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/ANGEL-I/shrine.htm

Q感受性が豊かと感受性が強いの意味合いは違いますか

感受性が強いと感受性が豊かという言葉ですが、微妙に違うような気もしますが、どこが違うかはわかりません。
また感受性という言葉もいまいちわからなかったので調べたら
感受性が強い=細かいことに良く気がつき、人の気持ちを思いやる。不安や苦痛に過敏となり取り越し苦労をする。行動は消極的。タイミングを失う。
と書いてありました。これは正しいのでしょうか?感受性という言葉が抽象的なのでいまいち理解できません。

Aベストアンサー

そういう捕らえ方をすればそのとおりなのでしょうが、感受性が「強い」ということがあたかもマイナスのように受け取られるのはどうかと。まるで弱いほうがいいような管さえ受けますね。弱いというか鈍いというか、そのほうが行きやすいなんていうのは、足が遅いほうが交通の便利な都市ではかえっていいという理論に近い。
豊かと強いなんて使い分けできないと思いますね。どうやって乏しい感受性で強く物事を感じられるか、あるいは豊かな感受性で鈍く図太く日常的に生きられるか、はなはだ疑問である。

Q胃の病気で入院している知り合いへのお見舞い

こんばんわ。

明日、胃の病気で入院されている得意先の方のお見舞いに行きます。病名はわからないのですが、月曜日に手術をするそうです。
そこで、お見舞いにどんなものをもっていけばいいかアドバイスをお願いします。予算は、3,000~5,000円です。非常に困っていますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

やっぱり花でしょうかねぇ。
あまりにもありふれていますが。

お見舞いの品より、
見舞いに行く事が一番大事だと思いますよ。

Q感受性、感性

感受性(感性)について、メリットとデメリット両方あるかと思うのですが、あまり強いとストレスに繋がる印象が強いです。

自分は感受性の塊ではないかというぐらいなのですが、例えばその強烈な感性がマイナスに向かってしうと、犯罪や暴力、などにつながってしまうものなのかと思います。

上手くコントロールできれば問題ないと思いますが、それが難しく感じます。

感受性が強い→意思が複雑になる→生活全般が受身がちなになるという流れになるような気がしてしまいます。

もっと主体性をもって生きたいと思うのですが、この感性を良い方向に向けられる方法はありますでしょうか?

わかりにくい質問ですみません。

Aベストアンサー

おじさんです。
「感受性(感性)について、メリットとデメリット両方あるかと思うのですが」
→感受性(感性)にデメリットはないと思いますよ。
メリットとデメリットではなく、何事も極端はよくないということです。
そういう意味で
「あまり強いとストレスに繋がる印象が強いです」
→その通りですね。
「もっと主体性をもって生きたいと思うのですが」
→他人のことを気にし過ぎなのだと思います。
周囲の人達との交流は大切ですが、基本は自分がしっかりする、ということでしょう。

Q病気お見舞いの現金は新券か旧券か

病気入院中(かなり重い)の親戚にお見舞いに行こうと思っております。
お見舞いは現金を考えておりますが、新券がよいのか旧券がよいのか迷っております。祝儀は新券、不祝儀は旧券と思いますが、この場合はどちらがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1057812.html

