「Voice de OK」サービス提供停止のため、この質問の音声は再生できません。回答のみの表示となります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ウィンドウズ2000を、お使いになっているのですね?




ウィルスバスターは、ウィンドウズ2000のサポートを止めてしまいましたので、別なセキュリティ対策ソフトに乗り換えるしかないと思います。


簡単に調べてみましたが、マカフィやイーセットスマートセキュリティやエフセキュア等の製品が、ウィンドウズ2000に対応しているようです。




「マカフィー・インターネットセキュリティ2009」
http://www.mcafee.com/japan/mcafee/home/2009/sec …

「NOD32アンチウイルス:ESET Smart Security」
http://canon-its.jp/product/eset/ess/function1.h …

「エフセキュア インターネット セキュリティ 2009」
http://www.f-secure.co.jp/wellbeing/is.html
    • good
    • 0

2007からウイルスバスター2009 無料バージョンアップを実行するには 1. ウイルスバスター2009動作要件をみること。


 2. シリアル番号を用意すること。
 3. メールソフトなど他のプログラムを起動していないことを確認し、どなたか助けをかりて参考URLから圧縮ファイルをクリックしてダウンロード実行します。

(2000がなんとか言われましたが、撥音が明瞭でなくて、わかりませんでした)

参考URL:http://jp.trendmicro.com/jp/support/personal/pro …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qe450.voice.microsoft.comが遮断されました

先日、普段どおりにMSNメッセンジャーを起動したのですが、Norton internet Worm Protectionからの警告が入ってきました。その時の活動のログを見ると

・ルール「Default Block DeepThroat Trojan horse」がe450.voice.microsoft.com(IPは一応省略します)、2140を遮断しました
インバウンド UDP パケット
ローカルアドレス、サービスは(自分のPC名とIP、2140)
リモートアドレス、サービスは(e450.voice.microsoft.com(IP)、7001)
プロセス名は"N/A"

・侵入検知がDefault Block DeepThroat Trojan horseトロイの木馬を検出して遮断しました。
e450.voice.microsoft.com(IP)とのすべての通信は30分にわたって遮断されます。

の二つがありました。
e450.voice.microsoft.comはメッセンジャーの音声チャット関連のものだと思うのですが、それがあえて遮断される理由がわかりません。
単なる誤検出、ということで安心してよいのでしょうか。それ以前も以降も何度かメッセンジャーにログインしていますが同じ警告は出てきません。
特に音声チャットを使用する機会は無いのですが、この症状の解消方法などもあれば、おねがいします。
OSがXP SP2。ノートンはNorton AntiVirus2005で、定義ファイルは最新。MSNメッセンジャーのバージョンは7.0です。
よろしくお願いします。

先日、普段どおりにMSNメッセンジャーを起動したのですが、Norton internet Worm Protectionからの警告が入ってきました。その時の活動のログを見ると

・ルール「Default Block DeepThroat Trojan horse」がe450.voice.microsoft.com(IPは一応省略します)、2140を遮断しました
インバウンド UDP パケット
ローカルアドレス、サービスは(自分のPC名とIP、2140)
リモートアドレス、サービスは(e450.voice.microsoft.com(IP)、7001)
プロセス名は"N/A"

・侵入検知がDefault Block De...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく誤検出です。偶然ローカルポートが2140になったため「DeepThroat Trojan horse」による攻撃とみなされたのだと思われます。
30分は自動遮断されていますので、それを過ぎてから(あるいは自動遮断を解除してから)再度アクセスして同じ警告が出なければ無視してかまわないかと思います。

Qホスティングサービスのウイルス対策サービス

1)ホスティングサービスの一つ標準でついてたり、オプションでついてたりするウイルス対策機能

2)プロバイダーの提供するメールウイルス対策

3)シマンテックやトレンドマイクロなどのウイルス対策ソフト

機能が重複するのかどうか私自身が知識がないのでわかっていませんが、2)3)を現在利用しています。諸事情により近々ホスティングサービスを受けようと思っているのですが、ここでウイルス対策機能がオプションの場合、利用したほうがいいのでしょうか?2)3)で充分だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

ホスティングサービスをどのような目的で使用するかによって、利用すべきかどうかが変わってくると思います。もし、2と3をきちんと実行しているのであれば、あまり重要ではないかもしれませんね。

ホスティングサービスで利用するウィルス対策機能というのは、文字通り、ホスティングサービス上で利用するファイルのウィルスチェック機能です。

もしホスティングサービスでホームページを公開し、そのホームページから訪れた人に公開中のファイルをダウンロードしてもらおうなどと考えている場合は、このサービスがあって損はないです。

もちろん、自分のパソコンにインストールされているシマンテックやトレンドマイクロのウィルス対策ソフトを常時最新版のパターンファイルにしてチェックし、チェック後にアップロードするのであれば、ウィルス感染の可能性は低いため、ホスティングサービス上でチェックしなくても大丈夫なはずです。

■ホスティングサービスのウィルス対策機能
このサービス上で公開されるファイルやこのサービスを使ってやり取りするメールをサーバ上でチェックできる。

■プロバイダの提供するメールウィルス対策機能
プロバイダを使ってやり取りされるメール及び添付ファイルのウィルスチェックがメールサーバ上でできる。

■ウィルス対策ソフトの機能
届いたメールや送信するメール、CD-RやFDなどで外部から入手したファイルのウィルスチェックができる

といった違いがあります。長々となってしまってすいません。

ホスティングサービスをどのような目的で使用するかによって、利用すべきかどうかが変わってくると思います。もし、2と3をきちんと実行しているのであれば、あまり重要ではないかもしれませんね。

ホスティングサービスで利用するウィルス対策機能というのは、文字通り、ホスティングサービス上で利用するファイルのウィルスチェック機能です。

もしホスティングサービスでホームページを公開し、そのホームページから訪れた人に公開中のファイルをダウンロードしてもらおうなどと考えている場合は、この...続きを読む

Q「Norton製品更新サービスの有効期限内のサービスの一環を受けるべき?

