人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

私、個人で内装工事業を営むものです。
青色申告にあたり、決算処理を行っていたのですが、
不明な点がありまして、ご指導頂けますと幸いです。

主に元請建設会社より住宅内装工事を受注し、
私が担当する工事が完成した段階で請求書を元請に発送し、
工事代金を受領していました。

恥ずかしながら、まったく疑問も持たずに、
商店等と同じような勘定科目で会計処理をしてきたのですが、
決算にあたり色々情報を調べていくうちに、
建設業特有の勘定科目があり、処理の方法があることを知りました。

今行っていた処理方法は次のとおりです。

(売掛金)××  (売上)××  ・・請求書発送時
(預金) ××  (売掛金)×× ・・代金入金時

また、内装工事用壁紙等の材料購入につきましても、

(仕入高)××  (買掛金)×× ・・請求書受領時
(買掛金) ××  (預金)×× ・・代金支払時

という感じで、建設業会計の勘定科目は使わずに処理してきました。

下請けばかりをやっている零細の個人事業主であっても、
建設業会計の勘定科目を使わないといけないのでしょうか。

また、年内に材料を仕入れ、同年内に内装工事を完了し、
年明けに請求を上げている工事があるのですが、
この場合は、普段は「売り上げ 仕入れ」のような勘定科目を使っている場合でも、

(未成工事支出金)××(期末未成工事支出金棚卸高)××

のような感じで、建設業会計の勘定科目を使って、
H20年の原価から控除する処理をしなければならないのでしょうか。

あるいは、仕入れておきながら年内に使用しなかった他の材料等と一緒に、

(商品)×× (期末商品棚卸高)××

というように棚卸の処理に含めて処理しても良いのでしょうか。

何卒、ご教示の程お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私くしは、自宅で、工務店を営んでいます(法人です)



実際の方法としては、期中は『工事未払金』を使わずに『買掛金』をつかっていますし、普通の商取引のように、『売掛金』を使っています、
従いまして、建設業独特の科目は一切使用していません。

実際、青色申告の税務署の様式でも『工事未払金』とか『完成工事支出金』などという科目は無かったように記憶しています。

では、どうするか? ですが。
問題は決算書作成の時だけが問題となりますね。
その方法として私は、
会計ソフトを使っていますので、
(1)会計ソフトでは、『決算科目設定』というのがあって 決算書印刷の時にだけ 『買掛金』→『工事未払金』という科目に変換しています
他の科目も同じように設定しています。
(2)期末処理の時のみ 決算仕訳として
 仕入の内完成したものだけを 完成工事支出金
 未完成のものだけを     未成工事支出金
 科目に仕訳しています。

 同然、仕入科目ですが 完決算書では完成工事減価という科目に設定しています。

 いままで、2回ほど税務署様がお見えになられて、帳簿などなどをじっくりと見てゆかれましたが、この件につきましては、一切何も言われませんでした。
それよりも、決算書でも『完成工事売上』とか『未成工事支出金』などの科目名称を見られて、返って関心されましたよ。

もう一つ、ぜひともご理解いただきたいことですが、
今まで『期末棚卸』=(未成工事支出金) をされていなかったのでしたら、今回の申告で突然これをするのはだめです。
これは、『税務署から会計方法の意図的な変更』と見なされ利益操作とされますので、
特に利益が出ている場合には、十分に注意が必要です、
もしどうしても正規の簿記の原則に従い、きちんとしようと思われるのでしたら、その前に一度税務署に直接出向き相談をしてから行って下さい。
そして、その相談の記録をしっかりと残しておいて下さい。
私は、いつもそうしています。
○○年○○月○○日 ○○時○○分 政務署○階のどこに行って 何を相談して、どう返答が来た とメモしておきます。
相手も人間ですから、時には間違いますので。


 
 
    • good
    • 4

すみません、間違えました



(同然、仕入科目ですが 完決算書では完成工事減価という科目に設定しています)
   訂正↓

当然、仕入科目ですが 決算書では『完成工事原価』という科目に設定しています

です、訂正します。

この回答への補足

質問者です。
税務署に聞いてみましたら、下記のような回答でした。
せっかくなので、シェアするために書かせて頂きます。

--
会計の考え方としては、確かに売上・売上原価がセットになっていなければならないので、
H21に売上計上されていて、工事自体はH20に行われ、材料もH20に仕入れられたようであれば、
その分の仕入れをH20分から除いておくのが正しい。

しかし、工事進行基準を採用しているような大規模・長期の工事ではなく、
個人の下請けの内装工事業ということで、材料の仕入れもたいした金額にならないだろうから、
12月に材料仕入れ・担当する部分の工事完了→年が明けてからの請求というのは通常の営業サイクルと考えられるし、
12月に仕入計上、翌1月に売上計上ということで、問題ない。

--
通信費とか保険料とか、毎年同じような処理が繰り返されるような形であれば、前払費用の処理が要らない、というのと同じ感じなのかなと思いました。

補足日時:2009/03/04 10:12
    • good
    • 3
この回答へのお礼

具体的かつ詳細なご説明、
ありがとうございました。

とてもよく分かりました。

税務署も営業時間になったので、
一度電話をしてみたいと思います。

お礼日時:2009/03/04 09:59

>建設業会計の勘定科目を使わないといけないのでしょうか…



それは、決算書の用途が何かによります。
税務申告のためなら、「青色申告決算書」にある科目にしたがうべきで、前半部分にお書きのとおりでよいです。

建設業許可を取るためなら、やはり建設業会計の勘定科目なよらなければなりません。
2種類の決算書を作るのは面倒ですが、お役所というのは横のつながりがなく、融通性がありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
用途によって、書式が異なる、ということがよく分かりました。
ご指摘頂きましたので、早速建設業許可の本を見てみましたら、
税務申告用の財務諸表ではダメだ、ということが書いてありました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/03/04 09:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕入高・材料費 仕訳の違い!

なんとか弥生会計を使えるようになってきたのですが、簿記が苦手なので進みません(苦笑)

仕入高と材料費の考え方です。[製]材料仕入高・・というものもあり、本を見ても明らかな違いが分かりません。

例えば、手作りのバックをオークションで売った場合を想定して教えて頂けると助かります!!

基本的なことでお恥ずかしいですが、お願い致します!

Aベストアンサー

[売上原価]の区分にある「仕入高」は商品仕入高です。他社製のバックを仕入れて加工しないでそのまま販売する場合、「仕入高」を使います。

「材料仕入高」や「材料費」は[製造原価]の区分にあります。バックを作るための材料を仕入れるときはこれらを使います。決算で材料の棚卸高を計上するならば、「材料仕入高」を使う方が良いでしょう。棚卸高を計上しないならば、「材料費」を使う方が良いでしょう。

正しい決算をするためには、バックの主要な材料の棚卸高を計上するようにお薦めします。

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。

Q建設業の経理仕訳について

建設業を営んでいる個人事業主です。初めてフリーソフトで試算表を作成しているのですが、普段行っている仕訳が合っているのか不安になり、皆様にアドバイス頂きたいです。
  借方       貸方      適用
外注費     / 工事未払金  (A社大工工事)
未成工事支出金 / 外注費       〃
工事未払金   / 現金        〃
完成工事原価  / 未成工事支出金(N邸改修工事)
材料費、労務費、経費も上記の様に工事完成後、未成工事支出金を工事原価に振り替えています。
1、工事原価に入るものは全て上記のような処理であっていますか?
2、材料費に本工事材料、仮設材料など補助科目を設定しているんですが、一枚の請求書に仮設材料費や外注費などが含まれている場合、分けて仕訳を行った方がいいんでしょうか?
3、設備機器や建具は
   勘定科目 材料費
   補助科目 買入部品費
であっていますか?
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

