色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

エピフォンのカジノとES-335はまったく違う音なのでしょうか?

A 回答 (2件)

 見た目は似ていますが、全く違うトーンです。


 この2本、マイクや木材が違うという以前に、構造上の決定的な違いがあります。

※ES-335は、弦振動やトーンに特に関係しているブリッジとテイルピースが、木のブロック(センタブロック)に打ち込まれたスタッドに載っています。
 木のカタマリにブリッジとテイルピースが載っている構成はレスポールと同様で、当然トーンも(ボディに広い空洞があるにも関わらず)ソリッドギターにより近いモノとなります。
 故に335はセミアコ(セミ・アコースティック)と言います。

※カジノのボディは完全に空洞で、センタブロックがありません。
 要するに単なるアコギとなっており、故にギターの分類上は、カジノはセミアコではありません。フルアコのウルトラシンライン(極端にボディが浅いフルアコ)です。

※このボディの違いがそのままトーンの違いになります。
 ES-335はソリッドギターに近く、より弦振動がピュアなトーン(悪い言い方をすると、倍音構成が単純な、平板なトーン)になります。
 一方カジノは、弦振動によってボディも盛大に振動するので、より倍音が多い豊かなトーン・・・とならないのは、ボディが極端に薄いからです。
 複雑な周波数特性であるのは間違いありませんが、実際には特定の周波数帯域が強調されたラフなトーン(悪い言い方をすると、安っぽくてザワついたトーン)になります。

※どちらかヨイか?は演奏するジャンルと主観の問題です。
 ES-335はサスティンが多く、エフェクタのノリも良好です。
 一方カジノは、弦振動の自然な減衰と楽器本来の複雑なトーンが得られます。

※最後に完全に個人的な感想を述べさせて頂くと・・・335よりカジノの方が、圧倒的に『好み』です。
 カジノはアンプとピッキングだけで歪ませると、この世のモノとは思えないほどケバいトーンが得られ、コードをバリバリ~ッと鳴らすだけでゾクゾクします。
 対する335は、別に悪いトーンだとは思いませんし、どころかすごくゴーヂャスで表現力もあると思いますが・・・あまりに清潔且つ優等生過ぎて、自分の演奏スタイルには全く合いません。
    • good
    • 1

全く違います。

ストラトとレスポールくらい違います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング