所得税の申告をしようと思いましたが、手元に送られてきたのが『特別区民税・都民税』の申告書でした。
この用紙に記入して提出しても同じことなんですか?還付金を振り込む銀行口座を記入する欄もないんですけど。
ちなみに私は現在派遣社員です。会社でやってくれないので自分で保険料控除など手続きします。

A 回答 (2件)

まず結論から言うと、『特別区民税・都民税』の申告書では、所得税の申告はできません。

『特別区民税・都民税』の申告書は区役所に申告する、言葉どおり特別区民税・都民税を課税するための申告書です。
逆に、税務署に申告する『確定申告書』(市役所・区役所でも受け付けていますが、最終的には税務署へいきます)は『特別区民税・都民税申告書』を兼ねていますので(確定申告書の複写部分が区役所に行きます)amamyさんの場合は、確定申告書による申告のみをすればいいことになります。

ちなみに、『確定申告書』による申告を行わず、今回送られてきた『特別区民税・都民税』の申告書で申告をした場合どうなるか・・・。
税務署から区役所(市役所)に調査が必ず入るので、提出された『特別区民税・都民税』の申告書により所得税の計算をし、所得税が多く納められている(会社が毎月引いていた源泉徴収税額の合計よりも所得税額が少ない)場合は無視され(「確定申告すれば所得税がいくらか返りますよ~」なんて親切なことは言ってくれません)、足りない場合はすぐに呼び出しがかかり、所得税に加算税もつけられてしまいます。

私は市役所で市民税の担当をしていましたが、必要ない人に申告書を送ることはよくあります。
送る基準は市区町村によって違いますが、必要な人に申告書が行かないことを避けるため、色々な条件で機械的に決めているので、送られてきたからといって必ずその申告書を出さなければいけないということはありません。
ようは、必要な手続きを正しくしていれば問題ないので、早速「確定申告書」を使って申告をしてくださいね。

何かあったらまた質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすが市役所にお勤めだっただけあって、とても解かり易かったです。
いわれてみれば昨年もみんなが『還付金が振り込まれていた』といっていた時期に、私には何もありませんでした。
単に何も戻りがなかったのかな?などと思ってましたが、きっとこの用紙で申告していたからなんですね!
今年もあやうく騙される(?)トコでした。本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/04 23:17

その用紙は区に提出するもので住民税の申告の為の用紙で、所得税の確定申告用紙とは別です。


所得税の確定申告をすれば、税務署から区のほうに連絡が行きますから、『特別区民税・都民税』の申告書は提出する必要がありません。

所得税用の申告書は用紙は通常は税務署にありますが、この時期は区役所にも用意してあります。
提出も、区役所でも受け付けています。

用意するものは、源泉徴収票、生・損保の保険料の証明書、健康保険料の金額のメモ、印鑑と、税金が戻る場合は振込先の銀行口座の番号のメモです。
それらを持って行けば、書き方を教えてもらいながら、その場で記入して提出できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくお答えいただき、ありがとうございました。送られてきた時には全然気づかなくて、先程記入しようと思ったときになんか変だな~?
と思いました。明日さっそく用紙を取りに行って来ます。

お礼日時:2001/03/04 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特別区民税・都民税申告について

特別区民税・都民税申告について

3月にしなければならなかった確定申告をしておりません。
確定申告の時期に、相談窓口に電話をしました。
私はフリーランスですが、収入-経費で計算した結果赤字だったため
確定申告の必要があるかどうか聞きました。
そうすると、窓口の税理士さん曰く「赤字なので課税対象にはならないがせっかく事業主になったのだから記念も兼ねて確定申告してみたら?」とのゆる~いお答が。。。
確定申告をしなくても赤字なので罰せられることはない、課税対象にもならない、とのことでしたので
そのまま確定申告をせずにおりましたところ、先日、【特別区民税・都民税申告】の書類が届きました。

こちらの書類は私のような場合でも提出の義務があるのでしょうか。
お詳しい方ご教授くださいませ。

Aベストアンサー

地方税法第317条 (及び第294条) によると、その市町村内に住所を有する者は住民税申告をする義務があることになっています。ただし、「所得割の納税義務を負わないと認められる者のうち当該市町村の条例で定めるものについては、この限りでない」とも書かれていますので、最終的には条例次第です。

お住まいの区では、区民税の条例にどのように定められていますでしょうか。その条例次第で、住民税申告の義務があるかどうかが決まります。

条例による住民税申告免除の定めが厳しいのか、無収入であっても住民税申告を義務とする自治体も存在します。これまでの様々な質問に対する回答の中にも、時々、納税額0円であれば住民税申告をしなくてもよいという回答があったりしますが、それは誤りです。(確定申告の場合は、納税額の有無と申告義務の有無がほぼ対応しているためか、それと勘違いした回答も見受けられます。) 厳密に義務があるかどうかを調べたければ、お住まいの区の区税条例をお調べ下さい。

Q特別区民税、都民税なるものが来たのですが

5月頭に出産の為、会社を退職しました。
アルバイトでしたが、ボーナスが貰えないほかは
社員の方と同じ様に働いていました。

先日、特別区民税・都民税を払ってくださいという
封筒が届きました。
3枚綴りの紙が入っていて、それぞれ納期限が違います。
値段もバラバラです。
でもどれも大金で、払うのがちょっと苦しいです。。。

今は夫の扶養に入っていますが
働いていた時はそれなりの収入があったので入っていませんでした。

これを納期限内に払わないとどうなるんですか?
出産・育児の為に仕事を辞めたのですが免除はされないのでしょうか?
無知な質問ですみません。
詳しい方宜しくお願いします

Aベストアンサー

特別区民税とは何ですか。

http://www.city.minato.tokyo.jp/call/faq/zeikin/zeikinseido/894/index.html

>3枚綴りの紙が入っていて、それぞれ納期限が違います。
値段もバラバラです。

普通徴収です。
納期は4期のはずです。
http://www.city.shinjuku.lg.jp/division/260500zeimu/nouzei.html

>これを納期限内に払わないとどうなるんですか?