設計事務所の経理担当者です。
ええと、ずいぶん細かく仕訳なさっているんですね。
材料費の内訳まで、分ける必要があるのでしょうか?
ソフトでそのような項目があっても、内訳は必要に応じて使用すればいいものですので、
質問者様ご自身が経営にあたり、必要なければ統合して下さい。

さて、私は専門家ではないので、私の会社の処理方法に基づいて書かせていただきます。

外注費     / 工事未払金  (A社大工工事)
未成工事支出金 / 外注費       〃

最初に、未成工事を「外注費」で仕訳はまずいと思います。
その後「未成工事支出金」に振り替えていますが(戻している感じ?)ここで戻すのも…意味不明です。
私の会社のソフトでは「未成工事支出金」の内訳(補助科目?)に未成・材料費、未成・外注費、未成・労務費…とあります。
質問者様のソフトではないでしょうか?
(なければ作れませんか?)

本来、未成支出であれば支払時点では未成とし、完成したら初めて工事ごとに「材料費」なり「外注費」なりに振替えます。

工事未払金   / 現金
これはいいですね。

完成工事原価  / 未成工事支出金(N邸改修工事)
これも謎なんですが、完成工事原価の内訳(補助科目?)が「外注費」「材料費」「労務費」なんです…。

なので、私の会社のやり方を書くと、
未成工事支出金・外注費 / 工事未払金(A社大工工事)
工事未払金 / 現金
A社大工工事が完成したら
完成工事原価・外注費 / 未成工事支出金・外注費
となります。


>一枚の請求書に仮設材料費や外注費などが含まれている場合…
分けて仕訳を行って下さい。

3、のご質問に関しては申し訳ありませんが分かりません。

以上、お役に立てたら幸いです。

設計事務所の経理担当者です。
ええと、ずいぶん細かく仕訳なさっているんですね。
材料費の内訳まで、分ける必要があるのでしょうか?
ソフトでそのような項目があっても、内訳は必要に応じて使用すればいいものですので、
質問者様ご自身が経営にあたり、必要なければ統合して下さい。

さて、私は専門家ではないので、私の会社の処理方法に基づいて書かせていただきます。

外注費     / 工事未払金  (A社大工工事)
未成工事支出金 / 外注費       〃

最初に、未成工事を「外注...続きを読む

Q道具代は何費ですか?

初歩的な質問ですみません。
建設業です。道具・工具代は勘定科目は何費になるでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

「工具器具備品」です。10万円未満なら「消耗品費」でも構いません。

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。

Q外注費の支払の仕訳について(建設業)

お世話になります。中小企業の建設業で未経験だった、経理をやっております。このたびある工事の一部を下請にお願いしており、その請求書が来ました。下請業者が現場で作業するにあたって必要となる燃料費は兼業事業でガソリンスタンドもやっているので、そこからの掛売で支払時に売掛金を相殺する形をとっております。しかし、今回その工事のなかでコンクリートを使用したのですが、これに関してはこちらが支払をしており、すでに材料費で計上しております。しかしこの部分は下請の請求から差し引いていいと社長から言われたのですが、この場合仕訳はどうすればよいのでしょうか?すでに払った材料費と外注費を相殺するのか、それとも材料費分差し引いた請求書を作成しなおしてもらうのが正しいのか、、、。教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>それとも材料費分差し引いた請求書を作成しなおしてもらうのが…

これがベストな方法かと思います。
下請け業者は、コンクリートを自分で調達していないのですから、請求書に含めてくること自体がおかしいのです。

>コンクリートを使用したのですが、これに関してはこちらが支払をしており、すでに材料費で計上して…

前述の方法が採れないなら、
材料として仕入れたコンクリートを、その下請け業者に販売したことにできませんか。あらためてコンクリート分の請求書を出し、ガソリン代と同じように外注費支払分から相殺すればよいと思います。

Q人工代の勘定科目は?

個人で電気工事業をしています

自分が応援に行くときは
 売掛金*****   売上*****
 
 普通預金(現金)*****    売掛金*****

としているんですが

逆に応援を呼んだ時の仕訳はどうなるのでしょうか?

