【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

卒業を題材とした小説を教えてください!

卒業や卒業式(小中高大は問いません)がテーマになっている小説が読みたいのですが、なかなかめぼしいものが見当たりません。。。

重松清さんの『卒業』は読もうと思っています。
なんとなくぼくの思っている卒業とは違いそうですが。
伊坂幸太郎さんの『砂漠』は読みました。
↑卒業がメインのテーマではないですが、その要素も含まれていて、かつ内容も最高でした。

上記以外で何かオススメはございませんでしょうか?

内容的には卒業が含まれていればいいんですが、欲を言えば、清々しい『青春小説』なものだとより嬉しいです。
伊坂さんの砂漠に似た雰囲気だと感激の極みです。

どなた様かどうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

重松清」に関するQ&A: 重松清系の本。

A 回答 (1件)

「卒業」をテーマにしたアンソロジー集ですが


・ダ・ヴィンチ編集部編(あさのあつこ,川端裕人,草野たき,坂木司,しまおまほ,小路幸也,関口尚,藤谷治,宮下奈都,吉川トリコ)
 「旅立ち。―卒業、十の話」 メディアファクトリー文庫
・梨屋アリエ,大島真寿美,草野たき,藤堂絆,豊島ミホ,前川麻子,若竹七海
 「卒業。」 ピュアフル文庫
などどうでしょうか
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絵本の読み聞かせをやっていますが

息子が通う小学校で絵本の読み聞かせのボランティアをやっていますが、来春の3月に6年生である息子の学年を担当する予定です。卒業をテーマにした素敵なお話(出来れば朗読本、時間にして15分~20分程度のもの)をどなたかご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

私も小学校で読み聞かせをしています。
6年生は、中学校になると読み聞かせをしてもらう機会がなくなるので、読む本を決めるのに悩んでしまいます。
昨年は、自分の担当の最後になる時間に「じいじのさくら山」と「100万回生きたネコ」を読みました。
私のお気に入りの本です。
「じいじのさくら山」は、白泉社の松成真理子さんの絵本。おじいちゃん子の孫が、大好きだったおじいちゃんの死を受け止め、おじいちゃんとの思い出を胸に、桜の花を眺めるという話。
その桜の木は、おじいちゃんが嬉しいことがあった時に1本ずつ植えたもので、山は桜の木でいっぱい。
おじいちゃんが生きた間に、こんなにたくさんのうれしいことがあったんだと思うと、胸もいっぱいになってしまいます。
その桜の花の絵が、とてもとてもきれい。
読む読まないにかかわらず、一度手にとって欲しい本です。
卒業をテーマにされるなら、星川ひろ子さんの写真絵本「ちえちゃんの卒業式」」(小学館)がオススメです。
内容は、障害をもったちえちゃんが、いろいろ大変なことを乗り越え小学校を卒業するというもの。
以前読んだ本で、手許にないので、はっきりした時間はわかりませんが、そう長くないので、組合せが必要です。
星川ひろ子さんは、他にも障害についての本を出しておられますので、是非読んでほしいですね。
卒業がテーマでなければ、先日テレビでも紹介された、歴史小説作家の司馬遼太郎さんの小学生向けに書き下ろされた文章をお勧めします。
大阪書籍の6年生の国語の教科書にはなったのですが、結局、その教科書自体が採用されなかったので、子どもたちの目に触れることはなかったという話でしたが、それが今、1冊の本になっています。
「二十一世紀に生きる君たちへ」(世界文化社)
遠くない死を意識した大人が、子どもたちに「生きること」のメッセージを心を込めて書き留めたもの。
読んでいて、つい涙してしまいます。
「やさしさ」や「いたわり」についても、またどういう風に考え、生きて欲しいか ~ 今の子どもたちには、ぜひ聞かせたいものです。
もし、この文章を受け止めることの出来る子どもたちならば、是非読んであげて下さい。
私も、様子を見ながら、良いタイミングの時に読むつもりにしています。
最近、「蜘蛛の糸」(偕成社/絵・遠山繁年)も読んだかな。
罪について意識してほしくて・・・
私は、卒業までに司馬遼太郎さんの本を読んで、尋常小学校の国語の教科書を紹介したいと思っています。
というのも、昔の教科書の方は、認知症で何もしゃべらなかったお婆さんが、この本を読んであげると、はじめて口を開き、一緒に読み始めたことを子どもたちに話してあげたいからです。
それと、今の国語の本とどれだけ違うかも~兵隊さん出てきます。
とりとめのない文章になってしまいましたが、少しでも参考になれば・・・