分納は市役所に相談しましょう。
納期限までにお支払いが困難な方は、区役所税務課納税係で納税相談を行っていますのでご連絡をお願いします

Q市民税・都民税の申告されてない通知が

市民税・都民税の申告されてない通知が届きました。
わからないことが沢山あるので教えていただけますでしょうか。

私は前年までネットでの収入で税金を支払っていました。
昨年はネットでの収入が少なく、派遣でアルバイトをしました。そのアルバイトは今年の1月でやめました。
そのアルバイトでは所得税が引かれていたので、派遣で税金をやってくれてると思ってました。
なので、個人での確定申告をしませんでした。

今昨年のネットでの収入を調べたら13万ぐらいありました。アルバイトの収入は100万ぐらい。
今からでも新たに税金を申告した方がいいのでしょうか?今から税金を申告したら、どのくらい払うことになるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私は前年までネットでの収入で…

平成23年 (1/1~12/31) までということで良いですか。

>税金を支払っていました…

・何の税金を
・どこへ
・どんな形で
支払っていましたか。

・所得税を
・税務署または指定金融機関へ
・確定申告をして納付
でしたか。

>昨年はネットでの収入が少なく…

前年は、昨年は、ってまぎらわしいですよ。
平成何年分と書きましょう。

>そのアルバイトは今年の1月でやめました…

今年になってからのことは、今年の市民税都民税にはまだ関係しません。

>そのアルバイトでは所得税が引かれていたので…

給与から引かれる所得税は、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用に過ぎません。

>派遣で税金をやってくれてると思ってました…

「税金をやってくれてる」とは、どういう意味ですか。

>個人での確定申告をしませんでした…

年末調整を受けたのなら、確定申告の義務はありません。
年末調整などしてもらっていないのなら、原則として確定申告の義務が残っています。

>今昨年のネットでの収入を調べたら13万ぐらいありました…

「収入」でなく「所得」はいくらほどでしたか。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm
いま仮にこれを 12万円として試算しましょうか。

>アルバイトの収入は100万ぐらい…

「所得」は 35万円。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

よって「合計所得金額」は 48万円。

>今からでも新たに税金を申告した方がいいのでしょうか…

良いか悪いかではなく、申告の義務が残っていると考えられます。

>今から税金を申告したら、どのくらい払うことになるのでしょうか…

・所得税
基礎控除以外の「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
に該当するものが一つもなければ、
(48 - 38) × 5% = 5,000円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
が昨年分の所得税額。
この数字と、給与から取らぬ狸の皮算用をさせられた分との差が、確定申告による納税額です。
差がマイナスの数字なら、納税でなく還付ということです。

・市民税都民税
所得割・・・(48 - 33) × 10% = 15,000円
均等割・・・4,000円ぐらい (自治体によって違う)
合計・・・19,000円

なお、自分で国民健康保険や国民年金を払っているなど、基礎控除以外の「所得控除」に該当するものがあれば、上記試算より納税額は少なくなります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>私は前年までネットでの収入で…

平成23年 (1/1~12/31) までということで良いですか。

>税金を支払っていました…

・何の税金を
・どこへ
・どんな形で
支払っていましたか。

・所得税を
・税務署または指定金融機関へ
・確定申告をして納付
でしたか。

>昨年はネットでの収入が少なく…

前年は、昨年は、ってまぎらわしいですよ。
平成何年分と書きましょう。

>そのアルバイトは今年の1月でやめました…

今年になってからのことは、今年の市民税都民税にはまだ関係しません。

>そのアルバイトでは所...続きを読む

Q分離課税の還付申告のみしたい場合、B表の「給与」欄なども記入する必要はあるか?

昨年、給与所得と上場株式等の譲渡益(以下譲渡益と言います)があります。
譲渡益にかかる所得税については、昨年までの繰越損が結構あるため還付を受けられます。

ここで、譲渡益にかかわる分の記入事項についてまでは、e-taxで、第三表・B表・その他必要な書類を記入して中途保存したのですが、さらに、総合課税となる給与所得についても、年末調整時と一切変更がなくても、B表の「給与(カ)」等に記入しないとダメなんでしょうか?

総合課税の分(給与所得の分)についての納税額が年末調整時と変わらないのであれば、記入しなくてもいいのかなと思った次第です。(e-tax上、そう思わされるような画面遷移でもあり、疑問に思っています。。)

Aベストアンサー

申告分離課税といっても、譲渡益のみ申告そのものを完全に分離して行うという意味ではありません。
一通の申告書の中で、税金の計算過程を分離するというだけです。
源泉分離課税となるものを除いて、所得税の対象になる所得であるかぎり、すべてを記載しなければなりません。

Q都民税申告について

申告が迫ってきて気づいてしまい焦っています。


昨年の医療費が242,626円。
高額医療で187,272円返ってきました。
しかし収入が80,000円弱です。
この場合、確定申告をすれば医療控除は受けられるのでしょうか?
収入の5%を引いた額だから5万円程度戻ってくるのでは?という知人と、そもそも税金を払っていない(都民税のみで所得税は1回だけ納めました)ので戻ってくるものはないという知人がいます。
どちらが正しいのでしょうか?

また、もし受けられるのだとしたら、確定申告をしたあとに都民税申告をすればよいのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ということは、都民税の申告のみでよいのですよね?

そうですね、年収がお書きの通りの金額で、源泉徴収税額がないのであれば、おっしゃる通りで、間違いないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報