人工代の科目がわからないので教えてください

普段は1人で仕事をしていますが 忙しい時にたまに応援にきてもらう程度です 

現金もしくは振込みで 日当×日数を支払い 領収書を書いてもらってます

相手が個人だと領収書のみで

相手が個人事業者だと請求書をもらい支払ってます

これを伝票に記入しようと思った時にどう書けばいいのかわからなくて困ってます

Aベストアンサー

その場合は「外注加工費」で良いと思います。
この科目は雇用関係にない外部の会社や人に仕事を依頼するときの費用に使います。

Q建設業の決算のときの仕訳

11月決算の小さな建設業の法人に勤めている知り合いから、初めて決算をするそうでよくわからないということで相談を聞いてみました。

私なりに調べたり、その知人から聞いたりしたのですが、間違っていたら教えてください。(工事完成基準でやっているとのことです)決算期をまたぐような取引が不安なのだそうです。

例えば、8月に工事に着工して12月の中旬ごろに施主に引き渡すといった下記のような取引があったとすると、
(1)9月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××
(2)10月末に材料を仕入れた→製造原価の材料費××/買掛金××
(3)施主から中間金の振込→銀行預金××/未成工事受入金(前受金みたいなもの)××
(4)11月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××
----------(決算日)---------
(5)12月中旬に施主に引渡し→未成工事受入金××+売掛金××/売上××
(6)12月末に外注業者から請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××

期中、この工事に対して売上は計上できない(工事完成基準)が、工事に必要な費用だけは払っている(買掛金とかで計上している)状態なので、決算のときに(1)(2)(4)の製造原価の外注費などを未成工事支出金(仕掛品みたいなもの)に振り替えたらいいのでしょうか? 
中間金として期中に振り込まれた金額はとりあえずそのままにしておいて、売上に計上される次の期に取り消すという、でよろしいでしょうか?

11月決算の小さな建設業の法人に勤めている知り合いから、初めて決算をするそうでよくわからないということで相談を聞いてみました。

私なりに調べたり、その知人から聞いたりしたのですが、間違っていたら教えてください。(工事完成基準でやっているとのことです)決算期をまたぐような取引が不安なのだそうです。

例えば、8月に工事に着工して12月の中旬ごろに施主に引き渡すといった下記のような取引があったとすると、
(1)9月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金××
(2)10月末に...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます!(・・・でいいのかな?)記帳代行のKSKです。

質問者様のお考えの通りでよろしいかと思います。

売上の計上基準を会社でお決めになっている「工事完成基準」とするならば、

未成工事支出金××/期末仕掛品棚卸高××

未完成工事に係る材料費、外注費、人件費、経費を「期末仕掛品棚卸高」にまとめて計上します。

初めての決算ということですから、期首仕掛品棚卸高は無いので、当期の製造原価は材料費+外注費+人件費+経費-期末仕掛品棚卸高
となります。

翌期:期首仕掛品棚卸高××/未成工事支出金××
となります。

完成基準は面倒ですが、決算時に未成工事の一覧表を工事現場ごとに作成・保存しておくことは、会社として管理もできるし、いつかくるかもしれない税務調査に対しても、どういった経緯で未成工事としたか説明できる証拠書類ともなるのでお勧めです。

Q未成工事受入金の借方勘定科目がわかりません

建設業の経理事務をしています。

工事全体の売上500万円の内、150万円を未成工事受入金として処理することになりました。
先方から銀行振込で150万円を先月にもう振り込んでもらっています。

貸方 未成工事受入金 150万の振替伝票を切りましたが、
借方 振込先の銀行で良いのでしょうか。

本当ならば振替伝票を切ったのも銀行振込も同じ月だったので、プラマイゼロになるのですが、
社長からきちんと、試算表に”未成工事受金 150万円”として残して欲しいと言われています。