私も小学校で読み聞かせをしています。
6年生は、中学校になると読み聞かせをしてもらう機会がなくなるので、読む本を決めるのに悩んでしまいます。
昨年は、自分の担当の最後になる時間に「じいじのさくら山」と「100万回生きたネコ」を読みました。
私のお気に入りの本です。
「じいじのさくら山」は、白泉社の松成真理子さんの絵本。おじいちゃん子の孫が、大好きだったおじいちゃんの死を受け止め、おじいちゃんとの思い出を胸に、桜の花を眺めるという話。
その桜の木は、おじいちゃんが嬉しいことがあ...続きを読む

Q『人との別れ』がある感動できる本

先日、仕事先の仲間が転勤になりました。
職場が少し寂しいです。

ということで感動できる『人との別れ』がある小説を探しています。
分かれることは寂しいけれど、最後には肯定的にとっているものがいいです。
もしよろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

児童書ですが、「なるかみの午後」今村葦子/あすなろ書房をオススメします。
ある夏の瞬間、少年であった瞬間の、ひとつの出会いとふたつの別れの話。ゆれうごく心を励ます、あたたかで頼もしい1冊です。余韻がいい。
ちょっと手に入りにくいかもしれません……児童書では名のある作家なので、図書館には置いてあると思います。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=18729262

「天球儀文庫」長野まゆみ/河出文庫
文体も世界観も独特です。秋から夏までの少年ふたりの1年。誰かと別れて、別れてそれきりでも、確かにその誰かとの出会いはなくならないのだと思いました。綺麗事ですが、それでも美しい1冊です。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31609192

「ぼくが空を飛んだ日」ニッキー・シンガー/角川書店
養護施設の老人と、地元小学生の交流プロジェクト。かくして望まずに出会ってしまった老婆と少年だけども、別れの時、知らず知らずのうちにお互いに尊い贈り物をしていたことに気付く。感動的です、励まされます。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30994438

児童書ですが、「なるかみの午後」今村葦子/あすなろ書房をオススメします。
ある夏の瞬間、少年であった瞬間の、ひとつの出会いとふたつの別れの話。ゆれうごく心を励ます、あたたかで頼もしい1冊です。余韻がいい。
ちょっと手に入りにくいかもしれません……児童書では名のある作家なので、図書館には置いてあると思います。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=18729262

「天球儀文庫」長野まゆみ/河出文庫
文体も世界観も独特です。秋から夏までの少年ふたりの1年。誰かと別れて、別れてそれ...続きを読む

Q春に読みたい本

春の暖かい陽射しで読みたくなる…そんなおすすめ本はありますか?絵本、詩でもかまいません。わたしは「のはらうた」「きらきらひかる」「ピーターラビット」とかが、今のところ思い浮かびます。みなさんはどうですか?

Aベストアンサー

こんにちは。私がパッと浮かんだのは絵本や児童書です。ピーターラビットも大好きなんですが、特に春だったらハリネズミの洗濯屋さんのティギーおばさんの話や、ジェレミーフィッシャーどんの話が良いです。
 絵本でしたら花が沢山出てくるエリサ・ベスコフの「リーサの庭の花まつり」や、いっぱいのタンポポが印象的な「しろいうさぎとくろいうさぎ」を読みたいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30863545
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/00062512
 児童書ならちょうど春を舞台としたケネス・グレーアムの「たのしい川べ」です。このヒキガエルが本当に見栄っ張りで自分中心の嫌なヤツなんですが(^_^;)、のどかな自然風景と他の良き登場人物が微笑ましいです。あとちょっと悲しいですが花が咲き乱れる様子が春っぽいリンドグレーンの「はるかな国の兄弟」も読みたいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/00034364
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30840719
 本ならドロドロした情念とか推理小説ではなくて、ほのぼのとしていたり、温かな気持ちになれる梨木香歩さんの「エンジェルエンジェルエンジェル」や「西の魔女が死んだ」、森絵都さんの「風に舞い上がるビニールシート」、家に関する短編を集めた奥田英朗さんの「家日和」を読みます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31325744
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31718999
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30844535
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31870143