新札は常識から外れます。
上記サイトをご覧下さい。

Q感受性の鋭い人と鈍い人

感受性の鋭い人と鈍い人と、どういう理由で差があるのでしょうか。

感受性が鋭いとは、身の回りに起こる事象に対して、喜怒哀楽の感情を容易に生起させることと思っています。

Aベストアンサー

 鋭い人の場合外界情報に対しての反応の精神が機能している状態だと推測します、鈍い人の場合、外界ではなく内界へ向かっているか、エゴティズム的なシステムをとっている人ではないかと思います。
これが大まかな指標です。
 この前のhttp://okwave.jp/qa4108947.htmlの続きになるかもしれませんが、いつのまにか迎合性になってしまったというのは感受性の流れが迎合性になったというところにあるのではないかと思います、もちろんそればっかりの人だけではなく状況によっては自由選択が可能な場所の場合(組織とか社会心理学的束縛度の低い場合)迎合的にならなかった人も居るわけで、そいう意味では心理的変化によって感受性も変化するという事もいえるかもしれません。なので元々感受性が迎合性に走りやすい人というのは感情の喜怒哀楽に対して結構粗雑なのではないかと僕は思うんです、つまり迎合性のパターン変化に対して縦横無尽に変化させる事が出来る人というのは元々精神が砕かれているのではないかと思うんですよ、その砕かれた精神を迎合性のパズルに組み合わせるために変形させるという事なんだと思うんですよ、つまり砂鉄みたいなものです、あるメイン(後ほど説明します)を除いて精神が砂鉄のように砕かれているので迎合性が常に変化しても常に順応しているのではないかと思うんですよ、この心理的変化は幼少期~思春期入る前までの心理状態なんですよ、このころって常に従順的だったと思うんですよ
特に幼少期の頃かな、その頃が特に従順的だったのだろうと思うんですがいわばその頃への(形式的)退行なんですよ、若者が(僕もまだ若いですが)「自分が自分で分からない」「ノリで・・」という感じの発言をよく言っていましたがこの自分で自分をどうしていいかわからない状態というのは結局精神性を常に砂鉄状態にしておかなければ不安だということなんですよ、なぜそうなるのかといえばその様な外界の変化の上で幸福を作ってきたからなんですよ、だから迎合的な変化に順応するために常に精神を砂鉄状態にスタンバっておかなくてはいけなくなった、それはなぜかといえば外界からの変化と本能を適合するためということなんですよ、つまり迎合的に本能を満たしてきたから結局迎合的状況に対応しなければいけなくなったんで精神を常に破壊状態に置いていなければいけなくなったんですよ、http://okwave.jp/qa4108947.htmlこれで言う自然の変化ではいけなくなったんですよ、つまり自然の変化を受け入れる形の迎合性ではなくなったということんですよ、人間は元々自然なんですから、自然の変化を当然と感じるのが当然の感受性だろうと個人的には思うのですが、そうしなくなったつまり区分的な感受性へ移行し始めたということなんですよ、そのメインとなる核は恐怖からの逸脱なんですよ、幼少期は良しも悪しも本能からの命令を満たさなければいけない存在なので外界が自然を受け入れない迎合性を主体としていればそれに順じてもおかしくないです、なので要は社会や周りの人たちがいつの間にか自然を否定する形の迎合性ができあがってしまっている事に気が付かないもしくはそれを善としているため、自然の流れを否定する迎合性に従順でなければ不安でありそれを維持するために精神が常に粗雑化状態でなければいけなくなったんですよ、じゃあ自然の流れを否定するとはどういうことなのかという話になりますが、これもまた表現が難しいのですが例えば「せめて70点はとってこいよみっともないぞ」と親が子供に言ったとしましょう、そうすると子供は「テストでは大体70点位とるのがまとも」と感じてしまうわけです、しかしテストというのは毎回同じ問題がでるわけではないのだから点数が子供の心理的状態によって変動するのが自然なんですですがその自然を無視もしくは否定するようなある種一般性でなければならないとう外界暗示的な雰囲気もしくはその様な外界システムをもはや作ってしまっているので、それに従順でなければ不安だという現象が発生するというメカニズムです、特にその暗示のシステムの代表はバラエティー番組などだと感じます、なぜかというバラエティーは自然な迎合性を演出していますので自然で従順な人間が入り込みやすいというのと観客エキストラとアドリブを織り交ぜて演出させているという事で暗示に掛かりやすいシステムをとっているのでバラエティーは一理ありだと感じます、また周りの正常性というのもある種一般性や正常性化させる暗示効果の材料抜群だと感じます、そのような土台システムと組み合わされれば否応無しに自然の変化を否定するような迎合性へ傾くと考えられます。
 

 鋭い人の場合外界情報に対しての反応の精神が機能している状態だと推測します、鈍い人の場合、外界ではなく内界へ向かっているか、エゴティズム的なシステムをとっている人ではないかと思います。
これが大まかな指標です。
 この前のhttp://okwave.jp/qa4108947.htmlの続きになるかもしれませんが、いつのまにか迎合性になってしまったというのは感受性の流れが迎合性になったというところにあるのではないかと思います、もちろんそればっかりの人だけではなく状況によっては自由選択が可能な場所の場合(組...続きを読む

Q病気のお見舞い

会社の元上司が病気で入院しました。8年ほど前に血液のガンにかかり、完治したと思っていたのですが再発のようです。大変お世話になった方で、とても心配しています。
すぐにでもお見舞いに行きたいのですが、おそらく大変な検査中で(3ケ月の入院とのこと)、伺うのもはばかられます。
元上司の今の上司が近々病院に行って、お見舞いと様子を伺ってくるそうです。それまでは、個人的にお見舞いに行くな、とのことです。
そんななかで、まずは気持ちの手紙とお見舞いの品を郵送で送りたいと思いますが、それはいかがでしょうか。失礼にあたるような気もしまして・・。
問題なければ、
自宅に送る?病院へ送る?どんな品がよいか、手紙の文面は? 等、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

やはり、上司の方が様子を伺ってくるのを待つべきでしょう。
実際の病状に応じて、品物や手紙の文面も異なると思います。
そういうことを考慮して、上司の方が、まず代表してお見舞いに行かれるのでしょうから。

個人的なお付き合いがあるのなら、とりあえず、自宅に電話して家族の方に様子を聞くということはあるでしょうが、ただ品物を送るのは、如何なものかと思います。
お見舞いは、早くやればいいというものではありません。相手方の事情を推し量ることが肝要です。

Q影(シャドー)で生きるあるいは生きない意味

影(シャドー)についてわかりません。ですのでいくつか疑問と私なりに仮説を考えてみました。



 影の部分について考えることは、生きてこなかった部分を試してみて自分のペルソナ(外面)を補償するとも考えれると思います。
あるいは、自分が思う劣等的なものと聞きます。


 ある社会に生きている以上、その社会での成功が念頭に置かれているはずで、劣等的なものってその社会のコードや価値観がはいっているともいえると思います。

 たとえば、男性優位(男尊女卑)と考える社会の考え方からアニマ(女性の部分)が劣ったものと認識されるのだと思います。

 あるいは失敗ばっかりしていたら人生が成り立たないので、自分の得意や成功の方式やパターンとも違うから劣等物なのかもしれません。


 私には影の部分がないと考えるのもユートピア的ですしおかしいような気がしますし、逆に影イコール自分と考えて自分の裏の部分ばっかり考えて生きていても意識しすぎに思えます。


 影のある部分を選択して生きるのが個性化や差異なのかもしれないですが、それで生きなければいけないと思うことがあればそれはとらわれてもいるのでしょうか?成功のための犠牲を補いたいだけなのでしょうか?違う生き方をしたいという刺激を得たいだけなのでしょうか?


  もちろん人の差別はよくないですが、でも自分が抱く劣等物を否定するのは人の精神構造とも違うともいえるようにも思えます。ですので、自分が思う劣等物と認識しつつも受容していくことが大切にも思えます。この考え方ってあっているのでしょうか?
 

 影で生きるのを選ばなかったのは社会と違って生きることはコスト(反逆的急進的な費用)が割に合わないから選択しなかったのか、自分の得意成功パターンと違うから影が生じたのかどちらなのでしょうか?もし前者だと社会が進歩的になれば、その生き方を選択することもあるのでしょうか?
 
 それとも精神的には、影の部分を念頭や認識はしつつ表に統合して生きるというのが通常なのでしょうか?影で生きてしまうというのは成功を度外視しているのでしょうか?あるいは見えてない部分を心配性で見ているだけなのでしょうか?

私は影で生きることに幸福感はないですが。

影(シャドー)についてわかりません。ですのでいくつか疑問と私なりに仮説を考えてみました。



 影の部分について考えることは、生きてこなかった部分を試してみて自分のペルソナ(外面)を補償するとも考えれると思います。
あるいは、自分が思う劣等的なものと聞きます。


 ある社会に生きている以上、その社会での成功が念頭に置かれているはずで、劣等的なものってその社会のコードや価値観がはいっているともいえると思います。

 たとえば、男性優位(男尊女卑)と考える社会の考え方からアニマ(女...続きを読む

Aベストアンサー

心理学の学びは、頭で知った事を心で感じ取ることで理解となります。

頭で知り得たことを、想像して作り出してしまうのであれば
全くの別物が作り上げられてしまいます。

特にシャドウなどは、自分の中にあるシャドウを
感じ取らなければ、本質的には理解できない部分だと思います。

多くは、「人がやってる行為が我慢できない」に現れやすいです。
瞬間的に顔を出すだけであり、常時表面化していません。

シャドウを多く抱えていると、やった方がいいことを引き伸ばしたりにも出ます。
さっさと勉強した方がいいと分かっているけど、やりたくない。
とかですね。

分かっていても、頭と気持ちが別方向に二分してしまいます。
勉強に出たからと言って、それに至る問題は勉強の問題では無かったりもします。

心理問題は深いとこにまで作用しますから
「家の子供は、勉強しないからそれはシャドウが原因だ」じゃなく
他の可能性も考えられるので、総合的に判断することになります。