2007年に電器店でパッケージ購入したノートンインターネットセキュリティ2007を、1年たったあとは、有料の更新サービスで延長して使い続けています。
そのほうが、2008や2009へのアップデートを購入するよりも断然安かったからです。

最近になって、Windowsのタスクバーにアイコンが現れて、それをクリックすると
「製品更新サービスの有効期限内のサービスの一環として、新しいバージョンのNorton Internet SeculityTMが利用可能です。
 更新サービスの期限が切れる前に新しいバージョンをダウンロードすることによって最新の保護情報を入手してください。」
というメッセージが現れます。
メッセージについている「詳しい情報」というリンク先は、
「ノートン・インターネットセキュリティ2009 のインストール」の画面です。(画像添付)

質問:私はインストールするべきでしょうか?
気になる点:(1)インストールは無料だが、その後の更新が2007のままでいるよりも高くなるのでは?
(2)今持っている、2007更新サービスの有効期限がちゃらになって、タイミング的になにか損をするのでは?もし、2009が欲しければ、今持っている有効期限が終わる直前にインストールしたほうがいいのでは?
(3)私のPCは激安品で、XPを動かすのがやっとの、CPUセレロン(たいしたことないランク)とメモリ512MBで、動画とか見ないので速さ(重さ)はとても満足していてメモリを増やす必要を全く感じません。夏季の発熱にはちょっとうんざりしつつ我慢できている程度です。2009にしたら、重くて熱くて耐えられずメモリか最悪PCを買い換える=大変な出費ってことになってしまわないか?
(4)ほかにも、私が気づいてない注意事項があるのでは?

よろしくお願いします。

2007年に電器店でパッケージ購入したノートンインターネットセキュリティ2007を、1年たったあとは、有料の更新サービスで延長して使い続けています。
そのほうが、2008や2009へのアップデートを購入するよりも断然安かったからです。

最近になって、Windowsのタスクバーにアイコンが現れて、それをクリックすると
「製品更新サービスの有効期限内のサービスの一環として、新しいバージョンのNorton Internet SeculityTMが利用可能です。
 更新サービスの期限が切れる前に新しいバージョンをダウンロードす...続きを読む

Aベストアンサー

》質問:私はインストールするべきでしょうか?
・最新バージョンをインストールすることをお奨めします。但しWindowsXP以降に限ります(Windows2000以前では使えません)

(1)料金は変わりありません

(2)無償のバージョンアップです。途中でアップしても従来からある有効期限がそのまま引き継がれます。ですから今の期限切れを待つ意味は全くありません

(3)重さについては 2007>2008>2009 のようにバージョンアップの都度軽くなっているようです。

(4)ただ、メモリーについて不満はないとのようですが512→1,024にアップすると見違えるほど快適になりますよ。価格も思いのほか高くないです。一度検討なさっては。512→1,024の増強は目に見える効果が出る一番のケースかと思います。

QAdtech.deについて

よろしくお願いします。
パソコンをリカバリーした後なんですが、プロバイダーのセキュリティ24というものを入れました。そのときスパイウエアのスキャンをしても何も検出されず、今日、またスキャンしてみるとAdtech.deというものが検出されました。

このスパイウエアはどんな悪いことをするものなのですか?
こちらで検索してみたけれど、出てこなかったので書き込むことにしました。

一応、セキュリティ24で「封印」したほうがいいでしょう、と出てきたので封印はしました。

私は今後、何をどうすればよいのでしょうか?
どなたか教えてください。
困っています。

Aベストアンサー

個人情報の収集をするスパイウェアクッキーのようなので、削除してください。
http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=2114736003/K=adtech.de/v=2/SID=w/TID=df20060110_df20060110/l=WS1/R=10/DUI=1/QT=dqp/IPC=jp/SHE=0/H=0/;_ylt=AugcA.1gBAl4wLt_7FeUmXCDTwx.;_ylu=X3oDMTBjcWlmbGY5BGwDV1MxBHNlYwNzcg--/SIG=12kptqlom/EXP=1137506083/*-http%3A//www.ahkun.jp/researchcenter/malwareinfo/spywarecookie.xls

Qwindows\system32\de32gem.exe

パソコンをたちあげると、
「windows\system32\de32gen.exe
が見つかりません...」とでます。
OKを押すと「windows\system32\de32gem.exe
を読み込めないか、または実行できません...
またはレジストリの参照を削除...」
と表示が変わりOKを押すと消えます。
この症状が出る前にノートンアンチウィルスが
"トロイの木馬"を検出、削除できない..
と表示されたので、Ad-Awareでウィルスを
削除したら、この表示が出ます。まったくの
素人でよくわかりません。どうか教えてください。

Aベストアンサー

ファイル名からすると
http://higaitaisaku.web.infoseek.co.jp/removekurukuru.html
ですね・・・

スタートアップで起動するアプリとしての登録情報が残っているためだと思います
スタートボタン → ファイル名を指定して実行 → msconfig
スタートアップタブをクリックし、該当ファイル名がある場合はチェックをはずしてください

もしくは先に記載したURLの
「kurukurupgfix.reg ファイルによる起動設定の削除」
に沿って対応してみてください

参考URL:http://higaitaisaku.web.infoseek.co.jp/removekurukuru.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報