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。私がパッと浮かんだのは絵本や児童書です。ピーターラビットも大好きなんですが、特に春だったらハリネズミの洗濯屋さんのティギーおばさんの話や、ジェレミーフィッシャーどんの話が良いです。
 絵本でしたら花が沢山出てくるエリサ・ベスコフの「リーサの庭の花まつり」や、いっぱいのタンポポが印象的な「しろいうさぎとくろいうさぎ」を読みたいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30863545
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/00062512
 児童書ならちょうど春を舞台としたケ...続きを読む

Q中3の生徒に向けて贈る詩

中学校3年生の子どもたちが卒業する時にぴったりの詩を探しています。
これからの人生をしっかりと歩んでいけるような
元気の出るものがいいです。
どなたかいい詩を紹介してください。

Aベストアンサー

 高村光太郎「道程」…ではあまりに有名すぎて、
却ってよくないですか? 
でも静かに内から闘志が漲ってくるような作品ですよね。
中学生の頃に好きな詩でしたが…。
江口榛一さんの作品に「地球はさっき生まれたばかりだ」
というのがありますが、
>これからの人生をしっかりと歩んでいけるような
>元気の出るものがいいです。
というのに相応しい、しかも中学生ぐらいに分かりやすい詩です。
ここにその作品を掲載するのはどうも著作権法に触れる可能性が
あるようですので差し控えさせて戴きますが…。
武者小路実篤の作品などにも力強くて分かりやすい詩がありそうですね。
あまり参考にならなかったら申し訳ありません。

Q菓子職人や菓子店がテーマの小説

菓子職人や菓子店がテーマの小説

菓子職人や菓子店の小説を探しています。洋菓子・和菓子どちらでも、またマンガでも構いませんのでお勧めのがありましたら教えて下さい!!

既読は下記の通りです。
(小説)
上田早夕里著「ラ・パティスリー」
ジョーン・ハリス著「ショコラ」

(マンガ)
よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」

西洋骨董洋菓子店はボーイズラブが含まれていたので読むのをやめてしまいました。
できれば、ボーイズラブ系は外して下さると有難いです。

宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

※小説(全部ミステリー物なので、ご希望に沿わないかもしれません)

☆「和菓子のアン」坂木司

☆「蜂蜜のデザート」拓未司

☆「タルト・タタンの夢」近藤史恵

☆ジョアン・フレークの作品で

「チョコチップ・クッキーは見ていた」 Chocolate Chip Cookie Murder (2000年)
「ストロベリー・ショートケーキが泣いている」 Strawberry Shortcake Murder (2001年)
「ブルーベリー・マフィンは復讐する」 Blueberry Muffin Murder (2002年)
「レモンメレンゲ・パイが隠している」 Lemon Meringue Pie Murder (2003年)
「ファッジ・カップケーキは怒っている」 Fudge cupcake murder (2004年)
「シュガークッキーが凍えている」 Sugar cookie murder (2004年)
「ピーチコブラーは嘘をつく」 Peach Cobbler Murder (2005年)
「チェリー・チーズケーキが演じている」 Cherry cheesecake murder (2006年)
「キーライム・パイはため息をつく」 Key lime pie murder (2007年)
「キャロット・ケーキがだましてる」 Carrot Cake Murder (2008年) 他

☆パティシエではなく料理名人の女性が主人公の作品ですが・・

リヴィア・J・ウォッシュバーンの

「桃のデザートには隠し味」 A Peach of a Murder (2006)
「かぼちゃケーキを切る前に」 Murder by the Slice (2007)
「クッキー交換会の隣人たち」 The Christmas Cookie Killer (2008) 他


※漫画

☆「福屋堂本舗」遊知やよみ(集英社文庫 全7巻)老舗和菓子屋の三姉妹の物語

※小説(全部ミステリー物なので、ご希望に沿わないかもしれません)

☆「和菓子のアン」坂木司

☆「蜂蜜のデザート」拓未司

☆「タルト・タタンの夢」近藤史恵

☆ジョアン・フレークの作品で

「チョコチップ・クッキーは見ていた」 Chocolate Chip Cookie Murder (2000年)
「ストロベリー・ショートケーキが泣いている」 Strawberry Shortcake Murder (2001年)
「ブルーベリー・マフィンは復讐する」 Blueberry Muffin Murder (2002年)
「レモンメレンゲ・パイが隠している」 Lemon Meringue Pie Murder (200...続きを読む

Q学校図書館司書の仕事内容について

中学校の学校図書館司書の大体の仕事内容、流れを教えて頂きたいです。
資格はありますが、実際働いた事はないので、教えて下さい。また、良い本など、ありましたら、そちらも教えて下さい。

Aベストアンサー

 一般的な学校図書館の仕事全般について思いつくところを書いてみます。
 ・図書館運営方針の立案
 ・図書(ビデオ、DVDなど含まれることもあります)の購入、配架、整理
 ・貸出業務、レファレンス業務
 ・利用生徒への指導、生徒図書委員会への指導・助言
 ・授業などで利用する教員への助言
 ・教科書関連の業務(生徒への配布や教員用指導書の購入など)
 ・研修会や諸会議への出席
 ・図書館にかかわらない雑務(学校の事務的な仕事を場合によっては手伝わなければなりません)
 ・その他
 私自身は地元のいくつかの公私立学校のことしかわかりません。学校の規模によって、司書教諭がきちんと配置されているか、またその方の専門性が高いかどうか、あるいは司書が複数配置されているのか一人で全部やらなければならないのか、などの諸事情によりずいぶん変わってきます。上記の内容も本来は司書教諭を含め教員の業務であるものが多いことを申し添えておきます。
 ご存知とは思いますが、学校図書館には、法的に司書教諭の配置義務はありますが図書館司書はそうではありません。都道府県あるいは学校によって、司書教諭でなく学校図書館司書をこれまで配置してきたところもあるのでこのあたりはあいまいですが、生徒から見たときに「図書館の先生」のつもりでいる必要があるでしょうね。
 

 一般的な学校図書館の仕事全般について思いつくところを書いてみます。
 ・図書館運営方針の立案
 ・図書(ビデオ、DVDなど含まれることもあります)の購入、配架、整理
 ・貸出業務、レファレンス業務
 ・利用生徒への指導、生徒図書委員会への指導・助言
 ・授業などで利用する教員への助言
 ・教科書関連の業務(生徒への配布や教員用指導書の購入など)
 ・研修会や諸会議への出席
 ・図書館にかかわらない雑務(学校の事務的な仕事を場合によっては手伝わなければなりません)
 ・そ...続きを読む

Q教師や学校がテーマの小説

一年ほど前にも同じような質問がされていましたが、今回は内容を絞って質問させていただきます。また、この間に新しい本も発行されていることを期待しています。

タイトルの通り、教師や生徒が主人公で、学校を舞台とするような小説を探しています。今まで読んだものは、
・「スキップ」 北村薫 (新潮社)
・「学校のセンセイ」 飛鳥井千砂 (ポプラ社)
・「ガッコの先生」 小松江里奈 (角川文庫)
・「けっぱり先生」 山口瞳 (新潮社)
・「5年3組リョウタ組」 石田衣良 (角川文庫)
・「鈴木先生」 武富健治 (双葉社) ←(漫画ですが)
このくらいです。
検索して調べてみると、教師と生徒の恋愛ものやライトノベルの作品は多数ヒットするのですが、私が探しているのは純粋に普通な学校風景を描いた作品です。こういうと、読んでいるものは問題だらけの教室じゃないかと突っ込まれそうです。しかし、教師が学校で起こる問題に対してどのように内緒していくか、というのは普段普通に起きていることだと思います。

さて以上のように、恋愛ものとライトノベルを除いて、学校や教師をキーワードとした小説で皆様のおすすめをご紹介していただきたいです。

一年ほど前にも同じような質問がされていましたが、今回は内容を絞って質問させていただきます。また、この間に新しい本も発行されていることを期待しています。

タイトルの通り、教師や生徒が主人公で、学校を舞台とするような小説を探しています。今まで読んだものは、
・「スキップ」 北村薫 (新潮社)
・「学校のセンセイ」 飛鳥井千砂 (ポプラ社)
・「ガッコの先生」 小松江里奈 (角川文庫)
・「けっぱり先生」 山口瞳 (新潮社)
・「5年3組リョウタ組」 石田衣良 (角川文庫)
・「鈴木先...続きを読む