先月の事なので、とりあえず、
貸方 未成工事受入金 150万、
借方 振込先の銀行 150万

今月で、
借方 未成工事受入金 150万  の場合貸方は売掛になるのでしょうか。
数年前に同じような例があったので、伝票を遡って調べてみましたが、
貸方が売掛にも関わらず、未成工事受入金はそのままの金額が計上されており、
売掛台帳にはその売掛金額は記載されていませんでした。
それでも貸方借方がピッタリ合っているんです。

周りに経理に詳しい者もおらず、ネットでも色々調べているのですが、わかりません。

どういう処理にしたら貸方借方が上手く出来るのでしょうか。
教えて下さい。
よろしくお願いします。

建設業の経理事務をしています。

工事全体の売上500万円の内、150万円を未成工事受入金として処理することになりました。
先方から銀行振込で150万円を先月にもう振り込んでもらっています。

貸方 未成工事受入金 150万の振替伝票を切りましたが、
借方 振込先の銀行で良いのでしょうか。

本当ならば振替伝票を切ったのも銀行振込も同じ月だったので、プラマイゼロになるのですが、
社長からきちんと、試算表に”未成工事受金 150万円”として残して欲しいと言われています。

先月の事なので、とりあえず、
...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 契約金・手付金を受け取った

   普通預金     100   /  未成工事受入金  100


(2) 中間金を受け取った

   普通預金      50   /  未成工事受入金    50

(3) 建物が完成し引き渡した

   売掛金       350   /  売上          350
   未成工事受入金 150   /  売掛金        150

(4) 残金を入金した

   普通預金      200   / 売掛金         200

・ 売上は完成引渡しをして初めて売上が発生します。
・ (3)の仕訳は、いったん総額を売り上げにして、前受である未成工事受入金と相殺するほうが分かりやすいと思いますので、このようにしました。

    未成工事 150  / 売上 350
    売掛金   200

  という仕訳の仕方もあります。  


   この仕訳を検証してみると

   普通預金 350  売上    350
   未成工事 150  未成工事 150
   売掛    350  売掛金   350 

  になることが、ご理解いただけると思います。   

(1) 契約金・手付金を受け取った

   普通預金     100   /  未成工事受入金  100


(2) 中間金を受け取った

   普通預金      50   /  未成工事受入金    50

(3) 建物が完成し引き渡した

   売掛金       350   /  売上          350
   未成工事受入金 150   /  売掛金        150

(4) 残金を入金した

   普通預金      200   / 売掛金         200

・ 売上は完成引渡しをして初めて売上が発生し...続きを読む

Q建設の請負・会計処理について

前に質問し丁寧に回答いただきましたが、もう一度質問させていただきます。
 建設の個人事業主で、3月から、元請から常用・請負と仕事を頂いています。
請負では78万で工事一式 何度かに分けて報酬が振り込まれます。 今回は3/31付けで常用の分の請求と請負分10万を一緒に請求書に書いてだしてといわれました。 今までは、弥生の会計ソフトに請求時、売掛金/0000 売上高/0000 振り込まれたとき、預金/0000 売掛金/0000としています。  請負分の10万も同じ仕訳でよいのでしょうか? 残り68万は元請から次回は15万で出してなど言われると思います。 請負だと仕訳の仕方など変わってくるのでしょうか? 工事進行基準だから前受金で処理したりしないといけないのでしょうか? 乱文ですいませんが回答お願いします。
  

Aベストアンサー

>前に質問し丁寧に回答いただきましたが…

はい、先にも回答しました。

>元請から常用・請負と仕事を頂いています…

だから、「常用」では意味が分からないですよ。
先にも書いたとおり、「常傭」ではないのですか。

常傭の「傭」は「雇う」という意味です。
・毎日決められた時間に
・指示された現場へ向かい
・材料等は支給で、道具類のみ自分持ち
という働き方なのではないのですか。

もしそれで間違いなければ、もらうお金は「給与」ですよ。
給与は「事業所得」の決算とは関係ありません。

給与が事業用預金に振り込まれたときは、
【普通預金 ○○円/事業主借 ○○円】
です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング