タイトル通りなのですが、
サンチャゴからブエノスアイレスまで陸路で
移動するにはどうしたらいいでしょうか?

はじめは航空機を使おうと思いましたが
もし手続きが簡単なら陸路のほうが楽しいかなと思い
列車での移動も考え始めました。

ご存じのかた、回答お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

陸路の場合バスになります。

 アルゼンチンの鉄道は民営化により廃線され一部が観光で生き残っている程度です。

バスルート:A.Santiago-Mendoza(アルゼンチン北西部)B)Mendoza-Buenos Aires
時間は地図上で距離を測り平均時速80キロぐらいで計算すれば概算できるでしょう。詳しくはサンチアゴの旅行エージトで確認することをお勧めします。(A区間は山間道路を含み時速が不明)Bはハイウエーで、高速長距離バスなので時速100-120キロぐらい。

添付URLはメールを受け付けていますので情報を得られるかもしれません。

参考URL:http://www.seka-sora.net/html/root.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
添付していただいたアドレスにメールしてみようと思います。

お礼日時:2009/03/03 18:40

サンチアゴのバスターミナルから、ブエノスアイレスのバスターミナルまで夜行バスがあります。


便数は多いですし、いろいろのクラスがありますから、お好きなものをどうぞ。
サロンカーマですと、飛行機のファーストクラス並、カーマクラスですとビジネスクラス程度、セミカーマで日本の高速バスくらいの設備となります。
時間は停まる回数によってちがってきますが、20時間程度はかかります。
サロンカーマを使う場合、飛行機のほうが安くなります。

両国を結ぶ列車はありません。
サンチアゴからメンドーサまで8時間ほどかかると思ってください。

もし時間的余裕がある場合、チリのプエルトモンからアルゼンチンのバリローチェに抜けるルート(片道ツアー)は、風景が良い事で有名ですので、使ってみてください。
バスや船を何回も乗り継ぐ1日コースです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

時間的には余裕があるので、プエルトモン~バリローチェの
ルートも挑戦してみたくなってきました。

お礼日時:2009/03/03 18:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイースター島へ行く最も安い方法は?

GWにイースター島に行きたいと思い、調べているところです。
1)成田~アメリカ~サンチアゴ~イースター
2)成田~アメリカ~イースター
3)成田~タヒチ~イースター
の3経路がある事は分かったのですが、最も安いのが(1)でした。

しかし、海外でたまたま知り合った旅人から大韓航空の世界一周
チケットを使って、タヒチ経由?で安くいける方法があるという話しを
聞きました。旅行会社の人に聞いてみたのですが、残念ながら心当たり
は無いとのことでした。
その旅人が話していたチケットはおそらく、
「ワンワールド・エクスプローラー・世界一周運賃」と推測されるのですが
これを上手く使って行く裏技的なことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカ―サンティアゴ経由が安いと思います。

時間が限られている場合であれば、サンティアゴで滞在してイースター行きのチケットを探す手間がもったいないかもしれません。
そんな場合は、以下のルートが良いです。
ちょうど円高ですし、日本から全区間手配可能で、かつ最も安いと思われるルーティングです。

大韓航空で成田/ロサンゼルスを購入。一番安い時期で3万円台かと思います。(ただし、燃油代が40,000円かかる)
旅行代理店ではLAN航空の北米―南米周遊券を取り扱っているので、サンティアゴまで購入。サンティアゴ―イースター島も取り扱っているので、同時に購入できます。

このチケットのメリットは、イースター島以外にペルーやエクアドルに行きたいときに、ロサンゼルス/サンティアゴ/リマ/ロサンゼルスといった形でチケットを購入できる所にあります。
反面、大韓航空とラン航空にそれぞれ燃油代金がかかるので、その部分が割高ですが、ラン航空は燃油代金が1区間35ドルとかに下がってきていて、かつ毎月見直しをしてくれるので、大差無くなっています。

実際、このルートで行く団体旅行もあるようです。参考までにURL載せておきます。

参考URL:http://www.saiyu.co.jp/itinerary/124/GLCL12/index.html

アメリカ―サンティアゴ経由が安いと思います。

時間が限られている場合であれば、サンティアゴで滞在してイースター行きのチケットを探す手間がもったいないかもしれません。
そんな場合は、以下のルートが良いです。
ちょうど円高ですし、日本から全区間手配可能で、かつ最も安いと思われるルーティングです。

大韓航空で成田/ロサンゼルスを購入。一番安い時期で3万円台かと思います。(ただし、燃油代が40,000円かかる)
旅行代理店ではLAN航空の北米―南米周遊券を取り扱っているので、サンティアゴ...続きを読む

Q日本円からチリペソに両替できる場所を教えて下さい

 来週、チリに旅行に行きます。その時に、現地で現金払いをしなければいけないことがあるので、20万円ほどの現金を持っていく予定です。ホームページで調べたところ、成田空港内の銀行には円からチリペソに両替できるところがみつかりません。そうすると、考えられる手段は、1 現地の空港内両替所で円からチリペソに両替してもらう、2 成田で一旦ドルに両替し、現地の空港内両替所でチリペソに両替してもらう、の2つがあります。できれば1、の手段をとりたいのですが、可能でしょうか?ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

日本円からチリペソへの直接の交換は、やめたほうが良いと思います。
日本国内では、チリペソへの交換できるところはないでしょうし、チリで交換した時には、30分以上待たされた上に、クレジットカードの提出を求められ、デポジットを要求されました。
チリでは、日本円など見たことが無いので、本物か偽物かの判断がつかなかったのでしょう。
そのうえ、レシートを見ますと、日本円を一旦ドルに両替し、そのうえでチリペソにしていたため、手数料を2回分とられていました。
サンチアゴ市内で、両替に円を表示していた銀行でこれですから・・・・・
チリでは、米ドルがかなり使われていますので、ドルでお持ちする事をお勧めします。

Qブエノスアイレスーラパスの移動について

2月に南米へ一人旅に行きます。
ブエノスアイレスを見た後、ボリビアのウユニ塩湖に行きたいと思っています。
ブエノスアイレスからラパスへ移動したいのですが、Expediaで検索した結果、サンタクルスでAerolines argentinaからAero Surに乗り換えが必要だと分かりました。
乗り換え時間は、3時間強しかないのですが、乗り換え可能でしょうか?
それとも、サンタクルスで一泊し、翌日のラパス行きの便に乗った方がいいのでしょうか?
サンタクルスからもウユニ塩湖へのツアーは行けるのでしょうか?
南米は初なので、質問ばかりですみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Amaszonasは、知りませんでした。
ただ、朝8:15発ですから、前日ラパスに宿泊している必要がありそうですね。
南米で、スーツケースは止めたほうが良いと思います。
ツアーや、一ヶ所での滞在であれば、まだしも、移動しながらですと、非情に苦痛です。
バスやタクシーなどで、拒否されることがあります。
また、道の状態が良くないところでは、ポーターを雇わなければ、運ぶことができません。
コロニアル都市では、石畳のため、スーツケースの車輪がすぐに傷みます。
大型のキャリーを持参すれば、多少はマシですが。
布製のキャリーカート付のバックをお勧めします。

Q高山病になりにくい旅行日程(ペルー、マチュピチュ)

春に友人とマチュピチュ旅行を計画しています。
心配なのは高山病です。
出来るだけ体に優しいプランは、どういったプランなのでしょうか。

今考えているのは、
リマ1泊、クスコ経由(観光もあり)でマチュピチュへ(マチュピチュ2泊)、クスコ1泊、という8日間のプランです。
他に検索していると先にクスコで1泊するプランもありますが、
徐々に高度を上げるプランと、一度高度に慣れてからマチュピチュ行くプラン、
どちらが高山病にかかりにくいのでしょうか。

他にも、ペルー旅行にあたって気をつけた方が良いことがあればお聞きしたいです。

私は心肺に病気は無いのですが、
登山など高度の高い場所へ行ったことがないこと、
頭痛もちであること(特に生理中。旅行期間に生理がかぶる可能性もあります。)、
低血圧でたちくらみはよくあること、
など、高山病にかかりやすいのではないかと不安があります。

一度は行ってみたい夢の場所、マチュピチュ。
私にとっても友人にとっても楽しい旅行にしたいので、
少しでも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

数年前に「マチュピチュ~クスコ~チチカカ湖~ラパス」を含むツアーに参加したことがあります。
ご質問の感じからして、添乗員付き団体ツアーをお考えなのですよね?

>徐々に高度を上げるプランと、一度高度に慣れてからマチュピチュ行くプラン、
>どちらが高山病にかかりにくいのでしょうか。

私は素人なので専門的なことはわかりませんが、当時調べた範囲での理解では、一般には
>徐々に高度を上げるプラン
で徐々に体を適応させていくほうがよいとされているようです。
ただし、
・標高2500m以上から発生し、それ以下ではあまり発生しない
・標高2500m以下の滞在では「高度順応」の効果は期待できない
ようでした。
また
・年齢・性別は関係ない
・普段の体力や健康状態もあまり関係ない
と理解しました。結局は「行ってみないとわからない」ようです。

誤解している方も多いようですので念の為書きますが、マチュピチュの標高は2000m超程度なので、基本的には高山病の心配はありません。
つまり「リマ・クスコ・マチュピチュ」の行程で高山病の心配があるのは、標高3600mのクスコのみということになります。

また、3600m程度では、飛行機から降り立った途端にバッタリ倒れたり頭痛でのたうち回る…というような極端な高山病は、通常発生しません(大声を出して走り回るような極端な行動を取った場合は知りませんが…)。
ある程度の時間滞在、特に一晩宿泊すると、発生しやすくなるようです。

ですので、クスコに降り立って短時間で標高の低い場所へ移動するプランであれば、高山病は発生しにくいはずです。
また、頭痛程度の軽い高山病であれば、もし発生しても標高の低い場所へ移動すれば治ります。

>リマ1泊、クスコ経由(観光もあり)でマチュピチュへ(マチュピチュ2泊)、クスコ1泊、
であれば、仮に高山病を発しやすい体質であっても、
クスコ到着(即高山病発生)→マチュピチュへ行って回復→クスコ1泊(高山病発生)→リマへ戻って回復
という程度で済む…ハズなので、無理をせずオトナシク過ごしていれば、それほど心配する必要はないと思います(あくまで素人理解による一般論ですので、責任は負えませんが)。

最近のツアーの行程は知りませんが、日程が長め(ツアー料金が高め)のツアーだと、クスコへ移動した日の宿泊は、クスコではなく近郊の「インカの聖なる谷」(ユカイ、ウルバンバ、オリャンタイタンボ等)に宿泊するプランになっているものがあると思います。これらの地域は標高2800m程度で、いきなりクスコに宿泊するよりも高度順応に適している、とされています。
長い日程であれば、こういうツアーのほうが
>出来るだけ体に優しいプラン
といえるでしょう。ですが、全行程8日程度であれば「高山病になるヒマもない」ぐらいだと思いますので、あまり心配せず節度を守って過ごせば「たぶん」大丈夫だと思います。

ちなみに、私が行ったツアーは、インカ谷で1泊して翌朝マチュピチュに向かうプランでした。それでもインカ谷で体調の悪くなった方が一人いました(高山病なのか、単なる疲れなのかは不明ですが)。その方は翌日には回復し、その後クスコ~ラパスも問題なさそうでした。
マチュピチュからクスコへ戻って2泊し、チチカカ湖へ移動する日ぐらいから、具合の悪くなった方がちらほら発生しました。母娘で参加して両方高山病になってしまった方がいましたが、娘さんのほうが具合が悪いようで、途中、酸素を吸ったりもしていたようでした。ツアーから離脱するほどではありませんでしたが。

実は私も、チチカカ湖で宿泊した夕方~夜は頭痛で気分が悪くなりました。が、キツイなと思いつつ夕食を食べたら落ち着き、その後は問題なく過ごせました。

数年前に「マチュピチュ~クスコ~チチカカ湖~ラパス」を含むツアーに参加したことがあります。
ご質問の感じからして、添乗員付き団体ツアーをお考えなのですよね?

>徐々に高度を上げるプランと、一度高度に慣れてからマチュピチュ行くプラン、
>どちらが高山病にかかりにくいのでしょうか。

私は素人なので専門的なことはわかりませんが、当時調べた範囲での理解では、一般には
>徐々に高度を上げるプラン
で徐々に体を適応させていくほうがよいとされているようです。
ただし、
・標高2500m以上から発生し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報