Aベストアンサー

ご希望に添う内容ではないかもしれませんが、
以下学校が舞台になっている作品です。

井上荒野 「学園のパーシモン」

出版社 / 著者からの内容紹介
学園は倦怠と優雅な退屈に充ちている
パーシモンの手紙は選ばれた徴──裕福な子弟が通う私立T学園。薔薇の香に彩られた5月、ふたりの女生徒に赤い封筒が届く
内容(「BOOK」データベースより)
赤い手紙がうちの学園で流行っているんだ。届くと別世界へいけるというんだけど―。真衣・木綿子・恭・磯貝―三人の生徒とひとりの教師。彼らは、倦怠し、愛し合い、傷つけあう。

瀬尾まいこ 「温室ディズ」

出版社/著者からの内容紹介
今最注目の作家が贈る、痛くて沁みる極上青春小説。
トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。これらの始まりの合図に教師たちはまだ気づかない。私たちの学校が崩壊しつつあることを。

「図書館の神様」

内容(「BOOK」データベースより)
思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。…「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!…清く正しくまっすぐな青春を送ってきた“私”には、思いがけないことばかり。不思議な出会いから、傷ついた心を回復していく再生の物語。
内容(「MARC」データベースより)
アクシデントで夢をあきらめ、傷ついた心を抱え、国語教師としてある高校に赴任したヒロイン清(きよ)。彼女が学校の図書館で出会ったひとりの男の子、垣内君。どこからでも海の見える明るい高校で、瑞々しい物語が始まる…。


宮下奈都  「よろこびの歌」

内容(「BOOK」データベースより)
御木元玲は著名なヴァイオリニストを母に持ち、声楽を志していたが、受かると思い込んでいた音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる…。あきらめ、孤独、嫉妬…見えない未来に惑う少女たちの願いが重なりあったとき、希望の調べが高らかに奏でられる―

ご希望に添う内容ではないかもしれませんが、
以下学校が舞台になっている作品です。

井上荒野 「学園のパーシモン」

出版社 / 著者からの内容紹介
学園は倦怠と優雅な退屈に充ちている
パーシモンの手紙は選ばれた徴──裕福な子弟が通う私立T学園。薔薇の香に彩られた5月、ふたりの女生徒に赤い封筒が届く
内容(「BOOK」データベースより)
赤い手紙がうちの学園で流行っているんだ。届くと別世界へいけるというんだけど―。真衣・木綿子・恭・磯貝―三人の生徒とひとりの教師。彼らは、倦怠し、愛し合い、傷...続きを読む

Q学校図書館に置くマンガ

私は中学校の図書館で働く司書の仕事をしています。
うちの図書館には何冊かマンガがありますが、古くかなり傷んできたので新しいものに変えようと思っています。
特にドカベンは大人気ですが、ドカベンに変わるいいものはないでしょうか?
今新しく買いたいと思っているものは
大甲子園
リアル
バカボンド
キャプテン
ドクターコトーなどです。
正直なところリアルとバカボンドのどちらを買うかかなり迷っています。
他に何かおすすめのものがあれば教えてください。
生徒に直接聞いてみましたが学校に置くのはちょっとというものが多かったのでぜひ教えてください。

Aベストアンサー

こんなに真剣に学校に置くマンガを考えて下さる司書さんがいるなんて良いですね、この中学校は。
私の通っていた学校の司書さんはいわゆるオタクな方だったのでなんかいろいろありましたよ変わったのが・・・。

話変わってオススメですね。
まず「リアル」か「バガボンド」っていったらやはり中学校でしたら「リアル」がいいと思います。「バガボンド」は性的シーンもまぁ出てきますし、それにバッシバシ人切ってますし。
それから野球漫画でしたら「タッチ」とかいいと思います。
「MAJOR」良いですけど長いですよ。
あとスポーツ系だと「スラムダンク」←やはりこれはいいと思います。
それから「ヒカルの碁」。主人公のヒカルも中学生で(初めは小6ですが)碁を通じてだんだんと成長していってます。
あと「のだめ」とかは無理な部類に入るんでしょうか?一応音大の話ですけど。。。

Q卒業シーズンに学校(小学校)で掲示できるような歌詞

お世話になっております。

質問させてください。
よろしくお願い致します。

小学校に勤めている者です。
校門にある学校掲示板の3月用の掲示物を作成しているのですが、
卒業シーズンということもあり、
6年生に贈る言葉、みたいなもので、
何か歌の歌詞を引用したいと思うのですが、
いろいろ探したけど、思い付かず、
こちらに投稿させて頂きました。

ワンフレーズでもかまいません。

別れ、感謝、未来、夢、希望、旅立ち、友情、きずななど
メッセージ性が強く、且つ小学生でも分かるような歌詞が
いいな、と思っております。

何かご存じの方、ご回答いただければ嬉しいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昭和生まれの私からすると、卒業と言えば・・・
1:仰げば尊し
2:贈る言葉(海援隊)
3:卒業(尾崎豊)
4:いい日旅立ち(山口百恵)
って感じなんですが、最近の曲でいいなぁ~って思ったのは、
「ぷれぜんと」やなわらばー
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/302768/Y074782

Qアンデルセン童話とグリム童話・イソップ童話

彼らの作品の特徴や違いなど分かる方是非教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アンデルセンの童話に関しては、さきほどkennji1219さんの違う質問に回答させていただきましたのでご覧ください。

グリム童話は、ドイツの言語学者ヤーコプ・グリムとウィルヘルム・グリムの兄弟が収集した民話集です。アンデルセン童話はアンデルセンが創作した文学ですが、グリム童話は、グリム兄弟の創作ではなく、ドイツに伝わる民話を収集・採録したもの、ということです。最初に出版されたときにも『子どもと家庭のための昔話集』というタイトルがつけられ、学術的な註釈もついていました。

その後、版を重ねるごとに書き直しされ、語り口を工夫したり、性を意識させる部分が若干変更されたりしました。数年前『本当は恐ろしいグリム童話』というような本が数冊出版され話題になりました。昔話は口承文芸なので、長い年月をかけていろいろ変化していくことは宿命であり、グリム自身の手による改訂版の中でも結末が違ってきたり、登場人物の設定が変わったりしていますが、確かに残酷な部分はたくさんあり、現在広く親しまれている「グリム童話」はグリムが採録した本来の童話とは、中身が違うものがいくつもあります。

「イソップ物語」は、古代ギリシアのAesop(アエソポス=英語でイソップ)が物語ったとされます。「グリム童話」を「民話」または「昔話集」という言葉で表すことがあるように、「イソップ童話」を他の言葉で表すと「イソップ寓話」となります。

「寓話」は、動物や擬人化された観念などを主人公に、モラルを象徴的に表現する物語です。有名な「アリとキリギリス」「ウサギとカメ」「キツネとブドウ」「金のオノと銀のオノ」など、教訓を示す話が多いですよね。イソップもその成立が古いこと、口承で伝えられてきたことから、多くの人によって編集され、どれがもとの話しであるかはもちろんわかりません。

検索をかければ、グリムもイソップもたくさんのサイトがありますが
参考までに。

イソップ物語    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sirai/siraiis/
グリム童話の世界  http://www.catnet.ne.jp/kanran/grimm.htm
 (グリムが昔話を収録するときに協力した人々についてやグリムの生涯、童話のあらすじなど内容豊富です。ただし、現在工事中の箇所が何カ所があるようです)

アンデルセンの童話に関しては、さきほどkennji1219さんの違う質問に回答させていただきましたのでご覧ください。

グリム童話は、ドイツの言語学者ヤーコプ・グリムとウィルヘルム・グリムの兄弟が収集した民話集です。アンデルセン童話はアンデルセンが創作した文学ですが、グリム童話は、グリム兄弟の創作ではなく、ドイツに伝わる民話を収集・採録したもの、ということです。最初に出版されたときにも『子どもと家庭のための昔話集』というタイトルがつけられ、学術的な註釈もついていました。

その後、...続きを読む


人気Q&Aランキング