ですから、頭で知ってるシャドウだけでは人間の行動を知るのに
意味をなさないのです。

特に仮説などは、危険を孕むこととなりますのでご注意を。

ペルソナもシャドウも元々人間に備わっている機能であり、そこに選択の余地はありません。
人は極端なシャドウを解消させる方法を持っているにすぎないのです。
それが、心理学という知識の中に解明されていると言うだけです。

心理学は、頭と心 同時に使ってみてください。

心理学の学びは、頭で知った事を心で感じ取ることで理解となります。

頭で知り得たことを、想像して作り出してしまうのであれば
全くの別物が作り上げられてしまいます。

特にシャドウなどは、自分の中にあるシャドウを
感じ取らなければ、本質的には理解できない部分だと思います。

多くは、「人がやってる行為が我慢できない」に現れやすいです。
瞬間的に顔を出すだけであり、常時表面化していません。

シャドウを多く抱えていると、やった方がいいことを引き伸ばしたりにも出ます。
さっさと勉強した方が...続きを読む

Q中学生向けの本病気で入院している知り合いの中学一年の男の子のお見舞いに行きます。その際、お見

中学生向けの本


病気で入院している知り合いの中学一年の男の子のお見舞いに行きます。
その際、お見舞いに本を持って行きたいんですが、どんなものが適当かわかりません(>_<)

中学生男子向けのおすすめの本を教えてください!

Aベストアンサー

暇だろうからこれを機会に良作を読めー!!
ってことでしたら、大人視点で読んでほしい本を選べばいいと思います。

普段からそのお子さんがどういった読書をしているかどうか…
にもよりませんか?
普段本を読まないお子さんと、ドストエフスキーまで読破してしまったお子さんでは違うと思います。

ただ、今タイミング的にものすごくいいと思うのは、夏休み前で
各出版社や学習教材社、協会などが「お勧めの本」中学生向けの
100選とか200選や
読書感想文の課題としての図書を出していますので
その中から選ぶのはどうでしょうか。
書店にいくだけでも候補がいっぱい並んでいる時期です。

個人的には「美しい元素」「マンガでわかる118の元素」
特に後者は、元素を擬人化したという新しいシュールな感じで楽しく元素に親しめます。

田中芳樹「アルスラーン戦記」
私が現役のころに高学年~中学生に人気でしたが今ちょうど漫画&アニメ化していますし
入りやすいと思います。
戦記もの、冒険的な要素と社会構成や人について考えられる作品だと思います

「14歳からのお金の話」
池上彰さんがお金、経済についてわかりやすく伝えてくれます

あとは戦国武将ものや三国志にはまる子もいる年頃ですね
でも読書が苦手な子だと読んでくれないかも?
頭に入っていると後々も役に立ちますが。

それから
星新一さんのショートショートはどうですか?
「未来イソップ」ぐらいから入るのがいいと思います。
皮肉がきいていたり、世にも奇妙な的なオチがあったりと
筋で楽しめる短いお話なので、世代を超えて楽しめますし
ちょっと読んでは一休み、としやすいです。

阿刀田高さんの短編ミステリもいいのですが
ちょっとエッチな要素があります(いや中学生ならむしろうれしいのかな)
ので親御さんの考えもありますので、ちょっと地雷感はあります。

暇だろうからこれを機会に良作を読めー!!
ってことでしたら、大人視点で読んでほしい本を選べばいいと思います。

普段からそのお子さんがどういった読書をしているかどうか…
にもよりませんか?
普段本を読まないお子さんと、ドストエフスキーまで読破してしまったお子さんでは違うと思います。

ただ、今タイミング的にものすごくいいと思うのは、夏休み前で
各出版社や学習教材社、協会などが「お勧めの本」中学生向けの
100選とか200選や
読書感想文の課題としての図書を出していますので
その中から選ぶの...続きを読む

Q歳をとると感受性が鈍くなるのに、涙もろくなるのはなぜ?

歳をとると感受性がにぶくなり、感動しにくくなるように思います。しかし、一方で、涙もろくもなるような気がします。なぜでしょうか。

Aベストアンサー

人生経験を積むことによって「慣れ」が生じ、ちょっとくらいのことでは「おお!」と感動することがなくなる。

反面、人生経験を積むことによって、若い頃にはぴんとこなかった、人の気持ちがわかるようになってくる。わが身に置き換えたり、かつて経験した似たようなことから容易に感情移入できるようになって、ホロリときたりする。

そういうことではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報